FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

教育勅語の現代語訳 はてなブックマーク - 教育勅語の現代語訳

◆原文
朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。我(わ)ガ臣民(しんみん)克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ世世(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此(こ)レ我(わ)ガ國體(こくたい)ノ精華ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)ニ此(ここ)ニ存ス。爾(なんじ)臣民(しんみん)父母(ふぼ)ニ孝ニ、兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ、夫婦相(あい)和シ、朋友(ほうゆう)相(あい)信ジ、恭儉(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ、博愛衆ニ及ボシ、學(がく)ヲ修(おさ)メ、業(ぎょう)ヲ習(なら)ヒ、以(もっ)テ智能ヲ啓發シ、德器(とっき)ヲ成就シ、進(すすん)デ公益ヲ廣(ひろ)メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲(こっけん)ヲ重(おもん)ジ、國法(こくほう)ニ遵(したが)ヒ、一旦(いったん)緩急(かんきゅう)アレバ義勇(ぎゆう)公(こう)ニ奉(ほう)ジ、以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スベシ。是(かく)ノ如(ごと)キハ獨(ひと)リ朕(ちん)ガ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民(しんみん)タルノミナラズ、又(また)以(もっ)テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン。
斯(こ)ノ道ハ實(じつ)ニ我ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)ノ遺訓ニシテ、子孫臣民(しんみん)ノ倶(とも)ニ遵守(じゅんしゅ)スベキ所(ところ)、之(これ)ヲ古今(ここん)ニ通(つう)ジテ謬(あやま)ラズ、之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(もと)ラズ。朕(ちん)爾(なんじ)臣民(しんみん)ト倶(とも)ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ、咸(みな)其(その)德ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。

明治二十三年十月三十日
御名御璽(ぎょめいぎょじ


◆国民道徳協会による口語訳
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。


◆小説家・高橋源一郎さんの現代語訳
「はい、天皇です。よろしく。ぼくがふだん考えていることをいまから言うのでしっかり聞いてください。もともとこの国は、ぼくたち天皇家の祖先が作ったものなんです。知ってました? とにかく、ぼくたちの祖先は代々、みんな実に立派で素晴らしい徳の持ち主ばかりでしたね」
「きみたち国民は、いま、そのパーフェクトに素晴らしいぼくたち天皇家の臣下であるわけです。そこのところを忘れてはいけませんよ。その上で言いますけど、きみたち国民は、長い間、臣下としては主君に忠誠を尽くし、子どもとしては親に孝行をしてきたわけです」
「その点に関しては、一人の例外もなくね。その歴史こそ、この国の根本であり、素晴らしいところなんですよ。そういうわけですから、教育の原理もそこに置かなきゃなりません。きみたち天皇家の臣下である国民は、それを前提にした上で、父母を敬い、兄弟は仲良くし、夫婦は喧嘩しないこと」
「そして、友だちは信じ合い、何をするにも慎み深く、博愛精神を持ち、勉強し、仕事のやり方を習い、そのことによって智能をさらに上の段階に押し上げ、徳と才能をさらに立派なものにし、なにより、公共の利益と社会の為になることを第一に考えるような人間にならなくちゃなりません」
「もちろんのことだけれど、ぼくが制定した憲法を大切にして、法律をやぶるようなことは絶対しちゃいけません。よろしいですか。さて、その上で、いったん何かが起こったら、いや、はっきりいうと、戦争が起こったりしたら、勇気を持ち、公のために奉仕してください」
「というか、永遠に続くぼくたち天皇家を護るために戦争に行ってください。それが正義であり「人としての正しい道」なんです。そのことは、きみたちが、ただ単にぼくの忠実な臣下であることを証明するだけでなく、きみたちの祖先が同じように忠誠を誓っていたことを讃えることにもなるんです
「いままで述べたことはどれも、ぼくたち天皇家の偉大な祖先が残してくれた素晴らしい教訓であり、その子孫であるぼくも臣下であるきみたち国民も、共に守っていかなければならないことであり、あらゆる時代を通じ、世界中どこに行っても通用する、絶対に間違いの無い「真理」なんです」
「そういうわけで、ぼくも、きみたち天皇家の臣下である国民も、そのことを決して忘れず、みんな心を一つにして、そのことを実践していこうじゃありませんか。以上! 明治二十三年十月三十日 天皇」
via 高橋源一郎(@takagengen)さん |:Twitter

via https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/what-is-mizuhonokuni20?utm_term=.snwY3WW6Z#.jq9JGKKPV







関連記事
スポンサーサイト



[タグ] 教育 教育勅語 雑学
ブログパーツ アクセスランキング

| 雑学 | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[CM] シンガポールの保険会社による教育基金のCM 貧しい一家を支える長女と体が不自由な父・・・ はてなブックマーク - [CM] シンガポールの保険会社による教育基金のCM 貧しい一家を支える長女と体が不自由な父・・・



スー・ファンはしっかり者の長女で、体が不自由な父と幼い弟と妹と暮らしている。学校の勉強も人一倍がんばり、試験の成績も優秀。学校が終わってからは、叔母の店でタルト作りのアルバイトに精を出し、家計を支えている。そんな彼女は、まさに”一家の希望”だ。
父は「私の亡くなった妻が言っていた。スー・ファンは他の子どもたちと違う、と。あの子はいつも家族のことをいちばんに考えている」と語る。
学校の試験結果発表の日、スーは先生から「よく頑張ったわね」と成績表を手渡される。その晩、食卓で父に成績を聞かれた彼女は「あまり良くなかったの…」と父に告げた。いつも必死に勉強していた姿を見ていた父は当然、「なぜなんだ、一体どうしたんだ?」と詰め寄る。
そんな父に「だから、卒業したら進学せずに働こうと思うんだ」と告げるスー。家族想いの彼女は「働けば家計だって助けることができるから」と理由を説明するが、父は「学業も修めなくて、誰が雇ってくれるというんだ! 私のように役立たずになってもいいのか!?」と激昂してしまう。父の落胆ぶりと怒りに何も言い返せなくなってしまうスーだったが、さらに父は幼い弟と妹に「お姉ちゃんみたいな出来損ないになるんじゃないぞ!」とまで言い放った。なんとも後味の悪いまま1日は終わり、その後も父のスーへの失望の気持ちは消えず、家族の空気は寒々としてしまう。
そんなある日、父はスーの机の上に学校の成績表があるのを見つけた。あの子の成績が悪くなるなんておかしい…と感じていた父は成績表をこっそり見てしまうのだが、スーの成績は悪いどころかほとんどが”A”という、あまりに優秀な成績だった。
そこでようやく、父は全てを悟る。スーは家族のために嘘をついていたのだ。そこへ帰って来たスーに「私が役立たずなばかりに、すまない…」と泣きながら何度も謝る父。彼女も泣きながら「心配しないで、きっと物事は良くなっていくから」と慰め、親子は抱き合うのだった…。
「どんな子どもでも、その未来が犠牲になるようなことはあってはならない」…この映像作品は、シンガポールの保険会社が主催する教育基金の広告。経済的な事情のためにポテンシャルを発揮することができない子どもたちのための基金である。スー・ファンのように、自らの意思で学業を諦めようとしたのだとしても、若者の可能性が閉ざされてしまうのは悲しいことだ。このCMは、全ての子どもがその可能性を全うできるようにと訴えているのである。
via http://getnews.jp/archives/1158695


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| CM | 13:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |