FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[訃報] 星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳 はてなブックマーク - [訃報] 星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳

001
 楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。70歳だった。死因は明らかになっていない。現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。17年に野球殿堂入り。「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去った。
 突然の訃報だった。星野氏が息をひきとったのは4日。球界関係者によると「がんで闘病していた」という。昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていた。昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやってて良かった。野球と恋愛して良かった。もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。
 相手が強ければ強いほど、「燃える男」。現役時代のキャッチフレーズだった。その原動力が「打倒・巨人」。ドラフトでふられ、憧れの球団は「生涯のライバル」に変わった。中日のエースとして闘争心をむき出しにして投げ、巨人戦は歴代6位タイの35勝で通算146勝を挙げた。沢村賞を受賞した74年にはV10を阻止して優勝したが「日本シリーズは邪魔。俺は巨人を倒したからいいんだ」と言い切ったほど、巨人を倒すことに執念を燃やした。「強い巨人に勝ちたいんや」。その思いは引退後も変わることはなかった。
 監督時代は「闘将」と呼ばれ、代名詞は鉄拳制裁だった。「非情と愛情の2つを併せ持つことが大事」という持論を持ち、闘う集団につくり上げた。中日で2度のリーグ優勝。

002

97年には扶沙子夫人(享年51)を白血病で亡くしたが、グラウンドで戦い続けた。「俺は弱いチームを強くすることが好きなんだ。それが、男のロマンやないか」。反骨心の塊のような男。02年に低迷していた阪神の指揮を執り、翌03年に18年ぶりのリーグ優勝に導く。楽天監督時代の13年には日本シリーズで宿敵の巨人を破り、4度目の挑戦で初めて日本一監督となった。
 14年にユニホームを脱ぎ、15年に球団副会長に就任。ONとともに球界への影響力は大きく、星野氏も「野球への恩返しの意味でも自分の思いや考えを若い人につないでいきたい」と語り、野球の普及活動に尽力していた。恋に恋した野球。しかし、楽しみにしていた20年東京五輪を前に帰らぬ人となった。あの笑顔はもう見れない。あの怒鳴り声ももう聞けない。
via http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180105s00001173448000c.html

・星野仙一さん死去、70歳 中日・阪神・楽天を率いた「闘将」逝く
プロ野球・楽天イーグルスの元監督で同球団副会長の星野仙一さんが1月4日、死去した。70歳だった。
星野さんは1947年、岡山・倉敷市出身。倉敷商高を経て、1968年に明大からドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。投手として通算500試合に登板し、エースとして活躍。通算146勝121敗34セーブを誇った。
プロ入り時のドラフトをめぐる因縁から「打倒巨人」を掲げ、ピッチングでは闘志を剥き出しに。その姿から「燃える男」と呼ばれた。
1982年に引退後、NHKで野球解説を務めた。その後、中日・阪神・楽天の監督を歴任。感情を剥き出して指揮をとる姿から「闘将」の異名をとった。
1988年、生え抜きの監督として中日でリーグ優勝。 2002年には当時低迷していた阪神の監督に就任。「勝ちたいんや!!」をキャッチフレーズに、就任2年目(2003年)で阪神を18年ぶりのリーグ優勝へと導いた。

55630d7c

2008年の北京オリンピックでは日本代表の監督も務めた。この時は金メダルを目標に掲げるも、4位に終わった。

■楽天監督として「日本一」に 被災地を鼓舞
2010年、63歳で楽天の監督に就任。その翌年に「東日本大震災」が発生。被災地の球団監督としてチームを率いた。
就任3年目の2013年、エースの田中将大投手を擁して「日本シリーズ」を制覇。東北の被災地を勇気づけるとともに、自身初の「日本一」に輝いた。

003

2014年、星野さんは楽天監督を退任。成績低迷もあったが、国指定の難病(胸椎の「黄色靱帯骨化症」)を患った影響もあった。
「中途半端に4位、5位じゃ面白くない。思い切って最下位からみなさんを喜ばせよう。そんな選手になってもらいたかった」
「ようやく、スタンドのみなさんからも激しいヤジが飛び出しました。私はこれが一番うれしい。やはりみなさんが選手を育てる。チームを強くする。その責任はみなさんにもありますよ。そういう思いで、選手を見つめてやってください」
「イーグルスの監督になって本当によかった。最高に幸せな野球人生を送らせていただきました」
(2014年10月7日、退任セレモニーで)

​​​​​​​この言葉を残し、背番号77はグラウンドを去った。
監督として通算1181勝を記録し、4度のリーグ優勝を果たした。セ・パ両リーグを制した史上6人目の監督だった。
楽天の監督退任後は同球団の副会長に就任。チームの戦力補強に尽力した。

■「鉄拳制裁」「乱闘男」のイメージもあったが...
プライベートでは、22歳のとき妻・扶沙子さんと結婚。2人の娘に恵まれた。扶沙子さんは1997年に白血病で死去。その後、星野さんは独身のままグラウンドで戦い続けた。
気性の激しさから「鉄拳制裁」が代名詞に。「乱闘好きな男」といったイメージもあった。監督でありながら、審判への「暴言」で退場処分を受けたたこともあった。
一方で、情に厚い一面もあったという。朝日新聞(2001年12月08日朝刊)は「選手の妻の誕生日には、亡くなった夫人を通じて花束を贈ったこともある。退団者の再就職先探しに骨を折ることもたびたび」と、その人柄を伝えている。
via http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/hoshino_a_23325318/

・星野仙一:Wikipedia

・星野仙一さん、すい臓がんと闘う 楽天が発表「息を引き取る直前まで『コーチ会議に出られるかな』と言っておりました」      http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/hoshino-senichi-rakuten_a_23325551/

・マー君もショック‥星野仙一さん訃報に各界から追悼の声
  https://matome.naver.jp/odai/2151520710735066001

・プロ野球から芸能界まで‥星野仙一さん訃報に悲しみの声が止まない
 https://matome.naver.jp/odai/2151525372668213801

・追悼。闘将・星野仙一氏の鉄拳と人情と再建手腕。「この男をつまみ出せ!」
 https://thepage.jp/detail/20180107-00000002-wordleafs
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |