FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

桂米朝さん死去、89歳=人間国宝、上方落語復興に尽力 はてなブックマーク - 桂米朝さん死去、89歳=人間国宝、上方落語復興に尽力

WS001
 上方落語の第一人者で人間国宝の桂米朝(かつら・べいちょう、本名中川清=なかがわ・きよし)さんが19日午後7時41分、肺炎のため死去した。89歳だった。兵庫県出身。葬儀は25日午前11時から大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館で。喪主は長男の落語家、五代目桂米團治(かつら・よねだんじ)さん。
 旧満州(中国東北部)で生まれ、姫路市で育った。演芸場に通う父親の影響で子供の頃から落語に興味を持ち、大東文化学院(現大東文化大)進学後、寄席研究家の正岡容(いるる)さんに師事した。
 故郷で終戦を迎え、1947年に四代目米團治に入門し、三代目米朝を名乗った。上方落語界は当時、後継者が10人余りまで減って惨たんたる状況だったが、稽古を重ねて「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」「天狗(てんぐ)さばき」「算段の平兵衛」など、数多くのうずもれた古典落語を再演出・復活させた。
 豊富な学識とたゆまぬ研究に裏打ちされた構成力、柔らかい語り口が特徴。多くの後継者を育成する一方、ホール落語を開拓し各地のファン層拡大を図った。
 落語研究家の一面も持ち「米朝落語全集」「上方落語ノート」「落語と私」など、数多くの著書を残した。映画やテレビドラマへの出演、司会やディスクジョッキーなど、本業以外の分野でも活躍した。
 87年4月に紫綬褒章。96年5月に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
 落語家として初めて2009年に文化勲章受章。脳梗塞で入院した後だったが、同年11月の親授式に出席し、「芸能界始まって以来の珍事かもしれません」と元気に語っていた。 [2015.03.20]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2015031901088&m=rss&utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds

◆上方落語界の「巨星」逝く=古典から「米朝オリジナル」
 上方落語界の「巨星」が落ちた。漫才や喜劇の人気に押され、風前のともしびだった戦後の上方落語を復興させたのが、後年「四天王」と呼ばれた故笑福亭松鶴(六代目)、桂春団治、故桂文枝(五代目)と桂米朝さんだった。
 中でも、学生時代に落語の研究家を志したという米朝さんは「知性派」「学者肌」と評された。入門後は多くの師匠の下に通って、古典を覚え、文章に書き留めた。そこから時代背景や登場人物の性格などを徹底分析、現代に合わない部分はそぎ落とし、今風のくすぐりを加えて演じて見せた。復活した話は「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」など20以上。見事に米朝オリジナルと言ってもいいネタとなった。
 大阪では演芸場は漫才や喜劇が中心。そこでホールでの落語会に活路を見いだしたのも米朝さんだった。正統派の柔らかな語り口としっかりした話の構成で、東京など各地の落語会でも多くのファンが聞き入った。
五代目桂米團治の襲名発表会見で笑顔を見せる桂米朝さん(左から2人目)=2007年7月、大阪市北区
 米朝一門は孫弟子まで含めると60人を数え、上方落語界の一大勢力になった。ホールでの一門会は人気で若手を鍛える場にもなった。爆笑型の故枝雀、激情型のざこば、タレントに転身した月亭可朝など、端正な米朝さんの芸風とは正反対の異能の落語家が育ったのは、芸に対する厳しさとともに懐の広さがあったからとも言われる。
 米朝さんは体力の衰えから、2002年春を最後に大ホールでの独演会を取りやめた。その後も、小ホールでの独演会や大ホールでの一門会では、高座に姿を見せ続けたが、近年は体調を崩すことが多く、表舞台から遠ざかっていた。[2015.03.20]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015031901102&m=rss&utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds

・桂米朝(三代目) : Wikipedia

・「落語が好きやったさかい」桂米朝のここが凄い
 http://matome.naver.jp/odai/2142678291849512901



関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |