FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

フランチェスコ・トッティ、ローマでのキャリアを勝利で終える はてなブックマーク - フランチェスコ・トッティ、ローマでのキャリアを勝利で終える

7d6bca91-df52-4583-a063-18237c272f54

WS002



 イタリア・セリエA最終節の第38節が現地時間28日に行われ、ローマはホームでジェノアと対戦。今季限りでの退団を表明したローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティは、25年間を過ごしてきたチームでの最後の試合を戦った。
 先日ローマ退団を発表したトッティは、本拠地オリンピコで行われたラストマッチでベンチスタート。1-1で迎えた54分にピッチに送り出された。その後両チームが1点ずつを取り合ったあと、終了間際にはディエゴ・ペロッティが劇的な決勝ゴールを奪って3-2で勝利。ローマはトッティの最後の試合を勝利で飾るとともに、シーズンを2位で終えて来季チャンピオンズリーグ本戦の出場権を手に入れた。
 試合後にはトッティの退団セレモニーが行われ、トッティは満員のファンに向けて別れのスピーチを行った。一言一言を噛みしめるように発するキャプテンに対し、観客席からは何度も盛大な拍手が送られていた。
・・・
 トッティはローマでのキャリアをセリエA通算619試合出場250得点、公式戦通算786試合出場307得点で終了。いずれの数字も2位を大きく引き離してのクラブ歴代1位に君臨している。
via https://www.footballchannel.jp/2017/05/29/post213257/

・トッティ、最後に語った感動メッセージ
96024363
『ESPN』など各メディアは28日、「ローマでの最後の試合を終えたフランチェスコ・トッティは、サポーターに感謝のメッセージを述べた」と報じた。
今季限りでローマとの契約が満了となる「プリンシペ」トッティ。デビュー以降全ての時間を過ごしてきたクラブとの別れを迎えた。
オリンピコに詰めかけた多くのサポーターを名残惜しそうに眺めながら、トッティは以下のようにコメントを述べたという。
「僕は怖い。皆の助けが必要だ。終わりを告げる準備ができていないんだ。
我々はここにいる。時はやってきた。残念ながら、一生来ないで欲しかった時がやってきてしまったんだ。
この数日僕について語られたことは、なんと素晴らしいものだったのだろうか。
皆が僕を支えてくれた。難しい時間にも後押ししてくれた。そして、全ての人に感謝を言いたい理由はそれなんだ。
僕は狂ったように泣いたよ!こんな25年間を忘れることはできない。皆に感謝する。自分にとって、簡単なものじゃなかったとしてもね。これらの時間がどのようなものであったか、妻には話したよ。
母と父、兄弟、家族、そして友人も感謝したい。妻と3人の子供に感謝したい。
最初にそう言いたかった。なぜなら、彼らがいなければこんな結末は迎えられなかっただろうからね。

maffia-romavgen170528_npyDb

この28年間を少ない言葉で表現するのは不可能だよ。歌や詩で表現したいけど、僕はそれがヘタでね!この足で自分自身を表現しようとしたんだ」

「なあみんな、僕が小さなころに好きだったオモチャは何だったか知ってるかい?
それはサッカーさ!そして、それは今もそうなんだ。
だが、誰もがある時点で成長しなければならない。そう言われて、僕は決断を下した。
クソッタレだな、時間ってのは!(スクデットを獲得した)2001年の6月17日と同じだ。
あの時、僕はレフェリーが早く3回笛を鳴らしてくれないかと待ちきれなかった。そして、それは今でも鳥肌が立つ記憶だよ。
そして今、時間がやってきた。僕の肩を軽く叩いた。そして、『成長しなければいけないよ』と声をかけてきた。明日から大人になるんだ、とね。
『さあ、パンツとスパイクを脱げ。君は大人になった。もはや芝の匂いを嗅ぐことはできない。太陽に顔を晒すことはできない。アドレナリンを使い尽くすことも、祝福の満足感もないんだ』と。
僕はこの数カ月間、自分自身に尋ねてきた。なぜ夢から覚めているのかと。
眠っている子供は、母に起こされるまで素晴らしい夢を見ているものだ。
もう一度眠りにつこうとしても、同じ夢の中に戻れることは決してない。
魔法は、いつか解けるものなんだ。
この時は、夢ではなかった。現実だった。僕はこの手紙を子どもたちに送りたいね。
僕を応援してくれた彼らに。そして、おそらく僕と共に成長し、そして父親になっていく彼らに。
自分のキャリアはおとぎ話のようなものだったと思いたい。そして、これはその中で最悪の一章だ。
今、それは本当に終わった。僕は最後にこのシャツを脱ぐ。そして綺麗に畳む。
例え、引退すると言う準備ができていないとしても。それを認めざるを得ないとしても。そして、これからもずっと認められないとしても」

skysports-francesco-totti-roma-genoa_3965327

ダウンロード skysports-roma-genoa-francesco-totti_3965328

「このところ、インタビューを受けなかったこと、考えをハッキリさせなかったことは申し訳なかった。
でも、スイッチを切ることは本当に難しかったんだ。今、僕は怖い。
これは、決めなければならないペナルティキックを得て、ゴールの前に立っているときと同じ恐怖ではない。
今回は、ネットの穴の先にあるものを見ることができずにいるからだ。
恐怖を感じさせてくれ。
そして今、僕は皆の優しさを必要としているんだ。皆がいつも僕に見せてくれたものを。
皆の愛情があってこそ、僕は次のページをめくり、新しい冒険に専念することが出来るはずなんだ。
今は、チームメイト、コーチ、ディレクター、会長、そして何年もの間共に働いてくれた皆に感謝する時だ。
ファン、そしてクルヴァ・スッド(サポーターグループ)、ローマの人たち、ロマニスタの人たち。
ローマに生まれて、ロマニスタとして育つのは、特権だ。このチームのキャプテンになったことは名誉だ。
皆は常に僕の人生と共にある。僕はもはやこの足で楽しむことは出来ないかもしれないが、心は常に皆と一緒だ。
子供のころ、自分を歓迎してくれたロッカールーム。今、僕は大人になってそこを去るんだ。
ローマに28年間の愛を与えられたことを、僕は幸せに思う。誇りに思う。愛しているよ!」

via http://qoly.jp/2017/05/29/retiring-roma-legend-francesco-totti-kgn-1

WS003








noticia-francesco-totti-roma

francesco-totti-roma-ps_im91hvekoo0s1jx4e3n9wuqse

francesco-totti-roma-ps_190g4960qdp561p7vv9idl91oc

◆トッティの25年、最高のセレブレーション10選


◆Francesco Totti ● Top 10 Goals ● Top 10 Passes (1992-2017)


◆Francesco Totti - The Infinite Story Of a Legend -1994-2017
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |