FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

モハメド・アリ氏死去、74歳=ボクシング元ヘビー級王者-・20世紀の英雄 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」 はてなブックマーク - モハメド・アリ氏死去、74歳=ボクシング元ヘビー級王者-・20世紀の英雄 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」

CkFFPB8XAAASN7V

56419f481400006f023ca534[1]
 プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンで、20世紀を代表するカリスマ的英雄だったモハメド・アリ(本名カシアス・クレイ)氏が入院先の米アリゾナ州フェニックスの病院で3日死去した。74歳だった。家族が声明を出した。
 アリ氏は30年以上にわたりパーキンソン病を患っており、呼吸器系の病気で入院したばかりだった。
 米ケンタッキー州ルイビル生まれ。12歳でボクシングを始め、18歳で出場した1960年ローマ五輪のライトヘビー級で金メダルを獲得した後、プロに転向した。
 64年にソニー・リストンを破って世界ヘビー級王座を獲得。直後にブラック・ムスリムに入信してモハメド・アリと改名した。67年には兵役を拒否し、タイトルとボクシングライセンスを剥奪された。黒人差別の残る米国社会への批判的言動を繰り返して物議を醸した。
 70年に復帰。74年にコンゴ(旧ザイール)のキンシャサで行われたジョージ・フォアマン戦で、絶対不利の予想を覆してKO勝ちし王座を奪還。この一戦は「キンシャサの奇跡」と呼ばれ語り継がれている。78年2月にレオン・スピンクスに敗れて王座を失ったが、同年9月の再戦に判定勝ちし、3回目の王座獲得を果たした。
 いったん引退した後、80年にはラリー・ホームズの王座に挑戦して敗れ、81年に引退した。通算19回のタイトル防衛を果たし、戦績は56勝(37KO)5敗。
 全盛時のクレバーなボクシングスタイルは「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評された。引退後は病気と闘いながら、96年のアトランタ五輪開会式では聖火の最終点火者を務めた。
 76年に来日した際、アントニオ猪木氏(元プロレスラー、現参院議員)と対戦したのも話題となった。[2016.06.04]
slide_491992_6790390_free

 via http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060400177&g=spo&m=rss

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/03/muhammad-ali_n_10290960.html

・伝説のボクサー、モハメド・アリが死去。猪木との対戦でも話題に
 http://matome.naver.jp/odai/2146501611455966401

・「史上最強の男」モハメド・アリ、死去 偉大な足跡を振り返る
ボクシング史上最も偉大なチャンピオン、モハメド・アリが息を引き取った。
彼ほどのボクサーは、もはやこの先登場しないだろう。何しろアリはヘビー級戦線に革命を起こした上、「国家の理不尽」とも戦った人物。「俺は偉大だ」と公言して本当にそうだった人間は、人類史上彼しかいない。
最強の男が起こした数々の「奇跡」を、ここで振り返ってみよう。

■蝶のように舞い、鉢のように刺す
誕生日プレゼントの自転車を盗まれたことがきっかけでボクシングを始めたカシアス・クレイは、キャリア最初期から比類ない才能を発揮した。
当時のボクシングは、ストリートファイターが一攫千金を見込んで参戦する腕力一辺倒の舞台。だがクレイは堅実な中間層の出身で、しっかりとした栄養バランスの食事を取ることができた。これが厳しいトレーニングを積む上で、非常に大きなアドバンテージになったのだ。
クレイはアマチュア時代に、ローマオリンピックで金メダルを取るなどの大活躍を見せる。そしてプロに転向すると、ヘビー級とは思えない俊敏性を武器に名だたる怪獣たちを次々とマットに沈めていく。それまでのヘビー級選手はパワーを生かしたインファイトが主流だった。だがクレイは相手の射程外から信じられないスピードで踏み込み的確なパンチを打ち出す。
その真価が最も光り輝いた試合が、1964年2月25日のソニー・リストンとのタイトルマッチだ。リストンは213センチのリーチを誇る世界チャンピオンで、下馬評では「リストン絶対優勢」と見られていた。
ところがいざ蓋を開けてみると、リストンはクレイのフットワークの前に何もできず、6ラウンド終了後に試合を放棄。世界はこの試合に戦慄した。

■俺はベトナムになんか行かねぇ!
だが、その後のクレイは不遇の時代を迎る。イスラム教への改宗と「モハメド・アリ」と改名したことで、アメリカの支配層である白人社会は彼を糾弾するようになったのだ。
そして、ベトナム戦争が彼の人生を大きく変えた。カシアス・クレイ改めモハメド・アリは、取材陣の前でこう言い放つ。
「俺はベトコンに用はない。人殺しなんざごめんだ」
彼の自宅にもアメリカ軍からの徴兵令状が来ていたが、アリはそれを破り捨てる。軍高官が直接説得に当たったが、アリはシャドーボクシングを見せるなどの反抗的態度に出て、ついに入隊しなかった。
国家はアリを許さなかった。彼が命がけで手にした金メダルとチャンピオンベルトを剥奪したのだ。

■茨の道を選んだ男
もしアリが軍に入っていたら、どうなっただろうか?
ボクシングの世界チャンピオン、オリンピック金メダリストを一兵卒として最前線に送るということはまずあり得ない。軍はアリを広告塔にしただろう。新兵訓練もそこそこに、タイあたりで軍が手配した二流ボクサーと試合をし、当然の勝利を収めたら勲章をもらう…。
だがアリは「国家のペット」になる生温い人生を選ぶ男ではなかった。
ベトナムでアメリカ軍が苦戦し、国内で反戦運動が起こるようになると、急き立てられるかのようにアリのプロ復帰を許した。しかしこの時のアリは、すでに全盛期を過ぎていた。ソニー・リストンを倒した時のフットワークは衰え、ジョー・フレイジャー、ケン・ノートンなどに勝ち星を許してしまう。
そして1974年10月30日、ザイール共和国(当時)の首都キンシャサで、アリは最強の敵ジョージ・フォアマンと戦うことになる。フォアマンは圧倒的な圧力でフレイジャー、ノートンなどの実力者を倒した男。今のアリに、彼の圧力を回避できる術はないと見られていた。
だがアリは、自らロープに寄りかかるという戦法で迎え撃つ。一見、自ら不利な状況を作っているかのようだが、これはパンチを空振りさせる唯一の手段だった。
フォアマンは、8ラウンドでスタミナを使い果たしてしまう。その瞬間を見逃さず、10年前のリストン戦に勝るとも劣らないコンビネーションを発揮して、ついにフォアマンをKOしたのだ。
のちにこの試合は「キンシャサの奇跡」と呼ばれることになる。

■最強の男のシルエット
モハメド・アリは一介のボクサーではない。もはやボクシングの枠を超え、アメリカ史に欠かせない人物だ。
アリの人生は、勇気と拳だけで闘い抜いた男のサクセスストーリーそのものである。アリは格闘技が「平和と和解をもたらすスポーツ」であることを証明してみせたのだ。
偉大な戦士のシルエットは、決して死ぬことはない。
via http://sirabee.com/2016/06/04/129901/


◆モハメド・アリ、魂の名言集
・私は蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけがない。

・リスクをとる勇気がない人間は、人生で何も達成することができない。

・俺は世界を震撼させた。俺は世界の王だ。俺は最高、俺は偉大だ。世界を揺るがしたんだ。

・俺を倒す夢でも見たのなら、目を覚まして俺に謝れ。

・俺を自由の身にするか、さもなくば刑務所に入れろ。いずれにしても、俺は自分の主張を貫く。

・人間が試練に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私自身を信じる。

・私、私たち

・不可能とは、変化させなければならないという力を持って世界を切り開くよりも、与えられた世界に安住しようとする、小心者の言葉だ。
不可能とは、現状に甘んじるための言い訳でしかない。
不可能とは、事実ではない。思い込みだ。
不可能とは、宣言するものではない。挑戦するものだ。
不可能とは、可能性だ。
不可能とは、一時のものだ。
不可能など、何もない。

via http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/04/-muhammad-ali-own-words_n_10292030.html


Muhammad Ali official sitehttp://muhammadali.com/
モハメド・アリWikipedia

◆Muhammad Ali Highlights Tribute R.I.P


◆Top 10 Muhammad Ali Best Knockouts


◆Muhammad Ali: The Greatest of All Time (Boxing Documentary)


・モハメド・アリがアメリカを変えた4つのこと
 http://rollingstonejapan.com/articles/detail/26076

・モハメド・アリ、その数奇な人生。不遜で、派手で、誰よりも魅力的。
 http://number.bunshun.jp/articles/-/825872

◆20世紀最高のスポーツ選手モハメド・アリをよみがえらせる鳥肌もののトリビュートムービー
「CHAMPION OF THE WORLD - Muhammad Ali Tribute -」

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[ボクシング] メイウェザー“世紀の一戦”でパッキャオに判定圧勝!48戦無敗 はてなブックマーク - [ボクシング] メイウェザー“世紀の一戦”でパッキャオに判定圧勝!48戦無敗

Places-in-LA-to-Watch-Pacquiao-vs.-Mayweather-MAYPAC

WS001

WS002 WS003
 ボクシングの世界ウエルター級王座統一戦が2日(日本時間3日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナで行われ、WBA・WBC王者のフロイド・メイウェザー(38=米国)がWBO王者のマニー・パッキャオ(36=フィリピン)に3―0で判定勝ち。“世紀の一戦”を制し、3団体統一王者となった。
 序盤はパッキャオがプレッシャーをかけ、鋭い踏み込みから左を打ち込んだ。4回にはメイウェザーのジャブに合わせた左のカウンターでロープにはじき飛ばし、懸命にガードするメイウェザーに連打を浴びせる見せ場を作った。
 中盤以降はメイウェザーがペースを握った。華麗なステップと軽快な身のこなしでパッキャオの攻撃をかわし、右のカウンターも的確にヒットさせた。世紀の一戦は最終的には有効打で勝ったメイウェザーに軍配が上がった。メイウェザーは48戦無敗を守った。
 ドーピング検査方法やファイトマネーで折り合わず、実現まで6年以上かかった“今世紀最大最大の一戦”。メイウェザー1億2000万ドル(約144億円)、パッキャオ8000万ドル(約96億円)のファイトマネーが保証される「2億ドル(約240億円)マッチ」のチケットは発売わずか1分で完売し、大きな話題となった。この日の会場には元世界ヘビー級統一王者のイベンダー・ホリフィールド氏(52)のほか、NBAの元スター選手のマイケル・ジョーダン氏(52)、俳優ロバート・デ・ニーロ(71)、クリント・イーストウッド(84)らセレブが駆け付け、超ビッグマッチを彩った。
 メイウェザーは1996年アトランタ五輪銅メダリストで、98年のWBCスーパーフェザー級王座を皮切りに史上初めて全勝で5階級を制覇を達成。パッキャオは6階級で王者となり、貧しい農家出身からフィリピンの英雄となった。
via http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/05/03/kiji/K20150503010284580.html

・世紀の一戦はメイウェザーがパッキャオに判定勝利
 47戦無敗の5階級王者、フロイド・メイウェザー(37歳、米国)と6階級王者、マニー・パッキャオ(36歳、比国)とのWBO、WBC、WBC世界ウェルター級統一戦が3日(現地時間2日)、米国・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、戦前の予想通り、3-0の判定でメイウェザーが勝利した。
 パッキャオは、4回に左ストレートをヒット。メイウェザーをぐらつかせて、ラッシュをかけたが、堅いガードでしのがれ、7回以降、パッキャオがスタミナ切れ。メイウェザーは、左ジャブと右のカウンターを随所にあわせながら、高度なディフェンス技術でパッキャオの攻勢をかわしてポイントを積み重ねた。
 最終ラウンドまで動きを止めなかったメイウェザーは、残り数秒で勝利を確信したかのように右手を挙げていた。
 ジャッジは、118-110、2人が、116-112。
via http://thepage.jp/detail/20150503-00000002-wordleafs

・メイウェザー決定打許さず 鉄壁防御をデータが実証
 5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(38=米国)が6階級制覇王者マニー・パッキャオ(36=フィリピン)を3-0の判定で下し、3団体王座統一を果たした。
 メイウェザーの勝利はデータにも表れていた。
 ボクシングのデータを取り扱うコンピュボックス社の調べによると、両者の手数の合計はメイウェザー435、パッキャオ429とほぼ互角。だが、ヒットした数はパッキャオの81発に対し、メイウェザーは148発と大きく差がついた。
 強打でも、パッキャオが236発中63発(27%)をヒットさせたのに対し、メイウェザーは、168発ながら81発(48%)と圧倒した。
 パッキャオは好戦的に戦ったが、メイウェザーが鉄壁の防御で決定打を許さなかったことが実証されていた。
 via http://www.nikkansports.com/battle/news/1471195.html

・パッキャオに勝ったメイウェザー、9月引退を改めて明言
 http://www.afpbb.com/articles/-/3047293

・パッキャオ、「世紀の一戦」前に右肩を負傷していた
 http://www.afpbb.com/articles/-/3047302

・メイウェザー、パッキャオは名勝負だったのか?
 http://thepage.jp/detail/20150503-00000003-wordleafs

◆「世紀の一戦」 メイウェザーVSパッキャオ 写真特集
 http://www.jiji.com/jc/d4?p=mpl502&d=d4_pp


・メイウェザーか、パッキャオか=速さと力の闘い
 プロボクシングの歴史的な一戦として注目される世界ウエルター級王座統一戦は5月2日(日本時間同3日)、米ネバダ州ラスベガスで行われる。世界ボクシング協会(WBA)と世界ボクシング評議会(WBC)王者のフロイド・メイウェザー(38)=米国=と、世界ボクシング機構(WBO)王者のマニー・パッキャオ(36)=フィリピン=が対戦。ついに両雄が拳を交える。
 かねて期待されていた「世紀の対決」。右構えのメイウェザーは屈指のスピードと類いまれな防御技術が持ち味で、史上初めて無敗で世界王座5階級制覇を達成した。相手がラッシュしてきても的を絞らせず、カウンターで攻めに転じる戦いぶりは洗練されている。
 対照的にサウスポーのパッキャオは鋭く踏み込み、ハードパンチを素早く打ち抜く。16歳でデビューした当時は体が小さく、最初に獲得した世界王座もフライ級。そこから次々と階級を上げて6階級を制覇した。体格で見劣っても危険を恐れず戦う姿は魅力にあふれる。
 試合巧者のメイウェザーが長いリーチとフットワークを武器に中間距離で戦い通せば、フィリピンの英雄を空転させることができるだろう。パッキャオは序盤に流れをつかんで打ち合いに持ち込みたい。判定ならメイウェザー、KO決着ならパッキャオとみる声が多い。
 2人と対戦した経験があるオスカー・デラホーヤ氏(米国)は米メディアに対し「頭で考えるとメイウェザー、心ではパッキャオ」と話す。こんな言葉も、「カネの亡者」と呼ばれ悪役のイメージが定着しているメイウェザーと、熱烈なファンが多いパッキャオの立ち位置を表す。戦績はメイウェザーが47戦全勝(26KO)、パッキャオが57勝(38KO)5敗2分け。
 via http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015043000763&m=rss

000

・マニー・パッキャオVSフロイド・メイウェザー展望
 http://www.jiji.com/jc/v4?id=2015pacman-mayweather0001

・頂上対決と伝説の行方。~メイウェザーvs.パッキャオを占う~
 http://number.bunshun.jp/articles/-/823244
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |