FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

メッシ、2015FIFAバロンドール(年間最優秀選手賞)受賞-史上最多5度目  はてなブックマーク - メッシ、2015FIFAバロンドール(年間最優秀選手賞)受賞-史上最多5度目 

WS001
 FIFA(国際サッカー連盟)は11日、スイスのチューリッヒで年間表彰式を行い、年間最優秀選手賞である2015年度のFIFAバロンドールに、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを選出した。メッシは3年ぶり5度目(前身のバロンドール含む)の受賞となった。
 2015年、メッシはクラブと代表戦を含め、公式戦60試合で通算50ゴールを記録した。昨シーズンのチャンピオンズリーグでは10ゴールをマークし、同僚のブラジル代表FWネイマール、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並んで得点王を獲得。リーガ・エスパニョーラでも43得点を挙げた。また、チャンピオンズリーグ、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の3冠に加え、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップと、獲得できる6つのタイトルの内、5つを手にしている。
 FIFAバロンドールは、各国の代表監督と主将、サッカー記者の投票で選出される。なお、最終候補にはメッシの他、2013年、2014年と2年連続で同賞を受賞したC・ロナウドとネイマールが選ばれていた。
 via http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20160112/390465.html
FIFA.com
uefa.com

・メッシのコメント
「自分にとって、とても特別な瞬間だ。5度目なんて信じられないよ。小さい頃に想像していた以上だ」
「僕に投票してくれたすべての人たち、そして良いこと悪いこと含め、人生における成長の糧となったサッカーに感謝をしたい。本当にありがとう」


■2015年FIFA/FIFProワールドベストイレブン(カッコ内は国籍/所属クラブ)※は受賞回数
WS002
 世界のプロサッカー選手の投票によって決まるベストイレブンには、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら6名が2014年に続き選出。レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ユヴェントスのフランス代表MFポール・ポグバ、バルセロナのブラジル代表FWネイマールが初選出を受けた。なお、メッシとC・ロナウドは2007年から9年連続9回目の選出となった。
 なお、クラブ別では4名が選出されたバルセロナとレアル・マドリードが最多で、その他はバイエルン、パリ・サンジェルマン、ユヴェントスが1名ずつとなった。また、国籍別では4名のブラジルが最多で、スペインが2名で続いている。
 via http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160112/390488.html

▼GK
・マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)※3年連続3回目

▼DF
・チアゴ・シウヴァ(ブラジル/パリ・サンジェルマン)※3年連続3回目
・セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリード)※5年連続6回目
・マルセロ(ブラジル/レアル・マドリード)※3年ぶり2度目
・ダニエウ・アウヴェス(ブラジル/バルセロナ)※2年ぶり5回目

▼MF
・アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)※7年連続7度目
・ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)※初選出
・ポール・ポグバ(フランス/ユヴェントス)※初選出

▼FW
・ネイマール(ブラジル/バルセロナ)※初選出
・クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)※9年連続9回目
・リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)※9年連続9回目


■最優秀監督賞
・ルイス・エンリケ(スペイン/バルセロナ)
luis_enrique-500x346[1]
 現在45歳のL・エンリケ監督は、2014年8月にバルセロナの監督に就任。初年度にリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、チャンピオンズリーグの3冠を達成し、今季はセビージャとのUEFAスーパーカップで5-4の乱打戦を制して幕を開けると、12月に日本で開催されたFIFAクラブ・ワールドカップでも堂々の優勝。全公式戦での年間合計得点数は「180」で、前年にライバルのレアル・マドリードが打ち立てたスペイン記録を更新する驚異の攻撃力を見せつけた。
 なお、最終候補者には同監督の他、自国開催のコパ・アメリカ2015でチリ代表を初優勝に導いたホルヘ・サンパオリ監督、今季限りでバイエルンからの退任が決定しているジョゼップ・グアルディオラ監督が選ばれていた。
 via http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160112/390486.html

・2015FIFA最優秀監督L・エンリケ、指導者講習で叩き込まれていた戦術コンセプトの定義
 http://www.footballchannel.jp/2016/01/12/post132058/

■女子最優秀選手
・カーリー・ロイド(アメリカ/ヒューストン・ダッシュ)

■年間最優秀女子監督
・ジル・エリス(アメリカ/アメリカ女子代表)

■プスカシュ賞(最優秀ゴール)
・ウェンデウ・リラ (ブラジル/ゴイアネシア)
※2015.03.11日ブラジルゴイアノ州選手権


 リラは3月11日に行われたゴイアネージア戦で、味方の流れるようなパス交換からエリア内へ抜け出すと、反転しながら豪快オーバーヘッドを叩きつける。ボールは前進していたGKの脇を抜けてネットを揺らした。
 なお、最終候補には他にバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとローマのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが選ばれていた。2014年の同賞はレアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが受賞している。
via http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160112/390492.html
FIFA.com

・2015年ノミネートゴール


◆バロンドール歴代受賞者一覧(1956-2015)
2015年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2014年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2013年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2012年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2011年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2010年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)※FIFAバロンドール
2009年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2008年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
2007年 カカー(ブラジル/ミラン)
2006年 ファビオ・カンナヴァーロ(イタリア/ユヴェントス)
2005年 ロナウジーニョ(ブラジル/バルセロナ)
2004年 アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ/ミラン)
2003年 パヴェル・ネドヴェド(チェコ/ユヴェントス)
2002年 ロナウド(ブラジル/レアル・マドリード)
2001年 マイケル・オーウェン(イングランド/リヴァプール)
2000年 ルイス・フィーゴ(ポルトガル/レアル・マドリード)
1999年 リヴァウド(ブラジル/バルセロナ)
1998年 ジネディーヌ・ジダン(フランス/ユヴェントス)
1997年 ロナウド(ブラジル/インテル)
1996年 マティアス・ザマー(ドイツ/ドルトムント)
1995年 ジョージ・ウェア(リベリア/ミラン)
1994年 フリスト・ストイチコフ(ブルガリア/バルセロナ)
1993年 ロベルト・バッジョ(イタリア/ユヴェントス)
1992年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1991年 ジャン・ピエール・パパン(フランス/マルセイユ)
1990年 ローター・マテウス(ドイツ/インテル)
1989年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1988年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1987年 ルート・フリット(オランダ/ミラン)
1986年 イゴーリ・ベラノフ(ソ連/ディナモ・キエフ)
1985年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1984年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1983年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1982年 パオロ・ロッシ(イタリア/ユヴェントス)
1981年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)
1980年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)
1979年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)
1978年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)
1977年 アラン・シモンセン(デンマーク/ボルシアMG)
1976年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)
1975年 オレグ・ブロヒン(ソ連/ディナモ・モスクワ)
1974年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1973年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1972年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)
1971年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1970年 ゲルト・ミュラー(西ドイツ/バイエルン)
1969年 ジャンニ・リヴェラ(イタリア/ミラン)
1968年 ジョージ・ベスト(北アイルランド/マンチェスター・U-)
1967年 アルベルト・フローリアン(ハンガリー/フェレンツ・ヴァーロシュ)
1966年 ボビー・チャールトン(イングランド/マンチェスター・U)
1965年 エウゼビオ(ポルトガル/ベンフィカ)
1964年 デニス・ロー(スコットランド/マンチェスター・U)
1963年 レフ・ヤシン(ソ連/ディナモ・モスクワ)
1962年 ヨゼフ・マソプスト(チェコスロバキア/ドゥクラ・プラハ)
1961年 オマール・シヴォリ(イタリア/ユヴェントス)
1960年 ルイス・スアレス(スペイン/バルセロナ)
1959年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)
1958年 レイモン・コパ(フランス/レアル・マドリード)
1957年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)
1956年 スタンリー・マシューズ(イングランド/ブラックプール)

※2010年度からFIFA年間最優秀選手とバロンドールが統合されてFIFAバロンドールに。バロンドールは94年度まではヨーロッパ国籍対象。95年度から欧州クラブ所属選手が、2007年から全世界の選手が対象に。


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 03:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |