FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[プロ野球] ヤクルト・山田哲人が2年連続「トリプルスリー」&100打点達成、史上初の快挙 はてなブックマーク - [プロ野球] ヤクルト・山田哲人が2年連続「トリプルスリー」&100打点達成、史上初の快挙

WS003
 ヤクルトの山田哲人(24)が1日、マツダスタジアムで行われた広島との今季最終戦で、同一シーズンで打率3割、30本塁打、30盗塁をマークする「トリプルスリー」の金字塔を2年連続で打ち立てた。2度の達成はプロ野球史上初の快挙。
 山田は9月6日に30盗塁を決めて、トリプルスリーの条件を満たして確実とした。しかし、1試合3本塁打を放った翌日の阪神戦で背中へ死球を受け、打席で踏み込めなくなり、シーズン終盤にスランプを経験した。
 この日「3番・二塁」で先発出場したが、無安打に終わり、記録に花を添えることはできなかった。試合は広島が3-1で勝利した。
 あらゆる球種に対応し、苦手投手をつくらないのが山田の強み。無安打に終わる試合が続かないのも特徴だ。6月には全11球団から本塁打をマーク。2年連続のトリプルスリーに加え、昨季に続き打点でも100打点を記録した。
 長い球史で過去10人しかいない快挙。歴代達成者は翌年以降、厳しい研究やマークに苦しみ、2度目の到達はなかった。前人未到の領域に足を踏み入れた24歳だが、シーズン中から個人成績よりもクライマックスシリーズ(CS)進出を最低限の目標にしてきただけに喜びを爆発させることはなかった。
via http://www.sankei.com/sports/news/161001/spo1610010038-n1.html

■トリプルスリー達成者
WS002

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015 新語・流行語大賞:大賞は「トリプルスリー」「爆買い」 はてなブックマーク - 2015 新語・流行語大賞:大賞は「トリプルスリー」「爆買い」

 今年流行した言葉を決める「2015 ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、発表され、プロ野球で同一シーズンで打率3割、ホームラン30本、30盗塁を同時に記録することを指す言葉で、今年65年ぶりに2人そろって達成された「トリプルスリー」と外国人観光客などが一度に大量に購入することを指す「爆買い」が年間大賞に選ばれた。
 トップテンには、とにかく明るい安村さんがネタの中で全裸のようなポーズを決めたあとにいうフレーズ「安心して下さい、穿(は)いてますよ。」やラグビー日本代表の五郎丸歩選手の「五郎丸ポーズ」、松岡修造さんの日めくりカレンダーのタイトル「まいにち、修造!」などが選ばれた。
 一方、ノミネートされていた「8.6秒バズーカー(ハチロク)」のリズムネタ「ラッスンゴレライ」や「クマムシ」の歌ネタ「あったかいんだから」、福山雅治さんの結婚したことによる喪失感を表した「福山ロス(ましゃロス)」、芥川賞を受賞した「ピース」又吉直樹さんの小説「火花」などはトップテン入りを逃した。
 同賞は1984年にスタートし、今年で32回目。「現代用語の基礎知識」(自由国民社)の編集部の調査で候補語を選出し、東京大学名誉教授の姜尚中さん、歌人の俵万智さん、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんらが名を連ねる選考委員会でトップテンと年間大賞を選出した。
 via http://mainichi.jp/mantan/news/20151201dyo00m200007000c.html
   http://blogos.com/article/147468/

◇トップテン カッコ内は受賞者(敬称略)
・アベ政治を許さない(作家:澤地久枝)
・安心して下さい、穿いてますよ。(とにかく明るい安村)
・一億総活躍社会(安倍晋三)
・エンブレム(東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会)
・五郎丸(ポーズ)(五郎丸歩)
・SEALDs(奥田愛基)
・トリプルスリー(柳田悠岐、山田哲人)
・ドローン(千葉大特別教授:野波健蔵)
・爆買い(ラオックス社長:羅怡文)
・まいにち、修造!(松岡修造)


◇ノミネート50語
・爆買い
中国人が日本にやってきて大量に商品を買っていくこと。

・インバウンド
訪日外国人旅行者のこと。

・刀剣女子
ブラウザゲーム「刀剣乱舞」の女性ファン、あるいはそれをきっかけに刀剣に興味を持つようになった女性のこと。

・ラブライバー
アニメ「ラブライブ」のファンのこと。

・アゴクイ
イケメンに顎をクイッと持ち上げられること。壁ドン派生。

・ドラゲナイ
ロックバンド「SEKAI NO OWARI」の楽曲「Dragon Night」のこと。

・プロ彼女
狙って有名人と交際する一般女性のこと、転じて厳しい交際条件に応える完璧な女性のこと。

・ラッスンゴレライ
お笑いコンビ「8.6秒バズーカー」のギャグ。リズムに乗せて連呼されるが特に意味は無い。

・あったかいんだから
お笑いコンビ「クマムシ」のギャグ。アイドルソングとして歌われる曲のワンフレーズ。

・はい、論破!
コント番組「痛快TVスカッとジャパン」に登場するキャラクター、イヤミ課長の決め台詞。

・安心してください(穿いてますよ)
お笑い芸人「とにかく明るい安村」のギャグ。パンツ一丁で全裸に見えるポーズを取って発言する。

・福山ロス(ましゃロス)
福山雅治の結婚によってショックを受けた状態のこと。

・まいにち、修造!
元テニス選手の松岡修造が売り出した日めくりカレンダー。

・火花
お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が執筆した小説。ベストセラーとなり芥川賞を受賞した。

・結果にコミットする
トレーニングジムを経営する企業「ライザップ」のCMに登場するフレーズ。

・五郎丸ポーズ
ラグビーW杯で歴史的勝利を挙げたラグビー日本代表の五郎丸歩がキックの前に取る拝むようなポーズのこと。

・ルーティン
同上。スポーツなどにおいて集中力を高めるために儀式のように決まった行動を取ること。

・トリプルスリー
野球において打率3割・30本塁打・30盗塁を同時に達成すること。柳田悠岐と山田哲人が同時に達成した。

・1億総活躍社会
内閣改造に際して安倍晋三首相が掲げたスローガン。1億総活躍担当大臣も新設された。

・エンブレム
2020年東京五輪のエンブレムのこと。佐野研二郎によってデザインされたが盗用疑惑が持ち上がった。

・上級国民
五輪エンブレム盗用問題の釈明にあたり使われた「一般国民」というフレーズに反発して作られた呼称。

・白紙撤回
国立競技場の建て直しに際し、ザハ・ハティドのデザイン案では建設費がかかりすぎるとの批判が持ち上がり、安倍晋三が白紙撤回を表明した。

・I AM KENJI
カメラマンの後藤健二が「イスラム国」に拘束されたことを受けてSNSなどで広まったフレーズ。元はシャルリー・エブド襲撃事件で広まったスローガン。

・I am not ABE
上記の事件を受けて、ニュース番組「報道ステーション」内で古賀茂明が安倍晋三を批判した際に使われたフレーズ。

・テロに屈しない
後藤健二らの殺害を受けての安倍晋三の発言。

・粛々と
米軍普天間飛行場の移設問題に関して菅義偉官房長官が用いたフレーズ。翁長雄志沖縄県知事から批判された。

・切れ目のない対応
安保法制の成立を目指すにあたって強調されたフレーズ。

・存立危機事態
集団的自衛権を行使するための三つの条件のうちの一つ。

・駆けつけ警護
国連職員や他国の軍隊などを警護するために自衛隊がその場に駆けつけること。安保法制と関連。

・国民の理解が深まっていない
安保法制についてなかなか賛成が得られない状況での安倍晋三の発言。

・レッテル貼り
安保法制に関する議論において安倍晋三が繰り返したフレーズ。

・早く質問しろよ
国会において安倍晋三が辻元清美議員に対して行った発言。

・アベ政治を許さない
安保法制反対デモにおいてプラカードなどに使われたフレーズ。

・戦争法案
安保法制に対して批判的な側がよく用いる呼称。

・自民党、感じ悪いよね
石破茂地方創生相が自民党を自戒する意図で用いたフレーズ。後に安保法制反対デモなどでも用いられた。

・シールズ(SEALDs)
安保法制に反対してデモなどを行った学生団体。「自由と民主主義のための学生緊急行動」の略。

・とりま、廃案
安保法案に反対する高校生がデモに際して用いたフレーズ。「とりま」は「とりあえずまあ」の略。

・大阪都構想
大阪維新の会が打ち上げた、大阪府と大阪市の行政を一本化する案。住民投票が実施され僅差で否決された。

・マイナンバー
「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の実施に際して配布される個人番号のこと。

・下流老人
生活保護基準相当で暮らす高齢者のこと。NPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典が提唱。

・チャレンジ
東芝において強要されていた過剰な業績改善のこと。不正会計問題の発覚により広まった。

・オワハラ
就職終われハラスメントの略。学生に対して他社を受けたりしないよう悪質な囲い込みを行うこと。

・モラハラ
モラルハラスメントの略。家庭や職場などにおける継続的かつ精神的な攻撃のこと。

・スーパームーン
月が地球に再接近する時期と満月もしくは新月が重なり、月がより大きく見える現象。2015年は皆既月食とも重なった。

・北陸新幹線
東京-長野を結ぶ路線として「長野新幹線」と呼ばれていたが、長野-金沢間が延伸され「北陸新幹線」に統一された。

・ドローン
元は無人機の総称だが、遠隔操縦あるいは自律式のマルチコプターの代名詞ともなっている。一般に普及し、落下事件なども引き起こした。

・ミニマリスト
身の回りのものを最小限に減らす生活スタイル、およびそれを実践する人間のこと。

・フレネミー
フレンド(友人)とエネミー(敵)を合成した言葉。「友人であると同時に敵」もしくは「友人を装っている敵」のこと。

・サードウェーブコーヒー
「コーヒーの一般化」「シアトル系コーヒー」に続く、第三のコーヒーブーム。高品質な豆をハンドドリップすることが特徴。ブルーボトルコーヒーが代表格。

・おにぎらず
漫画「クッキングパパ」で考案され、クックパッドで広まったレシピ。海苔にご飯を広げて折りたたむようにして作る四角いおにぎりのこと。

・2015年の流行語大賞ノミネート全50語リストまとめ、「刀剣女子」「ドラゲナイ」「五郎丸ポーズ」などなど
 http://gigazine.net/news/20151110-word-of-the-year/

◇今年の一皿は「おにぎらず」…2015年、最も世相を反映した食が決定!
 http://matome.naver.jp/odai/2144952531623525501

◇三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語 2015」ベスト10 大賞は“じわる”
・大賞:じわる
・2位:マイナンバー
・3位:LGBT
・4位:インバウンド
・5位:ドローン
・6位:着圧
・7位:言うて
・8位:爆音
・9位:刺さる
・10位:斜め上
・選外:とりま、エンブレム 

 via http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/shingo2015/2015Best10.html#03
http://ddnavi.com/news/277310/a/

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 04:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |