FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

バルサ、楽天とスポンサー契約を締結…来季から4年契約で年間64億円 はてなブックマーク - バルサ、楽天とスポンサー契約を締結…来季から4年契約で年間64億円

CxYtzmhXUAAeITa
 バルセロナは16日、インターネットサービスを運営する楽天株式会社とグローバル・スポンサー契約を締結したことをクラブ公式サイトで発表した。
 同日に本拠地カンプ・ノウで行われた記者会見には、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長とマネル・アロジョ副会長に加えて、楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長も出席。バルトメウ会長から「ヨウコソ!」と迎えられた三木谷氏は「世界最高クラブのバルセロナとの契約はとても名誉なことで、非常に嬉しく思います。我々のサービスやイノベーション、経験を使って貢献していきたいと思います。グローバル・イノベーション&エンターテイメント・パートナーとして、ユニフォームのスポンサーシップ以上に、バルセロナの力になりたい」とコメントした。

FtpTrial-AA_16112016_393888

 契約は2017-18シーズンから4年間で、契約料は年間5500万ユーロ(約64億5000万円)に加え、リーガ・エスパニョーラ優勝で150万ユーロ(約1億8000万円)、チャンピオンズリーグ制覇で500万ユーロ(約6億円)のボーナスが支払われるという。また、日本で毎年1試合を開催する考えもあり、対戦相手や日程について三木谷氏は「今はチームのスケジュールがタイトなので、日本での試合相手も含めて計画段階です」と説明した。
 バルセロナは2013年7月からカタール航空と年間3350万ユーロ(約39億3000万円)で3年間のスポンサー契約を締結。2015年夏には、地元ラジオ『El món a RAC1』に出演したバルトメウ会長が、社名を伏せたものの楽天と交渉中であることを示唆していたが、今年7月にはカタール航空との契約を2017年6月30日まで延長していた。
 また、バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが2015年6月に自身の公式ツイッターで三木谷氏を訪問したことを明かしており、同年12月にもFIFAクラブ・ワールドカップ2015で来日した際に会談。今夏も三木谷氏がオーナーを務めるヴィッセル神戸を訪問し、ノエビアスタジアム神戸や、いぶきの森練習場などを見学していた。
 ピケと三木谷氏の交流はスポンサー契約に関係していると以前から推測されていたが、記者会見でバルトメウ会長が「ジェラール・ピケと妻のシャキーラはミキタニと仲が良く、今回の契約のきっかけは、ピケが2015年にサウンフランシスコにあるミキタニの家で食事会を開いてくれたことだった」と説明した。
 なお、契約料はマンチェスター・Uとシボレー(アメリカの自動車メーカー)の推定年間6300万ユーロ(約73億8000万円)を超えて世界最高額になるとの報道もあったが、チェルシーと横浜ゴム(日本のタイヤメーカー)の推定年間4700万ユーロ(約55億1000万円)を超え、現段階で世界2位に浮上することとなった。[2016.11.16]
via http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20161116/516847.html


・「ピケ&シャキーラと三木谷氏は仲良し」...バルサ会長が契約締結までの経緯語る
16日、バルセロナは来季からのメインパートナーとして楽天株式会社と契約を締結したことを発表した。同クラブのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、楽天と契約を結ぶに至った経緯を語っている。
欧州随一のビッグクラブに、日本企業が参入する。バルトメウ会長はDFジェラール・ピケとその恋人であるコロンビア人歌手シャキーラの存在が契約締結へのきっかけになったと明かした。
「シャキーラとピケは以前から三木谷氏と仲が良かった。彼らは2014年にサンフランシスコで夕食をする約束をしていたのだが、そこに我々もご一緒させていただき、楽天の関心や将来について話をさせてもらった。ピケにはとても助けられたよ」




「今回の合意はバルセロナにとって素晴らしいものだ。ピケはこのクラブの一員で、楽天と合意に至るまでのステップをいくつか知っている。すべてではないけれどね。バルセロナは頂いたオファー、正確には5社からだったが、そのすべてに感謝している」
今季限りで契約が満了するカタール航空に対しては、感謝の意を述べている。
「我々はカタールのファンドとカタール航空に感謝している。彼らの貢献により、クラブに安定がもたらされた。仮に我々が彼らと新契約の可能性を模索していたとしても、契約は2017年6月30日に満了することになっていただろう。多くのスポンサーがバルセロナに興味を持ってくれていた。それに対し、我々は常にオープンでいなければならない。いかなる扉も閉ざすことはできないんだ」
via goal.com

・ユニフォーム予想図
085c7b26

◆過去に日本企業が胸スポンサーになった有名サッカークラブ
■マンチェスター・ユナイテッド
・シャープ(SHARP)(1982-2000年)

■チェルシー
・横浜ゴム(YOKOHAMA TYRES)(2015年-)

■アーセナル
・日本ビクター(JVC)(1982-1999年)
・セガ(SEGA、Dreamcast)(1999-2002年)

■リヴァプール
・日立製作所(HITACHI)(1979-1982年)

■エヴァートン
・日本電気(NEC)(1985-1995年)

■ユヴェントス
・ソニー(SONY)(1995-1998年)

■ローマ
・マツダ(MAZDA)(2003-2005年)

■ヴェローナ
・キヤノン(Canon)(1982-1986年)

■フィオレンティーナ
・任天堂(Nintendo)(1997-1999年)
・トヨタ自動車(TOYOTA)(1999-2010年)
・マツダ(MAZDA)(2011-2014年)

■バレンシア
・トヨタ自動車(TOYOTA)(2003-2008年)

■アトレティコ・マドリー
・三田工業(Mita)(1988-1989年)
・バンダイ(BANDAI)(1996-1997年)

■ボルシア・メンヘングラートバッハ
・京セラ(KYOCERA)(2005-2009年)

■フランクフルト
・三菱自動車(Mitsubishi Motors)(1996-1998年)

■ハンブルガーSV
・日立製作所(HITACHI)(1976-1979年)
・シャープ(SHARP)(1987-1994年)

■マルセイユ
・松下電器産業(Panasonic)(1989-1992年)

■サンテティエンヌ
・コニカミノルタ(Konica Minolta)(2004-2009年)

■アヤックス
・TDK(1982-1991年)

■バーゼル
・トヨタ自動車(TOYOTA)(2000-2004年)

■リーベル・プレート
・三洋電機(SANYO)(1992-1995年)

via http://qoly.jp/2016/11/17/shirt-sponsorship-deals-with-japanese-companies-oks-1








関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 04:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |