FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

知らない人は損しているなと思う料理の豆知識30選 はてなブックマーク - 知らない人は損しているなと思う料理の豆知識30選

■魚は小顔のものほど脂の乗りが良い

■とろろ昆布のネバネバが中性脂肪の吸収を抑える
ネバネバに含まれているアルギン酸には中性脂肪の吸収を抑える効果があり、ダイエット効果も。

■砂糖2%+塩2%で茹でる枝豆は採れたての味
沸騰したお湯に対して砂糖2%+塩2%を入れて湯がくだけ。

■生卵を冷凍すると病みつきなるほど美味しい
生卵を殻をついたままフリーザーバッグなどにいれて冷凍庫へ。食べる時は自然解凍。すると白身はさらさらに戻るのに黄身はねっとり濃厚な味わいに。醤油に漬け込んで黄身漬けしてもよし。

■80℃〜90℃で加熱すると特売牛肉がブランド牛並みに美味しくなる
牛肉の味わいを左右する香り。この香りの素となるラクトン類という成分は100℃以上で加熱すると変質してしまう。

■塩&砂糖をもみ込めば鶏胸肉はパサパサにならない
フリーザーバッグなどのなかに、肉の重量の10%の水、1%ずつの塩と砂糖を入れ、そのなかに鶏胸肉を投入。1分ほどもみ込むだけで、あの鶏胸肉のパサパサ感が軽減。

■鶏ハムは炊飯器で作れる
肉の重量に対して1%ずつの塩と砂糖を直接すり込み、フリーザーバッグなどに入れて一晩寝かせます。あとはこれをラップで棒状になるように包んで炊飯器に入れ、沸騰したお湯を注いで保温ボタンを押すだけ。1時間30分ほどで火が通るので、粗熱をとればしっとりヘルシーな無添加鶏ハムの完成。

■青じそは水に浸けて保管すると1ヶ月保存できる
まずは葉の柄の部分をハサミなどを使って水のなかでカット。あとは柄の部分だけが水に浸かるようにコップなどの容器に入れ、ラップなどで密閉して冷蔵庫に入れるだけ。

■肉・魚の解凍は氷水でやると失敗しない
大きめのボウルに氷水を作り、そこにフリーザーバッグごと食材を放り込むだけ。肉や魚を自宅で解凍すると電子レンジで加熱しすぎたり、ドリップと呼ばれる血のような液体が出てしまったりと失敗しやすいですよね。でもこの方法なら一番美味しく、しかも衛生的に解凍ができます。

■たった8分でカブはとっても美味しくなる
カブを8等分に切り、塩を入れた水をグツグツになるまで沸騰させます。そこに切ったカブを50秒間だけ入れ、すぐに取り出します。次にカブが重ならないようにして5分置いたあと、ラップをかけて電子レンジで加熱します(600Wで1分10秒〜1分20秒程度)。

■固まった砂糖は水を垂らすとサラサラになる
容器のなかの砂糖の塊に1滴だけ水を垂らし、3時間ほど待つと嘘のようにサラサラの砂糖に戻る。

■「低温蒸し」で野菜のビタミンが2.2倍になる
水の入った鍋の底に箸を入れ、その上に網を置きます。網の上に食材を置いたらボウルで蓋をして加熱。サイズの合った蓋で閉じないので、適度に蒸気が抜けて鍋のなかが70℃前後に保たれ「低温蒸し」状態になります。この方法で加熱された野菜のビタミンは、普通に蒸した時の2.2倍に。キャベツやほうれん草、タマネギやキノコ類におすすめ。
※根菜類などは低温蒸しにすると逆に固くなるので注意。

■炒めてかけて、時短カレーの出来上がり
カレールーを表示された分量の8割程度の水で煮て溶かします。あとは好きな具材を炒めてご飯にのせ、カレールーをかけるだけ。

■ピーマンの種は、ヘタを指で押し込むだけでとれる

■切り込みを入れて茹でるだけでジャガイモの皮はつるりとむける
ジャガイモの真ん中に一周、深さ1mmほどの切り込みを入れ、それを茹でで火を通したら、氷水に10ほど浸けます。あとは皮を両側に引っ張るだけ。

■椎茸は1時間天日干しをするだけでビタミンDが増える
椎茸を傘の裏側のヒダを上に向けて、30分〜1時間ほど天日干しをすると、ビタミンD(カルシウムの吸収を促進したり、免疫系の強化に効果)が増える。

■キノコ類は冷凍すると旨み成分が増える

■スープジャーでお手軽本格カツオ出汁
スープジャーに厚削りのカツオ節を投入し、お湯を注いでフタをして、待つこと1時間〜3時間。もちろん昆布や干し椎茸を入れてもOK。

■レンジで時短あめ色タマネギ
タマネギのみじん切りをパターと一緒に耐熱皿に入れ、ラップをかけてレンジで5分。そのあとフライパンで3〜4分炒めるとあっという間にあめ色タマネギの完成。


■野菜の3分の2は冷凍すると栄養価がアップする
ブロッコリーにニンジン、ブルーベリーなど。

■冷凍野菜スープで時短×栄養価アップ
キノコ類やブロッコリー、ニンジンなどの冷凍によって栄養価がアップする野菜を、あらかじめ食べやすいサイズに切って冷凍。あとは鍋にこれらの野菜を適量入れて、水を入れて加熱するだけ。最後に鶏ガラスープやコンソメの顆粒で味付けすれば、あっという間にヘルシースープの出来上がり。

■リコピンはドライトマトで大量に摂れる
ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用(アンチエイジング作用)を持つと言われるリコピン。トマトに大量に含まれるこの成分ですが、ドライトマトになるとさらにその量が増える。また通常のトマトよりビタミンCの量も増える。

■大豆は蒸すと栄養価が軒並み増える


■チーズはカルシウムの吸収率が抜群に高い

■リンゴとバナナは加熱すると抗酸化作用がアップする
リンゴを121℃で30分加熱すると抗酸化力が9倍になり、バナナも加熱によって細胞壁が破壊されると、抗酸化成分の吸収率がアップ。

■ウスターソースは何にでも使える万能調味料

■和風の炒め物は「だしの素」で作る
醤油だけで味付けをすると塩分も多すぎるうえ、味に幅が出ません。だしの素をパラパラとかけるだけで醤油の量も減るうえに、だしの旨味が効いて味も豊かに。

■「ついでに作り置き」で時短

■「混ぜご飯の素」でいつでも時短メシ

■じゃがりこにお湯を注いでつぶすとマッシュポテトになる
じゃがりこのスティックが半分程度浸かるくらいにお湯を注ぎ、フタをして3分。あとはスプーンなどで潰せばマッシュポテトの出来上がり。

via http://careersupli.jp/lifehack/cooking/
関連記事
スポンサーサイト



[タグ] 料理X 豆知識 雑学
ブログパーツ アクセスランキング

| 料理 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |