FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

100年前、米国に桜をもたらした3人の米国人 ~日本の桜は失敗を乗り越え、こうして根づいた~ はてなブックマーク - 100年前、米国に桜をもたらした3人の米国人 ~日本の桜は失敗を乗り越え、こうして根づいた~

 米国の首都ワシントンDCといえば、大理石の建築物や整った街並みとともによく知られているのが桜並木。毎年この時期に咲き誇る花々は、見物に押し寄せる観光客とともにワシントンの春の風物詩となっている。

68baef70368dad6e9cd9146a3af392f0[1]

 しかし、桜は元々ワシントンに存在していたわけではない。日本からやってきたものだ。日本の桜が、なぜ今米国で花を咲かせているのだろうか。そこには、満開の桜と同様に私たちの心を奪う、意外な物語があった。それは今から100年以上前、横浜でのある偶然の出会いから始まった。
 今でこそ、スーパーへ買い物に行けば色鮮やかな野菜や果物が目を楽しませてくれるが、かつて米国で栽培されていた作物は味気ないものばかりだった。米農務省のデビッド・フェアチャイルドは、米国の農業に利益をもたらしてくれそうな新しい植物を探して世界を飛び回っていた。そして、1902年に訪れた日本の地で、桜に出会ったのである。
 2016年2月、私は、米国へ初めて正式に持ち込まれた桜の故郷、横浜を訪れた。フェアチャイルドについて研究するようになって数年、彼が米国へ持ち帰った数々の外国産の植物のひとつである桜が、どこからやってきたのか、自分の目で確かめたかったのだ。野球が米国人の心の中心を占めているのと同様、桜はまさに日本人の心であることは、そこにいるだけで感じることができる。桜の木はいたるところに植えられ、多くの日本人を魅了し、そして満開の時期の桜は実に圧巻だ。
 フェアチャイルドの軌跡をたどり、創業120年を超える園芸会社、横浜植木を訪ねた。この会社は創業当時、外国で桜の需要が生まれようとしていることにいち早く気付いて、桜の木を商業化した最初の日本企業のひとつである。「私たちの会社にとって大変名誉な仕事でした」と同社社長の有吉和夫氏は、桜輸出の黄金時代について語る。桜は、外国からの旅行客が持ち帰ったり、日本の公的機関から寄贈されるなどして、トルコ、オーストラリア、フランスへと渡っていった。
 フェアチャイルドは手始めに、温暖な気候が日本と似ている太平洋沿岸のカリフォルニア州へ桜の苗木のサンプルを送ったが、サンフランシスコに到着後、桜の知識を全く持たない植物研究者の手によって枯れてしまった。
 当時、桜をよく理解していた人物が、ワシントンの女性ジャーナリスト、エライザ・シドモアだった。兄が駐日米領事館の外交官だったため、日本をよく訪れていたシドモアは、ワシントンへ戻る度に日本で目にした美しい桜の話を周囲の人々に語っていた。しかし、サクランボの実らない木に興味を示すものはいなかった。
 外国の作物に抵抗感を示す米国人が多いことをよく分かっていたフェアチャイルドは、まず125本の桜の木を取り寄せて、メリーランド州チェビーチェイスにある自宅の前庭に植えることにした。米国からの注文が入ったことに大喜びした横浜植木の社長は、1本わずか10セントという破格値で発送したという。
 フェアチャイルドの庭に桜の木が植えられ、ふんわりと柔らかなピンクの花を実際に目にしたワシントンの人々は、ようやくその美しさに気付いた。サクランボが実るかどうかを気にするものはいない。そして1909年3月、誰よりもその魅力のとりこになったのが、大統領夫人になったばかりのヘレン・タフトだった。ワシントンDCの街の美化政策として桜を植えてはどうかと夫のタフト大統領に持ちかけたところ、日本との友好関係を結ぶよい機会になると感じた大統領もこれに賛成した。
 ところが1909年の秋、東京市長から送られた2000本の若木は、ほとんどが瀕死の状態でワシントンに到着したという。切られた根が短すぎ、病害虫にも侵されていた。外来害虫の侵入を恐れた農務省の昆虫学者は、ワシントンのナショナル・モールで木をすべて焼却するしかなかった。その後1912年 、日本は再び、背の高い成木3020本を送り、無事に植樹が行われた。
 当時の桜のほとんどは、現在は残っていない。元々の3020本のうち今も生存しているのは、ワシントン記念塔の近くに残る2本のみだ。 しかし、その後新たな植樹を繰り返し、今日ワシントンの桜並木には3800本の桜が植えられている。
 via http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032400107/?rss

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 雑学 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカで唯一「州」に属さない「ワシントンD.C.」の「D.C.」とは? はてなブックマーク - アメリカで唯一「州」に属さない「ワシントンD.C.」の「D.C.」とは?

◇アメリカで唯一特定の州に属していない都市
それが、アメリカの首都「ワシントンD.C.」。
うっかり「ワシントンD.C.はワシントン州にある」と勘違いしそうですが、まったくの別物です。
「ワシントン州」は太平洋側の最北に位置し、一方「ワシントンD.C.」はその反対側の東海岸の都市のこと。

img_0

ホワイトハウスやアメリカ国会議事堂など、国の重要な建物がたくさんあるワシントン。

sirabee_america4_20150703[1]

法律上の正式名称は「コロンビア特別区(District of Columbia)」。
そしてこの「D.C.」(District of Columbia)のDには、「どの州にも属さない連邦政府の直轄地」という意味が込められています。
Cの「コロンビア」はアメリカ大陸の発見者であるコロンブスにちなんでつけられました。
一時は住民投票で「ニュー・コロンビア州」の設立が提案されましたが、連邦議会がそれを承認しなかったという歴史もあるのです。
 via http://sirabee.com/2015/07/04/38762/




関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 雑学 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |