FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

2015FIFAプスカシュ賞候補10ゴール発表! メッシの圧巻4人抜きゴールなど はてなブックマーク - 2015FIFAプスカシュ賞候補10ゴール発表! メッシの圧巻4人抜きゴールなど

FIFAは6日、FIFAプスカシュ賞2015の候補となる10ゴールを発表した。
FIFAプスカシュ賞は、年間ベストゴールに与えられる賞。10ゴールの候補の中からユーザー投票を行い、その年最高のゴールを決めるものだ。
昨シーズン3冠を達成したバルセロナからは、FWリオネル・メッシのゴールがノミネートされた。5月30日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオ戦で見せた4人抜きのスーパーゴールが候補になっている。
長距離のドリブルシュートでは、カルロス・テベスのゴールも印象的だった。昨年11月のセリエAパルマ戦。当時ユヴェントスに所属していたテベスは、自陣左からドリブルを開始すると、次々と相手DFをかわして1人で決めている。
最近のゴールで印象的だったのは、ローマMFアレッサンドロ・フロレンツィのゴールだ。9月16日のバルセロナ戦、フロレンツィは右サイドのタッチライン際、ハーフウェーラインを少し超えたところから意表を突いてロングシュート。相手選手が対応しているにもかかわらず、GKの位置をよく見て超長距離シュートを決めた。
長距離シュートでは、パダーボルンのマルセル・ヌジェングも負けていない。7月13日のプレシーズンマッチでボルトンと対戦したパダーボルン。相手選手が中盤での競り合いに勝ってヘディングしたボールがこぼれると、ヌジェングはこのボールをハーフウェーラインを少し超えたところから直接ボレー。強烈なシュートでゴールネットを揺らした。
超ロングシュートには、日本も嫌な記憶がある。7月5日に行われた女子ワールドカップ決勝、アメリカと対戦したなでしこジャパンは、MFカーリー・ロイドにハットトリックを許して、2−5で敗れている。そのうちの1ゴールが、センターサークルからのロングシュートだった。
そのほかでは、プレシーズンマッチのミラノダービーでミランDFフィリップ・メクセスが決めたペナルティーエリア外からのボレーシュートや、当時ゴイアネージアにいたFWウェンデウ・リラが3月に決めたアクロバットなオーバーヘッドなどがノミネートされている。
受賞者は1月11日に行われるFIFAバロンドール授賞式で発表される。
via goal.com
・The FIFA Puskás Award - FIFA.com


・ノミネート10ゴール
■デイビッド・ボール(フリートウッド・タウン)
2015年3月29日 対プレストン・ノースエンド

■ゴンサロ・カストロ(ソシエダ)
2015年4月12日 対デポルティボ

■アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
2015年9月16日 対バルセロナ

■ウェンデル・リラ(A・ゴイアニエンセ)
2015年3月11日 対ゴイアネージア

■カーリー・ロイド(アメリカ女子代表)
2015年7月5日 対日本女子代表

■リオネル・メッシ(バルセロナ)
2015年5月30日 対ビルバオ

■フィリップ・メクセス(ミラン)
2015年7月25日 対インテル

■マルセル・ヌジェング(パーダーボルン)
2015年7月13日 対ボルトン・ワンダラーズ

■エステバン・ラミレス(エレディアーノ)
2014年11月2日 対デポルティーボ・サプリサ

■カルロス・テベス(ユベントス)
2014年11月9日 対パルマ
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |