FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[UEFA-EL]ベスト4-2nd リバプール×ビジャレアル、セビージャ×シャフタール・ドネツク はてなブックマーク - [UEFA-EL]ベスト4-2nd  リバプール×ビジャレアル、セビージャ×シャフタール・ドネツク

◆リバプール×ビジャレアル
WS001
・リバプール : O.G(ブルーノ・ソリアーノ) 7’、ダニエル・スタリッジ63’、アダム・ララーナ81’

2361141_w2 2361148_w2

・ホームでビジャレアルに快勝、リヴァプールがEL決勝へ
5日に行われたヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグ、リヴァプール対ビジャレアルの一戦は、3-0でホームのリヴァプールが勝利した。2試合合計3-1でリヴァプールが決勝に駒を進めている。
アウェーでのファーストレグを終了間際の失点で0-1と落としていたリヴァプールは、スタリッジを先発で起用した。立ち上がりはやや不安定に見えたが、早い時間にファーストレグのビハインドを帳消しにする。
7分、リヴァプールは右サイドからクラインがグラウンダーのクロスを中へ。ディフェンスとGKの間へ鋭いボールを送ると、アレオラが反対サイドに弾く。このボールをフィルミーノが右足で折り返すが、味方には合わなかった。だが、味方が触れなかったボールが相手DFブルーノに当たってオウンゴール。リヴァプールが幸先良く先制する。
2試合合計で1-1となり、リヴァプールはその後も果敢に攻める。ビジャレアルに1点を返されるとたちまち不利な状況となるため、攻守に緊張感を持った。
主導権を握りながらも追加点が決まらずにいたリヴァプールだが、63分に待望の2点目。ペナルティーエリア手前でフィルミーノがボールを持つと、ビジャレアルのディフェンスラインの押し上げが乱れてスルーパスが通った。このパスを受けたスタリッジは右足で止めて左足でシュート。GKに当たりながらもゴールネットを揺らし、2-0とする。
1点で状況をひっくり返せるビジャレアルは反撃に転じたいところだが、なかなかリヴァプールのハイプレスをかいくぐれない。思いどおりにいかない時間が続くと、71分にはララナの足を踏んだビクトル・ルイスにこの日2枚目のイエローカードが出て退場に。さらに窮地へと追い込まれた。
この日のリヴァプールは、最後まで集中が切れず、10人になったビジャレアルに隙を与えない。81分には、フィルミーノが左サイドからえぐってプルバック。中央のスタリッジがミートしきれなかったシュートをララナが押し込んで3-0とした。
 via:goal.com

・ハイライト


uefa.com
sky sports
ESPN
whoscored.com


◆セビージャ×シャフタール・ドネツク
WS002
・セビージャ : ケヴィン・ガメイロ9’、47’、フェレイラ・マリアーノ59’
・シャフタール : エドゥアルド44’

2361139_w2 2361133_w2

・ガメイロ2発!3連覇目指すセビージャ、シャフタールを沈めて決勝へ
5日に行われたヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグ、セビージャ対シャフタール・ドネツクの一戦は、3-1でホームのセビージャが勝利した。2試合合計5-3と制し、進出を果たしている。
ファーストレグで2-2とアウェーゴールのアドバンテージを手にして戻ってきた3連覇の偉業を目指すセビージャは、得意の本拠地サンチェス・ピスファンも幸先の良いスタートを切った。
9分、マリシェフがバックパスの処理を誤った隙を突き、ボールを奪ったガメイロが、そのままドリブル突破から確実にシュートを流し込み、あっという間に先制点を奪う。
これで優位に立ったセビージャは、その後も良い主導権を握るが、追加点のチャンスを作るには至らない。すると前半終了間際に失点してしまう。
シャフタールは44分、速攻からマノラスが右サイドから中央にカットイン。セビージャ守備陣を切り裂くスルーパスに反応したエドゥアルドが、確実に同点弾を決めた。
両チームが最初の枠内シュートで得点を挙げた前半を終え、後半はまずシャフタールがコバレンコのミドルシュートでGKソリアを襲う。
だが、その直後に追加点を挙げたのはセビージャの方だった。47分、クリホビアクのスルーパスで抜け出したのは、再びガメイロ。GKピアトフをかわしてシュートを流し込む。
リードを手にしたセビージャは、大活躍のガメイロがその後も躍動。58分には、クロスのこぼれ球に反応し、アクロバティックなボレーシュートを見せる。だが、これはクロスバーを越えた。
その直後の59分、セビージャは決定的な3点目を奪う。マリアーノが右足でミドルシュートを放つと、ボールはゴールの左隅へ。マリアーノの欧州カップ戦初ゴールで、一気に勝負を決定づける。
2点が必要になったシャフタールはこれで落胆。72分には、スルナのクロスからエドゥアルドが惜しいヘディングシュートを放ったが、ポストの横にそれた。
セビージャは3年連続となる決勝進出。EL3連覇を目指し、18日のファイナルに臨む。ベンフィカ、ドニプロと下してきたセビージャの相手は、リヴァプールだ。
 via:goal.com

・ハイライト


uefa.com
sky sports
ESPN
whoscored.com
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[UEFA-EL]ベスト4-1st ビジャレアル×リバプール、シャフタール・ドネツク×セビージャ はてなブックマーク - [UEFA-EL]ベスト4-1st  ビジャレアル×リバプール、シャフタール・ドネツク×セビージャ

◆ビジャレアル×リバプール
WS002
・ビジャレアル : アドリアン・ロペス 90’+2’

2358552_w2 2358558_w2
・ビジャレアル、土壇場の先制弾でリヴァプールに先勝
28日に行われたヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグ、ビジャレアル対リヴァプールの一戦は、1-0でホームのビジャレアルが先勝した。
準々決勝でボルシア・ドルトムントを劇的に下したリヴァプールは、5分に決定機。右サイドからのクロスがDFに当たってコースが変わり、中央でフリーのアレンがシュートを放つ。しかし、ややコースが甘く、GKに止められた。
対するビジャレアルは11分にゴールに迫る。敵陣中央右寄りの位置でFKを得ると、ブルーノが素早く裏のスペースへ浮き球を送る。ソルダードが走り込んで右足で狙うも、枠の外だった。
その後はほぼ互角の展開。リヴァプールはパスをつないで敵陣に攻め入るも、ペナルティーエリア内から良い体勢でシュートを放つことはできなかった。相手がサイドのスペースを残しつつも、中央でしっかりと締めて明確なチャンスは訪れない。
ビジャレアルは何度か惜しいシュートシーンをつくったが、こちらも最後で守備が踏ん張り、ゴールならず。前半は0-0で終える。
負傷を抱えたのか、コウチーニョが下がったリヴァプールは、後半のスタートからアイブが入る。
だが、いきなりチャンスをつくったのはビジャレアル。後半開始直後のFKをドス・サントスがニアへ送り、バカンブがヘディングシュートを狙った。しかし、右ポストを外から叩いて、惜しくも決まらない。
リヴァプールはフィルミーノがポストを叩くシーンもあったが、やはり均衡は破れず、試合は0-0のまま進んだ。しかし、終盤に再び激しく動く。
ビジャレアルは87分、ここまでで最大のチャンスをつくった。バカンブが中央でフリーとなり、GKと1対1に。左足でゴール左を狙う。だが、相手GKミニョレのファインセーブに阻まれ、得点できない。
リヴァプールは、この直後のCKを跳ね返して速攻。アルベルト・モレノが抜け出して1人でゴール前まで運び、シュートを放つ。しかし、デニス・スアレスに寄せられて、枠内に打てなかった。
だが、試合はまだ終わっていなかった。後半アディショナルタイム、中盤でボールを持ったブルーノが、右前方へ長いパスを送ると、D・スアレスが見事なファーストタッチで縦に持ち出し、GKをおびき出す。ミニョレが詰めてきたところで中へ折り返すと、フリーのアドリアンが無人のゴールに決めて1-0とした。
リヴァプールのホームで行われるセカンドレグは、5月5日に開催される。
 via:goal.com


・ハイライト


uefa.com
sky sports
ESPN
whoscored.com


◆シャフタール・ドネツク×セビージャ
WS001
・シャフタール : マルロス 23’, タルス・ステパネンコ 35’
・セビージャ : ヴィトロ 6’, ケヴァン・ガメイロ 82’

2358493_w2 2358517_w2
・3連覇狙う王者セビージャ、敵地で2ゴールを奪ってシャフタールとドロー
28日に行われたヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグ、シャフタール・ドネツク対セビージャの一戦は、2-2のドローに終わった。
PK戦までもつれ込む激戦となったアスレティック・ビルバオとの準々決勝を制し、3連覇という偉業を目指す王者セビージャは、幸先の良いスタートを切った。6分、バネガの縦パスをガメイロがはたき、これを受けたビトロが左足のシュートでネットを揺らす。
いきなりアウェーゴールを献上してしまったシャフタールだが、徐々にボールを持って反撃すると、23分に同点に追いつく。ラキツキーの後方からの縦パス1本から、抜け出したマルロスが冷静にシュートを流し込んだ。
これで勢いに乗ったシャフタールは、36分に試合をひっくり返す。ショートコーナーからマルロスが左サイドから鋭いクロスを入れると、ニアでフリーとなったステパネンコが頭で合わせた。
逆転されて前半を終えたセビージャは、後半もリズムに乗れない。55分のダニエウ・カリソのシュートもピアトフに阻まれ、エメリ監督は59分に動く。コノプリャンカをベンチに呼び戻した。だが、代わって入ったクローン=デリが70分に負傷し、担架で運ばれたまま退場。コケとの交代を余儀なくされる。
流れが良くないセビージャだったが、直後の75分にネットを揺らす。エスクデロの左からのクロスに、ニアに飛び込んできたガメイロが合わせる。だが、副審の旗が上がり、得点は認められず。微妙な判定だったが、セビージャは同点に追いつくことができなかった。
それでも、これで勢いを取り戻したセビージャだが、あと一歩が届かない。77分にはバネガのロングスルーパスからガメイロがチャンスを手にするが、シュートはクロスバーの上へ。80分にもビトロの折り返しにガメイロが反応するが、手前でDFにクリアされる。
だが、直後の81分、バネガのパスを受けたビトロが、ペナルティーエリアの深い位置で切り返し、フェレイラに倒されてPKを獲得。ガメイロがこれを確実に決め、貴重な2つ目のアウェーゴールを手に入れた。
シャフタールのその後の反撃をしのいだセビージャは、勝利こそ挙げられなかったが、敵地で2得点してのドロー。本拠地サンチェス・ピスファンでは、準々決勝のビルバオ戦で敗れるまで11連勝を記録していただけに、3年連続となる決勝進出に向けて上々のスコアと言えそうだ。
 via:goal.com


・ハイライト


uefa.com
sky sports
ESPN
whoscored.com
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 08:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |