FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[テニス] 全英ウィンブルドンの奇跡:世界ランク772位、街のコーチが初戦突破 はてなブックマーク - [テニス] 全英ウィンブルドンの奇跡:世界ランク772位、街のコーチが初戦突破

WS001
 今、テニス界を最も沸かせている男マーカス・ウィリスをご存じだろうか。
 イングランドでテニスコーチとして働いているウィリスは前日の27日、本来であれば5歳から10歳の子供たちにテニスのレッスンを行う予定だった。ところがその日、彼はテニスの聖地オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブに選手として立っていた。
 予選を勝ち抜き、全英ウィンブルドンのシングルス本選出場を果たしたのだ。
 25歳のウィリスの世界ランキングは772位。もう6月も終わりだが、彼が今年、プロテニスプレイヤーとして大会で獲得した賞金はわずか65ドル。日本円にして約6600円である。当然、生活が成り立つわけがなく、本業は1レッスンで40ドルのアマチュア向けのレッスンプロを営んでいる。
 プロテニスプレイヤーとしては廃業寸前で、もう完全にキャリアを諦めかけていたのだが、恋人に励まされ、彼がイギリス人だったこともあって「これが最後のチャンス」という気持ちでウィンブルドンに挑戦した。
「まあ、最後の記念にはなるか」と楽な気持ちで予選に出場したのだが、あれよあれよという間に勝ち上がり、見事ウィンブルドンのシングルス本選出場を掴んだ。
 ウィンブルドンに出場できるのは、世界中のプロテニスプレイヤーの中で128人。世界ランキングは772位のウィリスにとって、出場しているだけでもう奇跡的なことなのだが、なんと彼は先日行われた1回戦で、世界ランキング54位の選手に勝ってしまったのだ。
「今は、夢の真っただ中にいるんだ」19本のブレークポイントをしのぎ切って掴んだ生涯初のウィンブルドンでの勝利に、ウィリスは家族や友人と抱き合って信じられない喜びを分かち合った。
 しかし、ウィリスの映画のようなストーリーはこれで完結ではない。いや、むしろこれから"クライマックス"を迎えるのかもしれない。
「このスポーツで、長く語り継がれる最高の話題の一つだね。素晴らしいことだと思う。彼と対戦することを、とても楽しみにしている」
 世界中のメディアが集まった記者会見でそう話したのが、ウィリスの2回戦の相手であり、多くのテニスプレイヤーにとって"テニスの神様"でもあるロジャー・フェデラーである。
 そう、つい先日までプロテニスプレイヤーでいることを諦めかけていた男が、ウィンブルドンという世界最高峰の舞台で、テニス界のレジェンド・フェデラーと3回戦進出を懸けて戦うことになったのだ。
 もしも、ウィリスがレッスンしている5歳から10歳の子供たちが、学校の先生に「今日のテニスのレッスンはお休みだよ。だってボクのコーチがロジャー・フェデラーと戦うからさ」と言ったら、果たして信じてもらえるだろうか。これはもう"おとぎ話"の世界である。
「すごく面白い試合になる。それに彼のサーブやボレーは、すごく気に入っているんだ。素晴らしいショットを打っていた。彼の戦いぶりは、今のコンディションと完全に適応している」
 会見で遥か格下のウィリスに対して、そう話したフェデラーのコメントは決してリップサービスだけでなく、相手に対する十分なリスペクトを感じさせるものだった。そう、このシンデレラストーリーは相手がフェデラーだからこそ、より人々の感動を誘っているのだ。
 果たして、ウィリスの夢はここで醒めてしまうのか、それとも"世紀の番狂わせ"と共に、さらに世界中を熱狂の渦に巻き込んでゆくのか。我々にとっては29日の錦織圭の2回戦に注目が集まっているが、同日に行なわれるフェデラーの2回戦も味のある試合になりそうだ。
via http://biz-journal.jp/gj/2016/06/post_730.html

WS002
 世界ランキングは772位。テニスのウィンブルドン選手権で、主にレッスンプロをしてきた無名の英国選手が起こした奇跡が、地元メディアの注目を集めている。マーカス・ウィリス。今季これまでシングルスで稼いだ賞金はわずか292ドル(約3万円)の25歳が、一念発起した大舞台で花開いた。
 ウィリスは予備予選から6試合を勝ち上がって本戦に出場すると、27日の1回戦では同54位のリカルダス・ベランキス(リトアニア)にストレート勝ち。17番コートは立ち見客ができる大盛況だった。勝利後に用意されたのは一番大きな記者会見場で、「自分でも何が起きたかわからない」と目を丸くした。
 ロンドンのテニスクラブで老若男女に教えるコーチが本業だ。度重なるけがもあり、今夏にはプロ選手の道をあきらめ、米国でコーチ業をする計画もあった。だが、新しく出来た恋人に説得され、思いとどまった。家族や友人が見守る中で勝利を決め、真っ先に「恩人」の恋人と抱き合った。この勝利で5万ポンド(約680万円)を手にした。
 2回戦はウィンブルドンを7度制したロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。フェデラーは「彼のような物語が僕たちの競技に必要なんだ。無名の選手の活躍は男子テニスの層の厚さを示している。自分もすばらしいプレーをして、みんなを楽しませたい」と語った。
 用意される舞台は29日のセンターコート。ウィリスは「夢がかなう。小さい頃からの夢だった大きなコートに立てるなんて」と話している。
via http://www.asahi.com/articles/ASJ6Y42GRJ6YUTQP00H.html

◆結果は完敗、世界772位のテニスコーチがつかんだフェデラーとの夢舞台
ウィンブルドン男子シングルス2回戦。センターコートを埋めた満員の観衆は世界ランキング772位の男を待ちわびていた。マーカス・ウィリス、25歳。本業はイギリス郊外で子供を教えるテニスコーチだ。

sub-buzz-14992-1467232027-1[1]

■ウィリスにとってテニスは一度あきらめた夢だった。
10代のころにはウィンブルドン・ジュニアで3回戦に進むなど将来を期待されたが、その後は多くの怪我に悩まされてきた。
今年のシングルスでの獲得賞金額はわずか3万円ほど。1レッスン30ポンド(約4100円)で教えるコーチ収入が選手収入を上回る。
それでも生活は安定せず、現在も両親と一緒に住んでいる。過去には海外大会への旅費がなく借金もした。今年初めには膝を故障。先は見えなかった。

■恋人の言葉が運命を変える。
ウィリスは4か月前、プロテニス選手の道をあきらめ、指導者になるためアメリカに向かおうと考えていた。そんな彼を思いとどまらせたのが恋人のジェニファー・ベイトだった。
「あなたを信じてる。だからもう一度挑戦して。テニスにはそれだけの価値がある」
ウィリスはアメリカ行きを取りやめ、もう一度テニスに向き合うことを決めた。

■予備予選から勝ち上がり、夢の舞台へ
再びテニスへと打ち込んだウィリスは、ウィンブルドンの予備予選から6試合を勝ち上がって本戦出場を決める。
1回戦の相手は世界54位のリカルダス・ベランキス(リトアニア)。試合会場の17番コートには家族や友人はもちろん、多くのファンが訪れ、立ち見客が出るほどの盛り上がりだった。
声援を背景に、ウィリスは6-3、6-3、6-4でベランキスを破り、ワールドツアーでの初勝利を飾る。試合直後には観客席にいたベイトの元に駆け寄りキスを交わし、友人たちと抱き合って喜んだ。
四大大会では1988年の全米オープンで世界923位のジャレッド・パーマー(アメリカ)が2回戦に進出して以来の快挙。
世紀のジャイアントキリングを起こしたウィリスをメディアは「シンデレラ・ボーイ」と呼んだ。
2回戦の相手はフェデラー。ウィリスの憧れの選手だ。そんなフェデラーもウィリスの快進撃を「長いテニスの歴史の中でも最高の物語の1つだ」と賞賛した。

■夢の舞台、憧れの人

sub-buzz-20674-1467233257-1[1]

夢にまで見たウィンブルドンのセンターコート。夢見心地の表情を見せたウィリスだったが、大舞台への緊張もあったのか、第1セットはなすすべもなく0-6で落とす。
第2セット、3-6と落とすも徐々に自分のプレーを取り戻し、初めてサービスゲームをキープすると、スタンドからはまるで勝利したかのようにスタンディングオーベーションが起こる。
表情にも闘争心が見えてきた第3セットでは互角の展開があったものの、最終的には4-6で落とし、ストレートで破れた。

■にじむ悔しさ
試合時間は1時間24分。結果は完敗。試合後、会場の観衆はスタンディングオーベーションでウィリスを称え、両親や恋人もその顔には笑みを浮かべている。
ウィリス本人も拍手で観衆に答えたが、その顔には笑顔ではなく、悔しさがにじむ。そこにあったのは「おとぎ話」ではなく、現実だった。
試合前には「トップ100入りを果たしたいし、今回のような大会を再び迎えたい。そのためには技術をかなり向上させることが必要だ」と語っていたウィリス。
目標までの道のりは決して容易ではない。だが、センターコートを知ったいま、恋人の言葉がなくとも挑戦することをやめないはずだ。
via https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/marcus-willis?utm_term=.ahgqlGGw1#.hceZpYYx0


・世界772位 敗れるも観客総立ち
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会3日目の29日、男子シングルス2回戦が行われ、地元イギリスで話題の世界ランク772位M・ウィリス(英国)は第3シードのR・フェデラー(スイス)に0-6, 3-6, 4-6のストレートで敗れるも、夢のセンターコートで大歓声を浴びながらプレー出来たことに喜びを感じていた。
これまでグランドスラムはおろか、ATPツアーレベルでの試合経験もなかったウィリスにとって、この対戦は未知の世界。第1セットではプレーの速さについていけず、1ゲームも取れずに落としてしまう。
しかし、第2セットから少しずつ自身のプレーを出し始めたウィリスは、ポイントを重ねるごとに観客からの大声援を浴びて喜びを表現し、モチベーションを上げていった。
その後も自身の最大のプレーでフェデラーに向かっていったが、一気にギアを上げたフェデラーに離されて1時間25分で力尽きた。
会場からは大きな歓声と拍手が送られ、その声援に全身で応えていた。
現在25歳のウィリスは、地元のテニスクラブで子供たちにテニスを教えているテニスコーチ。収入も少なく、プロ選手としての人生を諦めかけていたところ、ガールフレンドからテニスを続けてほしいと言われた。
そこへ、ウィンブルドンのシングルス予選へのワイルドカード獲得のプレーオフへ招待され、そこで3試合を勝ち抜き予選へ出場すると、その予選でも3試合で勝利を飾り、本戦への切符を手にした。
本戦1回戦ではR・ベランキス(リトアニア)をストレートで下し、地元イギリスでは「シンデレラ・ボーイ」と大きく取り上げられた。
一方、完全なアウェーの中で勝利したフェデラーは、3回戦で第30シードのA・ドルゴポロフ(ウクライナ)とD・エヴァンス(英国)の勝者と対戦する。
今季は怪我に悩まされており、未だツアーでの優勝はない。全仏オープンは腰の怪我により欠場した。
via http://news.tennis365.net/news/today/201606/110329.html



関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |