FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

なぜNHK「まんぷく」は、安藤百福の“台湾ルーツ”を隠したのか はてなブックマーク - なぜNHK「まんぷく」は、安藤百福の“台湾ルーツ”を隠したのか

img_32e84a371c749ef92609b3a70d6bc02684035
日清食品創業者の安藤百福(1910-2007)と、その妻・仁子をモデルにしたNHK連続テレビ小説「まんぷく」が好調だ。視聴率は放送開始1ヶ月以上を経ても、20%超をキープする。インスタントラーメンという国民食への視聴者の関心の高さを感じさせるが、物語には、一切触れられていないことがある。
それは安藤百福が台湾出身者であるという来歴である。なぜ台湾というルーツが消されたのか。安藤とはいかなる人物だったのか。『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』著者の野嶋剛氏が台湾の故郷への現地取材を行うと意外な事実が次々と明らかになった。

■国籍と即席麺
放送が始まったのが今年10月。私もほとんど欠かさず見ており、戦前戦後の厳しい社会環境でたくましく支え合う2人の夫婦愛に時には心を揺さぶられ、時にはハラハラしながら引き込まれている。現在までの視聴率もなかなか好調なようである。
このドラマでは、安藤は日本人として描かれている。しかし、実際のところ、安藤は台湾人の両親のもとに生まれ、台湾で教育を受け、台湾でビジネスをスタートさせ、成人してから日本に拠点を移している。日本国籍を正式に取得したのも、即席麺ビジネスが軌道に乗った後だった。
事実関係からいえば、安藤は、台湾出身の華僑(または華人)である。ところが、その台湾要素がドラマからは綺麗さっぱり抜け落ちているのだ。
筆者は、台湾出身者の日本での活躍を描いたノンフィクション『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)を今年6月に刊行し、その中で、安藤についても一定のページを割いて取り上げている。そのこともあって、「まんぷく」で安藤の台湾ルーツが触れられていないことには、いささか違和感を感じないではいられなかった。

■曖昧にするしかなかった理由
安藤のバックグラウンドについて、10月に放送された「まんぷく」第8回のなかで、安藤役の主人公の萬平(長谷川博己)が、妻の仁子役である福子(安藤サクラ)に語りかけるシーンがある。このドラマではしばしばラーメンを食べるシーンがでてくるが、2人の初デートでもラーメンを食べながら、萬平は自分の過去をこう語った。
「父親はものごごろつく前に、母親はそのすぐ後に亡くなりました。ぼくは兄弟がいなかったから、一人で親戚の家を転々としたんです。ぼくは自分が迷惑をかけるのが嫌だったから18歳で働き始めたんです。修理屋でね。そのうちカメラでも時計でも大概のものは直せるようになって、25歳で大阪に来ました」(福子の相槌などは省略)
ここに台湾はなく、萬平は台湾人ではなく、日本人として描かれていくことが決定した瞬間であった。安藤が早くに両親を亡くし、若くして働き始め、大阪に来て仕事をするようになったのは事実だ。
しかし、萬平が日本のどこで育ったのか、両親や祖父はどこにいたのか、ということは触れられていない。フィクションとはいえ、史実に近づけながら描く宿命のなかで、萬平のルーツについては曖昧にするしかなかったのだろうと私は推察した。
一方、それゆえに不自然さも否めない箇所もあった。結婚式を挙げた2人が近親者と一緒に記念写真をとる場面があった。並んだのは、萬平以外はほとんどが福子の親族や関係者たちで、萬平の家族や親族は一人もいなかったようだった。ここでは萬平の過去はほとんど消えているように見える。
では、なぜ萬平は台湾人ではなく、日本人でなければならないのか。それを考えるため、私は、安藤の出身地である台湾中部の嘉義へ行くことにした。台湾新幹線で台北から一時間半。嘉義は台湾の米どころであり、日本人観光客にも人気のある阿里山があるところだ。

■故郷も取材していたが……
安藤百福が生まれた場所は、当時「台南州東石郡朴子街」と呼ばれた。現在は地名変更で「嘉義県朴子市」になっている。日本の区にあたる朴子市の市役所を訪れると、市役所の盧春霖行政室主任が対応してくれた。
「『まんぷく』のことは知っています。その件で、つい先日、NHKの方がリサーチに来ました」と盧主任。朴子市のトップである王如経市長からは「私が育った家は呉百福さんの家の真向かいなんですよ」という話も聞かされた。
王市長と話し込んでいると、思わぬ来客が市長室に現れた。
「こんにちは、呉仁健といいます。呉百福(安藤百福)は私のおじです」
呉さんは長く教育界で働き、校長まで務めた。市長からも「呉校長」と呼ばれる地元の知名人だ。呉さんはたまたま講座を聞くために市役所に来ているところ、「日本からメディアの取材が来ている」と言われ、私を訪ねてきてくれたのだ。血の繋がりのせいか、顔立ちがどこか安藤に重なる。
呉さんによれば、呉さんと安藤は遠い親戚にあたり、安藤より呉さんはひとつ下の世代で、いとこ甥にあたる。呉家の先祖は、1793年、台湾へ中国大陸・福建省の漳州から日本に渡った。後日私のお願いで呉さんから送られてきた族譜(家系図)によれば、安藤の父親・呉阿獅には三人の息子がいて、安藤はその末っ子だった。
呉阿獅は早くに亡くなり、安藤は祖父・呉武に育てられた。

■台湾にいたもう一人の夫人
「呉家はみんな『六脚郷更寮村』と呼ばれる場所に暮らしていて、呉百福の一家は私たちの家の隣に暮らしていました。といっても、彼とは一度も会っていません。彼の奥さんが暮らしていて、息子さんを育てていました。私などは奥さんにいつも可愛がってもらっていました。彼の家の前には楊桃(スターフルーツ)の樹があって、実をとって私たち近所の人間に配ってくれた優しい人でした」(呉)
安藤には、日本で仁子と結婚する以前に、台湾のふるさとで結婚している女性がいたのだった。彼女の名前は黄綉梅といい、すでに亡くなっている。
ここでいう「息子さん」は安藤宏寿のことで、のちに台湾から日本に呼び寄せられ、一時期、日清の社長に就任している。安藤は日本と台湾で家庭を持っていたことになるが、当時こういう形は珍しいわけではなかった。もちろん「まんぷく」では萬平にほかに家庭があった、という設定はなされていない。
呉家の間では、安藤百福は神秘的な存在で、複雑な思いを抱く存在だという。呉氏が共同所有する「六脚郷更寮村」にはいまも安藤名義分の土地もあるという。呉仁健さんは安藤と故郷との関係を、こんな風に語った。
「日本で大成功を収めていることは知っています。故郷の誇りという気持ちもあります。ただ、彼は私の知る限り一度も故郷に戻らず、呉家との縁も切っています。彼は若い頃、嘉義で衣類を売る事業を失敗していたそうです。それで台北に行ったと聞いています。もしかすると嘉義にいい思い出がなかったのかもしれません。そのことも故郷と距離を置いた理由のように思います」
華僑の間には「故郷に錦を飾る」ということが一つの成功者のモラルとなっている。それは自分を育て支えてくれた故郷に恩返しをする、という考えに基づくのだが、故郷愛がなかったかどうかはわからないが、事実だけをみれば、安藤がこうした行動をとった形跡は嘉義には残されていなかった。
日清食品のホームページで安藤の経歴を解説する「安藤百福クロニクル」でも台湾出身であることは完全に伏せられている。
日清食品の関係者に、安藤の国籍に関して質問したことがあるが、「安藤氏はほとんど日本人だったと聞いています」という答えだった。しかし、少なくとも成人する前のほとんどの時間を台湾で過ごし、その後も台湾で家族を持っていた安藤は、台湾人のアイデンティティを強く持っていたはずで、本人の意思で意識的に台湾との縁を切ろうとしていた可能性が高いように思える。

■チキンラーメンが理由…?
では、どうして安藤側は台湾との関係を強調しなくなったのか。
安藤については、日本の台湾華僑社会で評判が芳しくないことは確かだ。それは、安藤がチキンラーメンの販売で成功する前に、華僑との間で金銭的なトラブルがあったと指摘する華僑もいる。彼が経営者を務めて倒産した信用組合の問題が絡んでいるとも言われるが、古い時代のことなので検証は難しい。
ただ、安藤はチキンラーメンの発売後、台湾との関わりをほとんど語らなくなり、華僑社会との人間関係も失われていったと言われる。
もう一つ考えられるのは、チキンラーメンの「発明」と台湾との関わりに議論が及ぶことを避けようとしていた可能性がある。
安藤が「発明」としている麺を油で揚げて調味料をまぶし、お湯をかけて食べる調理法については、安藤の出身である台湾南部において、戦前から「雞絲麵」(ジースーミエン)「意麺」(イーミエン)などと呼ばれる油揚げの即席麺が広く存在していたからだ。
安藤がその故郷の即席麺にヒントを得て、油で麺を揚げたチキンラーメンの商品化に成功したのではないかという推理を、私は前掲著「タイワニーズ」のなかでも展開した。また、日本の台湾華僑の間でも、同様の指摘はあちこちで耳にする。
そうしたことも、安藤サイドが台湾との関わりを語りたくなかった理由かもしれない。だが、即席麺を大量生産化し、日本と世界に広げた安藤の経営業績は、たとえそれが完全な発明でなくてもまったく曇ることはないのだが。
NHKは作品公式サイトに、「実在の人物をモデルとしますが、激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として大胆に再構成し、登場人物や団体名は改称した上、フィクションとしてお届けします」と前置きしている。台湾というルーツは、「夫婦の愛の物語」には必要なかったということだろうか。
しかし、今後のドラマの主要な中身となる「チキンラーメン」の「発明」については、前述のように安藤が台湾出身でなければ思いつかないことであった可能性が高い。
また、成功を目指して必死に事業を起こしては失敗し、それでも最後に日清食品の創業に結びつけた彼のたゆまぬ努力は、日本社会でマイノリティであった台湾出身者のハングリー精神抜きに語ることは難しい。
さらに重要なことは、日本と台湾との歴史的関係のなかで、安藤が戦前、日本語教育を受けたゆえに戦後の日本でも活躍の道が広がったことについて一切触れないことで、日本が日清戦争で清朝から獲得した台湾を、50年間にわたって統治した史実すら隠してしまう歴史認識の問題も孕んでいるように思える。
ドラマではすでに萬平は台湾人ではないという設定になっているので変更は難しいだろうが、安藤が台湾出身者であるという事実については、今後も日本社会で広く知られていくべきであると私は考えている。
via https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58365


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 人物 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松田優作、力道山…日本の芸能・スポーツ界を支える「在日」が出自を隠す理由と苦悩-知られざる在日コリアンの実像-(by朴一) はてなブックマーク - 松田優作、力道山…日本の芸能・スポーツ界を支える「在日」が出自を隠す理由と苦悩-知られざる在日コリアンの実像-(by朴一)

「日本のプロ野球の一線で活躍するほとんどが韓国人って話もある」—元阪神の桧山選手はさらりと言う。在日3世の識者が、戦後日本を熱くしたコリアンスターたちの知られざる実像を語り尽くす。

■「タブーなき芸人」のタブー
歯に衣着せぬ発言で関西を中心にカリスマ的な人気を誇った故・やしきたかじんと私は、10年来の友人でした。しかし私は、彼のルーツが私同様朝鮮半島にあるのを知りながら、生前、直接彼に生い立ちについて尋ねることは、ついにできませんでした。
「怖いもの知らずのはちゃめちゃ芸人」として天皇制や部落問題、暴力団や右翼などのタブーに果敢に取り組んだ彼でさえ、自らが「在日コリアン」とカミングアウトすることはなかったのです。ところが死後、彼の出自や生い立ちに触れた本が立て続けに刊行され、世の人々の知るところとなりました。
素顔の彼はきわめて繊細で、ナイーブな性格でした。「やしきたかじん」というタレントのイメージを大切にしていたのです。そんな彼が自らの出自を知られるのを恐れたことは、私には痛いほどわかります。
いまでこそ本名を名乗る在日コリアンを採用する日本企業が増えてきました。芸能界やスポーツ界でも、堂々と民族名(コリアンネーム)を名乗る人が増えています。サッカー日本代表で活躍した李忠成、タレントのソニン、料理評論家のコウケンテツ、モデルのアンミカら、現在30代くらいの在日3世、4世たち。NHKの朝ドラ『マッサン』でおなじみの玉山鉄二も、清々しくカミングアウトしています。
しかしその一方で、在特会によるヘイトスピーチにも表れるように、日本社会における在日コリアンへの「まなざし」はまだまだ温かいとは言い切れません。

私が『僕たちのヒーローはみんな在日だった』(講談社+α文庫)を著したのは、日本社会における、私たち在日コリアンへの「まなざし」の変化の可能性を探ることで、本当の意味で在日の人たちが日本を韓国とともに祖国として受け止めることができる時代が来ることを切に願うからにほかなりません。

41LuuQjBIEL[1]

私はいまから三十数年前に京都の同志社大学を卒業しましたが、同じサークルにいた数十人の在日コリアンのなかで、日本企業に就職できたのは2人だけでした。高度成長期の当時、私たち在日2世、3世が日本企業に就職するのは決して簡単ではなかったのです。
そんな中、容貌が優れていたり、実力さえあればのし上がれる芸能界やスポーツ界は、在日コリアンにとって打ってつけの就職先だったのです。
そうはいっても、やはり「人気に影響するから」との理由から、所属するプロダクションは在日という出自をタブー視する傾向があり、それは実はいまも続いています。

■隠さなければならない理由
私が大学生のころ、夢中になった女優が松坂慶子でした。同世代で、妖艶なバニー姿の『愛の水中花』に魅了された男はあまりにも多いことでしょう。その当時、居酒屋で飲んでいると、たまたま『愛の水中花』が流れてきたのですが、同席していた友人が、こんなことを口走ったのです。
「松坂慶子、たまらんなあ。在日ちゃうんかな、あの顔はもろ在日やで」
私はこの友人のヨタ話のような酔言を「ほんまかいな」と聞きつつ、少なからず動揺してしまいました。憧れのあの松坂慶子が自分と同じ在日?そうであってほしいという気持ちとそんなはずはないという気持ちが入り混じっていたのです。
ところが後に、この友人のヨタ話が事実であることが判明しました。松坂慶子の両親が著書『娘松坂慶子への「遺言」』(光文社)を刊行し、父が戦前、15歳のときに釜山から渡ってきた在日コリアンであったことを明らかにしたのです。
父の本名は韓英明といい、長崎の高島炭鉱、福岡の筑豊炭鉱で働きました。筑豊炭鉱は、松坂慶子が体当たりの演技を見せた『青春の門』の舞台です。その後、紆余曲折の後に日本人の妻と出会い、娘を非嫡出子として妻の戸籍に入れて、松坂慶子は日本籍となって、女優としての才能を開花させていったのです。

スポーツ界に目を向けてみれば、誰もがその名を知るのは力道山でしょう。
1940年に朝鮮半島から力士となるために渡ってきたシルム(朝鮮相撲)の選手でした。民族名は金信洛。二所ノ関部屋から初土俵を踏み、十場所で関取まで昇格、「横綱間違いなし」と見られながら1950年に突如引退してしまいます。この当時、朝鮮半島出身の力士は多く、力道山以後も、元横綱・玉の海('71年没)をはじめ、多くの在日力士が活躍し、日本の大相撲の発展に寄与したのです。
力道山は1953年に日本プロレス協会を設立します。そして空手チョップでアメリカレスラーを仕留める雄姿が、普及し始めたテレビで全国に流され、力道山は国民的英雄になったことはご承知の通りです。
しかし力道山は、自らの朝鮮半島出身という出自を隠し続けました。最初は角界での出世の妨げになるのを恐れてのことでしたが、結局は力士を引退後の'51年に、後見人を頼って日本国籍を得ます。そして、レスラーとして国民の喝采を浴びる中、自分が朝鮮半島出身であることが世に知られて「日本のヒーロー」から転落することを恐れたのです。
こうした力道山の姿勢に、同じ在日コリアンで、現在もプロ野球界のご意見番として喝を飛ばす、ハリさんこと張本勲氏は、力道山を慕う立場から、堂々と出自を公言すべきと進言したことがあります。しかし、「お前に何がわかる!」と大喝され、力道山の苦労も知らずに思慮分別に欠けたことを言った、差別の根深さを思い知ったと悔恨しています。
そんな力道山でしたが、皮肉なことに、日本の国の事情のために母国の地を踏むことを余儀なくされていくのです。1960年ごろ、難航する日韓国交正常化交渉の切り札として、結婚式の仲人を務めた大野伴睦自民党副総裁、興行で世話になっていた山口組の田岡一雄三代目組長ら有力者から極秘訪韓を強く要請されました。
1963年、ついに力道山は日本のマスコミにはまったく知らされないまま祖国の地を踏み、国賓待遇で迎えられました。韓国政府高官らと折衝を重ね、1965年の日韓国交正常化の礎を築いたのです。
二つの祖国に葛藤する在日が、その2国を結びつける役割を果たしたのです。
このとき、力道山は韓国にいた親類に再会しましたが、本当に彼が会いたかったのは、北朝鮮に住んでいた両親と兄でした。彼は板門店の38度線に立ち、やおらシャツを脱ぎ捨て、鍛え抜かれた上半身を晒しながら、
「オモニー(母さん)。ヒョンニーム(兄さん)」
と哀切に叫んだといいます。

■体も負けん気も強い
プロ野球界に目を転じれば、先に挙げた張本勲氏をはじめ、400勝の金田正一投手、ミスターロッテの有藤道世氏、広島の名捕手・達川光男氏、南海や近鉄で活躍した新井宏昌氏など、こちらも多くの在日スターがいました。
いまの球界でも在日スターは多く活躍しています。今季、広島の4番に返り咲いた新井貴浩選手は、高校生のとき、韓国の全国大会で活躍しました。長らく阪神で代打の神様と崇められた桧山進次郎選手は、2004年、韓国系の『統一日報』のインタビューに、こう答えています。
「日本のプロ野球には帰化している選手も含め韓国人は多い。一線で活躍している人のほとんどが韓国人って話もある。食生活の違いもあって、体がもともと強いって事情もあるんですかね。そのうえ負けん気も強い」
在日選手がその出自で葛藤に苦しむのは、オリンピックや日本代表となったときです。2006年、第1回WBC(ワールドベースボールクラシック)の侍ジャパンメンバーには3人の在日がいました。
その一人、金城龍彦選手(昨年、巨人で引退)は2000年に帰化していましたが、第1ラウンド、第2ラウンド、準決勝と、都合3回も、もう一つの祖国、韓国と対戦することになり、しかも第1、第2ラウンドでは連敗。準決勝の前には、「韓国のスパイ」「わざと打たなかった」など、心無い誹謗中傷がファンサイトに書き込まれてしまいました。心苦しかった胸中は察するに余りあります。
結果、準決勝ではついに日本が韓国を破り、そのまま初代優勝を手に入れるわけですが、金城選手は大会後の朝日新聞のインタビューで、
「日本代表の一人として世界の舞台で戦えることがうれしかった」
と語りつつ、
「血はやっぱり韓国人だから」
と複雑な心中を明かしています。

芸能界における在日の最大のヒーローは誰でしょうか。私は1970年代、一世を風靡した松田優作を迷わず挙げます。
「太陽にほえろ!」のジーパン刑事、「探偵物語」のクールでニヒルな姿はいまも多くのファンに愛されています。優作はどこか陰のある役がよくハマる傾向がありましたが、それは彼の出自によるものだった可能性は大いにあります。
彼のルーツがはじめて公表されたのは、死から十年後、未亡人の松田美由紀がファンクラブの会報で明かしたのです。
優作は下関の遊郭で生まれ、非嫡出子であったことなどは、とくにてらいもなく明かしていました。しかし、自らが「金優作」であったことは、死ぬまで隠し通してきたのです。在日であることが知れたら、ファンは夢を裏切られた気持ちになる、という優作の悲痛な文章も残されています。

■カミングアウトする新世代
在日のスターで、はじめてカミングアウトをしたのは、演歌歌手の都はるみでしょう。1969年、人気絶頂だったはるみの半生について母が語る『週刊平凡』の特集が組まれたのです。
周囲はその中で触れられたはるみの出自について異様な関心を寄せるようになります。そして7年後、『北の宿から』が日本レコード大賞の候補になると、「日本人じゃないのに、なんでやるんだ」といった悪意が一部のマスコミから発せられました。
このとき「いじめられてもがんばりなさいよ」と優しい声をかけたのは、かの美空ひばりです。都はるみはこのことを、
「同じような問題をかかえていたかどうかわからないが、励みになった」(『サンデー毎日』)
と、意味深に語ります。
日本の芸能・スポーツ界はじめ各界で活躍してきた在日コリアンたちの生き様とパワーの源、そして苦悩。この著者だからこそ書ける、戦後の在日コリアンの深層。
美空ひばりが在日という説もあり、先に述べた金田正一氏を「オッパ(兄という意味の韓国語)」と呼んだエピソードなどが伝えられています。
特に韓国では常識のように報じられるのですが、日本の保守系メディアからは「ひばりが韓国人なんて大嘘」という声もしばしば上がるのです。
事の真偽はともかく、日本人の中に「美空ひばりが在日であってほしくない」という感情を持つ人が少なからず存在することは確かです。そうした事実が、いまだに在日芸能人がルーツを明かせずに葛藤する背景となっているのは間違いありません。
いま、芸能人で誰からも恐れられ、一目置かれるのが和田アキ子です。そんな彼女ですら、長らく自らが在日であることを秘してきたのですが、2005年、『週刊文春』に対して、役所で思いもかけず自らが「日本人ではない」と知ったことなどを明かしました。たかじんとは違い、彼女はカミングアウトの道を選んだのです。

いまを生きる在日の新世代は、自らの存在にアイデンティティを持ち、本名や出自を明かして活躍しはじめています。そんな彼ら、そして戦後日本を支えてきた在日のヒーローたちに、日本社会が改めて温かい視線を向けていただきたいと、私は心から思うのです。[2016.05.03]
via http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48555

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| オピニオン | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |