FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

ノーベル賞:医学生理学賞に大村智氏=寄生虫病で特効薬、日本で3人目 はてなブックマーク - ノーベル賞:医学生理学賞に大村智氏=寄生虫病で特効薬、日本で3人目

WS002
 スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル医学生理学賞を、アフリカや中南米の寄生虫病特効薬の開発に貢献した大村智・北里大特別栄誉教授(80)と米ドルー大名誉リサーチフェローのウィリアム・キャンベル博士(85)、マラリア治療薬を発見した中国中医科学院の屠※※(※=口ヘンに幼)(トゥーユーユー)博士(84)の3氏に授与すると発表した。
 日本人のノーベル賞は、青色発光ダイオード(LED)の開発で赤崎勇名城大教授ら3人が物理学賞を受賞した昨年に続き2年連続で、計23人となった。医学生理学賞は12年に人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発で受賞した山中伸弥京都大教授以来3年ぶりで、3人目。
2015年のノーベル医学生理学賞を、北里大の大村智名誉教授らに授与すると発表する関係者=5日、ストックホルム(AFP=時事)
 大村氏は東京都港区の北里大で記者会見し、「電話があって驚いた。私が考えたのではなく、微生物の力を借りているだけで、こんな賞を頂いていいのかな」と述べた。
 大村氏は静岡県内の土壌から採取された放線菌が生み出す抗生物質「エバーメクチン」を1979年に発見。キャンベル博士がかつて勤務した大手製薬会社メルクとの共同研究で、この物質に基づく抗寄生虫薬「イベルメクチン」が81年に家畜用に発売された。
 イベルメクチンはアフリカや中南米の寄生虫病「オンコセルカ症」や熱帯で流行する「リンパ系フィラリア症(象皮症)」にも有効と分かり、各地で大量に使われている。大村氏は92年に紫綬褒章を受章し、12年には文化功労者に選ばれた。
 大村氏はエバーメクチンの他にも、抗がん剤の研究開発などに使われるスタウロスポリンなど500種に上る有機化合物を発見した。
 屠氏は漢方薬に使われる薬草の成分からマラリア治療薬「アーテミシニン(アルテミシニン)」を発見し、世界的に使用されている。中国国内の研究者が自然科学分野のノーベル賞を受賞するのは初めて。
 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金800万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)が大村氏とキャンベル氏に4分の1ずつ、屠氏に2分の1が贈られる。 

◇大村智氏の略歴
 大村 智氏(おおむら・さとし)1935年7月、山梨県韮崎市生まれ。63年東京理科大大学院理学研究科修士課程終了。北里大薬学部教授、同大生命科学研究所長などを経て、2013年に同大特別栄誉教授。天然物有機化学・薬学分野で化合物の解析や合成などの研究に取り組む。
 90年に日本学士院賞、92年紫綬褒章、12年文化功労者。
◇ウィリアム・キャンベル氏の略歴
 ウィリアム・キャンベル氏 1930年アイルランド生まれ。ダブリン大トリニティカレッジを卒業し、57年に米ウィスコンシン大で博士号取得。同年から90年まで米大手製薬会社メルクの研究所に勤めた後、米ドルー大名誉リサーチフェロー。
◇屠※※(※=口ヘンに幼)(トゥーユーユー)氏 30年中国生まれ。55年北京大医学部卒業。65年から中国中医科学院で研究し、2011年米ラスカー臨床医学研究賞受賞。[2015.10.05]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2015100500656&m=rss

・ノーベル賞:医学生理学賞に大村氏…寄生虫感染症の薬開発
 http://mainichi.jp/feature/news/20151006k0000m040011000c.html

◆ノーベル賞:日本人歴代受賞者
nobel

・10億人を救った特効薬=ノーベル賞
 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大村智・北里大特別栄誉教授は、長年にわたり微生物が作る有用な化合物を探求してきた。中でも1979年に発見された「エバーメクチン」は、アフリカや東南アジア、中南米など熱帯域に住む10億人もの人々を、寄生虫病から救う特効薬へとつながった。
 大村さんは73年、大手製薬会社メルク社と共同研究を開始。さまざまな微生物が作る抗生物質などの探索を進める中で、静岡県内の土壌から分離された微生物が生産するエバーメクチンを発見した。
 この物質は線虫などの神経系をまひさせる一方、哺乳類の神経系には影響しない特性があることが分かった。エバーメクチンを基に、さらに効果を強めた「イベルメクチン」は家畜の抗寄生虫薬として世界的なベストセラーとなった。
 さらに、失明につながるオンコセルカ症やリンパ系フィラリア症(象皮症)など、熱帯域にまん延する寄生虫病にも効果があることが判明した。
 世界保健機関(WHO)はメルク社の協力を得て、アフリカなど寄生虫病に苦しむ地域にイベルメクチンを配布するプログラムを開始。メルク社によると、2012年までに延べ10億人以上にイベルメクチンが無償提供された。
 WHOによると、西アフリカでは02年までに少なくとも4000万人のオンコセルカ症の感染を予防。象皮症でも00年から対象となる53カ国でイベルメクチンなどの集団投与が進められており、20年までの制圧も視野に入ってきている。 
via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015100500750&m=rss

・ノーベル医学生理学賞に大村智さん 元定時制高校の教師、異色の経歴
 http://withnews.jp/article/f0151005003qq000000000000000G0010401qq000012584A

・天然有機化合物の動物、ヒト用医薬品 産学双方の研究グループの特色を生かす
 https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2010/02/articles/1002-02-3/1002-02-3_article.html

・元高校教師、元国体選手、美術愛好家...ノーベル賞受賞の大村智さんはかなり異色の経歴だった!
 http://matome.naver.jp/odai/2144405286447204601

・10億人を救ったノーベル受賞の大村智博士は産学共同研究の先駆けだった
 http://spotlight-media.jp/article/200399620504001105
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |