FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[リオオリンピック] 男子マラソンの銀メダリスト=フェイサ・リレサ(エチオピア)、抗議のポーズでゴール はてなブックマーク - [リオオリンピック] 男子マラソンの銀メダリスト=フェイサ・リレサ(エチオピア)、抗議のポーズでゴール

AFP_FG94N
リオデジャネイロ五輪最終日の21日に行われた男子マラソンで、エチオピアのフェイサ・リレサ選手が民族弾圧に抗議するポーズでゴールインして銀メダルを獲得し、これで帰国できなくなったとして政治亡命の意向を示した。
リレサ選手はエチオピアの最大民族オロモ族の出身。この日はオロモ族の団結を象徴する両腕を交差させたポーズでゴールインした。
競技後のインタビューでもこのポーズを繰り返し、オロモ族に対するエチオピア政府の弾圧に注目を集めたかったと説明。公の場でこの問題について発言したことで「私は殺されると思う」と話し、殺害や投獄の危険があるため帰国はできなくなったと語った。
既に投獄された親族もいるといい、妻と2人の子どもの身の安全が心配だと話している。
亡命先については、ビザが発給されるかどうかによって、このままブラジルにとどまるか、ケニアまたは米国へ行く可能性があるとした。
過去の五輪では1968年の大会で米陸上短距離のトミー・スミス、ジョン・カーロスの両選手が、表彰台で黒人差別に抗議するパフォーマンスを行ってメダルを剥奪(はくだつ)されたこともある。リレサ選手のメダルがどうなるかは不明だ。
オロモ族はエチオピアの人口約1億人の3分の1以上を占めていながら、長年にわたって冷遇され、最近では政府がオロモ族の農地を接収して開発を進めたことから緊張が高まっていた。
ヒューマン・ライツ・ウォッチなどの人権団体によると、全土で大規模な抗議運動を展開するオロモ族を治安部隊が武力で制圧。昨年11月以来、400人以上が殺害され、数万人が逮捕されたり投獄されたりしているという。
リレサ選手は「9カ月で1000人以上が殺害された」と訴えている。
via http://www.cnn.co.jp/showbiz/35087804.html

・男子マラソンの銀メダリスト、母国エチオピアに無言の抗議「私は殺されるかもしれない」
 http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/22/ethiopia-olympic-protest_n_11648230.html

・実は命がけの行為…マラソン銀メダリストが決めたポーズに秘められた真意が切ない
 http://irorio.jp/sousuke/20160822/344893/

・男子マラソン銀メダリストの"あるポーズ"が世界で賞賛されている
 http://matome.naver.jp/odai/2147187560253716501

・リオ五輪で命がけで祖国の弾圧訴えたマラソン銀メダリスト 支援の輪が広がる
 https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/ri-o-gorin-de-inochigake-de-sokoku-no-danatsu-uttae-ta-ma-ra?utm_term=.dqrOVJJ80#.beDM0DDXK
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

M・ジョーダン、C・アンソニーら、 社会問題に声をあげる新たな“うねり”。 はてなブックマーク - M・ジョーダン、C・アンソニーら、 社会問題に声をあげる新たな“うねり”。

 7月下旬、マイケル・ジョーダンがひとつの声明を発表したことが、大きなニュースとなって世界に広まった。
「これ以上黙っていられない」と書かれたその声明(ESPN管轄の『Undefeated』のウェブサイトに掲載)でジョーダンは、最近アメリカ各地で警察官による黒人市民の射殺事件が連続して起きていること、そしてそれに対する復讐として警官を射殺する事件が起きていることに心を痛めていることを記した。
 銃犯罪により父を失ったことや、長い間、彼や家族が警官(ボディガード)の警護を受けてきたことにも触れ、「アメリカ人がひとつにまとまり、平和的な対話と教育によって、建設的な変化が成し遂げられることを願って、声をあげることにした」と綴っている。また、この問題を解決するために2つの基金に100万ドルずつの寄付をすることも発表した。

・マイケル・ジョーダンの声明:https://theundefeated.com/features/michael-jordan-i-can-no-longer-stay-silent/

■現役時代は社会的発言を控えてきたジョーダン。
 ジョーダンは現役の頃から、社会的、政治的な話題を公の場で語ることを避けてきた人だった。
 スポンサーに気を使うと同時に、自分の影響力をスポーツの外にまで広めたくないと考えてのことだった。現役時代はまだSNSが普及する前だったという時代的な背景もある。それだけに、今回、ジョーダンが人種間の分断や、銃犯罪などの社会的問題に声をあげたことは大きなニュースとなった。そして、今でもジョーダンの影響力が大きいことを示した。
 ジョーダンの声明を受けて、カーメロ・アンソニー(ニューヨーク・ニックス)は、こう言った。
「すばらしいことだ。そして、ついに、彼があれだけのことを言ってくれた、とも思う。何といっても、彼は僕らを代表する存在だ。強い影響力を持つアフリカ系アメリカ人だ。その彼が、今のような時に声をあげてくれた。それは、彼のためにとっても大きなことだ。お金だけの問題ではないけれど、単に言葉だけでなく、自分の身銭を切ったというのもよかった。これ以上ない、すばらしいタイミングだった」

■アンソニーがインスタグラムで投げかけた声明。
 実のところ、ジョーダンの声明をはじめ、アスリートたちが社会的な問題に声をあげるうねりを作り出したのは、7月8日にアンソニーがインスタグラムに投稿した文章だった。
 ジョーダンの声明ほど大きなニュースにはならなかったが、同じぐらい、いや、それ以上に重要な声明だった。
 アンソニーによると、投稿の前の日、彼は1日中、警官による黒人市民の銃撃事件やダラスで警官が狙撃された事件のニュースを見ていたのだという。いったんは就寝したものの、夜中の3時に目が覚め、眠れなくなり、文章を打ち始めた。
「頭に浮かんだ言葉をそのまま文章にした」とアンソニー。その文章でアンソニーは、アスリート仲間たちに向けて「政治的な話題を語ることを恐れて黙って見ているのではなく、変化を求めて行動に移そう」と説いた。
 メッセージと共に投稿された写真は、1967年に行われた『モハメド・アリ・サミット』と呼ばれる集会後の会見での写真だった。モハメド・アリ(1964年にカシアス・クレイから改名)のベトナム戦争徴兵拒否を支援する黒人トップアスリートたちの集まりで、NBAからはビル・ラッセルやカリーム・アブドゥル=ジャバー(当時はルー・アルシンダー)が参加していた。アスリートたちが政治的、社会的な発言や行動をしていた時代の象徴だった。
「この問題はデモ行進では解決しない」
 アンソニーは、以前から銃犯罪や人種差別の問題に高い意識を持っていた。去年、故郷バルティモアで黒人青年フレディ・グレイが警官に逮捕され、護送中に負った負傷が原因で命を落とすと、一般市民とともに抗議デモの行進にも参加した。
 そんな経験をもとに、インスタグラムの投稿で、アンソニーはこうも言っていた。
「僕も試みてみたことがあるが、この問題はデモ行進では解決しない。僕らはみんなSNSでの投稿もしてきたけれど、それでも問題は解決しない。11人の警官を撃ち、5人を殺しても解決することではない」

・カーメロ・アンソニーのInstagram:https://www.instagram.com/p/BHmtRkehDV8/

■レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイドなど続々。
 その後、このメッセージを読んだアスリートたちが、少しずつ同じように声をあげ始めた。
 アンソニーと、彼の親友でもあるレブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ポールは、その数日後に開催されたESPY(スポーツ専門メディアのESPNが主催する、アスリートたちを表彰するセレモニー)の舞台で、改めてアスリートたちに向かって、行動を訴えた。

WS001
(左からカーメロ・アンソニー、クリス・ポール、ドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームズ)

「(ESPYのスピーチをする)きっかけはカーメロのインスタグラムの投稿だった」とウェイドは振り返る。「近々行われるESPYという舞台を使えば、僕らの言葉はまた違った受け止め方をしてもらえるかもしれないと考えた。ふだん、僕らはそれぞれ別々に、自分たちの基金や地元で活動しているけれど、こういう舞台があって、話を聞いてもらえる機会があるのなら、それを使おうと考えた」
 自分たちで話す内容を考え、ESPYの冒頭でアスリートたちに「行動を起こそう」「コミュニティを繋ぐ役割を果たそう」と呼びかけた。NBA選手であると同時に、家族がいるひとりの人間として、アスリート仲間に語りかけた。

■アンソニーが開いた、対話のための集会イベント。
 7月25日、ジョーダンが声明を発したのと同じ日、アンソニーは、実際に行動に移していた。
 アメリカ代表のエキジビションゲームのために滞在していたロサンゼルスで、地元の若者や警官らを集め、お互いを理解するタウンホール・ミーティングを開催したのだ。アンソニーの提案で実現したこの集会には、アンソニーだけでなく、男女アメリカ代表の選手たちも全員参加した。
 参加した警官の1人は、「私や参加した多くの警官にとって何より大きかったのは、安全な場所で、若者と深い会話をすることができたことだ」「それまで気づかなかったような視点に気づいた面もあった」「この先、変化を作り出すために必要な会話と、その会話をするための場所となった」と、集会の与えた影響の大きさを語っている。

■“ブラック・パワー・サリュート”との違いは?
 現在、アメリカ代表としてリオ五輪に参加するアンソニーは、オリンピックの場もメッセージを広める舞台だと考えているという。
 ただし、1968年メキシコ五輪で陸上選手のジョン・カルロスやトミー・スミスが行った“ブラック・パワー・サリュート”(黒人差別に抗議する意思を表明するために、表彰台で黒の手袋をはめた手を上に掲げた)のような行動をとるのではなく、アメリカ代表としてひとつにまとまり、優勝することで国の団結力を見せることこそがメッセージとなると信じていると言う。
「僕が伝えたいメッセージは、僕らが表彰台で共に金メダルを首にかけて、ひとつにまとまっている姿だ」
 もちろん、オリンピックから金メダルを持ち帰るだけで、すべての問題が解決するとはアンソニーも考えていない。それでも、オリンピックの舞台で、ひとつにまとまることによってどれだけ大きなことを成し遂げられるのかを見せることで、アメリカ中の子供たちにメッセージを届けることができる。それが、この先の変化のきっかけとなるかもしれない。何らかのうねりを作り出すことができるかもしれない。7月8日にアンソニーがインスタグラムに投稿したメッセージがそういった流れを作り出したのと同じように。
via http://number.bunshun.jp/articles/-/826216


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 世界 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |