FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[大相撲] 春場所 稀勢の里が決定戦制して奇跡の2場所連続V! はてなブックマーク - [大相撲] 春場所 稀勢の里が決定戦制して奇跡の2場所連続V!

WS002
大相撲春場所は千秋楽の26日、新横綱の稀勢の里が優勝決定戦で大関・照ノ富士を破り、2場所連続2回目の優勝を果たしました。
春場所は25日の14日目を終えて、照ノ富士がただ1人1敗で優勝争いのトップに立ち、2敗で稀勢の里が追う展開となっていました。
千秋楽の26日は、稀勢の里と照ノ富士が結び前の一番で対戦し、13日目の取組で左肩付近を痛めた稀勢の里が突き落としで勝ち、2人が13勝2敗で並びました。

WS003

そして、優勝決定戦でも稀勢の里が小手投げで勝ち、新横綱としての執念を見せ2場所連続2回目の優勝を果たしました。

WS001

新横綱の優勝は年6場所制となった昭和33年以降では、昭和の大横綱・大鵬、稀勢の里の師匠だった隆の里、平成の大横綱・貴乃花に続き4人目で、平成7年初場所の貴乃花以来、22年ぶりの快挙です。

■稀勢の里「苦しかった分 うれしい」
稀勢の里は表彰式を前に涙を流しました。そして表彰式のあとのインタビューで、「応援と支えてくれた人たちのおかげです」と話したあと、涙について聞かれ、「今回は泣かないと決めたんですが」と、言葉に詰まりました。
今回の優勝については「苦しかった分、うれしいですね。きょうは気持ちだけぶつけようと思った。自分の力以上のものが出た。最後まで諦めなくてよかった」と振り返りました。
そして13日目の取組で痛めた左肩付近のけがについては、「しっかり治して次の夏場所で元気な姿を見せられるように、あしたから治療に専念します」と話しました。
新横綱として臨んだ今場所については、「横綱土俵入りも初めてやって、今は疲れているというのがいちばんです。何か見えない力を感じた15日間だった」と振り返り、「これからも一生懸命、稽古していい姿を見せることだけを考えたい」と話していました。[2017.03.26]
via http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170326/k10010925361000.html



関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |