FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[EURO 2016] 決勝 ポルトガル×フランス はてなブックマーク - [EURO 2016] 決勝 ポルトガル×フランス

◆ポルトガル×フランス
・ポルトガル vs フランス:名勝負6選
 uefa.com

・過去の対戦成績
WS002

・あの涙から2年…グリーズマンはフランスの伝説になれるか。立ちはだかるは2人の“赤い悪魔”
 http://www.footballchannel.jp/2016/07/10/post162955/

cacabe2d

607136815KT00601_Portugal_v

WS004
・ポルトガル: エデル109’

570d3f4f 607136815KT00142_Portugal_v

GettyImages-545859300-min GettyImages-545859060-min

607136815JM00066_Portugal_v pcimage

607136815JM00134_Portugal_v dec593f5

607136815_MH_6106_BDD633D20DA7835DF0DA3BFF55B5D2E0_3653 607136815_DM_6810_5D8BCA6AA67CE82C1A927A0462958332_3653

GettyImages-545945558-min 378d54ce

・ポルトガル、C・ロナウド負傷交代を乗り越えてEURO初優勝・2004年以来2度目の決勝で栄冠 延長戦の末に開催国フランスを撃破
10日に行われたユーロ2016決勝で、ポルトガルが延長戦の末に1−0でフランスを下し、初優勝を果たした。
“死の山”を越えて決勝にたどり着いた開催国フランスと、不安定なパフォーマンスながら自信をつけてやってきたポルトガルの決勝戦。両チームの7番、大会得点王が濃厚となっているグリーズマンとポルトガルの大黒柱クリスティアーノ・ロナウドに大きな注目が集まったが、カギを握る2人の激突は前半途中で終了することになる。
フランスはグリーズマンが7分にチャンスを迎えるが、ペナルティーエリア左から放った左足のシュートは枠の左に外れる。10分にはパイェのクロスにグリーズマンがヘディングで合わせたが、GKルイ・パトリシオのファインセーブに阻まれた。
一方のポルトガルは、予期せぬトラブルが発生。パイェとの接触でC・ロナウドがひざのあたりを痛めると、17分にプレー続行が難しいことを悟ったように座り込み、ピッチから出た。処置をして22分にプレーを再開したものの、やはり続けることは難しく、23分に交代を要求して再びピッチに座り込んでしまった。キャプテンマークをナニに託し、C・ロナウドは両手で涙を隠すようにして担架でピッチ外へ。エースの代わりにはクアレスマが投入された。
主将を失ったポルトガルに対し、フランスは主導権を握る。しかし、“死の山”を登った代償なのか、全体的に精細を欠く。ペペを中心としたポルトガル守備陣をかき乱すことはできなかった。
ポルトガルはカウンターの機会をうかがいながら、0−0を維持していこうという姿勢を見せ、前半はスコアが動かないまま終了する。
後半に入って58分。フランスが最初の交代を使う。立ち上がり以外は目立たなかったパイェを下げて、コマンを投入する。すると66分、フランスはコマンのクロスにグリーズマンが飛び込む決定機が訪れたが、ヘディングシュートは枠の上に外れた。
その後はどちらにもチャンスが生まれ、試合がややオープンになる。フランスは84分、ムサ・シソコが体重の乗ったミドルシュートを枠内に飛ばしたが、GKに止められた。アディショナルタイムには途中出場のジニャックがペペをかわしてゴール前で決定機を迎えたが、右足のシュートはポストに嫌われてゴールならず。試合は延長戦に突入する。
延長前半はポルトガルがセットプレーで2回のチャンスをつかんだが、ゴールならず。しかし、延長後半に試合を動かした。
延長後半の立ち上がり、フランスを不運が襲う。相手FWエデルの手にボールが当たると、主審はコシールニーのハンドとジャッジ。ポルトガルはこのFKをラファエウ・ゲレイロが直接狙うと、クロスバーに当たった。
ポルトガルはその直後に先制する。エデルがパスを受けてペナルティーエリア手前から右足のシュートを放ち、ゴール左隅に決めた。
攻めるしかないフランスは、すぐにM・シソコを下げてマーシャルを投入して巻き返しを図る。
いてもたってもいられないC・ロナウドは、足を引きずりながらテクニカルエリアに出てチームを鼓舞。チームを盛り上げる。
フランスは最後まで同点弾を目指して攻め込んだが、最後まで得点を奪うことはできずに試合終了のホイッスル。ポルトガルが初優勝を果たした。
via:goal.com


・109’エデルの決勝ゴール







・EURO2016のヒーロー、エデルとは何者か
 http://qoly.jp/2016/07/12/who-is-ederzito

・ハイライト




http://www.wowow.co.jp/sports/euro/movie.html







uefa.com
sky sports
ESPN
whoscored.com

・ポルトガルが歴代10カ国目のEURO王者に
CnCSFC-VUAUZyiv

607136815KT00657_Portugal_v

2390642_w1[1]
■UEFA欧州選手権優勝回数
3 ドイツ(1972*、1980*、1996年)*は西ドイツ  
3 スペイン(1964、2008、2012年)
2 フランス(1984、2000年)
1 ポルトガル(2016年)
1 ギリシャ(2004年)
1 デンマーク(1992年)
1 オランダ(1988年)
1 チェコスロバキア(1976年)
1 イタリア(1968年)
1 ソ連(1960年)

via uefa.com


・悲願のユーロ初制覇…C・ロナウド「本当に幸せ。歴史を作った」

607136815KT00601_Portugal_v
 10日に行われたユーロ2016決勝で、ポルトガル代表がフランス代表を延長戦の末に1-0で撃破。悲願の初優勝を果たした。
 試合後、ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が喜びを語った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。
 キャプテンとして臨んだ今大会、ユーロ2004以来となる決勝進出を果たしたC・ロナウド。12年越しの悲願達成に向けて先発出場した決勝では、25分に負傷交代を強いられることとなった。涙を浮かべながらピッチを後にすることとなったが、チームメイトの奮闘により、歓喜の瞬間を迎えた。
 C・ロナウドは「本当に幸せだよ。僕たちは歴史を作った。2004年からずっと思い続けていたものだよ。自分のキャリアの中で最も幸せな瞬間の1つだ。全てのチームメイトとスタッフに感謝したい。ポルトガル人にとって忘れられない瞬間になったね」と、喜びを爆発させた。
 なお同選手は自身のツイッターも更新。「このチームを誇りに思う。この国を誇らしく思う」と、つづっている。




via http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20160711/466907.html


◆C・ロナウド、記録ずくめのユーロ2016
331f6ecb
 ユーロ2016の決勝が10日に行われ、ポルトガル代表がフランス代表を1-0で破り、優勝を果たした。エースのFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が持つ様々な記録を、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が報じている。
 19歳でプレーしたユーロ2004以来、これまで同大会に4度出場した経験を持つC・ロナウドは、数々の記録を塗り替えてきた。決勝で敗れた2004年大会のリベンジを果たし、悲願のユーロ制覇を達成した同選手の特筆すべき数字を紹介していく。

■ユーロ得点数
 これまでユーロにおいて通算6得点をマークしてきたC・ロナウドだが、今大会でこれに3ゴールを上乗せし、歴代の得点ランキングでもトップに躍り出ている。
・1位 クリスティアーノ・ロナウド 9ゴール
・2位 アラン・シアラー(元イングランド代表) 7ゴール
・3位 ルート・ファン・ニステルローイ(元オランダ代表)、パトリック・クライファート(元オランダ代表)、ウェイン・ルーニー(イングランド代表)
   ティエリ・アンリ(元フランス代表)、ヌーノ・ゴメス(元ポルトガル代表)、ズラタン・イブラヒモヴィッチ(スウェーデン代表)
アントワーヌ・グリエスマン(フランス代表) 6ゴール

■ユーロ出場試合数
 開幕前の時点でユーロ14試合に出場してきたC・ロナウドだが、今大会は決勝までの7試合でプレーし、大きく自身の記録を伸ばしている。
・1位 クリスティアーノ・ロナウド 21試合
・2位 バスティアン・シュヴァインシュタイガー(ドイツ代表) 18試合
・3位 ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア代表) 17試合
・4位 リリアン・テュラム(元フランス代表)、エドウィン・ファン・デル・サール(元オランダ代表)、セスク・ファブレガス(スペイン代表)、
   アンドレス・イニエスタ(スペイン代表) 16試合

■ポルトガル代表キャップ数
 今大会で7キャップを積み上げたC・ロナウドは、ルイス・フィーゴ氏が所持していたポルトガル代表最多出場記録を塗り替え、歴代トップの座についた。
・1位 クリスティアーノ・ロナウド 133試合
・2位 ルイス・フィーゴ 128試合
・3位 フェルナンド・コウト 110試合
・4位 ナニ 103試合


■史上初めて4大会で得点をマーク
 ユーロ4大会でゴールを決めた選手は歴史上でもC・ロナウドのみだ。19歳ながら2ゴールを記録したユーロ2004に始まり、ユーロ2008で1ゴール、ユーロ2009で3ゴールをマークしてきた。今大会はグループステージのハンガリー代表戦で2得点したほか、準決勝のウェールズ代表戦でもネットを揺らし、チームの優勝に貢献している。
C・ロナウド:ユーロにおける得点
・2004:vsギリシャ(1)、vsオランダ(1)
・2008:vsチェコ(1)
・2012:vsオランダ(2)、vsチェコ(1)
・2016:vsハンガリー(2)、vsウェールズ(1)

■ユーロ得点数(予選も含む)
 ユーロ本大会での歴代トップスコアラーである同選手だが、予選を含めたランキングでも首位に君臨している。
・1位 クリスティアーノ・ロナウド 29ゴール
・2位 ズラタン・イブラヒモヴィッチ 25ゴール
・3位 ロビー・キーン(アイルランド代表) 23ゴール
・4位 ハカン・シュクル(元トルコ代表)、ヨン・ダール・トマソン(元デンマーク代表) 22ゴール

via http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20160711/466935.html
uefa.com

・初優勝で歓喜の涙。ロナウドの代表への思いが泣ける
 http://matome.naver.jp/odai/2146822928115920101

・クリスティアーノ・ロナウド チームに優勝をもたらしたロッカールームでの言葉
 https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/cristianoronaldo?utm_term=.xfb7w88jX#.ae2exMMZD

◆グリーズマンがユーロ2016得点王(ゴールデンブーツ賞)

Griezmann
 フランス代表のエースFWアントワーヌ・グリーズマンが、自国開催のユーロ2016で得点王に輝いた。
 ユーロ2016は10日、決勝でポルトガルが延長戦の末に1-0で開催国のフランスを破り、初の欧州制覇を果たして全日程が終了した。
 グリーズマンは、初戦のルーマニア戦でスタメン入りし、ユーロ初出場。グループステージ第2節のアルバニア戦では、途中出場となったが試合終了間際に決勝点となる大会初ゴールを挙げて、チームを勝利に導いた。
 決勝トーナメントに入るとますます勢いに乗る。ラウンド16のアイルランド戦では、1点ビハインドから圧巻の2ゴールを決めて逆転勝利に大きく貢献。準々決勝のアイスランド戦で1ゴール2アシストの躍動を見せると、準決勝のドイツとの大一番でも2ゴールをマークし、決勝進出の立役者となった。
 決勝ではノーゴールに終わり、王手をかけていた自国優勝を惜しくも逃したものの、今大会最多の計6ゴールをマーク。1984年大会で9得点を記録した“将軍”ことミシェル・プラティニ氏以来となるフランス人得点王に輝いた。1大会でのゴール数では、9得点のプラティニ氏に次ぐ歴代2位にランクインしている。
 なお、555分出場で6ゴール2アシストのグリーズマンがUEFA(欧州サッカー連盟)のゴールデンブーツ賞を獲得。625分間出場し、3ゴール3アシストをマークしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがシルバーブーツを、456分出場で3ゴール2アシスト記録したオリヴィエ・ジルーがブロンズブーツを受賞している。
▼得点ランキング
◎1位 6ゴール アントワーヌ・グリーズマン(フランス)
・2位 3ゴール クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、オリヴィエ・ジルー(フランス)、ディミトリ・パイェ(フランス)
        ナニ(ポルトガル)、ギャレス・ベイル(ウェールズ)、アルバロ・モラタ(スペイン)

▼アシストランキング
・1位 4アシスト エデン・アザール(ベルギー)、アーロン・ラムジー(ウェールズ)
・3位 3アシスト クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
・4位 2アシスト カミル・グロシツキ(ポルトガル)、オリヴィエ・ジルー(フランス、ディミトリ・パイェ(フランス)、アントワーヌ・グリーズマン(フランス)

via http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20160711/466607.html
uefa.com


◆最優秀若手選手賞は18歳レナト・サンチェスス

607136815KT00584_Portugal_v
 ポルトガル代表の18歳MFレナト・サンチェスが、ユーロ2016の若手最優秀選手賞に選出された。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイト『UEFA.com』が伝えた。
 若手最優秀賞は1994年1月1日以降に生まれた選手を対象とし、アレックス・ファーガソン氏やアラン・ジレス氏らも参加したUEFAテクニカルオブザーバーの選考で決定される。
 R・サンチェスは今大会6試合に出場し、年齢詐称疑惑が浮上するほど堂々としたプレーを見せて、1ゴールも記録。代表のチームメイトであるDFラファエル・ゲレイロや、バイエルンでチームメイトとなるフランス代表FWキングスレイ・コマンを抑えての受賞となった。
 R・サンチェスは初戦のアイスランド戦でユーロデビューを果たし、準々決勝のポーランド戦では代表初先発で初ゴールをマーク。18歳317日で得点を挙げて、本大会の最年少得点ランキング3位に入った。
 決勝も18歳328日でスタメン出場を果たし、FWクリスティアーノ・ロナウドが2004年に樹立した決勝での最年少出場記録(19歳150日)を更新。79分までプレーし、ポルトガル代表の初優勝に貢献すると、優勝チームの最年少出場記録(20歳63日)も塗り替えた。
via http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20160711/466889.html
uefa.com

◆MVPは仏代表FWグリーズマン…得点王との2冠達成
 フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)が、自国開催のユーロ2016でMVP(大会最優秀選手賞)に輝いた。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。
 元マンチェスター・U監督のアレックス・ファーガソン氏ら13名で構成されるUEFAテクニカルオブザーバーは11日、ユーロ2016のMVPを選出。同大会で6ゴール2アシストを記録したグリーズマンが選ばれた。これでグリエスマンは、得点王であるゴールデンブーツ賞と合わせて2冠を獲得することとなった。
 UEFAテクニカルオブザーバーを率いたヨアン・ルペスク技術部長は、同選手について、「アントワーヌ・グリーズマンは出場した全試合で相手チームの脅威となった。チームのためにハードワークをいとわず、テクニック、視野の広さ、フィニッシュの精度と、すべてを持ち合わせている。今大会で突出した選手だったということで、テクニカルオブザーバーの意見は一致した」とコメント。MVPへの選出理由を明かした。
 グリーズマンは今大会、フランス代表の準優勝に大きく貢献。グループステージ第2節のアルバニア戦で決勝ゴールを挙げ、チームを勝利に導くと、決勝トーナメントではより本領を発揮した。ラウンド16のアイルランド戦では、1点ビハインドから圧巻の2ゴールを決めて逆転勝利に大きく貢献。準々決勝のアイスランド戦で1ゴール2アシストの活躍を見せると、準決勝のドイツとの大一番でも2得点を記録し、決勝進出の原動力となった。
via http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20160712/467271.html
uefa.com

◆ベスト11が決定…優勝のポルトガルからC・ロナら最多4名
1-horz
 ユーロ2016の全日程が終了し、UEFA(欧州サッカー連盟)は同大会のベストイレブンを選出した。UEFAの公式HP『UEFA.com』が伝えている。
 ベストイレブンには初の欧州制覇を達成したポルトガルから最多4名が選出。決勝で負傷交代を余儀なくされたFWクリスティアーノ・ロナウドや、同試合でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)となったDFペペらが選ばれた。
 準優勝の開催国フランスからは3名。大会得点王とMVPの個人2冠を達成したFWアントワーヌ・グリーズマンらが選ばれた。また、ユーロ本大会初出場ながらベスト4進出を果たしたウェールズから2名が選出されたが、エースのMFギャレス・ベイルは選外となった。
 ベストイレブンは、UEFA技術部長のヨアン・ルペスク氏が率いる13名のテクニカルオブザーバーによって決定。フォーメーションは本大会で最も多く採用された「4-2-3-1」が選ばれた。
 テクニカルオブザーバーを務めた元マンチェスター・U監督のアレックス・ファーガソン氏は、「白熱した議論を経て、オブザーバーはUEFAユーロ2016で最高のパフォーマンスを見せたチームから最高の選手を選び、ベストイレブンを編成した。圧倒的な強さを発揮するCB、守備と攻撃の両方を担うSB、試合とその流れを支配する守備的MF、柔軟性と創造性に富むアタッカーが選ばれているはずだ。すべての選手がチャンスをつくり、ゴールを決める能力を備えている。このベストイレブンが、大会の最高の姿を現していると、我々は確信している」とコメントを残した。
via http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20160712/467280.html
uefa.com

■EURO2016のベストイレブン
▼GK
・ルイ・パトリシオ(ポルトガル代表)

▼DF
・ジョシュア・キミッヒ(ドイツ代表)
・ジェローム・ボアテング(ドイツ代表)
・ペペ(ポルトガル代表)
・ラファエル・ゲレイロ(ポルトガル代表)

▼MF
・トニ・クロース(ドイツ代表)
・ジョー・アレン(ウェールズ代表)
・アーロン・ラムジー(ウェールズ代表)
・アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)
・ディミトリ・パイェ(フランス代表)

▼FW
・クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)



・C・ロナウドを欠いて栄冠。頼りなさげなポルトガル指揮官の見事な采配
 http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2016/07/11/post_1081/

・EURO後に伸びる国、落ちる国。ポルトガルは“一発屋”ではない!
 http://number.bunshun.jp/articles/-/826042

・ロナウドとポルトガル、永遠の日。勝利に愛された泣き虫のエース。
 http://number.bunshun.jp/articles/-/826049

・【ユーロ2016総括】守備組織の際立った大会はポルトガルの初優勝で幕
 http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=245510



・ポルトガルがEUROを制した4つの理由。美しさよりタフさ優先、ピッチ内外の大改造でたくましく
 http://www.footballchannel.jp/2016/07/15/post163850/

・「敗北を運命づけられた国」ポルトガルがユーロで果たしたリベンジ
 http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2016/07/17/post_1087/

・C・ロナウド、ペペ…。「ブレンド型」選手がポルトガルを強くした
 http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2016/07/18/post_1088/

・数字で振り返るEURO 2016
 uefa.com

・EURO2016でドリブルマスター、パスマスターとなったのは!? スタッツランキングで大会を振り返る
 http://www.theworldmagazine.jp/20160712/02national_team/74300

・EURO2016、パス数ランキングTOP20
 http://qoly.jp/2016/07/12/euro-2016-passing-ranking-top-20

・EURO 2016で名を上げた選手たち
 uefa.com

◆EURO2016ベストゴールはハンガリー代表ゾルタン・ゲラのミドル弾
 ハンガリー代表MFゾルタン・ゲラの得点がユーロ2016のベストゴールに選出された。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。
 ベストゴールに選出されたのは、ゲラがグループステージ第3節のポルトガル代表戦で決めたミドルシュート。CKのこぼれ球を拾ったゲラは、胸トラップでボールを収めた後、すぐさま左足を振りぬき、ゴール右下へ突き刺した。・・・
via http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20160714/468197.html




.



◆All 108 Goals scored | EURO 2016


◆Top 10 Best Goals EURO 2016 ● English Commentary


・EURO 2016の全108ゴール
 uefa.com

・EURO 2016のベストゴール・トップ10
 uefa.com
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |