FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

2016-17 UEFA最優秀選手賞はC・ロナウドが受賞! 5季連続得点王&レアルのCL連覇に貢献 はてなブックマーク - 2016-17 UEFA最優秀選手賞はC・ロナウドが受賞! 5季連続得点王&レアルのCL連覇に貢献

2017082500029_1
 UEFA(欧州サッカー連盟)は24日、2016-17シーズンのUEFA男子最優秀選手賞を発表し、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが受賞した。
 昨シーズンのCLグループリーグに参加したクラブの監督、コーチら80名と欧州各国のジャーナリスト55名によって選ばれる同賞。最終候補3名には、ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そしてC・ロナウドの3名が選出されていた。
 昨シーズン、レアル・マドリードは史上初のCL連覇を達成。C・ロナウドは12得点で5シーズン連続で得点王にも輝いている。なお、C・ロナウドがUEFA男子最優秀選手賞を受賞するのは今回で3度目となり、同賞の連覇も史上初の快挙となった。
  今回の受賞に際し、C・ロナウドは「これからも全てのタイトルを獲りたい。それはレアル・マドリード、ポルトガル代表、そして個人賞全てだ。今はここに立てて嬉しいし、レアル・マドリードとポルトガル代表のチームメイトに感謝したい」とコメントしている。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20170825/632649.html

2495033_w1
▼歴代受賞者
・10-11 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
・11-12 アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
・12-13 フランク・リベリー(フランス/バイエルン)
・13-14 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
・14-15 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
・15-16 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
・16-17 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)


◇CLポジション別優秀選手発表!! CL初の連覇を達成したマドリーから3選手が受賞!!
2495038_w1
 欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)における、ポジション別最優秀選手賞を発表した。
 この賞は、GK、DF、MF、FWの4つのポジションで選考された。各ポジションから3名の最終候補者が選ばれ、24日に実施されたCLグループステージ組み合わせ抽選会で受賞者が発表されている。
 GK部門では、昨シーズンのCLリーグで12試合に出場し9回のクリーンシートを達成し、準優勝に大きく貢献したユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが選出。その他、DF、MF、FW部門では、そのユベントスに勝利しCL史上初となる連覇を達成したレアル・マドリーからスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、MFルカ・モドリッチ、FWクリスティアーノ・ロナウドが選出された。
via http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=286038

◆ポジション別優秀選手
【GK】
◎ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア)
・マヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ)
・ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スロベニア)

【DF】
◎セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン)
・レオナルド・ボヌッチ(ユベントス/イタリア)※現在はミランに所属
・マルセロ(レアル・マドリー/ブラジル)

【MF】
◎ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア)
・カゼミロ(レアル・マドリー/ブラジル)
・トニ・クロース(レアル・マドリー/ドイツ)

【FW】
◎クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)
・パウロ・ディバラ(ユベントス/アルゼンチン)
・リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)


◇新設のEL最優秀選手賞にポグバ! 2016-17シーズン大会で15試合3得点
2495040_w1
 欧州サッカー連盟(UEFA)は25日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバを2016-17シーズンのヨーロッパリーグ(EL)最優秀選手に選出したと発表した。
 ポグバは、2016年夏にユベントスからユナイテッドに復帰。同大会15試合に出場して3得点1アシストを記録し、ユナイテッド史上初のEL制覇に大きく貢献した。
 この賞は、同大会から新設。チームメートのFWズラタン・イブラヒモビッチやMFヘンリク・ムヒタリャンを抑えて栄誉に輝いたポグバが記念すべき1人目の受賞者となる。
via http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=286183
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

POGBACK:マンUがポール・ポグバの復帰を正式発表5年契約…移籍金は史上最高 はてなブックマーク - POGBACK:マンUがポール・ポグバの復帰を正式発表5年契約…移籍金は史上最高

91820831
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ(23)の移籍が完了したことを発表した。5年契約での加入となり、1年間の延長オプションも付いているとのことだ。ユベントスはポグバの移籍金について、1億500万ユーロ約119億円)+ボーナス500万ユーロ(計、約124億7000万円)であると公表している。
▽連日報道されてきたポグバの移籍騒動が、ついに決着した。8日にマンチェスター入りが報じられ、メディカルチェックを受けていたポグバの契約が完了した。
▽ユナイテッドユースに所属していたポグバは、2012年の夏に出場機会を求めてフリートランスファーでユベントス入り。ユベントスでは瞬く間にチームの主力へ成長し、過去4シーズンで公式戦178試合に出場して34ゴールを記録。4度にわたるセリエA優勝や2度のコッパ・イタリア制覇を果たした。
▽また、フランス代表としても38試合に出場し6得点を記録。ユーロ2016にも出場していた。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=248125







■歴代移籍金ランキング・トップ10
・1位:ポール・ポグバ
 移籍金:1億500万ユーロ ※ユヴェントス発表
 2016年夏 ユヴェントス→マンチェスター・U

・2位:ギャレス・ベイル
 推定移籍金:1億100万ユーロ
 2013年夏 トッテナム→レアル・マドリード

・3位:クリスティアーノ・ロナウド
 推定移籍金:9400万ユーロ
 2009年夏 マンチェスター・U→レアル・マドリード

・4位:ゴンサロ・イグアイン
 移籍金:9000万ユーロ ※ユヴェントス発表
 2016年夏 ナポリ→ユヴェントス

・5位:ネイマール
 推定移籍金:8820万ユーロ
 2013年夏 サントス→バルセロナ

・6位:ルイス・スアレス
 推定移籍金:8172万ユーロ
 2014年夏 リヴァプール→バルセロナ

・7位:アンヘル・ディ・マリア
 推定移籍金:7500万ユーロ
 2014年夏 レアル・マドリード→マンチェスター・U

・7位:ハメス・ロドリゲス
 推定移籍金:7500万ユーロ
 2014年夏 モナコ→レアル・マドリード

・9位:ケヴィン・デ・ブライネ
 推定移籍金:7400万ユーロ
 2015年夏 ヴォルフスブルク→マンチェスター・C

・10位:ジネディーヌ・ジダン
 推定移籍金:7350万ユーロ
 2001年夏 ユヴェントス→レアル・マドリード
via http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160809/474018.html

・ポグバ、古巣ユーベに感謝「常にオレの一部」。在籍4年間で世界最高額のスター選手に 

WS006-horz-vert
・・・
 ユナイテッド移籍決定後、ポグバは自身のインスタグラムを更新。古巣ユベントスに対して感謝のメッセージを綴った。
「この移籍には多くの時間を要した。とても大きな決断だし、多くの物事が関連していたからだ。待っている間は君たちと同じように、オレも困惑していた。たった数行で説明することは難しい。だが、他でもなく自らの心に導かれて決めたことなんだ」
「ユベントスは常にオレの一部だし、非常に寂しく思う。クラブ、チーム、特にサポーターのことを愛しているし感謝している。みんながオレの決断をリスペクトしてくれることを願うよ。友情の最も素晴らしいことは、理解し、理解されることだ」
 1度目のユナイテッド在籍では陽の目を浴びることのなかったポグバだが、ユベントス移籍後の4年間で目覚ましい成長を遂げ、世界最高のセントラルミッドフィルダーのひとりと賛辞を集めるスター選手に成長した。
 ユベントスでの活躍により、移籍金も世界最高額となる推定推定9000万ポンド(約101億7000万円)を記録するなど名実ともにその評価を上げている。それだけに、ユベントスにも大きく感謝しているようだ。
 via http://www.footballchannel.jp/2016/08/09/post168473/
http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160809/478067.html

・マンU“帰宅”のポグバ、喜びを語る
 マンチェスター・ユナイテッドは、ユベントスからフランス代表MFポール・ポグバを完全移籍で獲得したことを発表した。
 ユナイテッドの下部組織出身のポグバは、サー・アレックス・ファーガソン監督(当時)が率いていた2012年にトップチームに昇格。しかしプレミアリーグでは出場機会を得ることができず、半年後に契約満了に伴って退団した。
 その後、ユベントスにフリーで加入。在籍4年間全てでセリエA優勝に貢献するなど、世界最高の選手と言われるほどにまで成長した。
 0円でユナイテッドを退団したポクバだが、復帰のために生じた移籍金は世界最高額の推定9000万ポンド(約101億7000万円)とされている。4年ぶりの古巣と復帰となったポグバは、ユナイテッドの公式番組『MUTV』でその喜びを語った。
「言葉がない。本当に言葉が出ないよ。キャリントン(ユナイテッドの練習場)に戻ってきたんだ。家に帰ってきた気分だよ。休暇(原語=holiday)に行っていただけなんだ。まるで休暇に行っていたみたいだよ。帰ってきたんだ。みんなと会えてとても幸せだ。同じ人たちだったね。戻ってくることができて最高の気分だよ」
 ポグバにはレアル・マドリーやバルセロナなどのビッグクラブもこぞって興味を示していたが、母親はポグバのユナイテッド復帰を予言していたようだ。
「これは運命だし、そう言えるだろう。最初、オレの母親に『あなたはここに戻ってくるでしょう』と言われたから、『誰にも分からないから、見てみようじゃないか』と彼女に言ったんだ。彼女は、『あなたの母親はいつも正しい』と言っているよ。今回は母親が正しかったね。素晴らしいことだ」
 1度はユナイテッドを去ったポグバだが、イタリアでプレーしていた時も再びユナイテッドに戻ることを夢見ていたという。
「オレは若かった。今は身長も伸びたし、より大きくなった。オレは家に帰ってきたんだ。いつだってユナイテッドのことは心の中にあった。ずっと戻ってきたいと思っていたからだ」
 ジョゼ・モウリーニョ監督も、「私が作り上げるチームで鍵となる存在」と言わしめるほど、ポグバには大きな期待を寄せている。
via http://www.footballchannel.jp/2016/08/09/post168462/

・モウリーニョ・マンUに化学変化を。130億円で帰還、ポグバの存在意義。
http://number.bunshun.jp/articles/-/826308

◆「史上最高額移籍」の秘話。ユーベとマンUが合意後、ポグバが一瞬の躊躇を…
 http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=18512
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |