FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

本屋大賞2017は恩田陸さん:『蜜蜂と遠雷』2回目の受賞は初 はてなブックマーク - 本屋大賞2017は恩田陸さん:『蜜蜂と遠雷』2回目の受賞は初

WS002

61O3yV2bFWL._SX340_BO1,204,203,200_
全国の書店員たちが、いちばん売りたい本を投票で選ぶ、ことしの本屋大賞は、ピアノコンクールに挑む若者たちの姿を描いた恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」が受賞しました。恩田さんは、本屋大賞では初めてとなる2回目の受賞を果たしました。
本屋大賞は毎年、全国の書店員たちが、いちばん売りたい本を投票で選ぶ賞で、過去の受賞作は、いずれもベストセラーとなり、映画やテレビドラマになるなど、影響力の大きい賞として注目されています。
11日夜、東京・港区で受賞作が発表され、ことしは恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」が受賞しました。
「蜜蜂と遠雷」は、日本の地方都市で開かれる国際ピアノコンクールに、さまざまな経歴を持つ若者たちが挑戦する姿を描いた作品で、ことし1月には「文章で表現しづらい音楽や、才能という題材を上手に裁いて物語にした」として、直木賞を受賞しています。
作者の恩田さんは仙台市出身の52歳で、大学を卒業後、生命保険会社などに勤めながら執筆活動を始め、平成4年に「六番目の小夜子」でデビューしました。青春小説からミステリーまで、多彩なジャンルを手がける人気作家で、作品はテレビドラマや映画にもなっています。
恩田さんは平成17年にも「夜のピクニック」で本屋大賞を受賞していて、この賞では初めてとなる、2回目の受賞を果たしました。
また、11日は翻訳小説部門の大賞も発表され、オランダの作家、トーン・テレヘンさんの作品で、長山さきさんが翻訳した「ハリネズミの願い」が受賞しました。

■恩田さん「やってきたこと間違ってなかった」
2回目の受賞となった恩田陸さんは「初めて本屋大賞を受賞した時は、ほかの文学賞に落選し続けていたころだったので、半信半疑だったことを思い出しました。今回、私が2回も頂いていいんでしょうかという気持ちになりましたが、これまで一生懸命やってきたことが間違っていなかったとも思いました」と受賞の喜びを語りました。
そして、「以前から音楽の小説を書きたいと思っていたが、いざ書いてみると演奏のシーンは難しかったです。でも、音楽と小説は相性がいいと思っていましたし、読者の頭の中で音楽を鳴らすことはできたのではないでしょうか」と創作の苦労や喜びを語っていました。・・・[2017.04.12]
via http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010945051000.html

https://mainichi.jp/articles/20170412/k00/00m/040/051000c
https://ddnavi.com/news/367528/a/
◇本屋大賞 :http://www.hontai.or.jp/
■その他のノミネート作品
・2位:『みかづき』(森絵都/集英社)
・3位:『罪の声』(塩田武士/講談社)
・4位:『ツバキ文具店』(小川糸/幻冬舎)
・5位:『桜風堂ものがたり』(村山早紀/PHP研究所)
・6位:『暗幕のゲルニカ』(原田マハ/新潮社)
・7位:『i』(西加奈子/ポプラ社)
・8位:『夜行』(森見登美彦/小学館)
・9位:『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)
・10位:『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和/サンマーク出版)

・これまでの本屋大賞 | 本屋大賞:http://www.hontai.or.jp/history/
・【本屋大賞】歴代1位 2017(第14回)-2004(第1回)
 https://matome.naver.jp/odai/2133450167467930401
・第14回(2017)『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)
・第13回(2016)『羊と鋼の森』(宮下奈都/文藝春秋)
・第12回(2015) 『鹿の王』(上橋菜穂子/角川書店)
・第11回(2014) 『村上海賊の娘』(和田竜/新潮社)
・第10回(2013) 『海賊とよばれた男』(百田尚樹/講談社)
・第9回(2012) 『舟を編む』 (三浦しをん/光文社)
・第8回(2011) 『謎解きはディナーのあとで』(東川篤哉/小学館)
・第7回(2010) 『天地明察 』(冲方丁/角川書店)
・第6回(2009) 『告白』(湊かなえ/双葉社)
・第5回(2008) 『ゴールデンスランバー』 (伊坂幸太郎/新潮社)
・第4回(2007) 『一瞬の風になれ』 佐藤多佳子/講談社)
・第3回(2006)
 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (リリー・フランキー/扶桑社)
・第2回(2005)『夜のピクニック』 (恩田陸/新潮社)
・第1回(2004)『博士の愛した数式』(小川洋子/新潮社)

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 図書 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第156回「芥川賞」に山下澄人氏『しんせかい』 「直木賞」に恩田陸氏『蜜蜂と遠雷』 はてなブックマーク - 第156回「芥川賞」に山下澄人氏『しんせかい』 「直木賞」に恩田陸氏『蜜蜂と遠雷』

WS001 91U+4RbfyXL

WS002 A1vd80RZRbL
 日本文学振興会は19日、『第156回芥川賞・直木賞(平成28年度下半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞に山下澄人氏の『しんせかい』(新潮7月号)、直木三十五賞に恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)を選出した。
 山下氏は1966年1月、兵庫県神戸市生まれ。神戸市立神戸商業高校を卒業。富良野塾二期生。96年より、劇団FICTIONを主宰している。『緑のさる』(平凡社)で「第34回野間文芸新人賞」を受賞。『ギッちょん』(12年文學界6月号)、『砂漠のダンス』(13年文藝夏号)、『コルバトントリ』(13年文學界)が芥川賞の候補作となり、『しんせかい」が4度目の候補作だった。
 恩田氏は1964年10月生まれ。宮城県仙台市出身。東京都港区在住。早稲田大学を卒業。92年、「第3回ファンタジーノベル大賞」の候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。『夜のピクニック』(新潮社)で「第2回本屋大賞」「第26回吉川英治文学新人賞」を受賞。『ユージニア』(角川書店)『蒲公英草紙 常野物語』(集英社)『夢違』(角川書店)など、これまで5回「直木三十五賞」の候補となり、6度目の候補で念願の受賞を果たした。
 芥川賞・直木賞は1935(昭和10)年に制定。芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品に贈られる。前者は主に無名・新進作家、後者は無名・新進・中堅作家が対象となる。
 前期・第155回(平成28年上半期)の芥川賞は村田沙耶香氏の『コンビニ人間』、直木賞は荻原浩氏の『海の見える理髪店』がそれぞれ受賞した。
候補作は以下の通り(五十音順・敬称略)。
■第156回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)
加藤秀行『キャピタル』(文學界12月号)
岸政彦『ビニール傘』(新潮9月号)
古川真人『縫わんばならん』(新潮11月号)
宮内悠介『カブールの園』(文學界10月号)
山下澄人『しんせかい』(新潮7月号)

■第156回直木三十五賞 候補作(出版社)
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)
恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)
垣根涼介『室町無頼』(新潮社)
須賀しのぶ『また、桜の国で』(祥伝社)
森見登美彦『夜行』(小学館)

選考委員は以下の通り(五十音順・敬称略)。
■芥川賞:小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美、吉田修一
■直木賞:浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき

via http://www.oricon.co.jp/news/2084756/full/

・気になるノミネート!芥川賞、直木賞の作品をざっくりまとめ。
 https://matome.naver.jp/odai/2148478929939994201

・ついに直木賞受賞!「恩田陸」原作ドラマ・映画5選
 https://matome.naver.jp/odai/2148487300586952201
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 図書 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |