FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[EURO 2016] ベスト8 ポーランド×ポルトガル はてなブックマーク - [EURO 2016] ベスト8 ポーランド×ポルトガル

◆ポーランド×ポルトガル
WS001
・ポーランド: ロベルト・レヴァンドフスキ2’
・ポルトガル: レナト・サンチェス33’

607129979_LG_6112_0AFB8E70A8CFF49976D6B01562B301C5_3641 607129979_LB_1673_10F75775DBB07C7B141FCA49F64D28CB_3641

91325591 607129979KT00139_Poland_v_P

d799c85e 3bcac9e9

GettyImages-544008216-min pcimage

・ポルトガル、C・ロナウドら全員成功でPK戦を制す レヴァンドフスキ目覚めたポーランドを下してベスト4へ
6月30日に行われたユーロ2016準々決勝、ポーランド対ポルトガルの一戦は、1−1で120分間を終えて、PK戦でポルトガルの準決勝進出が決まった。
決勝トーナメント1回戦で、120分間戦った2チームの準々決勝。注目を集めたのは、ここまで無得点のポーランドのレヴァンドフスキと、まだ圧倒的なプレーを見せられていないポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドだ。
開始直後に結果を出したのは前者だった。右サイドから大きなサイドチェンジのボールが出ると、ポルトガルの右サイドバック、セドリックが目測を誤ってインターセプトに失敗。フリーでグロシツキが抜け出して深い位置から折り返すと、グラウンダーのボールにレヴァンドフスキが合わせて先制した。
好スタートを切ったポーランドは、良いリズムで試合を運ぶ。ようやく初ゴールが決まったレヴァンドフスキを起点とした攻撃でチームが連動する。
一方のポルトガルはなかなかリズムが出ず、苦しい展開が続く。だが、18歳のレナト・サンチェスが再びチームを救った。33分、ペナルティーエリア右に入ったナニの落としを受けたレナト・サンチェスは、ペナルティーエリア手前から左足でシュート。クリホヴィアクに当たったボールがゴール右隅に吸い込まれた。
1−1で後半に入ると、試合はこう着する。ポルトガルは攻めきれず、ポーランドは相手CBペペの奮闘もあって、なかなかレヴァンドフスキにボールが入らなくなった。
結局、後半はスコアが動かず、1−1のまま延長戦に突入する。2試合連続の延長戦でどちらもタフな戦いになり、なかなかチャンスはつくれない。延長後半にはピッチへの乱入者が現れて興が削がれたものの、ピッチの選手たちは集中を切らさなかった。30分間の延長戦でも勝負はつかず、ベスト4への切符はPK戦で決まることになった。
PK戦はポルトガルが先攻。1人目のC・ロナウドが成功すると、ポーランドもレヴァンドフスキが成功し、どちらもエースが決めてスタートする。
最初の失敗は、ポーランドの4人目ブワシュチコフスキだった。ゴール右を狙ったシュートはGKに止められ、ポルトガルが王手をかける。すると、ポルトガルの5人目クアレスマが成功して決着。ポルトガルがベスト4進出を決めた。
ポルトガルは準決勝でウェールズ対ベルギーの勝者と対戦する。
via:goal.com


・ハイライト




uefa.com
sky sports
ESPN
whoscored.com

・[CM] adidas :『Legends are watching. Legends are judging.~Renato Sanches: First goal for his country.』 .


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[EURO 2016] ベスト16 スイス× ポーランド はてなブックマーク - [EURO 2016] ベスト16 スイス× ポーランド

◆スイス× ポーランド
WS001
・スイス : ヤクブ・ブワシュチコフスキ39’
・ポーランド : ジェルダン・シャキリ82’

poland-switzerland-jakub-blaszczykowski-goal_3490226 xherdan-shaqiri-switzerland-poland_3490294

krychowiak_getty_3490285 xhaka-embolo-rodriguez-switzerland-poland-arsenal-penalty_3490307

・ポーランド、初のベスト8進出 スイスは追いつくもPK戦で泣く
25日に行われたユーロ2016決勝トーナメント1回戦、スイス対ポーランドの一戦は、1-1のタイスコアで120分間を終え、PK戦の末にポーランドが勝利した。
ともにグループステージ2位通過で初の決勝トーナメントに臨んだ両チーム。過去10戦でスイスに1敗しか喫していないポーランドは、開始から30秒もしないうちに相手を脅かす。スイスのパスミスからレヴァンドフスキがゴール前でボールを奪いにかかると、飛び出したGKゾマーに阻まれたものの、ミリクがこぼれ球に反応。だが、シュートはクロスバーを越えた。
その後もポーランドは惜しい場面をつくる。29分にはCKのボールにフリーのクリホヴィアクが頭で合わせるが、これも枠をとらえず。33分にもブワシュチコフスキのクロスをファーのミリクが受けたが、このシュートもゴールマウスに飛ばない。
だが、ポーランドは39分についに均衡を破る。カウンターからグロシツキが強引に突破を図り、逆サイドに振ると、このパスを受けたブワシュチコフスキがゾマーの股を抜くシュートで先制した。ブワシュチコフスキは2戦連続となる大会2点目。
リードしたまま前半を終えたポーランドは、後半も53分にブワシュチコフスキがカットインからのシュートでゾマーを脅かすなど、追加点を目指していく。
一方、スイスはなかなか追いつけず。73分にはリカルド・ロドリゲスが強烈なFKを放つが、ファビアンスキの壁を破れない。78分には、セフェロビッチのシュートがクロスバーに嫌われた。
しかし、攻め続けたスイスは82分に報われる。左からのクロスが浮き球となり、反応したシャチリがペナルティーエリア付近でバイシクルシュート。ビューティフルゴールで試合を振り出しに戻す。
1-1のまま90分を終え、決勝トーナメント初戦から試合は延長戦に突入。延長前半でもスコアは動かず、延長後半に入ると、スイスが押し込んでいく。113分にはシャチリのクロスからデルディヨクが決定的なヘディングシュートを放ったが、ファビアンスキのファインセーブに阻まれた。
結局、スコアは動かず、勝負の行方はPK戦にもつれ込んだ。両キャプテンが成功させて幕を開けたPK戦、2人目のジャカが失敗したスイスに対し、ポーランドは5人全員が成功させ、初のベスト8進出を果たした。
via:goal.com

・82’シャキリのスーパーボレーゴール



・ハイライト




uefa.com
sky sports
ESPN
whoscored.com

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナチス・ドイツの負の世界遺産-ポーランド:アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所! はてなブックマーク - ナチス・ドイツの負の世界遺産-ポーランド:アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所!

cached_006
cached
・アウシュヴィッツ第二強制収容所の鉄道引込線 「死の門」とも呼ばれる

アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所は、第二次世界大戦当時のドイツの占領地であった、ポーランド南部のオシフィエンチムにある強制収容所です。

cached_001
・第一強制収容所には「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」という文字が記されている

1940年から1945年にかけて、アドルフ・ヒトラー率いるナチス党政権下のドイツが行った人種差別や大量虐殺の象徴と言われているのが、このアウシヴィッツ・ビルケナウ強制収容所です。
多くのユダヤ人や政治犯など、28ヶ国もの国の人々がこの場所に収容され、強制労働、虐殺、人体実験が行われたとされています。
絶望のあまり、自ら高圧電流が流れる鉄線に触れて自殺する人もいたと言われています。

cached_002

cached_003

強制収容所での生活環境は劣悪であったと言われ、夏は37度、冬にはマイナス20度を下回ったと言われています。また上下水道も完備されておらず、収容所内では伝染病や栄養失調で亡くなった方も多かったそうです。
強制収容所に日々送られてくる収容者の効率的な殺害の手段として「ガス室」が使用されたと言われています。32分で800名の命を奪うことが可能であったと言われ、死体は焼却後、ビスチュラ河に捨てられたそうです。

cached_004

当時のドイツ人医師達は、収容者を様々な実験の検体として扱ったと言われています。多くが命を落とし、生き延びた場合でも多くの場合障害が残ったと言われています。

cached_005
・第二強制収容所にある、150万人以上が亡くなったことを後世に伝える慰霊碑

アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所は、ポーランド南部の都市オシフィエンチム市(ドイツ語名:アウシュヴィッツ)に位置しています。第一強制収容所はオシフィエンチム市、第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村(ドイツ語名:ビルケナウ)にあります。
via http://spotlight-media.jp/article/138362200391598865


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 世界 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |