FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

世界初「すべて無料」のスーパー 値札なし、レジもなし はてなブックマーク - 世界初「すべて無料」のスーパー 値札なし、レジもなし

n-FOOD-large570[1]
 オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーができた。賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を、大手スーパーなどから譲り受けて提供する。まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。
 シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。
 運営するのは、2004年以来、オーストラリア各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」。ロニ・カーン最高経営責任者が「これを見て下さい」と見せたのは賞味期限まで4日あるヨーグルトだ。大手スーパーではもう売れず、引き取った。こんな食品ロスの問題について「理解を深めてほしい」と言う。客にはスタッフが個別に付いて、説明をしながら選んでもらう。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。
 開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。客には代わりに寄付をお願いしている。4月の開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。
 無料でも運営できるのには理由がある。約10人のスタッフはボランティアで、家賃や光熱費は趣旨に賛同したビルのオーナーの厚意で無料。こんな条件が満たされれば、別の場所でも展開したいという。
 食品ロスは豪州でも課題になっている。シドニーのあるニューサウスウェールズ州の09年の調査によると、平均的な世帯では年に1036豪ドル(約8万6千円)に相当する食品を捨てているという。
 via http://www.asahi.com/articles/ASK775T1GK77UHBI037.html


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

25年かけた超大作デンマークの世界地図:『Verdenskortet』 はてなブックマーク - 25年かけた超大作デンマークの世界地図:『Verdenskortet』

17759897_1516071395083584_6742395062577072025_n
■おじいさんが『世界』を作った
1888年にデンマークで生まれた、セーレン・ポールセンさん。
若いころアメリカに移住しましたが、20年経ってから子ども時代を過ごした家に戻ってきました。
ある日ポールセンさんは、牧草の手入れをしている時にデンマークの『ユトランド半島』に似ている石を見つけます。そこからアイデアを膨らませ、「この牧草地に自分の手で世界地図を作ろう」と思います。

34026_99

17884637_1516248651732525_2006171393089751354_n

ポールセンさんは冬の間、大きな石を氷の上に乗せて置きたい場所へ移動させました。春になると氷が解けて、ゆっくりと石が傾きます。そうやって、機械に頼らず、自力で世界地図を形作っていきました。
構想から25年間という長い年月をかけて、ポールセンさんはついに『Verdenskortet』という名の世界地図を完成させます。
4050平方メートルもの広さを誇る、歩いて周れる世界地図です。
あまりに大きいため、上空から撮影しなければ全体をとらえることはできません。
牧草地の世界地図は、いまではファミリー向けの公園になっています。子どども大人も楽しめる施設がたくさん!
カフェ・レストラン・バーベキュー場などを併設し、馬や山羊などの動物と触れ合うこともできます。
また、海はパドルボートで渡ることができます。すごい冒険をしている気分になれますね。子どもも楽しそうです。
たくさん国旗が立っており、どの国に来ているのか分かるようになっています。日本もきちんとありました。
ほかの国との位置関係や、スケールを立体的に感じ取ることができます。
少し手を伸ばしたり、しゃがんだりすれば、国をなでられるのも面白いですね。
陸地は歩けるようになっています。飛び石があるため、離れた大陸へ行くこともできます。

11903726_1043479702342758_2626384762086683738_n 17903345_1516249665065757_5923065051695499997_n

ポールセンさんは81歳で亡くなるまで、手作業で世界地図を作り続けました。日々続ければ、人生でこれほど大きなことを成し遂げられるのですね。
『1日で歩いて周れる世界地図』で遊んでいた子は大人になると、また、自分の子を遊ばせに来るでしょう。飼われているヤギも新たな子どもを産んでいます。次の世代も、その次の世代も、この優しい世界地図にやってきます。
『Verdenskortet』はただの地図ではなく、生き物の営みがある、まさに世界の縮図となりました。
ポールセンさんは世界地図を作ることで、本当の『世界』を作り上げたのです。
via http://grapee.jp/353830

◆Verdenskortet :Facebook
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 世界 | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米「タイム」誌が選んだ史上最も影響を与えた写真100枚 はてなブックマーク - 米「タイム」誌が選んだ史上最も影響を与えた写真100枚

・「Hitler at a Nazi Party Rally」(1934)
time-100-influential-photos-heinrich-hoffmann-hitler-nazi-party-rally-22

・「Flag Raising on Iwo Jima」(1945)
time-100-influential-photos-joe-rosenthal-flag-raising-iwo-jima-35

・「Mushroom Cloud Over Nagasaki」(1945)
time-100-influential-photos-lieutenant-charles-levy-mushroom-cloud-nagasaki-37

・「Earthrise」(1968)
time-100-influential-photos-william-anders-nasa-earthrise-62

・「Michael Jordan」(1984)
time-100-influential-photos-co-rentmeester-michael-jordan-79

・「Tank Man」(1989)
time-100-influential-photos-jeff-widener-tank-man-81

・「Starving Child and Vulture」(1993)
time-100-influential-photos-kevin-carter-starving-child-vulture-87

◇100 Photographs | The Most Influential Images of All Time
 http://100photos.time.com/
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 世界 | 04:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まるでおとぎの国、チェコの世界遺産5選 はてなブックマーク - まるでおとぎの国、チェコの世界遺産5選

■プラハ「黄金の都」

Czech001

14世紀に神聖ローマ帝国の首都がおかれ、「黄金の都」と称されるほどに繁栄した当時の様子を今に伝える中世の街です。「百塔の街」「ヨーロッパの魔法の都」・・・プラハの美しさを称賛する言葉は数知れず。
とりわけ、約2.5キロに及ぶ歴史的な道「王の道」はプラハを代表する見どころが集中するルート。旧市街の入口、火薬塔から、カレル橋を渡ってヴルダヴァ川の対岸にあるプラハ城まで続く壮麗な街並みには、ただただ感嘆するばかり。

Czech002

Czech003

■チェスキークルムロフ「世界でもっとも美しい街」

Czech004

「世界でもっとも美しい街」と称えられる、小さな街、チェスキークルムロフ。ボヘミアの森に守られ、街が全盛を誇ったルネッサンス期の美しい街並みをそのまま保っていることから「眠れる森の美女」の異名をとっています。
オレンジ屋根の可愛らしい建物が立ち並ぶ旧市街と、大きくアーチを描いて流れるヴルダヴァ川、ボヘミアの緑が織りなす風景はまるで絵画のような美しさ。

Czech006

■クトナー・ホラ 「ボヘミア王国の財宝庫」

Czech007

「ボヘミア王国の財宝庫」の異名をもつ、中部ボヘミアに位置する小都市、クトナー・ホラ。かつてはプラハに次ぐほどの繁栄を謳歌した、輝かしい歴史をもつ街です。13世紀に銀鉱山が発見され急速に発展、一時はヨーロッパにおける銀の産出量の3分の1を占めるほどでした。
14世紀にはボヘミア王により王立造幣局が創設され、王国の通貨の製造を担いましたが、16世紀以降、銀の枯渇とともに街は衰退してゆくのです。
現在は静かな田舎町といった風情ですが、街に点在する不釣り合いなほどに壮麗な建造物の数々が、当時の繁栄ぶりを物語ります。

クトナー・ホラの街を代表する建築物が、聖バルバラ教会。

Czech008

「テント式屋根」と呼ばれる独特の美しい外観と、圧倒的な大きさには息を呑むほど。壁画や色とりどりのステンドグラス、重厚な彫刻の数々で飾られた内部も見ごたえ十分です。

■テルチ「モラヴィアの真珠」

Czech009

「モラヴィアの真珠」とたたえられるテルチは、ボヘミア・モラヴィア高地にひっそりとたたずむ古都。この街を有名にしているのが、世界でもっとも美しい広場のひとつと言われるザハリアーシュ広場です。
1530年の火事で街が全焼するという憂き目に遭いましたが、領主の呼びかけで、すべての建物がルネッサンス様式と初期バロック様式に建て替えられました。それぞれに個性が光るカラフルなかわいらしい建物が並ぶ光景はまるで絵本の世界。
周囲を3つの池に囲まれ、水辺要塞都市として発展してきた街でもあり、美しい水辺の風景に心が洗われます。

Czech011

■レドニツェ城・ヴェルチツェ城「ヨーロッパの庭園」
その美しさから「ヨーロッパの庭園」とも称されるレドニツェ=ヴァルチツェ地区。この地にたたずむ2つの城が、レドニツェ城とヴァルチツェ城です。
1292年、ボヘミア王プジェミスル・オタカル2世が、南モラヴィア地方の一帯をリヒテンシュタイン家に与えて以来、約7世紀にわたってこの地はリヒテンシュタイン家の領地となりました。
16世紀にルネッサンス様式で建てられたレドニツェ城は、リヒテンシュタイン家が夏の離宮として使用していた城館。

Czech012

Czech013

17世紀に豪華絢爛な装飾が施され、19世紀に現在のネオゴシック様式に改築されました。壮麗な外観のみならず、精巧な彫刻や豪華な調度品の数々で彩られた城内や、季節の花が咲き乱れる美しいフランス式庭園も必見。

レドニツェ城から10km離れたところにあるヴァルチツェ城は、17世紀はじめからリヒテンシュタイン家の居城として使用されました。18世紀にはウィーンの宮廷と肩を並べるほど知られる存在だったのだとか。

Czech014

Czech015

via http://tabizine.jp/2016/09/23/95740/

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 風景 | 04:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の超高齢化を「見える化」したらやはりトンデモなかった(by 本川裕) はてなブックマーク - 日本の超高齢化を「見える化」したらやはりトンデモなかった(by 本川裕)

■世界のすべての国と比較 やはり日本の高齢化率は世界一
 年齢別人口は大きく年少人口(0~14歳)、生産年齢人口(15~64歳)、高齢人口(65歳以上)に3区分される。生産年齢人口は働く世代を意味している。今は先進国では高卒年齢でないと働く者は少ないが、従来からの考え方で15歳が区切りとなっている。また高齢人口も定年も平均寿命も昔より伸びた今では65歳でなく70歳を区切りにした方が適切かもしれない。
 しかし、この区分は、統計の継続性に加えて、共通に決めてあること自体が有用なので、国際的にもなお通用している。高齢化率は、特に断らない限り、総人口に占める65歳以上の高齢人口の割合を指すのが普通である。
 日本の高齢化が世界一であることはしばしば言及されているので知っている人は多いだろう。しかし、どの程度、世界一なのかについては、すべての国の高齢化率が同時に図示されたことがことがないので、ピンとこないのではなかろうか。
 そこで今回は、まず、高齢化率のデータが得られる世界の全部の国の高齢化率のグラフを示した。おそらく本邦初の試みだと思う。

001

 高齢化率は日本が26.7%で世界一高く、日本に次いで高いヨーロッパのイタリア、ギリシャ、ドイツのそれぞれ22.4%、21.4%、21.2%を大きく上回っている。
 人口10万人そこそこの国まで含めて200ヵ国弱の国の中で人口1億人以上の国である日本が全体として紛れもなく世界一なのだから驚く。本格高齢社会という人類の未体験ゾーンに向かって、幸か不幸か、日本がまず真っ先に突き進んでいることがこの図から実感できるのではなかろうか。
 日本が属する東アジア・太平洋では、香港、オーストラリア、ニュージーランドが15%前後で比較的高齢化しているが、日本と比べるとずいぶん低い。さらに、韓国、シンガポール、タイ、中国、北朝鮮と中国からは10%を切ってだんだんと高齢化率が低くなっていく。後段で見るとおり、今は若い韓国や中国もいずれは大きく高齢化率が高まってくると予測されている。東南アジア諸国はシンガポール、タイを除くと高齢化率は5%前後とかなり低い水準の国が多い。
 米国の高齢化率は欧米の中では低い点など、そのほか、地域別、国別にいろいろな特徴が見て取れるがこれ以上の読み取りは読者に任せて、この図のコメントはこの辺で控えておこう。
 ちなみに世界一高い日本に対して、世界で最も高齢化率が低いのは、アラブ首長国連邦であり、値は1.1%である。何と100人に1人しか65歳以上の国民がいないのである。

■若者の国のオリンピックから老人の国のオリンピックへ
 日本の高齢化の特徴は、現時点で世界一である点に加えて、主要国の中で極めて急速な高齢化のテンポをたどっている点にある。
 この点を「見える化」するため、主要国における19世紀からの高齢化率の長期推移と今後の21世紀中の将来推計の数値をグラフにした。

WS001

 日本が他の主要国、特に欧米諸国と比べて、非常に若い国だったのが、他国にないテンポで高齢化率を上昇させ、さらに21世紀を通して、世界一の高齢化の水準を維持する見込みだということが明確に示されていると思う。
 象徴的なのは、1964年の東京オリンピックと2020年開催予定の東京オリンピックという二つの時点の高齢化率の世界の中での位置である。1964年の時点で主要先進国と比べて最も若い国としてオリンピックを開催した日本は、2020年には、ずば抜けて高い高齢化率の国、いわば紛れもない老人の国として世界から人びとを迎えることになるのである。
 そういう意味では、いい悪いは別にして、79歳の森喜朗元首相が東京オリンピックの組織委員会会長なのは絵に描いたような人事だともいえる。
 オリンピック競技を観戦するため日本を訪れる世界の人びとは、同時に、高齢化が抱える深刻な問題の数々をどのように日本は解決しているか、解決しようとしているかを自分の目で観察しようとしてやってくる。なぜなら日本の最先端の高齢化水準は自分たちの将来の姿だからである。深刻化する社会保障の財源問題、高齢者の社会参加や健康維持、ケアの必要な高齢者を支える人的体制、シルバー民主主義の弊害への対処などに対して日本は世界の参考となる解決法を提示できるのであろうか。
 国内に日本とは年代がずれているが同じように大きな塊のベビーブーム世代を抱え、また現在は少子化している中国や韓国では、今は若い年齢構成であるが、将来、日本と同様、あるいは日本以上に急速な高齢化に見舞われることも図からうかがい知ることができる。
 なお、日本の公式推計に比べて日本の高齢化率の国連推計値が低い水準になっているが、これは、将来人口推計に当たって、いずれの国でも出生率の水準がいずれは人口置換水準(2+α)に収束してくると仮定されているためである。つまり日本の場合は現在の水準からかなり上昇すると仮定されているからである。従って国連の将来推計は日本については推計値と言うより目標値に近い結果となっているのである。

■増える百歳以上の超高齢者 2015年には6万人超え
 65歳以上の高齢者は、75歳未満の前期高齢者と75歳以上の後期高齢者に区分されることがある。健康上の問題や要介護の割合などから同じ高齢者でも両者を区分した方がよい場合も多いからである。高齢化比率が上昇する中、ケアの必要性がより高い後期高齢者の比率はそれ以上のテンポで上昇する点が指摘されている。ここでは、この点は省略し、高齢者の中でも以前なら本当に希な存在だった百歳以上のいわば「超」高齢者が最近は大きく増えている点を最後に視覚化しておこう。

WS002

 百歳以上の高齢者数は、厚生労働省の資料によれば、1963年には153人に過ぎなかったのが、1981年には1000人を超え、1998年には1万人を超え、2012年には5万人を、2015年には6万人を越えた。男女別では女性が87.0%と圧倒的に多くなっている。
 百歳以上の超高齢者を英語ではcentenarianと呼ぶが、国際比較のデータを見ると、世界で百歳以上の人数が最も多いのは、日本でなく米国である。しかし、人口の母数が13億人の中国よりは百歳以上に限ると日本の方がかなり多い。もちろん、人口当たりの比率では2位のイタリアを上回って日本が最も高い。

WS003

 以上、日本はいずれの面から見ても世界一の高齢者大国であることが視覚的に明らかとなったのではなかろうか。
via http://diamond.jp/articles/-/100361


関連記事
[タグ] 高齢化 日本 世界
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT