FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

体操世界選手権:日本男子、37年ぶり団体V はてなブックマーク - 体操世界選手権:日本男子、37年ぶり団体V

WS003
イギリスで開かれている体操の世界選手権の男子団体で、日本が37年ぶりとなる金メダルを獲得しました。オリンピックも含めると、日本が金メダルを獲得したのは2004年のアテネオリンピック以来11年ぶりとなります。
団体の決勝は、6つの種目で各チーム3人ずつが演技を行って、合計得点で順位を争います。
予選を1位で通過した日本は、最初の種目、ゆかで、予選ではミスがあったエースの内村航平選手が安定した演技で15.800の高得点をマーク。19歳の白井健三選手も高難度の宙返りを次々に決めて、この種目トップの16.325を出し、好スタートを切りました。
続くあん馬では、大会6連覇中のライバル、中国にミスが相次いだのに対し、白井選手と同学年の初代表、18歳の萱和磨選手が、最高難度の「ブスナリ」を決めて15.400をマークし、前半で大きくリードしました。
後半の跳馬も全員が高難度の技を大きなミスなくまとめ、続く平行棒では、田中佑典選手が落下しましたが、内村選手が15.866の高得点でカバーし、最後の鉄棒を迎えました。
しかし、重圧のかかる場面で2人目の田中選手に落下のミスが出て、2位とは僅かな差となりました。最後の内村選手も手放し技で落下したものの、14点台半ばの得点でしのいで、序盤のリードを守りきりました。
日本は6種目の合計を270.818として、2位のイギリスを0.4余り上回って、37年ぶりに金メダルを獲得しました。日本が男子団体で金メダルを獲得するのは、オリンピックも含めると、2004年のアテネオリンピック以来11年ぶりです。3位は中国で、大会の連覇が6で止まりました。
内村選手は、「ようやく金メダルを取ることができたが、まだ実感がありません」と率直な感想を話しました。
最後の鉄棒の手放し技で落下のミスが出たことを受けて、「正直に言うと、最後にミスをしてしまい、勝てなくてもしかたないという気持ちもありました。金メダルは取れたが、課題も見つかったので、来年のリオデジャネイロオリンピックに向けて内容をもっと詰めて、頑張っていきたい」と気持ちを引き締めていました。
白井選手は、得意のゆかと跳馬でチームトップの高得点をマークし、団体金メダルに大きく貢献しました。白井選手は「ゆかと跳馬は、完璧にやってやろうと強い気持ちで臨むことができた。チームで勝つことは、こんなに難しく、うれしいことだと分かった」と話していました。
2004年のアテネオリンピックで団体金メダルを獲得したときのメンバーで、男子日本代表の水鳥寿思監督は、「後半は苦しかったが、歴史を作ってくれた選手と一緒に戦えてうれしい。この結果を来年のリオデジャネイロオリンピックの金メダルにつなげたい」と話していました。[2015.10.29]
 via http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151029/k10010286481000.html

WS002

WS001



・体操日本男子、37年ぶり悲願達成…世界選手権団体金メダル!
 http://matome.naver.jp/odai/2144606805672156401

◇内村が個人総合6連覇
WS001
 体操の内村航平(26)=コナミスポーツク=が30日、英国のグラスゴーで行われた第46回世界選手権の男子個人総合で、自身の史上最多記録を塗り替える6連覇を成し遂げた。2012年ロンドン五輪を含めて7年連続で世界一に輝き、2連覇を目指す来夏のリオデジャネイロ五輪代表にも決まった。
 個人総合は全6種目の合計得点で争い、予選をトップ通過した内村はこの日の決勝で合計92・332点をマーク、2位のマンリケ・ラルドゥエト(キューバ)に1・634点の差をつけた。初代表の18歳、萱和磨(順大)は10位に入った。[2015.10.31]
via http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015103101000992.html

・内村航平が世界体操6連覇…自身の史上最多記録を塗り替える
 http://matome.naver.jp/odai/2144624188538235901
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |