FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

ナチス・ドイツの負の世界遺産-ポーランド:アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所! はてなブックマーク - ナチス・ドイツの負の世界遺産-ポーランド:アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所!

cached_006
cached
・アウシュヴィッツ第二強制収容所の鉄道引込線 「死の門」とも呼ばれる

アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所は、第二次世界大戦当時のドイツの占領地であった、ポーランド南部のオシフィエンチムにある強制収容所です。

cached_001
・第一強制収容所には「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」という文字が記されている

1940年から1945年にかけて、アドルフ・ヒトラー率いるナチス党政権下のドイツが行った人種差別や大量虐殺の象徴と言われているのが、このアウシヴィッツ・ビルケナウ強制収容所です。
多くのユダヤ人や政治犯など、28ヶ国もの国の人々がこの場所に収容され、強制労働、虐殺、人体実験が行われたとされています。
絶望のあまり、自ら高圧電流が流れる鉄線に触れて自殺する人もいたと言われています。

cached_002

cached_003

強制収容所での生活環境は劣悪であったと言われ、夏は37度、冬にはマイナス20度を下回ったと言われています。また上下水道も完備されておらず、収容所内では伝染病や栄養失調で亡くなった方も多かったそうです。
強制収容所に日々送られてくる収容者の効率的な殺害の手段として「ガス室」が使用されたと言われています。32分で800名の命を奪うことが可能であったと言われ、死体は焼却後、ビスチュラ河に捨てられたそうです。

cached_004

当時のドイツ人医師達は、収容者を様々な実験の検体として扱ったと言われています。多くが命を落とし、生き延びた場合でも多くの場合障害が残ったと言われています。

cached_005
・第二強制収容所にある、150万人以上が亡くなったことを後世に伝える慰霊碑

アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所は、ポーランド南部の都市オシフィエンチム市(ドイツ語名:アウシュヴィッツ)に位置しています。第一強制収容所はオシフィエンチム市、第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村(ドイツ語名:ビルケナウ)にあります。
via http://spotlight-media.jp/article/138362200391598865


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 世界 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |