FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[競馬] [ジャパンカップ] アーモンドアイ、レコード更新でGI4連勝=2頭目の3歳牝馬V はてなブックマーク - [競馬] [ジャパンカップ] アーモンドアイ、レコード更新でGI4連勝=2頭目の3歳牝馬V


 中央競馬の第38回ジャパンカップ(G1)は25日、東京競馬場の芝2400メートルに外国馬2頭を含む14頭が出走して行われ、今年の牝馬3冠で単勝1番人気のアーモンドアイが中央競馬のレコードタイムを1秒5更新する2分20秒6で優勝し、賞金3億円を獲得した。国枝栄調教師はジャパンカップ初勝利。クリストフ・ルメール騎手はウオッカに騎乗した2009年以来、2勝目。これで今年のG18勝目で自身の持つ年間記録を更新した。
 昨年の菊花賞馬キセキがよどみのないペースで逃げる中、道中2、3番手につけたアーモンドアイは直線の半ばでキセキを捉え、1馬身4分の3差を付けて快勝した。
 アーモンドアイは桜花賞、オークス、秋華賞の3冠に続きG14勝目。3歳牝馬のジャパンカップ優勝は12年の牝馬3冠のジェンティルドンナ以来、6年ぶり2頭目で、中央競馬史上初のG14連戦・4連勝を飾った。
 売り上げは204億7549万1300円で前年比7.7%減だった。【藤倉聡子】

■アーモンドアイ
 父ロードカナロア、母フサイチパンドラの3歳牝馬。馬主はシルクレーシング。北海道安平町、ノーザンファーム生産。通算7戦6勝、重賞5勝目、G1は4勝目。牝馬の中央競馬G1年間4勝は、2012年のジェンティルドンナ以来2頭目。獲得賞金は7億2022万3000円になり、3歳牝馬では初めて7億円を超えた。
via https://mainichi.jp/articles/20181125/k00/00e/050/190000c





・アーモンドアイ、「2分20秒6の衝撃」に海外メディア驚愕「世界最強馬の地位確立」
■衝撃レコードの圧勝に称賛の嵐「なんて素晴らしい牝馬だ!」
 競馬のG1ジャパンC(東京・芝2400メートル)は25日、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝栄)が断然支持に応えて快勝。2分20分6の衝撃レコードをマークし、12年ジェンティルドンナ以来、史上2頭目の3歳牝馬Vを達成した。2頭の外国馬を蹴散らした圧勝となり、海外メディアに「なんて素晴らしい牝馬だ!」「世界最強馬の地位を確立した」と衝撃が走っている。
 もう日本に敵はいない。そう言わんばかりの圧勝だった。最内枠から好位に取りつき、道中は2、3番手を追走したアーモンドアイ。そして、抜群の手応えで最後の直線に入ると、逃げ粘るキセキをあっさりと交わして先頭に。C.ルメールの手綱に導かれ、後続を寄せ付けることのない、完勝だった。
 しかし、レース内容以上に衝撃的だったのは電光掲示板に表示された勝ちタイムだ。2分20秒6。05年アルカセットがマークした従来の記録を1秒5も更新する驚異のレコードタイムだった。これには海外メディアも驚いた。
 英国の競馬専門チャンネル「at the races」公式ツイッターは「彼女はスペシャル、アーモンドアイが圧巻のスタイルで年上の競走馬を破り、ジャパンカップでレコード更新」、英国の主要レースを統括する「チャンピオンシリーズ」公式ツイッターは「スター牝馬、アーモンドアイが輝かしいスタイルでジャパンカップ勝利。(今年)5戦5勝とする」と速報した。

賛辞続々「世界最強の競走馬としての地位を確立した」
 さらに、海外競馬専門サイト「ワールドホースレーシング」公式ツイッターは「アーモンドアイが記録更新、ジャパンカップで優勝。なんて素晴らしい牝馬なんだ!」と絶賛。豪州競馬専門チャンネル「racing.com」は「若きチャンピオン牝馬であるアーモンドアイは世界最強の競走馬としての地位を確立した。日曜日に東京で開催されたジャパンカップで圧巻の勝利」と伝えた。
 海外では今秋に史上7頭目となるG1凱旋門賞連覇を果たし、史上初の凱旋門賞&BCターフ連勝を達成したエネイブル(牝4)が来年も現役続行を発表したばかり。史上初の凱旋門賞3連覇を目指す歴史的女傑と相まみえることはあるのか。日本の最強牝馬の今後に期待は膨らむばかりだ。
 via https://the-ans.jp/news/44690/


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |