FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[大相撲] 北の湖理事長が死去=「怪童」「輪湖時代」、62歳 はてなブックマーク - [大相撲] 北の湖理事長が死去=「怪童」「輪湖時代」、62歳

55kitanoumi[1]
 大相撲の横綱として一時代を築いた日本相撲協会の北の湖理事長(本名小畑敏満=おばた・としみつ)が20日午後6時55分、直腸がんによる多臓器不全のため、福岡市内の病院で死去した。62歳だった。
 北海道壮瞥町出身。元大関増位山(初代)が師匠の三保ケ関部屋に入門し、13歳だった1967年初場所で初土俵を踏んだ。「怪童」と呼ばれ、抜群の身体能力を生かした左四つからの寄り、つり、上手投げを武器に当時の最年少昇進記録を次々と更新。71年夏場所に17歳11カ月で新十両、72年初場所は18歳7カ月で新入幕、73年初場所には19歳7カ月で新三役となった。
 関脇で臨んだ74年初場所で初優勝を遂げ、同年名古屋場所後、55人目の横綱に。21歳2カ月での昇進は、今も最年少記録として残る。その後の数年は、ライバル横綱の輪島と競い合い、「輪湖時代」と呼ばれた。貴ノ花、若三杉(のち横綱2代目若乃花)らとも熱戦を繰り広げた。
 現在の東京・両国国技館が落成した85年初場所限りで引退し、一代年寄「北の湖」を襲名した。通算成績は951勝350敗107休で、横綱在位63場所は歴代1位。幕内での連続勝ち越し50場所も、白鵬が更新するまで昭和以降1位の記録だった。優勝24回は白鵬、大鵬、千代の富士、朝青龍に続く歴代5位。
 指導普及部長、事業部長などを歴任して、2002年2月、理事長に就任。08年9月に弟子の大麻問題で引責辞任したが、12年初場所後、トップに復帰。相撲協会の公益財団法人移行に力を尽くし、相次いだ不祥事で低迷していた相撲人気の回復に努めた。
 北の湖理事長は13年に大腸ポリープを切除する手術を受け、今年7月の名古屋場所は腎臓に尿がたまる両側水腎症で途中休場するなどたびたび体調を崩していた。今場所は初日から出勤していたが、20日朝に救急車で福岡市内の病院に運ばれた。[2015.11.20]
via http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015112000914

・楽日相星決戦4番、水入り3番=技と馬力の「輪湖」激突
大横綱北の湖の現役時代最大のライバルは、何と言っても輪島だった。初顔合わせは、1972年名古屋場所。関脇輪島が前頭7枚目の北の湖を下した。両雄は44回対戦し、輪島23勝、北の湖21勝。ほかに優勝決定戦が1勝1敗。「輪湖時代」は、昭和の相撲史に輝く一時代だった。
 最も語り継がれているのが74年名古屋場所。横綱7場所目の輪島が2敗、横綱昇進が懸かった大関北の湖が1敗で千秋楽に対戦し、輪島が本割、決定戦と得意の左下手投げで連勝した2番だろう。
 本割直前、輪島がトイレに入って何気なく外を見ると、北の湖優勝パレードの準備が行われていた。「こっちは横綱だ。負けられるかと思った」という。北の湖はのちに「何度思い出しても悔しい」と話したが、連敗にもかかわらず、昇進を決めた日本相撲協会幹部の眼力も見事だった。
 2人は千秋楽結びの対戦が22番もあり、うち4番は優勝を懸けた相星決戦だった。馬力の北の湖、技の輪島。輪島が左前まわしを引けば、北の湖も右の上手が届く。両者が得意のまわしを引く形になりやすいため、好勝負が多かった。
 水入りが3番もあるのは、北の湖が作戦を変えたからだ。「慌てて出ると下手投げを食う。こっちの体重を全部相手に掛けて、疲れるのを待つようにした」。相手に応じて取り口を変えることが少なかった北の湖が、得意の速攻を封印した。 
 輪島は「相撲の申し子」「天才」と呼ばれたが、「本当の天才は北の湖」と言い、北の湖も「戦友」に敬意を払い、きずなを大切にした。輪島さんが相撲協会を退職した後も交流は続き、今年1月には週刊誌で対談もしていた。
 via http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015112000957

・北の湖敏満:Wikipedia
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |