FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[リーガ] 乾貴士(エイバル):バルサ戦で2ゴールの活躍「バルセロナから得点した初の日本人に」 はてなブックマーク - [リーガ] 乾貴士(エイバル):バルサ戦で2ゴールの活躍「バルセロナから得点した初の日本人に」

700053176AP00043_Barcelona_

WS001
バルセロナから2ゴールを奪う活躍を見せたエイバルのMF乾貴士を、スペイン『マルカ』電子版が取り上げている。
エイバルはリーガ・エスパニョーラ最終節でバルセロナと対戦。乾は6試合連続の先発出場を飾った。「バルセロナが憧れのクラブ」と度々語ってきた乾は、カンプ・ノウでの一戦で躍動。前半7分にクロスを左足ボレーで合わせると、71分にもペナルティーエリア内から強烈な左足のシュートを突き刺し、2ゴールを挙げた。
試合には2-4で敗れたものの、『マルカ』は「乾貴士はスペインでバルセロナを相手にゴールを決めた初の日本人選手となった」と題し、活躍を取り上げた。また、乾の2つのスーパーゴールについては「1点目はバルセロナファンを凍りつかせた。リーグタイトルをさらに難しくしたからだ。そして2点目はバルセロニスタスの希望をさらに小さくした」と伝えている。
今季のゴール数を3として、シーズンを終えた乾。最終節でバルセロナ相手に2ゴールというインパクトは、日本のみならずスペインにも小さくない衝撃を与えたことだろう。[2017.05.22]
via goal.com


・7’乾のゴール







・61’乾のゴール





関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[リーガ] レアル・マドリー!!5季ぶり33度目のリーガ制覇 はてなブックマーク - [リーガ] レアル・マドリー!!5季ぶり33度目のリーガ制覇

6f884f74

WS003
 レアル・マドリーが5シーズンぶりとなる通算33度目の優勝を決めた。
 21日、敵地でマラガとのリーガ・エスパニョーラ今季最終節となる第38節を戦ったレアルは、2-0で勝利。引き分け以上で優勝を決める一戦だったが、勝利で勝ち点を93に伸ばして、優勝に花を添えた。
 レアルは17日に行った第21節の延期分でセルタに4-1で快勝。2位のバルセロナに勝ち点3差をつけて最終節を迎えた。ただもしもレアルが敗れ、バルセロナが勝利した場合は、当該対戦成績で上回るバルセロナが優勝を決めるだけに、レアルとしては負けだけは絶対に許されないゲームだった。
 そんな一抹の不安もこの男の前ではないも同然だった。開始2分、MFイスコのスルーパスに反応したFWクリスティアーノ・ロナウドは、GKイドリス・カルロス・カメニをかわしてゴール。レアルが簡単に先制に成功した。
 守っても高い集中力を見せる。前半20分にマラガに与えたFKの場面では、FWサンドロ・ラミレスのシュートが枠内を捕らえるが、GKケイラー・ナバスがポストに体を激突させながらの気迫のセーブ。マラガに隙を与えない。
 そして試合を楽にする追加点は後半10分。右サイドからのCKをMFトニ・クロースが蹴ると、DFセルヒオ・ラモスが合わせたシュートはGKに阻まれたが、跳ね返りがDFラファエル・バランに当たってこぼれると、FWカリム・ベンゼマが押し込み、リードを2点に広げる。
 同時刻にキックオフした試合でエイバルと対戦したバルセロナは、MF乾貴士の2ゴールによって2点の先行を許したが、その後4得点を奪って逆転勝ち。しかしレアルもこのまま2-0で逃げ切ったことで、結局勝ち点差は変わらなかった。バルセロナの連覇を2で止めたレアルが、2011-12シーズン以来となるリーガ制覇を成し遂げた。欧州2冠を目指すレアルは、6月3日にユベントスとのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝を戦う。[2017.05.22]
via http://web.gekisaka.jp/news/detail/?216864-216864-fl

・レアル・マドリーが5年ぶりのリーガ制覇
uefa.com

690723897AP00008_Malaga_CF_ 4bc56586

・ジダン監督、レアル史上2人目の快挙…選手と監督、両方の立場でCL&リーガ制覇
TEAMS_686420162

d773cde3
 リーガ・エスパニョーラ第38節が21日に行われ、レアル・マドリードは敵地でマラガに2-0で勝利。この結果、2011-12シーズン以来、5年ぶり33回目のリーグ優勝を果たした。同クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、今回の優勝によって新たな偉業を達成したようだ。21日付のスペイン紙『アス』が報じている。
 ジダン監督は昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)を制覇。選手時代の2001-02シーズン以来、自身2回目の優勝を果たした。選手と監督の両方の立場でCL優勝を成し遂げたのは、史上7人目のことだった。さらに今回、ジダン監督はリーガ・エスパニョーラでも、選手と監督の両方の立場で優勝を達成。選手時代の2002-03シーズン以来、自身2回目の優勝を果たした。
『アス』によると、リーガ・エスパニョーラとCLの2つの大会を選手と監督の両方の立場で制したのは、元スペイン代表MFのミゲル・ムニョス氏に次いで、クラブ史上2人目のことになるという。同氏はレアル・マドリードの選手として、リーガ・エスパニョーラを4度、CLの前身にあたる欧州チャンピオンズカップを3度制覇。さらに、同クラブの指揮官として、リーガ・エスパニョーラを9度、欧州チャンピオンズカップを2度制覇した。
 ムニョス氏は、スペインの最優秀監督賞の名称にもなっており、スペインサッカー界のレジェンドとして知られている。昨年1月にレアル・マドリードの指揮官に就任したジダン監督は、トップチームでの監督キャリアは2年にも満たないが、今回の優勝で早くもレジェンドの仲間入りを果たしたことになる。
 偉業を達成したジダン監督が次に目指すのは、現名称になってから史上初となるCL連覇。6月3日に行われるユヴェントスとの決勝戦を制し、新たな歴史を作ることができるだろうか。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170522/590975.html

・1年目のCL制覇より今季のリーガ優勝。ジダン監督の評価が急騰する理由。
 http://number.bunshun.jp/articles/-/828130

・2016-17リーガエスパニョーラ最終順位表
liga

・リーグ制覇ならずも…メッシが37ゴールで4年ぶり、4度目のリーガ得点王に
46719895
 リーガ・エスパニョーラ第38節が21日に行われ、2016-17シーズンのリーグ戦全日程が終了した。
 クラブではレアル・マドリードが5シーズンぶり33回目のリーグ優勝を果たし、バルセロナの3連覇はならず。3位のアトレティコ・マドリード、4位のセビージャまでが来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。一方、個人タイトルではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶり、4度目の得点王に輝いている。
 メッシは最終節のエイバル戦で、70分のPKは失敗したものの、75分には再びPKを成功させ、後半アディショナルタイムにはドリブルから右足でゴール。34試合に出場して総得点は「37」と、驚異的なペースでゴールを量産した。2位はチームメイトのウルグアイ代表FWルイス・スアレスで「29」得点、3位はレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで「25」得点だった。
 メッシは2009-10シーズンに34得点、2011-12シーズンに50得点、2012-13シーズンに46得点と、これまでにも3度得点王に輝いていたが、今回の獲得によって、3回のC・ロナウドを上回り、歴代5位タイに。テルモ・サーラ氏が6回で1位、アルフレッド・ディ・ステファノ氏、キニ氏、ウーゴ・サンチェス氏が5回で並び2位となっている。
 また、メッシはヨーロッパのリーグ最多得点者に贈られる“ゴールデンシュー”の獲得も、ほぼ確実なものとしている。リーガ・エスパニョーラは1得点2ポイントとなるため、メッシは74ポイント。メッシを追いかける2位のバス・ドスト(スポルティング)は68ポイント(34得点)でシーズンを終了した。セリエAは全日程を終了していないため、エディン・ジェコ(ローマ)らの数字は確定していないが、メッシとの差は18ポイントあるため、メッシの栄冠が確実視されている。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170522/590921.html

■2016-17 リーガ・エスパニョーラ得点ランキング
1位 37得点 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2位 29得点 ルイス・スアレス(バルセロナ)
3位 25得点 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
4位 19得点 イアゴ・アスパス(セルタ)
5位 16得点 アリツ・アドゥリス(アスレティック・ビルバオ)

◆whoscored.com選出のシーズンベストイレブン
DAcAr55WsAAlYVa
■GK
・フェルナンド・パチェコ(アラベス)

■DF
・ダニエル・カルバハル(レアル・マドリード)
・ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)
・ジェライ・アルバレス(アスレティック・ビルバオ)
・フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード)

■MF
・アシエル・イジャラメンディ(レアル・ソシエダ)
・トニ・クロース(レアル・マドリード)
・リオネル・メッシ(バルセロナ)
・ネイマール(バルセロナ)

■FW
・アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
・ルイス・スアレス(バルセロナ)

 via https://www.whoscored.com/Regions/206/Tournaments/4/Spain-La-Liga
http://www.theworldmagazine.jp/20170531/01world/spain/133897



関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |