FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[MLB] 大谷翔平が大リーグ新人王受賞 日本人で4人目 はてなブックマーク - [MLB] 大谷翔平が大リーグ新人王受賞 日本人で4人目

K10011708461_1811131000_1811131001_01_02
大リーグ1年目のシーズンに投打の二刀流で活躍したエンジェルスの大谷翔平選手が12日、アメリカンリーグの新人王に選ばれました。日本選手が大リーグの新人王を受賞したのは2001年のイチロー選手以来、4人目です。
大リーグのアメリカンリーグとナショナルリーグの新人王は、全米野球記者協会の会員となっている記者30人ずつの投票で決まります。
このうちアメリカンリーグでは、投打の二刀流でプレーして、ピッチャーで4勝、バッターでホームラン22本をマークした24歳の大谷選手のほか、▽ヤンキースのサードを守り、ホームラン27本、打率2割9分7厘を残した23歳のミゲル・アンドゥハー選手、▽同じくヤンキースのセカンドで、ホームラン24本を打った21歳のグレイバー・トーレス選手が最終候補の3人になっていました。
そして、12日に今シーズンの受賞者が発表され、大谷選手がアメリカンリーグの新人王に選ばれました。
日本選手が大リーグの新人王を受賞したのは1995年の野茂英雄投手、2000年の佐々木主浩投手、2001年のイチロー選手に続いて大谷選手が4人目です。
大リーグの新人王は1947年に全米規模での表彰が始まりましたが、ピッチャーとバッターの両方で本格的にプレーする選手が受賞するのは大谷選手が初めてです。
大谷選手は、100年前に投打で活躍したベーブ・ルース以来となる「二刀流」の選手として、鮮烈なデビューを果たすとともに今回の受賞によって大リーグに新たな歴史を刻みました。
一方、ナショナルリーグの新人王には、ブレーブスのレフトを守り打率2割9分3厘、ホームラン26本をマークした20歳のロナルド・アクーニャ選手が選ばれました。

■大谷「すごくうれしい」
新人王を受賞した大谷選手は、大リーグ専門チャンネルの番組のインタビューで、「すごくうれしいです。応援してくれた方にとってもうれしいことだと思うので、よかったと思います」と感想を話しました。
そのうえで、投打の二刀流でプレーした今シーズンを振り返り、「数字だけ見れば、バッターでチームに貢献できたのかなと思っています。大事な時期にピッチャーとして抜けてしまったので、そこだけは心残りだと思っています」と述べました。
また、日本選手の新人王受賞はイチロー選手以来であることを質問されると、「子どもの頃からずっと見てきましたし、憧れのような選手です」と答えていました。

■圧倒的な支持を受けた大谷
新人王は、全米野球記者協会の会員の記者のうち、30人ずつが投票を行って選出されます。投票を行う記者は、レギュラーシーズンの成績や活躍ぶりをもとに1番目から3番目まで、新人選手3人を選んで投票します。1番目に選ばれた選手には5ポイント、2番目は3ポイント、3番目は1ポイントが加算されます。
今回、アメリカンリーグの新人王の投票では、大谷選手に対して、30人の記者のうち25人が1番目で投票するなどして大谷選手が137ポイントを獲得しました。
2位は、ヤンキースのサードでホームラン27本を打ったミゲル・アンドゥハー選手で89ポイント。
3位は同じくヤンキースのセカンドでホームラン24本を打ったグレイバー・トーレス選手で25ポイントでした。
昨シーズン、アメリカンリーグの新人王は、ヤンキースで52本のホームランを打って、ホームラン王にもなったアーロン・ジャッジ選手が受賞し、投票者した30人全員から1番目に選ばれて150ポイントを獲得しました。
今シーズンは大谷選手をはじめ、新人離れした活躍を見せた選手が複数いて、接戦になると予想されていましたが、大谷選手が圧倒的な支持を受けてほかの選手を大きく引き離す結果となりました。

■地元からも喜びの声
大谷選手の出身地、岩手県奥州市では、地元の人たちから新人王に選ばれたことを祝う声が聞かれました。
このうち63歳の女性は「おめでとうございます。息子が野球をしていたので、大谷選手をわが子のように応援してきました。手術した右ひじが早くよくなってほしいです」と話していました。
また、66歳の男性は「大谷選手は地元の宝です。手術後の経過が気になりますが、またテレビで応援したいです」と話していました。
このほか、65歳の理容店の男性店長は「奥州市は景気が低迷しているので、大谷選手には今後も頑張ってもらいたいです。来シーズンはバッティングでの活躍を期待しています」と話していました。
via https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181113/k10011708461000.html


・ライバルも認める二刀流=ルース以来の衝撃評価
 投手として4勝(以上)、打者として2桁本塁打。歴史的な名選手ベーブ・ルースが1919年に9勝、29本塁打をマークして以来の快挙を21世紀の大リーグに再現した。右肘の故障に悩まされた中、エンゼルスの大谷が二刀流で新人王を手に。「けがしたのは悔しいが、その中でこういう賞をもらえたのは光栄」と喜びを口にした。
 現代野球の常識を覆した活躍は、メジャーの一流選手をうならせた。シーズンが終盤に入った9月。アストロズのエース、ジャスティン・バーランダー投手は、新人王が大谷とアンドゥーハルの争いになると予想していた。「大谷がやってきたことはとても印象的だ。ルーキーなのにルースと並び称されるようなことを成し遂げるのは、とても特別なこと」。同じ地区でしのぎを削り、大谷が印象に残る対戦相手として名を挙げたメジャー屈指の好投手が、受賞にお墨付きを与えていた。
 ヤンキースのアンドゥーハルは、故障での離脱はなく149試合に出場。本塁打、打点、打率で大谷を上回り、チームは100勝を挙げてプレーオフ進出を果たした。それでも新人王の記者投票で大谷が支持を得たのはバーランダー同様、二刀流の登場に衝撃を受けたからこそだろう。
 投手としては、肘の故障もありわずか10試合の登板に終わった。それでも初登板で初勝利を挙げ、2戦目となった4月8日のアスレチックス戦では七回1死まで走者を一人も許さない快投。打者としては、メジャーの強打者にも劣らぬパワーを印象付けた。9月には24試合で27安打を放ち、7本塁打を含む13本が長打と圧巻の打棒。「大リーグで、投手としても打者としても、あれほど才能がある選手を見たことはない」とバーランダー。投打の両面で示した存在感は強烈だった。
 via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111300279&g=bsb

・大谷翔平のメジャー新人王に思う、イチロー以来の日本人受賞の意義。
 https://number.bunshun.jp/articles/-/832492

関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |