FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

レジェンド 故ヨハン・クライフが自伝で明かした「歴代ベストイレブン」 はてなブックマーク - レジェンド 故ヨハン・クライフが自伝で明かした「歴代ベストイレブン」

Johan-Cruyff-La-Autobiografia-Spanish
 サッカー界のレジェンドである故ヨハン・クライフ氏が、生前に選んでいた「歴代ベストイレブン」が明らかになった。5日付の『マルカ』などスペイン複数紙が伝えている。
 クライフ氏は現役時代にアヤックスやバルセロナ、オランダ代表でプレーし、新時代のサッカーとなる「トータルフットボール」を体現する選手として伝説的な活躍を残した。指導者としてもバルセロナで成功を収めた同氏は、今年3月に肺がんのため68歳で死去した。
 そのクライフ氏が書き遺していた自伝が今週スペインで発売され、その中で同氏の選んでいた歴代サッカー界のベストイレブンが明らかになったとしてスペインメディアが伝えた。クライフ氏の選んだベストイレブンには、ペレ氏やディエゴ・マラドーナ氏などのほか、同世代のライバルだったドイツのフランツ・ベッケンバウアー氏も選出。オランダ代表やアヤックスのチームメートとしてともにプレーしたルート・クロル氏やピート・カイザー氏も選んでいる。
 その他には、GKとして史上唯一のバロンドールを受賞した旧ソ連の名GKレフ・ヤシン氏や、ペレ氏とともにブラジル代表で活躍したカルロス・アウベルト氏とガリンシャ氏、イングランド代表を1966年ワールドカップ優勝に導いたボビー・チャールトン氏、バルサの宿敵レアル・マドリーのレジェンドであるアルフレッド・ディ・ステファノ氏が名を連ねた。
 一方、バルセロナで自身の見出した”愛弟子”ジョゼップ・グアルディオラ氏もメンバー入り。そのグアルディオラ氏が最も若い選手となっており、歴代最高の選手の一人とも評される現バルセロナのエース、リオネル・メッシなどは11人に含まれていない。
via http://www.footballchannel.jp/2016/10/06/post178661/

WS002
■GK
・レフ・ヤシン(旧ソ連代表)

■DF
・カルロス・アウベルト(元ブラジル代表)
・フランツ・ベッケンバウアー(元西ドイツ代表)
・ルート・クロル(元オランダ代表)

■MF
・ガリンシャ(元ブラジル代表)
・ボビー・チャールトン(元イングランド代表)
・ジョゼップ・グアルディオラ(元スペイン代表)
・アルフレッド・ディ・ステファノ(元スペイン代表)

■FW
・ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)
・ペレ(元ブラジル代表)
・ピート・カイザー(元オランダ代表)



◆故クライフ氏の自伝が話題に「私がL・エンリケを説得してマドリーからバルサに連れてきた」
 今年3月に68歳の若さで生涯を閉じたヨハン・クライフ氏が、晩年に書き留めた自伝がこの度スペインで出版され、生前の興味深いエピソードの数々が話題を呼んでいる。
 クライフ氏は、“Johan Cruyff 14. La autobiografia”とのシンプルなタイトルが付けられた同書で、自身のテクニックがストリートで磨かれたものであることを強調している。
「私の全てはストリートで始まった。あの場所では不利な事を有利な事として捉えられるようになった。例えば、狭い歩道を挟む壁は、障害ではなくワンツーをするチームメイトの代わりになった。また、セメントの上で転ぶと痛いし傷ができるので、そうならないようにプレーした」
 アヤックス時代には野球部門にも所属し、キャッチャーをしていたクライフ氏は、その経験が大きく生きたと実感していたという。
「ベースボールをプレーしたことで、その後のフットボールに役立つ多くの事を学んだ。例えば、キャッチャーは球場全体を見渡しながらプレーするが、これは私のフットボーラーとしての武器である視野の広さや読みの鋭さといった能力の向上に繋がった。2つのスポーツには多くの共通点がある」
 クライフ氏はまた、幼少期に最も影響を受けた選手として、レアル・マドリードの伝説であるアルフレッド・ディ・ステファノ氏と自身の前のオランダ代表のスターであるファース・ヴィルケス氏の名を挙げている。
「私には良く話題にしていた2人の選手がいた。その1人はデイ・ステファノだ。彼はスペースの使い方を完璧に心得ていた。もう1人はヴィルケスだ。彼は抜きん出たドリブラーだった」
 一方、現在バルセロナを率いているルイス・エンリケ監督が現役時代にレアル・マドリードからの“禁断の移籍”を行った一件を振り返ったクライフ氏は、自身が指揮官を解任される直前に引き抜きに成功していたことを明かしている。
「自分がバルセロナの監督を解任されたというニュースを新聞で読んだ時は唖然としたよ。なにしろその2日前には新シーズンに向けた話し合いがあり、私はルイス・エンリケと個人的に話をしてマドリーを辞めてバルサに来るよう口説いたばかりだったからね。彼が移籍をしたのは私の説得によるものだ」
via http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20161006/501182.html


◆あのヨハン・クライフが、「リヴァプール愛」を感じていた
 http://qoly.jp/2016/10/08/johan-crujff-wanted-to-move-to-england

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オランダの英雄:ヨハン・クライフ死去、享年68歳~バロンドール3回獲得、バルサのドリームチームを指揮~ はてなブックマーク - オランダの英雄:ヨハン・クライフ死去、享年68歳~バロンドール3回獲得、バルサのドリームチームを指揮~

CeUCk-QXEAAAR3k[1]
 元オランダ代表のヨハン・クライフ氏が24日に亡くなった。68歳だった。公式ツイッターが発表した。
「空飛ぶオランダ人(フライング・ダッチマン)」の異名を持ち、「トータルフットボール」の申し子として知られるクライフ氏は、現役時代に3度のバロンドールを受賞し、史上最高の選手の一人として名高いレジェンド。アヤックス時代にはUEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)の3連覇に貢献し、オランダ代表ではチームを1974年ワールドカップ西ドイツ大会の決勝まで導いた。指導者としても、バルセロナのクラブ史上初のチャンピオンズカップ優勝、リーガ・エスパニョーラ4連覇などを達成していた。
 現役時代からヘビースモーカーとしても知られていたクライフ氏は1991年に心筋梗塞で倒れ、バイパス手術で一命を取り留めた後は医師の指導によりタバコを断っていた。禁煙を始めてからはチュッパチャップスを舐めるようになり、カタルーニャの若者に向けた喫煙防止のコマーシャルにも出演。キャンペーンのコマーシャルには、「フットボールは私の人生に全てをもたらした。タバコはそのほとんど全てを奪った」というメッセージが映っていた。
 1996年以降はしばらく監督業から遠ざかっていたクライフ氏だが、2009年から2013年までカタルーニャ選抜の監督を務めた後、再び現場を離れていた。昨年10月に肺がんを患っていることを公表していた。
 via http://www.soccer-king.jp/news/world/ned/20160324/414344.html

・革新起こしたカリスマ=消えない偉大な功績-クライフ氏死去
 1970年代にオランダ代表が駆使した「トータル・フットボール」は、クライフ抜きには考えられない戦術だった。頻繁にポジションチェンジを繰り返しながら、全員で守り、全員が攻めに転じる。その中心には、背番号14を付けた細身のストライカーがいた。
 アムステルダムで生まれ、アヤックスで頭角を現した。リヌス・ミケルス監督に見いだされ、10代から活躍。オランダ1部リーグを制し、欧州チャンピオンズカップで3連覇を成し遂げる。欧州最優秀選手(バロンドール)も3度獲得。73年にはスペインのバルセロナに超高額の移籍金で移った。
 代表では、74年のワールドカップ(W杯)西ドイツ大会の準優勝で、世界に衝撃を与えた。FWとして前線に構えるのではなく、最後尾まで自在に動き、チーム全体が連動。革新的なサッカーを披露した。
 その影響の大きさは、カリスマという言葉がぴったり。ぴんと背筋を伸ばして腕を掲げ、チームメートに指示を飛ばす姿は、オーケストラの指揮者のようだった。選手としての晩年は新興の米国リーグでプレーし、かつてのライバル、フェイエノールト(オランダ)を最後に引退。監督としては、古巣バルセロナを欧州王座に導くなど功績を残した。
 ヘビースモーカーで知られた。今では考えられないが、試合中のベンチで頻繁にたばこをくゆらせる姿があった。影響はあったのだろう。91年には心筋梗塞でバイパス手術を受けた。その後禁煙し、指導者として数々のタイトルを手に。しかし2015年には肺がんを患い、治療に専念した。
 バルセロナで指導を受け、監督としても欧州チャンピオンズリーグを制したグアルディオラ氏(現バイエルン・ミュンヘン監督)は「クライフが現代サッカーの基礎をつくり、バルサの基礎をつくった」と著書で偉業をたたえている。
via http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2016032500006&m=rss

uefa.com

・偉大なるフットボーラー、クライフ氏の歩みを振り返る
 goal.com

・ファンに愛されたクライフ氏のキャリアを追想
 uefa.com

・【コラム】ヨハン・クライフ すべての始まり
 goal.com

・ヨハン・クライフさん死去…サッカー界に残る数々の功績が凄い
 http://matome.naver.jp/odai/2145883231281564001

・Johan Cruyff the Legend. ★


・A Tribute to Johan Cruyff (1947-2016)


・Johan Cruijff ● Amazing skills and Goals ●


・Johan Cruijff best goals


・クライフ氏が残した14のルール
 オランダ代表やアヤックス、バルセロナで活躍したサッカー界のレジェンドであるヨハン・クライフ氏(68)が24日、長い闘病の末、肺がんで亡くなった。クライフ氏は生前、自身の財団を通し、子供たちに向けて14つのルールを明示していた。
 クライフ氏は1997年、子どもにスポーツを楽しむ機会を与えることを目的とし、母国のアムステルダムに『ヨハン・クライフ財団』を設立。これまでに200のフットボール場を創設し、子供たちの才能を発見するとともに、向上させることに寄与していた。日本にも2011年に石川県の金沢市に作られている。
 『ヨハン・クライフ財団』が作った各フットボール場には、クライフ氏が愛用した“14”つのルールが設けられていた。「クライフ氏の14つのルール」は以下のとおり。
1.チームプレイヤー
「物事を成し遂げるためには協力する必要があります」

2.責任
「自分自身のことのように物事によく注意を持ってください」

3.リスペクト
「お互いを尊重し合ってください」

4.統合
「他人をあなたの活動に巻き込んでください」

5.自発性
「新しいことにトライすることを敢えて行ってください」

6.指導
「常にチーム内でお互いを助けてください」

7.個性
「自分自身であってください」

8.社会との関わり
「スポーツにおける重要性、一般生活ではより一層」

9.技術
「基本」

10.戦術
「すべき事を理解してください」

11.発展
「スポーツは全身全霊を向上させます」

12.学び
「毎日、新しいことを何か学ぼうとしてください」

13.一緒にプレー
「ゲームの主要な部分」

14.創造性
「スポーツの美しさ」

via http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=235759

・クライフ氏追悼の声続々
 オランダが生んだサッカーの伝説的選手、ヨハン・クライフ氏の死去に、世界中から追悼のコメントが寄せられた。
 1974年のワールドカップ決勝で、西ドイツ代表としてクライフ氏のオランダと戦った「皇帝」ベッケンバウアー氏。「ショックを受けている。彼はとても仲のいい友だちというよりも、兄弟のような存在だった」と惜しんだ。
 元フランス代表で、「将軍」の異名を取ったプラティニ欧州連盟(UEFA)会長は「私は友を失い、世界は素晴らしい男を失った。彼を尊敬している。史上最高の選手だ」とたたえた。
 国際連盟(FIFA)のインファンティノ新会長は「彼はサッカーの歴史をつくった。個人的にも、サッカー界の代表としても、心から哀悼の意を示したい」との声明を発表。FIFAのブラッター前会長は「サッカー界は彼を恋しく思うだろう」とコメントした。
via http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2016032500017&m=rss

・バルサ初の欧州制覇~ヨハン・クライフのドリームチーム(1)1991-92シーズン~
 http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=235877

・ヨハン・クライフとクラシコにまつわる14の事実

CfDsuVOWEAA7l-I[1]

 http://qoly.jp/2016/04/03/14-facts-about-johan-cruyff-and-el-clasico

・ヨハン・クライフ:Wikipedia

cruijff.comhttp://www.cruijff.com/asp/eng/home.asp
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 03:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「空飛ぶオランダ人」クライフと「飛べないオランダ人」ベルカンプのスーパープレー集 はてなブックマーク - 「空飛ぶオランダ人」クライフと「飛べないオランダ人」ベルカンプのスーパープレー集

◇Johan Cruyff
cruyffbrac-2116795





◇Dennis Bergkamp
1608-lsh



・Wikipedia:ヨハン・クライフ
・Wikipedia:デニス・ベルカンプ
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |