FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[プレミア] PFA年間(2015-16) ベストイレブン発表 レスターとトッテナムで8人 はてなブックマーク - [プレミア] PFA年間(2015-16) ベストイレブン発表 レスターとトッテナムで8人

pcimage[1]
 イングランドサッカー選手協会(PFA)は21日、2015-16シーズンのベストイレブンを発表した。
 同ベストイレブンはPFAに所属する選手たちの投票によって決定。今シーズン大躍進を果たし、現在首位に立つ日本代表FW岡崎慎司所属のレスターからイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、アルジェリアMFリヤド・マフレズら4選手が名を連ねた。
 また、2位のトッテナムからもイングランド代表FWハリー・ケイン、同代表MFデレ・アリら4選手が入り、優勝を争う2チームから計8名が選出されている。
 そのほか、移籍初年度から精度の高いフリーキックなどで存在感を示したウェストハムに所属するフランス代表MFディミトリ・パイェらが選ばれた。・・・
via http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160422/433542.html

◇ベストイレブン
▼GK
・ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U/スペイン代表)

▼DF
・ダニー・ローズ(トッテナム/イングランド代表)
・トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/ベルギー代表)
・ウェズ・モーガン(レスター/ジャマイカ代表)
・エクトル・ベジェリン(アーセナル/U-21スペイン代表)

▼MF
・ディミトリ・パイェ(ウェストハム/フランス代表)
・エンゴロ・カンテ(レスター/フランス代表)
・デレ・アリ(トッテナム/イングランド代表)
・リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア代表)

▼FW
・ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
・ジェイミー・ヴァーディ(レスター/イングランド代表)

Cgmr9FhW4AE4rvE[1]



◇PFA年間最優秀選手賞はリヤド・マフレズ…今季17ゴール11アシストを記録
Cg1xIXKWgAI8xR5
 日本代表FW岡崎慎司所属のレスターでプレーするアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが、PFA(イングランドサッカー選手協会)により選出される今シーズンの最優秀選手賞を受賞した。25日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。
 同賞はPFAに加盟している選手からの投票によって選出。快進撃を続ける首位レスターからマフレズに加え、フランス代表MFエンゴロ・カンテ、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがノミネートされたほか、トッテナムで今シーズン24ゴールを記録している同代表FWハリー・ケイン、精度の高いフリーキックなどで存在感を示したウェストハムのフランス代表MFディミトリ・パイェ、アーセナルで18アシストを叩き出しているドイツ代表MFメスト・エジルが候補者に名を連ねていた。
 そして24日に候補者6名の中から今シーズンの最優秀選手1名が決定。プレミアリーグ33試合に出場し17ゴール11アシストを記録するなど、チームの柱として活躍する実績が評価され、マフレズが受賞を果たした。
 同選手は受賞について「この賞をもらえてとても嬉しい。喜ばしいことだ。何が特別かって、選手たちが投票してくれたことだね。僕が素晴らしかったってみんなが思ってくれた訳だから、嬉しいよ」と、喜びを語っている。
 また「この功績はチームメート、そして特に監督とスタッフのおかげだよ。彼らがいなければ受賞できなかったし、ゴールも取れなかっただろう。これはチームの精神だし、この賞はみんなに捧げたい」と、仲間への感謝を示した。
 24日に行われたプレミアリーグ第35節スウォンジー戦でも先制点をマークするなど、4-0の勝利に貢献したマフレズ。レスターは2位トッテナムに暫定で勝ち点8差をつけ、優勝にまた一歩近づいている。
via http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160425/434846.html

◆過去15年のPFA年間最優秀選手
2001-02:ルート・ファン・ニステルローイ(マンチェスター・U)
2002-03:ティエリ・アンリ(アーセナル)
2003-04:ティエリ・アンリ(アーセナル)
2004-05:ジョン・テリー(チェルシー)
2005-06:スティーブン・ジェラード(リバプール)
2006-07:クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)
2007-08:クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)
2008-09:ライアン・ギグス(マンチェスター・U)
2009-10:ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)
2010-11:ガレス・ベイル(トッテナム)
2011-12:ロビン・ファン・ペルシ(アーセナル)
2012-13:ガレス・ベイル(トッテナム)
2013-14:ルイス・スアレス(リバプール)
2014-15:エデン・アザール(チェルシー)
2015-16:リヤド・マフレズ(レスター・シティ)


◇PFA年間最優秀若手選手賞はデレ・アリ 
Cg1oUeSWIAA8jOK
イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)は24日、今シーズンの年間最優秀若手選手賞を発表した。トッテナムMFデレ・アリが今シーズンの受賞者となった。
PFA各賞は、ピッチで戦う選手たちによる投票によって決定する個人タイトル。同じプレーヤーから評価されるこの賞は、価値のあるものとして考えられている。最優秀若手賞は、開幕時に23歳以下だった選手が対象だ。
20歳のアリは、今シーズンのトッテナムで大きく飛躍した。昨シーズンはレンタルでMKドンズに加入していたが、プレミアリーグでその力を証明。躍進したトッテナムにおける最大のサプライズとも言える大活躍を見せて、欠かせない選手となった。PFAの年間ベストイレブンにも選出されている。
トッテナムの選手が同賞を受賞するのは、ここ5年で4回目。2013-14シーズンのエデン・アザールを除く4シーズンで最優秀若手選手賞を輩出(カイル・ウォーカー、ガレス・ベイル、ハリー・ケイン、アリ)していることになる。
via goal.com


◇ルメスト・エジル、ランパード超え 1シーズンのチャンス演出回数でプレミア歴代トップに
アーセナルMFが、チェルシーのレジェンドを超えた。Optaによるチャンス演出回数で、元チェルシーのフランク・ランパードが保持していたプレミアリーグのレコードを塗り替えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。
アーセナルは24日のサンダーランド戦を0-0で終えて、4位に後退した。だが、エジルのチャンス演出回数はこの試合で今季通算137回に到達。これは2008-09シーズンにフランク・ランパードが達成した134回を上回り、プレミアリーグ史上最多となっている。
今シーズンは得点に直結する活躍を見せたエジルだが、PFAの年間ベストイレブンには選ばれていない。これにはアーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が「理解できない」と話していた。
エジルはここまで18アシストを記録しており、ティエリ・アンリ氏が過去に達成した20アシストの記録にも近づいている。
 via goal.com


◇FWA(イングランド・サッカー記者協会)年間最優秀選手受賞はジェイミー・ヴァーディが受賞
イングランド・サッカー記者協会(FWA)の選出する2015-16シーズンの年間最優秀選手賞を、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディが受賞した。
日本代表FW岡崎慎司も所属するレスターが今季プレミアリーグで快進撃を見せる中でヴァーディはエースストライカーとしてチームをけん引してきた。リーグ戦34試合の出場で22ゴールを記録し、得点王のタイトルも争っている。イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手にはレスターFWリヤド・マレズが選ばれたが、記者投票ではヴァーディが選出される結果となった。
FWAの発表によれば、約400人の記者による投票で、バーディーは全体の約36%の票を獲得。ともにチームメートであるマレズやMFヌゴロ・カンテを抑えての受賞になったとのことだ。
レスターからはほかにGKカスパー・シュマイケル、DFウェズ・モーガン、ダニー・シンプソン、MFダニー・ドリンクウォーターも候補としてノミネートされていた。1948年から開始された同賞をレスターの選手が受賞するのは初めてとなる。・・・
via goal.com


◇ヴァーディ、プレミアリーグ年間最優秀選手賞を獲得…個人2冠に輝く
90596009
▽レスター・シティの奇跡のプレミア制覇に大きく貢献したイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)が、バークレイズが選出するプレミアリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。プレミアリーグ公式サイトが伝えている。
▽ヴァーディは今シーズンのプレミアリーグで35試合に出場し24得点6アシストを記録。プレミア初優勝を成し遂げたレスターを牽引していた。ヴァーディは初受賞となる。
▽ヴァーディは、元マンチェスター・ユナイテッドのルート・ファン・ニステルローイ氏が記録した連続試合ゴールを記録を打ち破り、11試合連続ゴールを記録するなど、印象深い活躍が評価されての受賞となった。
▽年間最優秀選手の候補には、同じくレスターのDFウェス・モーガンやPFA年間最優秀選手賞を受賞したMFリヤド・マフレズ、MFエンゴロ・カンテ、GKカスパー・シュマイケルらチームメイトの他、トッテナムのFWハリー・ケイン、MFデレ・アリ、DFトビー・アルデルヴァイレルト、ウェストハムのMFディミトリ・パイエ、アーセナルのMFメスト・エジルらが挙がっていた。
via http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=240295


◇プレミア年間最優秀ゴール
・デル・アリ(トッテナム)


(1月に開催された第23節、クリスタル・パレス対トッテナム戦 84’)
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |