FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[リオオリンピック] 日本が銀メダル! ボルトは3冠達成:男子400mリレー はてなブックマーク - [リオオリンピック] 日本が銀メダル! ボルトは3冠達成:男子400mリレー

WS001

WS005
 リオデジャネイロ五輪第15日(19日=日本時間20日、五輪スタジアム)陸上男子400メートルリレーの決勝を行い、予選と同じ山県亮太(24)=セイコーホールディングス、飯塚翔太(25)=ミズノ、桐生祥秀(20)=東洋大、ケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=のオーダーで臨んだ日本は、37秒60の日本新&アジア新記録で銀メダル。銅だった2008年北京五輪以来、2大会ぶりのメダルを獲得した。
 ジャマイカが37秒27で金メダルを手にし、アンカーを務めたウサイン・ボルト(29)は100、200メートルと合わせた史上初、不滅ともいえる3大会連続3冠を達成した。米国が3着に入ったが失格となり、カナダが37秒64で銅メダル。
 日本男子がトラック種目でメダルを手にするのは、北京大会の同リレー以来2度目で銀は最高成績。女子では1928年アムステルダム大会の800メートルで、人見絹枝が銀メダルに輝いている。前回ロンドン大会の男子400メートルリレーは4位だった。
 日本は自己ベストが桐生は10秒01、山県が10秒05、ケンブリッジが10秒10で飯塚は10秒22。日本の五輪史上最強ともいえるカルテットだった。
 また、日本はバトンパスに、下から差し上げるように行うアンダーハンドを採用。手を伸ばし、上から振り下ろして渡すオーバーハンドのように利得距離(腕の長さの分、走らなくてすむ距離)は稼げないが、渡す側と受ける側の双方がフォームを乱さず走ることを優先させた。
 さらに従来から改良し、受ける側の腕が後ろに伸びた際に手渡す形にした。利得距離を稼げ、きっちりと合えばスピードは出るが、リスクは大きくなる。失敗も覚悟で勝負に出て、メダルを手繰り寄せた。
 日本は予選を全体2番目のタイムとなる37秒68の日本新記録で突破。従来の記録の38秒03を塗り替え、予選で1組前に中国がマークしたばかりの37秒82のアジア新記録も更新していた。[2016.08.20]

■山県亮太の話
「メダルを目指してやってきて、いざ取れるとなると感慨深いものがある。予選より良いスタートが切れてよかった。歴史をつくれてうれしい」

■飯塚翔太の話
「興奮した。歓声が思ったよりすごくてアドレナリンが出た。信頼感のおけるメンバーで(バトンを)ミスすることは考えなかった。次の東京五輪に向けてスタートできたと思うのでまた頑張ります」

■桐生祥秀の話
「よりいい順位でケンブリッジさんに渡せるように、がむしゃらに走った。このメンバーで走れて本当に最高な日になった」

■ケンブリッジ飛鳥の話
「3人が完璧な位置で持ってきてくれたので、絶対にメダルを取るぞという気持ちで走った。最後はちょっと硬くなってしまったが、しっかり2番でゴールできて良かった」

■ボルトの話
「ほら見ただろう。俺が最強だ。勝ててほっとしている。現実になってくれた。うれしいし、自分を誇らしく思う。プレッシャーもあったが(乗り越えたことも)偉業だと思う」

via http://www.sanspo.com/rio2016/news/20160820/rio16082010490079-n1.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160820/k10010643551000.html
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/19/400m-rio_n_11620390.html
・日本リレー銀メダルが世界に衝撃「驚きの銀」「勇敢な日本チーム」
 https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/japanrelay?utm_term=.hpvkVbb19#.arEZMPPVW

・日本中が歓喜の嵐!…400mリレー銀メダルの勝因となったもの
 http://matome.naver.jp/odai/2147166097088959601

・ハイライト


http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=30265.html
http://www.gorin.jp/video/5091441394001.html

・日本のタイム、国別で世界3位=男子400メートルリレー
 19日に行われたリオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレー決勝で2位の日本(山県亮太=セイコー、飯塚翔太=ミズノ、桐生祥秀=東洋大、ケンブリッジ飛鳥=ドーム)がマークした37秒60(日本新記録、アジア新記録)は国別の記録で世界歴代3位となった。日本は18日の準決勝で出した37秒68を縮めた。
 1位は2012年8月に36秒84を出したジャマイカ(カーター、フラーター、ブレーク、ボルト)で、2位は15年5月に37秒38で走った米国(ロジャーズ、ガトリン、ゲイ、ベイリー)。
via http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082000296&g=spo&m=rss

WS004

・男子400リレー 磨いたバトン技術で銀獲得 
 アンカーのケンブリッジ飛鳥がバトンを受けたとき「五輪は最後」と公言している世界最速のウサイン・ボルトの真横に並んだ。ボルトが懸命に逃げる。日本が3連覇を狙う王者ジャマイカを追いかける夢のような光景が広がった。惜しくも2着。もう一つの陸上大国・米国には先着した(米国は失格)。電光掲示板で順位を確認すると、ケンブリッジと第3走者の桐生祥秀が抱き合い、ありったけの感情を爆発させた。日本が陸上男子400メートルリレーで2008年北京五輪の銅メダル以来8年ぶりのメダル、それも史上初の「銀」に輝いた。
 個人能力で劣ってきた日本はこれまで、バトンパスの技術に活路を求めてきた。受け取る側が手のひらを下に向け、渡す側が下から上へバトンを入れる「アンダーハンドパス」。受ける走者の腕が走る姿勢に近く、スピードに乗った状態でバトンをもらえるため、走力差を補える技術だ。
 一方、14年に五輪や世界選手権の出場権が懸かる「世界リレー大会」が新設され、近年は陸上王国ジャマイカや欧州勢などもバトン練習に力を入れ始めた。日本陸連の苅部俊二・男子短距離部長は「日本が得意とするバトンパスだけでは通用しなくなる時期が来た」と打ち明ける。優位性は失われようとしていた。
 だが、日本は別の道で進化を見せた。今大会、ケンブリッジと第1走者の山県亮太が日本勢で史上初めて同時に100メートルで準決勝へ進んだ。日本歴代2位の10秒01の記録を持つ第3走者の桐生もいる。第2走者の飯塚翔太も200メートルで世界選手権の準決勝に進んだ経験がある。過去の日本になかった「個」の輝き。桐生が13年に10秒01を出して以降、日本勢初の「9秒台」に関心が高まり、選手も我先にとしのぎを削って全体的に記録が向上してきたことが背景にある。
 18日の予選では世界最速のボルトを温存していたが、3連覇を狙うジャマイカに勝ち、アジア新記録の37秒68もたたき出した。ケンブリッジは「バトンもそうですけど、個人個人のタイムがしっかり上がってきている。それぞれが自信を持って走れたのがすごく大きい」と胸を張った。桐生、山県、ケンブリッジらで組む「史上最強」のチームは、見ている者に過去のリレーチームにない夢を抱かせるようになった。リオの地で示した「進化形」のリレー。2大会ぶりのメダルはその先にあった。
via http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160820/k00/00e/050/249000c

・見えた金!世界一のバトンパスで「ボルトさえいなければ世界一」に到達した4×100mリレー都市名高速カルテットの巻。
 http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/53192775.html

・男子400mリレーが歴史的な“銀”を獲得できた「バトンパス以外の」3つの理由
 http://spotlight-media.jp/article/316741636142373475

・ボルトの“一瞬の睨み”に「やべっ」。ケンブリッジ、12年越しの夢とその先。
 http://number.bunshun.jp/articles/-/826386
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 11:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |