FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

世界のQueenフレディ・マーキュリーが教えてくれた「多様性」~27年前の今日、世界が泣いた(by猪熊 弘子) はてなブックマーク - 世界のQueenフレディ・マーキュリーが教えてくれた「多様性」~27年前の今日、世界が泣いた(by猪熊 弘子)




イギリスのロックバンド「Queen」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーを主人公に描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』を、これまで3度観た。
一度目は学生時代からのコアなクイーンファンの友人が応募して当選した公開直前のプレミア試写会で、二度目はやはり学生時代からさんざん一緒にコンサートに行った別のロックファンの友人がチケットを取っていた「爆音」上映会。そして三度目は中学2年生の双子の息子たちを連れてIMAXの大画面で……という具合だ。
50年以上生きているけれど、映画館で立て続けに3度も同じ映画を観たのは人生で初めてのことだ。しかも毎回泣いてしまった。驚いたのはフレディが亡くなってからずっと後に生まれた中2の息子たちも感動のあまり泣いていたことだ。
ブライアンとロジャーは8年もの歳月をかけて、よくぞここまでしっかりとクイーンの歩みとフレディの人生を映画という美しい芸術に仕立ててくれたと思う。70年代にテープがすり切れるほど重ね録りをしてアルバムを作ったのと同じ熱意をもって映画作りにのぞんだのではないか。
思えば中学1年のときに初めてクイーンの曲に出会い、高校時代から本格的にクイーンを聴き始め、1985年には念願の武道館ライブに行き、今も毎日のようにクイーンの曲を聴きながら生きている。そして、いつの間にか自分がフレディの年を追い越してしまったことに気づき、愕然とするのだ。

「子どもたちが『この人のライブに行きたい』というので、この人はもう死んでしまったんだよと言ったら、子どもが泣いてしまった」――Twitterでそんな内容のつぶやきが流れるほどに、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を通して「新しいクイーンファン」が増えている。ボーカルのフレディ・マーキュリーは今から27年前の11月24日に天国へ旅立った。自他ともに認めるコアファンのジャーナリスト、猪熊弘子さんがフレディの魅力を改めて伝える。

■1991年11月24日の悲報
1991年11月24日、あれから27年もの月日が経ったとは思えないほど、今もあの日のことは鮮烈に覚えている。フレディ・マーキュリーが亡くなったというニュースが飛び込んで来たのだ。まさにその前日にフレディ自身がAIDS(後天性免疫不全症候群)であることを告白したことが報じられたばかりだった。
当時、AIDSはまだ不治の病だった。その年の2月に発売された「イニュエンドゥ」のPVで、痩せて形相が変わってしまったフレディの様子を見て、これはただ事ではないとは思っていたけれど……
当時は今のようにインターネットなどはなく、ニュースが世界中にネットで瞬間的に広まるような時代ではなかった。私は自宅で定時のテレビニュースでその知らせを聞いた。そのあとも、、私がクイーンファンであることを知っている記者の友人たちも通信社の配信でフレディ死去の報を得て「フレディが…」と電話をくれた。
「フレディが死んでしまった」
涙がボロボロ流れ落ちた。





たまたま小学生の頃からかわいがっていた愛猫が死んだのが翌日25日で、2つの悲しい別れが続いたことも忘れられない記憶だ。
それから2週間ほど後、私は海外での取材でオーストリアに行った。帰りはロンドン経由だったので、私はオックスフォードストリートのレコード店HMVまで駆けつけて、フレディの追悼本を買いまくった。店内にはフレディの追悼コーナーができていた。
その後、長い長い子育ての時間を経て(実は現在大学生の長女には密かにクイーンの曲に関わりのある名前を付けている)、私が再びロンドンの地に立つことができたのは、2016年9月のことだった。そのとき私は迷わずケンジントンにあるフレディの家を見に行った。フレディが最後を迎えた家だ。
「Love of my life」を捧げたという元恋人のメアリー・オースティンが今でも管理しているというスタジオ付きの家は、地下鉄の駅から10分ほど歩いた住宅街の中にあり、もちろん「豪邸」ではあるが想像していたよりもずっとシックなたたずまいだった。グリーンがかった高く長い壁には、世界中から訪れたのだろうと思われるファンのさまざまな言語での書き込みがたくさんあった。





■ベルばらや原辰徳が人気だったころ
初めてクイーンの曲を聴いたのは、今からちょうど40年前の1978年、中学1年生の時だった。
ちょうどその当時、私の周囲の女子の間では洋楽といえばベイ・シティ・ローラーズが超絶人気で、みんなタータンチェックのグッズや缶バッジを付けていた時代。ほかに『ベルばら』と、現・巨人軍監督の原辰徳氏が巨人入団前から大人気で、私の記憶の中では、ローラーズとオスカルと原選手がごちゃ混ぜになっているくらいだが、その中で鮮やかかつ不思議な印象を残していったのがクイーンだった。
放送委員として給食の時間に当番で校内放送の担当をしていたので、好きな曲をかけることができた。学校にあったLPレコードはクラシックがメインで、洋楽はビートルズのレット・イット・ビーやイエスタデイ、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」といった教科書に載っているような曲がほとんどだったが、時には先輩たちが勝手に自分の好きなレコードを持ってきて曲をかけることもあった。そこで聴いたのがクイーンの「キラー・クイーン」だった。
指を鳴らす音からはじまり、メロディアスなピアノと印象的なボーカル、美しいコーラス、そこに重厚なギターの音が絡んでいく楽曲は、それまで一度も聴いたことがないとにかく不思議な印象で、いきなり心を引き付けられた。田舎の小さな中学校の木造平屋建ての古い校舎の真ん中あたりにあったちっぽけな放送室で、私は初めてクイーンに出会ったのだ。

■多様性をフレディから教わった
本格的に聴くようになったのは高校時代だ。田舎の女子高だったが、出会った友人たちがみんなローラーズ以来の強烈な洋楽ファンで、クイーンも彼女たちに教えてもらって聴くようになった。
当時は高校生のお小遣いではそう頻繁にレコードを買えなかったので、誰かがLPを買えばカセットテープにダビングしてもらったり、FM番組を「エアチェック」(録音)したりして聴いていた。『Music Life』を愛読するようになり、東郷かおる子さんのクイーンへのインタビュー記事を読みまくった。
今のようにすぐに動画が見られる時代ではなかったので、東郷さんの書かれる文章を熟読することからクイーン一人ひとりのキャラクターを理解することしかできなかった。たとえばインタビューの主語を「俺」と訳すか「僕」や「私」と訳すかで、読者の受け取り方は随分違って来るはずで、メンバーの個性にあわせて主語からかえていたのだ。
そういう意味では、東郷さんらがクイーンの音楽はもちろん、メンバーの人となりを的確に伝えてくださったことが、私を含む日本中のファンのクイーン愛を育くんでくれたのだろう。
LGBTへの理解についてもそうだ。ゲイの人は音楽界や芸術の世界で珍しいことではないし、むしろその方がカッコイイ、当たり前だよね、みたいな感覚があった。女子高生にも全く抵抗がなかった。フレディの派手なパーティや「愛人」の話はいつもMusic Lifeで読んでいたが、いやだと感じたことが一度もない。
後に84年に発売されたアルバム「The works」に入っている「Break Free」は女装のPVで波紋を呼び、アメリカに御出入り禁止になったのは有名な話だが、私は当時からあのPVが大好きで、友人たちとも何度繰り返し観たかわからない。フレディがザンジバルからの移民であることも同じくMusic Lifeで読んだ。
どこで生まれようと、どんな人であろうと関係ない。素晴らしい音楽を私たちに与えてくれる人が好き、ただそれだけのことだ。多様性を認めることの大切さ。そのスタンスをクイーンから学んだ。
そういえば、フレディはよくMusic Lifeのワースト・ドレッサー賞に輝いていたけれど、あのパッツンパッツンの市松模様タイツや、短パン1丁+首にタオルでステージに出られるのはこの世で(今はあの世でも出ているかもしれないが)フレディしかいない、ということをギャグにしつつも褒め称えていたのだろう。
個人的には70年代の白いヒラヒラのジュディ・オング風の袖が付いた服をフレディとブライアンが着ている姿がいちばん好きだ。70年代の長髪&ヒラヒラの王子様風のクイーンが今もいちばん美しいと思っている。





■いつ解散してもおかしくない時
高校2年の1981年11月には、「グレイテストヒッツ」が発売された。その当時のクイーンには常に解散説がつきまとい、4人もバラバラに活動していて、いつクイーンが解散してもおかしくない状態だった。
来日公演があれば絶対に行きたいと思っていたが、1982年の来日公演はちょうど高校3年で大学受験を控えていたし、東京公演もなく、大学生になったら行こうと諦めた。しかし、無事に大学生になったというのにしばらくクイーンは活動を停止していて、なかなか来日公演はなかった。
ついに手に入れることができたのが、1985年5月の武道館公演のチケットだ。武道館2階のやや東側のスタンドの一列目という最高の席で、高校時代の友人4人で駆けつけた。フレディの声は高音があまりよく出ず、やや辛いものがあったように記憶しているが、それでも生のクイーンの演奏は絶叫ものの感動で、フレディの「レーロ!」に呼応して「レーロ!」と歌ったことは今も忘れられない。
「次も来日したら必ず行こうね!」とみんなで約束したが、その約束は実現しなかった。結局、その時のライブが最後の来日公演になってしまったからだ。
映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラストに出てくるLIVE AIDはあの武道館のライブからわずか2ヵ月後だから、私が熱狂したあの武道館での4人の姿そのものなのだと改めて思うと、また思い出し泣きしてしまいそうだ。
ちなみにLIVE AIDは1985年7月13日に開催された、アフリカ難民救済を目的とした20世紀最大のチャリティーコンサートだ。日本でも中継されたはずだが、なぜか私には当時の思い出がない。午後9時から翌日正午までの放送という長丁場で、いつ誰が出てくるかわからなかったから、見ることができなかったのかもしれない。
先日、ついに完全版のDVDを手に入れて観てみたが、クイーン以外に大好きでよく聴いていたバンドがたくさん出ていて、最後まで楽しめた。しかし、やはりいちばん素晴らしいのはクイーンの20分間だ。超シンプルすぎるステージをあれほど完璧に盛り上げ、スタジアムを興奮の渦に巻き込んだ20分間は、クイーンの最後の大きくていちばん美しい打ち上げ花火だったのだと思う。





■クイーンのメンバーが幸せでいることが幸せ
フレディの死後、ベースのジョン・ディーコンはほぼ音楽活動から引退し、今はロジャーとブライアンだけが「クイーン」の看板を掲げて活動している。2006年には元フリー、バッド・カンパニーのポール・ロジャースをボーカルに迎えて再出発したが、私自身は、ポール・ロジャースのボーカルは受け入れられず、ライブには行かなかった。その後、ボーカルにアダム・ランバートを迎えて「Queen with Adam Lambert」としてライブを開始した。私も2016年10月の武道館ライブには足を運んだ。
個人的には特に大好きだったジョン・ディーコンがいないことが本当に寂しいが、もともとクイーンというバンドはブライアンとロジャーが始めたバンドだったことを思えば、今の2人の活動は、ただ70年代始めに彼らがバンドを始めた時に戻っただけなのかもしれないと思えるようになった。

■「私たちは家族だ」



ブライアンは、2012年10月から毎日のように、インスタグラムやツィッターで投稿を行っている。最近ではそれに刺激を受けたのか、ロジャーもインスタを始めた。つい先日は、ロジャーが自宅の庭に引き取ったフレディの像を見上げて「庭を歩き、旧友に挨拶する(A walk in the garden...saying hello to n old friend)」という投稿をしていて、ジンとしてしまった。大スターのリアルなつぶやきをじかに受け取れる時代が来るとは、フレディが亡くなった27年前には全く想像もしなかった。
ブライアンのつぶやきはロックスターとしてのこともあれば、天文学者としての時、一人の良き夫や父親としての時もある。時には英国政府を批判する政治的な発言や、動物愛護主義者としての呼びかけもある。世界的なロックスターが、大好きな星の話しを夢中でしている様子などを垣間見ることができると、「あぁ、ブライアンが嬉しそうで嬉しい」と優しい気持ちになる。なんとなく、クイーンのファンはみんな、フレディやロジャーをまるで親戚のちょっとイケてるおじさんのように感じているのではないかとこのごろよく思う。
私は今、大学院の博士課程後期に席を置いて博士号を取るために学んでいるが、研究が辛くてくじけそうになったときにはいつもブライアンが2007年にインペリアルカレッジで天文学の博士号を取ったことを思い出すようにしている。ロックスターの道を歩みながらも天文学者の道もあきらめなかったブライアンの生き方に、リアルタイムで励まされている。
もうフレディはこの世にいないけれど、ジョンも表舞台には出てこないけれど、ブライアンとロジャーの生き生きとした姿を見るだけで、毎日、幸せな気持ちになってしまう。この時代に生きていて本当に良かったと心の底から思える。この数年、ますますクイーンが好きになっている。
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の中では何度も“We are family.”という言葉が出てくるが、実際、クイーンは一度もメンバーチェンジをせず、お互いを家族として大切にいたわりながらここまで続いてきた。ファンもそんな「家族」として扱って貰っているように感じる。
それぞれ世界の違う場所で違う人生を生きているが、みんなクイーンが好き。それだけで十分に「家族」なのだ。フレディには今もこんなにもたくさんのあなたを愛する「家族」が世界中にいるんだよ、と伝えてあげたいくらいだ。
この原稿を書きながら、ふとクイーンの曲がかかっていることに気づいた。息子たちがクイーンの曲を聴いていた。「胎教」はもちろん、子守唄のようにしょっちゅうクイーンを聴かせていた息子たちは、映画を観て、全ての曲を知っていたので驚いたと言っていた。「家族」には確かにしっかりと次の世代が育っている。
via https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58624


◇賛否両論の『ボヘミアン・ラプソディ』5回見てわかった「ラスト21分」4つのウソ ~映画は嘘をつくから素晴らしいのだ~ (by伊藤 弘了)

 映画は嘘をつく。なぜか。観客に嘘を真実だと思い込ませるためである。映画『ボヘミアン・ラプソディ』(ブライアン・シンガー監督、2018年)はきわめて巧妙にこの逆説を生き抜いている。
 筆者は特別熱心なクイーンのファンというわけではない。正直に言えば、『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞している間、「聴いたことはあるけれど、これもクイーンの曲だったのか」という体験を何度もした。そして、気がついたときにはすっかりこの映画に夢中になっていた。
 それでは、この映画の何にそれほどの魅力を感じたのか。クイーンの音楽そのものに人を惹きつける魅力があることは言うまでもないだろう。この映画に批判的な見解を示す人の多くも、クイーンの音楽を否定しているわけではない。むしろ、コアなファンほど、史実の改変や脚色を施された映画の物語を問題にしているように思われる。
 一方で、映画は世界中で驚異的な大ヒットを記録している。筆者のほかにもこの映画自体に魅力を感じた観客が膨大にいるのである。
 その魅力の源泉とは何なのか。筆者は映画研究者=批評家である。音楽的な知識には自信がないが、映画のことなら分析できる。というわけで、分析のためにこの映画を劇場で5回見てきた。その結果、ラストに置かれたライヴ・エイドのシーンが実に巧みな「嘘」に基づいて作り上げられていることがわかった。この記事では、クライマックスをなすライヴ・エイドの再現シーンに注目し、観客を取り込むために映画がどのような嘘をついているか、大きく4つにわけて解き明かしていこうと思う。

■宣伝文句「魂に響くラスト21分」がすでにウソ
 ライヴ・エイドのシーンがいかに忠実に再現されているかは、すでに各種宣伝やレヴューでさかんに取り沙汰されている。使われている楽器や衣装はもちろん、会場となったウェンブリー・スタジアムのセットは、ピアノの上に置いてある灰皿や飲み物のカップ類に至るまで緻密に再現されているという。また、フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックは、優秀なムーヴメント・コーチの助けを借りて、ライヴ当日のフレディの動きを忠実に再演してみせている。SNS上には、じっさいのライヴ・エイドを撮影した映像と映画の該当シーンを比較する動画もアップロードされており、人々はその再現率の高さに文字通り目を奪われている(この動画は現在までに860万回以上再生されている)。
 確かに一見したところ、2つの映像でフレディが見せる動きはよく似ているし、映画がスタジアムやステージまわりの各種小物にまで気を配っていることも窺える。だが、この2つの映像は、いくつかの点で決定的に異なっている。この違いに着目することで、映画の周到な戦略が浮かび上がってくる。
 ライヴ・エイドの「完璧な再現」を売りにするこの映画は、クイーンがステージ上でパフォーマンスを披露した時間がおおよそ21分であったことにちなんで、「魂に響くラスト21分」という惹句を宣伝に用いている。しかし、ここにはすでに大きな「嘘」がある。

■「ラスト21分」実際の時間は...
 映画で描かれるライヴ・エイドのシーンは、じっさいには13分30秒しかない。確かに、ライヴ・エイドの演奏開始からエンディングで流れる2曲までを含めれば20分弱にはなるが、現実にクイーンの行ったステージ上のパフォーマンスが20分弱である以上、それを「完璧に再現」したと言うからには、劇中の対応するシーンの長さを揃えるのが筋だろう。



 ただし、筆者はこの嘘を批判したいわけではない。むしろ肯定的に評価したいのだ。7分以上も鯖を読んでいながら、そのことを指摘するレヴューがほとんど見当たらないのは、映画が成功している何よりの証である(もっとも、劇場にストップウォッチを持ち込んで時間を計りだすのはへそ曲がりな批評家くらいのものだろうが)。ほとんどの観客は、13分30秒の映像を21分のライヴ・パフォーマンスの再現として違和感なく受け入れている。つまり、21分というのは、物理的時間としては嘘でも、観客の生理的時間としては正しいのである。
 それでは、なぜこのような錯覚を与えることが可能になるのだろうか。その鍵を握るのが、再現シーンがついている2つ目の「嘘」である。

■再現シーンに費やされているショットは実際の3倍
『ボヘミアン・ラプソディ』の再現シーンと、じっさいに行われたライヴ・エイドの記録映像の二つ目の違いは、そこで費やされているショットの数である。記録映像(YouTubeでも視聴できる)が21分を175のショットで構成しているのに対して、再現シーンは13分30秒を約360のショットに割っている。使われているショット数に倍以上の違いがあるのだ。しかも、時間としては映画のライヴ・シーンの方が短い。そこで、両者を同じ条件で比較するために、ショットの平均持続時間(ASL=Average Shot Length)を求めてみることにしよう。
 すると、記録映像のASLが7.2秒であるのに対して、再現シーンのASLは2.3秒であることがわかる。ひとつひとつのショットにかけられている時間には平均して3倍以上の開きがあることになる。映画の再現シーンは、“スーパーソニック”な編集をクイーンの音楽と結びつけることで映画のグルーヴを増幅させ、観客に時間的な短さを感じさせないようにしていたのである。
 もちろん、単に短いショットを畳み掛ければ即座に観客に高揚感をもたらすことができるわけではない。それほど単純な話なら、あらゆる映画のASLはもっと短くなっているはずだ。ライヴ・エイドの再現シーンがすぐれているのは、そこに組み入れるショットの選択が絶妙だからである。このシーンには、じっさいのライヴでは撮影できないようなショットが大量に紛れ込んでいる。

■記録映像にはなかったスタジアムの「外」の様子
 それはどのような種類のショットだろうか。もっとも象徴的なのは、会場となったウェンブリー・スタジアムの「外」にいる人々を写したショットである。ショット数で言うと、これが25ほどにのぼる。ライヴの「完璧な再現」を謳うからには、スタジアムの内部(ステージおよび観客席)の映像のみで完結させるのが本来だろう(じっさい、記録映像はすべてスタジアム内のショットで構成されている)。だが、映画はライヴと直接には関係しないはずの映像を取り入れることによって、ライヴの「完璧な再現」を目指しているのだ。



 スタジアムの外の映像としてどのようなものが映し出されているか、その内容を具体的に見ていこう。まず、バーのテレビでライヴを見ている人々を写した一群のショットがある。バーの人々のショットは、スタジアムの観客のショットに織り交ぜられて編集されている。たとえば、「レディオ・ガガ」の演奏場面では、フレディのパフォーマンスに対してスタジアムの観客たちが両手を挙げて応えるが、同様の反応を示すバーの人々のショットがここに挿入されているのである。

■劇中のバーの人々は我々観客を"教育"している
 スタジアムの観客とバーの人々の反応が同じなのであれば、ことさらバーの人々を写す必要はなかったのではないか、と思うかもしれない。しかし、筆者の考えでは、バーの人々を写したショットはこのシーンに絶対に必要なものである。なぜなら、テレビの画面越しにクイーンのパフォーマンスを見ている劇中のバーの人々は、映画のスクリーン越しに同じパフォーマンスに見入っている我々観客の立場そのものだからである。スタジアムで生の演奏を見ている観客と、その様子を見ている映画観客との間にはスクリーンという絶対的な境界線が引かれている。劇中でライヴをテレビ視聴する人々には、スタジアムと映画館を媒介し、映画観客にこの境界を乗り越えさせるための蝶番としての役割が託されているのである。
 あるいは、こう言ってよければ、映画の観客は、スクリーンに映し出される自らの似姿を通して、ライヴのパフォーマンスにどのような反応を示せばいいのかを教育されているのだ。我々は、劇中の観客と同様に、熱狂をもって応えればいいのである。各地で好評を博している本作の「応援上映」は、映画による教育が見事に奏功している証左である。

■「ウィ・ウィル・ロック・ユー」削除 3つ目の「ウソ」の意味
「観客」の問題をもう少し見ていこう。クイーンが「観客との交流」を重視していたことは映画内でも繰り返し強調されている。ライヴ・エイドの再現シーンでは、その「観客」の範囲を映画の観客にまで拡張しようと試みているのである。じっさいのライヴ・エイドで演奏された「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を再現シーンから削除するという劇中の「嘘」は、実はこの読みを裏付けてくれる。
 2度の足踏みと手拍子によって観客のライヴへの参加を可能にした「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のパフォーマンスは、劇中でも作曲過程からライヴの成功までを詳しく描き出している。だからこそ、ライヴ・エイドのシーンからはこの曲が削除されたのである(もう一度繰り返すのは蛇足になってしまう)。もちろん、映画の尺の問題はあるだろうが、そこで真っ先に切られたのが「ウィ・ウィル・ロック・ユー」であったことは必然と言っていい。

■「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を埋めたオリジナルシーン
 なぜなら、映画は「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を消去する代わりに、フレディの発声による「エーオー」のコール&レスポンスによって「観客との交流」というテーマを十分に展開しているからである。もちろん、このパフォーマンス自体はじっさいのライヴ・エイドでも行われているが、映画はこのパフォーマンスを劇中のほかのシーンと連関させているのである。劇中で「ウィ・ウィル・ロック・ユー」をライヴ演奏した際、フレディは最後にこのコール&レスポンスのパフォーマンスを短く2度だけ行なっている。
 この「エーオー」は、フレディがエイズの診断を下された際、廊下ですれ違った別の患者(おそらくはフレディのファン)の呼びかけに応えるという形で変奏されてあらわれる(これは映画オリジナルのシーンである)。最後のライヴ・エイドのシーンでフレディが見せる圧巻の「エーオー」は、直前に置かれたこのささやかなコール&レスポンスを大掛かりに反復したものなのである。エイズの告知シーンでファンからの呼びかけに小さく応えたフレディが、今度はファンに向けて全身全霊のパフォーマンスで呼びかける側にまわっているのだ。

■"民主主義的な"ショット配分 4つ目の「ウソ」の意味
 映画が「観客との交流」と並んで重要視しているのが「家族の物語」である。全篇の集大成とも言うべきライヴ・エイドのシーンでこのテーマを打ち出すために、映画は4つ目の「嘘」をついている。それはまず「バンドは家族」であることを映像的に示すところから始められる。このシーンは、ウェンブリー・スタジアム全体を見下ろすカメラが、超満員の観客の上を舐めるように滑っていき、ステージ上でピアノを奏でるフレディの顔のクロースアップを捉えるまでをひと続きに収めた華麗なショットによって幕を開ける。
 フレディのクロースアップに続いて映し出されるのは、クイーンのメンバーであるジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)、ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)、ブライアン・メイ(グウィリム・リー)をそれぞれ単独で捉えたショットである。このあと、再びフレディのショットに戻って、今度はブライアン、ロジャー、(間にもう1度フレディを挟んで)ジョンの順に再びメンバーのショットが続く。このきわめて「民主主義的」なショット配分は映画独自のものであり(記録映像のカメラはもっぱらフレディを追い続けている)、バンド=家族の対等な関係性を示唆している。
 映画のカメラはバンドのメンバー以外にも向けられる。ライヴ・エイドのシーンには、ステージ脇からパフォーマンスを見守るフレディの元恋人メアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)と“友人”のジム・ハットン(アーロン・マカスカー)、マネージャーの“マイアミ”・ビーチ(トム・ホランダー)を捉えたショットが複数回にわたって挿入されている。彼らも広い意味でフレディの家族と言うべき存在であり、このシーンは彼/彼女たちをきちんと物語化して提示している。

■なぜクイーン演奏中に寄付が集まったように見せたのか?
 もちろん、映画はフレディと実の家族とのつながりを強調することも忘れない。このシーンには、自宅のテレビでライヴの様子を見ているフレディの家族のショットも挿入されている。とりわけ母親の存在は重要である。ライヴの直前にジム・ハットンとともに実家を訪れたフレディは、その帰り際に「ステージからママに投げキスを送る」と約束しており、映画ではじっさいにそれが果たされている。ライヴの最後の曲である「伝説のチャンピオン」を歌い終えたフレディは、観客席=カメラに向かって投げキスを飛ばす。すると、画面はそれを受けとめる母親のショットに切り返されるのである。母親はその場にはいないので、これは映像のうえでだけ成り立つ偽の切り返しである。このショット編集の妙によって、映画の観客にはフレディと母親の「交流」が成就したことが理解されることになる。
 また、ライヴ・エイドが目標としていた100万ポンドの寄付が集まったのがクイーンの「ハマー・トゥ・フォール」演奏中であったかのように描かれている点も、ひそかに家族のテーマと通じている。このチャリティ・コンサートが掲げる「アフリカ救済」という大義は、やはり直前のシーンでフレディと父親の会話を通して強調されていた。フレディは、父親が息子に望んでいた「善き思い、善き言葉、善き行い」を見事に実践することで、その期待に応えてみせたのである。(※)

■『ボヘミアン・ラプソディ』は再現ではなく、映画的勝利
 ここまで見てきたように、ライヴ・エイドのシーンは、「完璧な再現」などではまったくない。このシーンには映画的な潤色がふんだんに施されており、劇中で展開されたテーマや伏線を回収する場として効果的に機能している。これによって、観客は物語世界への没入を強力に促され、満足感を得ることができる(同時にクイーンのコアなファンや批評家たちはこの物語に乗り切れなかったと考えられる)。だからこそ、このラスト・シーンは多くの観客に「完璧な再現」という虚構を信じ込ませることができたのである。これを見事な映画的“勝利”と言わずして何と言おうか。
「交流」や「家族」というテーマに即してシーンの細部を検討してきたが、これら以外にも、映画にしか見られないショットがいくつか存在する。たとえば、「ボヘミアン・ラプソディ」のシングル・カットに強硬に反対した音楽会社の社長(マイク・マイヤーズ)のショットが差し挟まれている。社長の読みとは裏腹に、「ボヘミアン・ラプソディ」は大成功を収め、クイーンは世界的なロックバンドへと成長していった。しかし、鳴り響く電話のベルを無視して憮然とした表情を浮かべているかに見える社長は、実はひそかにそのような事態を喜んでいるのかもしれない(周知の通り、社長役のマイヤーズ自身はクイーンの大ファンである)。
via http://bunshun.jp/articles/-/9782


◆映画『ボヘミアン・ラプソディ』予告




◆Queen Perform Live at LIVE AID on 13 July 1985 [ORIGINAL]


・クイーン (バンド) -:Wikipedia

・クイーン、フレディ・マーキュリーの知られざる10の真実
 https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29438

・映画『ボヘミアン・ラプソディ』、そして1991年のブライアン・メイのインタビュー記事を題材にたどる史実との相違 
http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20181125/bohemianrhapsody
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 映画 | 01:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[訃報] マーベル・コミックの生みの親、スタン・リー氏が死去 95歳 はてなブックマーク - [訃報] マーベル・コミックの生みの親、スタン・リー氏が死去 95歳

koya_AP18316676312929
スパイダーマンやキャプテン・アメリカなど、米国のスーパーヒーロー漫画の新時代を築いたコミック原作者、スタン・リー氏が12日に死去した。95歳だった。
リー氏の娘の弁護士によると同日の朝、ロサンゼルスの自宅から搬送された先の病院で息を引き取った。同弁護士はリー氏の死因を明らかにしていない。
1939年に漫画界でのキャリアをスタートさせたリー氏は、漫画の原作や編集、イラストレーターなどとして活動。60年代初めには、スーパーマンやバットマンといった従来のキャラクターと一線を画す新たなスーパーヒーローの創作を手掛けるようになる。
こうして生まれたのがスパイダーマンやハルク、アイアンマン、ソーなどのキャラクターたちだ。決して完全無欠ではなく、人間的な弱さや日常生活での困難を抱えているという設定は、それまでのヒーロー像にはみられないものだった。作品の舞台も架空の世界や都市ではなく、ニューヨーク市など実在の土地がそのまま描かれた。
61年から64年にかけて世に出たこれらのスーパーヒーローは多くがアニメ化、実写化され、テレビや映画で世界的なヒットを飛ばした。
72年からマーベル・コミックの発行人を務めるようになったリー氏は、同社の顔として知られる存在になる。マーベルのヒーロー映画の大半ではゲスト出演もこなした。
2006年のインタビューでは「スパイダーマンが現在のように世界的なヒーローになるとは全く思っていなかった。当時はとにかく漫画が売れて、仕事を続けられることだけを望んでいた」と振り返っている。
via https://www.cnn.co.jp/showbiz/35128549.html

https://gigazine.net/news/20181113-stan-lee-passed-away/

koya_AP18316676311928

◆スタン・リーさん死去 かつて語ったスパイダーマン誕生


・スタン・リーが死去。『アベンジャーズ』を生み出したマーベルの伝説的クリエイターが歩んだ歴史
https://www.gizmodo.jp/2018/11/the-history-of-stan-lee.html

・興収記録も次々塗り替え、マーベルのスーパーヒーローがハリウッドにもたらした変革
 https://www.cnn.co.jp/showbiz/35128571.html



関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 映画 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[訃報] 樹木希林さん死去=女優「寺内貫太郎一家」-75歳 はてなブックマーク - [訃報] 樹木希林さん死去=女優「寺内貫太郎一家」-75歳

kiki

DnNBEqRVYAEfhzc
 テレビドラマ「寺内貫太郎一家」や映画「万引き家族」など数多くの作品で個性的な脇役として活躍した女優の樹木希林(きき・きりん、本名内田啓子=うちだ・けいこ)さんが15日午前2時45分、東京都内の自宅で死去した。75歳だった。東京都出身。葬儀は30日午前10時から東京都港区南麻布4の11の25の光林寺で。
 1960年代に悠木千帆(ゆうき・ちほ)の芸名でドラマ「七人の孫」「時間ですよ」などに出演し、人気を得た。74年、TBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」に小林亜星さん演じる主人公・貫太郎の母役で出演。見事な老け演技と、沢田研二さんのポスターの前で身もだえながら「ジュリー」と叫ぶ場面がお茶の間の話題となった。77年にテレビ番組の企画で樹木希林に改名した。
 近年は映画を中心に活躍。「歩いても 歩いても」でナント三大陸映画祭最優秀女優賞、「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受けるなど内外の高い評価を得た。今年5月にフランスで開かれたカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した「万引き家族」にも出演。是枝裕和監督らと現地入りし、レッドカーペットを歩くなど元気な姿を見せていた。
 70年代後半にはドラマで共演した郷ひろみさんとのデュエット曲「林檎(りんご)殺人事件」などが大ヒット。フジカラーのCMでのユーモラスな掛け合いなどでも親しまれた。
 5年前に全身にがんが転移していることを公表。先月には大腿(だいたい)骨を骨折して療養していた。
 73年に結婚した内田裕也さんとの間に生まれた一人娘の也哉子さんは俳優の本木雅弘さんの妻。2008年紫綬褒章、14年旭日小綬章。
[2018.09.16]
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091600413&g=obt

・カッコよかった名女優・樹木希林さん、さようなら
WS002
 個性派女優として知られた樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだ・けいこ)さんが15日午前2時45分に都内の自宅で死去した。関係者が16日、明らかにした。75歳だった。死因の詳細は明らかになっていないが、2012年に「全身がん」であると告白。今年8月には転倒して左大腿(だいたい)骨を骨折し、一時危篤状態になったことを義理の息子で俳優の本木雅弘(52)が公表していた。通夜はこの日、近親者のみで営まれ、葬儀は30日に港区内で執り行われる予定だ。
 センスと実力に裏打ちされた変幻自在の演技に加え、歯に衣(きぬ)着せぬ発言で幅広い世代に愛されていた樹木さんが、6年にわたる全身がんとの闘いに、ついに力尽きた。
 関係者によると最期は家族に囲まれ、自宅で息を引き取ったという。先月13日に知人宅の外階段で転び、左大腿骨を骨折。手術後は、一時危篤状態に陥ったこともあったが、危機を回避して復帰に向け、リハビリを行っている最中と本木が説明していた。
 1961年に文学座付属演劇研究所に1期生として橋爪功や寺田農らと入所。在団中からテレビにも活躍の場を広げ、64年の「七人の孫」で演じた東北弁のお手伝いさん役で人気を博した。「寺内貫太郎一家」では、人気歌手・沢田研二のポスターの前で「ジュリー!」と身もだえ。郷ひろみとのデュエット曲「林檎殺人事件」では「フニフニ…」とユーモラスなダンスを披露。「美しい人は美しく、そうでない方はそれなりに」に代表される富士フイルムのCMも毎年話題に。自らの芸名「悠木千帆(ゆうき・ちほ)」をチャリティー番組でオークションにかけるという前代未聞の行動も。怪演ぶりはドラマや映画で欠かせない存在になった。
 年齢を重ねるにつれ、出演作品はむしろ増加。今年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」の是枝裕和監督(56)の作品には“常連”として出演、順調な女優生活を続けていた。
 一方で、60代に入ってからは病魔との闘いが続いた。2003年に左目の網膜剥離を発症して失明。翌04年には乳がんが見つかり、右乳房の全摘出手術を受けた。その後も腸や副腎、脊椎などにもがんが見つかり、20か所を治療。がん体質であることを指す「全身がん」が理由だったことを12年にスポーツ報知のインタビューなどで告白した。
 最後に公の場に姿を見せたのは、7月31日。京都の建仁寺で行われた映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」(大森立嗣監督、10月13日公開)のイベントだった。「(撮影時から)10キロ痩せて、(身長が)7センチ縮んだ。自分の体を面白く見ていました」。闘病のために弱った体を自虐的に話した。
 「一時危篤」が明らかになった先月30日の会見では「細い糸1本でやっとつながってる。声一言もでないの。しぶとい困った婆婆です」との言葉が書かれたイラスト付きの文面を本木に託し、ちゃめっ気を見せていた樹木さん。ファンが心配しないよう、最後まで「らしさ」を見せたまま旅立った。

 ◆樹木 希林(きき・きりん)1943年1月15日、東京都生まれ。64年文学座研究所時代に出演したTBS系「七人の孫」(森繁久彌主演)で注目される。65年座員になるも翌年退団。77年旧芸名「悠木千帆」をテレビの企画でオークションにかけ「樹木希林」に改名。代表作は報知映画賞主演女優賞を受賞した河瀬直美監督「あん」。主な出演作に「寺内貫太郎一家」、「夢千代日記」、「歩いても 歩いても」、「わが母の記」など。64年に岸田森さんと結婚するも離婚。73年に内田裕也と再婚。娘の内田也哉子は95年に本木雅弘と結婚している。
via https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180917-OHT1T50015.html

・女優・樹木希林さん死去‥突然の訃報に驚きと悲しみが広がっている
  https://matome.naver.jp/odai/2153708394822554701

・樹木希林 :Wikipedia
・女優 樹木希林さん 写真特集:https://www.jiji.com/jc/d4?p=kkk001&d=d4_psn
・樹木希林さんの足跡を写真で振り返る【画像集】
  https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/17/kikikirin-image_a_23529598/

DnM8D6OVYAEWMXR

0180916at55_p
※映画「万引き家族」でカンヌ国際映画祭に参加した樹木希林さん(右)と是枝裕和監督(2018.05)

・女優の樹木希林さんが死去 75歳 2012年に「全身がん」公表
 「全身がん」を公表していた女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さんが15日に死去したことが16日、分かった。75歳だった。シリアスからコメディまでこなせる個性派俳優として活躍する一方、2012年に、がん体質であることを指す「全身がん」を公表。04年の乳がん発症以降、約20か所のがんと闘ってきたが、ついに帰らぬ人となった。
 20代からおばあちゃんを演じ、コメディからシリアスまで、変幻自在の演技で日本を代表する演技派女優として活躍した希林さんが静かに旅立った。
 関係者によると、希林さんは15日午前2時45分、家族に見取られながら、静かに息を引き取った。葬儀は同30日に東京都港区南麻布の光林寺で営まれる。
 今年8月13日に知人宅の外階段で転び、左大腿骨を骨折。娘の内田也哉子(42)に付き添われて病院に行き、同15日に足にチタンを入れる手術を受けた。也哉子の夫で俳優の本木雅弘(52)は同30日に容体を説明。「一時は危篤状態の場面もありましたが、無事に危機を回避した」と話していた。
 2012年にがん体質であることを指す「全身がん」を本紙インタビューなどで告白。翌年2月の日本アカデミー賞では表彰式のテレビ中継で「全身がん」を改めて公表した。
 毒舌で開けっぴろげな性格に見える希林さんを変えたのは、やはりがんだった。最初に襲ったのは乳がん。04年に見つかり、翌年右乳房を全摘手術した。その後、腸や副腎、脊椎などにも見つかり、治療は約20か所にも及んだ。
 最初のがんから14年。人生観、死生観も変わった。「がんがありがたい」と思えるようになっていた。「私の場合、体に広がる全身がん。でもがんに感謝。経験してなければろくに『死』にも向き合わず、内田(裕也)さんのこともちゃんと理解しようと思わなかった」
 最初のがんの術後が良くなく、苦しみ、独学でがんを猛勉強した。希林さんが選択したのが「体への負担が少ない」とされる放射線をピンポイントで照射する方法だった。「がんが見つかってもおっかなびっくりしない。出ればつぶせばいい。がんには必ず要因がある。生活習慣も見つめ直す。簡単に治らないからこそ、自分に客観的になれ、生き方がつましくなった」と語っていた。
 がんだけではない。03年には左目の網膜剥離を発症し、役者にとっては致命的な失明宣告を受けたこともあった。一時は視界は真っ白で何も見えない状態に。しかし医師の勧めた手術に納得できず、拒んだ。しばらく様子を見ていると、少し視力が戻る奇跡が起きた。「人間には医師も理解できない不思議な自然治癒力があるのよ」が口グゼだった。
 日本を代表する女優の一人でありながら、マネジャーなしでスケジュールも出演料も、すべて自分で管理し、決めていた。この理由も「社員を抱えると責任を感じる」と自身の病気が背景になっていた。「でも何の痛痒も感じない。一人で何ら困ったことはないわ」と答えていた。
 夫のミュージシャン、内田裕也とは別居しながら暮らす独特の夫婦関係を続けた。夫が事件で世間を騒がせた時も「私は逃げ隠れするのが一番嫌だから」と率先してマスコミに対応し、自ら詳細を説明した。離れて暮らしながらも、心の中で夫を思い続けていた。
via https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180916-OHT1T50170.html


・内田裕也、樹木希林さんの最期みとれず…
WS001
 樹木さんの夫で、ミュージシャン、映画監督の内田裕也(78)は16日、樹木さんの自宅を訪れ、無言の対面を果たした。最期をみとることはできなかった。関係者は、内田について「急なことでとてもショックを受けている。心と頭の整理がつかない状況」と説明。数日中にコメントを出すという。
 2人はムッシュかまやつさんらの紹介で出会い、1973年10月に結婚するも、同居したのはわずか1年半。76年、長女・也哉子誕生後も、別居婚を続け、内田は81年に離婚届を提出した。しかし、樹木さんが裁判所に離婚届の無効を訴えて認められると、つかず離れずの独特の夫婦関係を築いてきた。
 内田は14年にスポーツ報知のインタビューで樹木さんについて「KKさん」と呼び、「オノ・ヨーコさんを紹介したら妙に仲良くなりやがってね。俺すっとばして、今でも日本来たら必ず食事してるらしいよ。そのツーショットは見たくないよ。ちょっと引くよなあ」などと愛情を込めて語っていた。15年に樹木さんが報知映画賞主演女優賞を受賞した際には「俺が家族の中で一番最初に報知映画賞を2つ取ったんだよ。ひそかな俺の自慢だったんだけどな。でも、いい話だな。ロックンロールだ」と祝福していた。
 樹木さんは16年にNHKの番組に出演した際、「自宅でみんなに囲まれて、夫に『どちら様ですか』と言って死にたい。『俺のことは連れて行くな』と言われてるのよ」とコメント。また今年7月の映画のイベントでは「もし、縁があってこの地球上に戻って来ることがあったら、小さな茶室を設けて、夫と向き合って、静かな人生を送りたいなぁ……という気持ちになりましたね」と話していた。
 内田は昨年脱水症状で入院。今年7月、テレビのドキュメンタリー番組で車イス生活を送る姿が放送されたが、現在は自宅療養し、恒例の年越しライブに向けて準備しているという。
via https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180917-OHT1T50081.html

・樹木希林さん「出会いが貯金に」=脇役から個性派に
 異能の女優、樹木希林さんが亡くなった。どんなに小さな役柄でも存在感を発揮する演技で見る者を楽しませ、「衣装を着て、7、8割の形ができれば、ところてんみたいに自然に役の気持ちが出てくる。だから苦労はないんです」とおおらかに話していた。
 当初は堅実に脇を締める俳優の印象もあったが、ドラマ「寺内貫太郎一家」で演じた変な「おばあちゃん」役や、「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに」が流行語にもなったCMなどが受け、個性派として引っ張りだこの存在になった。
 後年は「体力がなくなってテレビのサイクルについていけなくなった」との理由で、活躍の場を映画にシフト。「私は遅れてきた映画参加者」との言葉とは裏腹に、「作品を選ばない」をモットーに積極的に話題作、問題作に出演した。
 半世紀以上に及ぶ女優生活で大きな糧になったのは、「寺内貫太郎一家」などで組んだテレビディレクターの故久世光彦さんやドラマ「七人の孫」で共演した故森繁久弥さんら「当時の芸能界の先頭を走っている人との出会い」だったという。「その面白さと大変さが今の私の貯金になっている」と語っていた。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091600455&g=soc

・「生きるのも日常、死んでいくのも日常」  樹木希林さんが語っていた死生観
9月15日に死去。話題の広告についてコメントしていた。
「生きるのも日常、死んでいくのも日常」ーー。かつて女優の樹木希林さんが語っていた死生観を象徴する言葉だ。
2016年に大きな話題となった宝島社の広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」にコメントとして発表したものだ。

DnM_gjOUYAIm55d

その樹木さんが9月15日、75歳で死去した。9月16日、テレビ朝日などが報じた。
がん闘病が伝えられていたが、今年、カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞した「万引き家族」での演技が高く評価されていた。
樹木さんといえば、2016年に登場した宝島社の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」が大きな話題になったことも記憶に新しい。
死は特別なものとして捉えられているが、死というのは悪いことではない。
ジョン・エヴァレット・ミレイの代表的な作品「オフィーリア」をモチーフに、グリーンのドレスに身を包み、水の中に横たわる樹木希林さんの姿に「死ぬときぐらい〜」のコピー。正月早々、全国紙に大きく掲載された広告は大反響を呼び、その年の広告賞を軒並み受賞した。
当時のプレスリリースで樹木希林さんは死生観をこう語っている。
「生きるのも日常、死んでいくのも日常」
死は特別なものとして捉えられているが、死というのは悪いことではない。
そういったことを伝えていくのもひとつの役目なのかなと思いました。

すべては日常の中にある。死と向き合っていた個性派女優らしい言葉だった。
via https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/16/kikikirin_a_23528585/

・死ぬときぐらい好きにさせて…亡くなった樹木希林さんの死生観がすごかった
 https://matome.naver.jp/odai/2153710009329567401

・樹木希林さん「がんに感謝」壮絶闘病を支えた独自の人生哲学
9月16日、樹木希林さんが都内の自宅で亡くなっていたと各紙が報じた。75歳だった。各紙によると樹木さんは、家族に看取られながら息を引き取ったという。
13年の日本アカデミー賞表彰式で全身がんであると明かした樹木さん。先月13日に左大腿骨を骨折し、入院。その際に娘婿である本木雅弘(52)が気管支の弱さやがんの影響から「一時は危篤の状態だった」とイベント内で発言し、心配の声が上がっていた。
乳がんの後、がんが副腎と脊椎に転移。さらに今年3月には、骨にも転移していたという。そういった自らの宿命を受け入れるには、想像を絶する覚悟が必要だと思われるが――。
「樹木さんは、がんのおかげで自分の死と向き合うようになったそうです。自分の人生を改めて振り返る機会にもなり、『むしろ、がんに感謝している』とも話していたほどでした。生活習慣を慎ましくすることで、新たな発見があったとも明かしていたとも。そこには、どんな苦境に立たされても楽しむという樹木さん独自の哲学がありました」(芸能関係者)
現実を受け止め、最後まで自分らしさを貫いた樹木さん。
Twitterでも《闘病中だとあっけらかんとおっしゃいながら元気にお仕事されていた印象。まだまだ演じていただきたかったのに残念です》《樹木希林さんだけは死なないと思ってた……長い間本当にお疲れ様でした》《ガンと共存しながら自分らしく生きる。何度勇気もらったかわからない。ありがとうございました》との声が上がっている。
長い闘病生活を終え、今は心安らかに眠っていることだろう――。
 via https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1665469/


・樹木希林がチューブつけ寝たきり状態、“覚悟の外出”も断念
 9月4日の午後7時半過ぎ。台風21号の影響でジメジメとした空気が漂う中、明治記念館(東京・港区)には多くのメディア関係者が集まっていた。
「蓬莱の間」で行われたのは、10月13日公開の映画『日日是好日』のプレミアム試写会。壁一面に飾られている、「蓬莱山」を描いた縦3.6m、幅18mもある綴錦織を左手に、主演の黒木華(28才)や大森立嗣監督(48才)らが立ち、挨拶。フォトセッションには高円宮久子さま(65才)もご臨席され、会は滞りなく終了した。
 報道陣が最も気にしていたのが、樹木希林(75才)の“動向”だった。この映画は、黒木演じる主人公が茶道を通して成長していく物語で、樹木は茶道教室の先生という重要な役を演じている。
「当初、希林さんは試写会に出席する予定はなく、事前にマスコミに配られていたリリースにも名前はありませんでした。しかし、“極秘で試写会に来る”という情報が流れ、そのために集まったメディア関係者も少なくなかったようです。が、結局は前日に急遽キャンセル。“この度高円宮久子妃殿下(中略)の御臨席を賜りましてひたすら有難く頭を低れるばかりです 台風接近もともない申し訳なく涙涙でございます 心ふるえるような時をいただいてをります”という直筆メッセージが配られ、黒木さんが代読しました」(スポーツ紙記者)
 樹木は8月13日に左大腿骨を骨折し、15日に手術。現在も入院生活を送る。
「希林さんは久子さまが試写会においでになることを病室で聞き、“ありがたい”と、拝むように胸の前で手を合わせました。そして“なんとしても私も出席したい”と話したそうです。久子さまは2015年に希林さんが主演した映画『あん』の試写会にもご臨席されていて、以前から交流がありました。久子さまがお出ましになられたのも、“樹木さんが出られるから”という理由もあったそうです。希林さんは無理を押して試写会に出席しようと考えていましたが、試写会の前々日、体調が急変。本人は“最後の外出”というくらいの覚悟はあったようですが…」(樹木の知人)
 8月30日、樹木の娘・内田也哉子(42才)の夫で義理の息子にあたる本木雅弘(52才)が、「全国統一防災模試」のPRイベントに出席し、樹木がけがをした経緯と容体について語った。樹木は8月13日、知人宅の階段を無理して上った際に骨折し、一緒にいた也哉子が樹木を抱えて病院に連れていったという。

676827433DP00007_Nagai_Iiwa

 15日に骨折した箇所にチタンを入れる手術をしたが、本木によれば「一時は“危篤状態”みたいな場面もあった」という。気管支が弱いことに加え、「がんの影響もあって肺に弱っている部分があった」ことが原因だという。
 本木はさらに、樹木が描いたというイラストも公開。そこには《細い糸1本でやっとつながってる 声一言もでないの しぶとい 困った 婆婆です》という樹木の言葉も書き込まれていた。

sirabee20180830motoki6-600x400

「本木さんは、手術前に希林さんが夫の裕也さんに“もしものことがあったら…今までいろいろ悪かったわね”と電話をし、裕也さんが“おーそうか、こっちこそ悪かったな”と応じたことも話しました。ただ、あえてそういったエピソードや危篤だったことを明かしたり、希林さんの自虐的なイラストを見せるなど、“元気だ”ということをアピールしているようにも思いました」(テレビ局関係者)
 樹木は声が出ない中、筆談で生活を送り、リハビリに励んでいるという。本木は「全治6週間」と説明しているが、実際にはそう楽観視できる状態ではないようだ。
「肺に取り込める酸素の量が少ないため、息苦しい状態が続き酸素マスクをつけています。食べ物を誤嚥してしまった際に吐き出す力がないので、流動食しか口にすることができないそう。寝たきりの状態で、全身の筋肉も落ちている。体は至るところがチューブでつながれており、見た目は痛々しいです。動ける状態ではないため、試写会への登壇は断念せざるをえず、外出は叶いませんでした」(前出・知人)

■寝たきりになり体に負担がかかる
 樹木は長きにわたる闘病を続けてきた。乳がんが見つかったのは2004年夏。翌年には右乳房の全摘出手術を受けたが、2008年頃にはがんが副腎、脊髄にまで転移していることが判明。以降、受けてきたがん治療は実に30回にもわたる。
 2013年3月には日本アカデミー賞授賞式で「全身がん」宣言をし、世間を驚かせた。それでも公の場では決して笑顔を絶やさず、「死ぬ死ぬ詐欺です」と自嘲してきたが、体調が思わしくなく、苦しそうなことも多かったという。
 そんな樹木に、一時も離れることなく寄り添っているのが、娘の也哉子である。
「今年5月にカンヌ国際映画祭で『万引き家族』が最高賞のパルムドールに輝き、出演していた希林さんが授賞式のためにカンヌに赴いたときもそうでした。希林さんが車から降りる時は也哉子さんが必ず介助し、歩く時は傍らでサポート。常に希林さんの近くで様子を見守っていました」(カンヌを取材したメディア関係者)
 現在も常に樹木に付き添い、必死の介護をしているという。果たして、樹木の病状とは―清水整形外科クリニックの清水伸一院長が説明する。
「樹木さんが“チタンを入れた”ということは手術を受けてプレートで固定したり、人工関節を入れた可能性が高い。一時的に危篤状態になったということは、術後に出血して貧血を起こし、心肺機能が低下したことが想定されます。また、術後、寝たきりの状態が続けば、静脈がうっ血し、血液粘度が上昇して血栓が飛ぶことがある。その症状を『深部静脈血栓症』といい、血栓が肺に流れたら『肺塞栓』、脳に流れれば『脳塞栓』が起き『脳梗塞』にいたる可能性もあります。いずれにせよ、体は大きなダメージを受けているはずです」
 大女優の、一日も早い復活が望まれる。[2018.09.06]
via https://www.news-postseven.com/archives/20180906_755569.html


・郷ひろみ&樹木希林/林檎殺人事件


◆フジカラーCM
・1980


・2000


・2008


・2015


・2018


◆1978-1995 樹木希林CM集


・樹木希林さん死去 AERAに明かした「ヌードより恥ずかしい姿」で見せた女優魂
WS000000
 https://dot.asahi.com/aera/2018091600019.html

・樹木希林さんに著名人が追悼の声続々 「カッコいい日本人としてのお手本」
 https://www.j-cast.com/2018/09/17338794.html?p=all
・樹木希林さん、現場で色々な言葉をかけていた。
 https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/16/kikikirin-rip_a_23529302/

・浅田美代子、亡くなる直前まで樹木希林さんに付き添っていた「身をもって死と向き合っていた」
 https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180917-OHT1T50147.html

◆樹木希林さん、名物CMで「全国区」になった小さな町と40年続いた縁
9月15日に亡くなった俳優・樹木希林さんが出演したCMで、一気に知名度が上がった貼り薬「ピップエレキバン」。CMの舞台となったのは、北海道比布(ぴっぷ)町(人口約3800人)のJR宗谷本線比布駅だ。

tizu

注目を浴びたあのCMから40年近くがたった。樹木さんの死去を機に調べてみると、樹木さんと駅は、40年近くたった後も意外な交流が続いていた。
比布駅は、大正時代に木材輸送の拠点として発展したものの、その後石北線の開通で産業が衰退、長く閑散としていた。
一躍脚光を浴びるようになったのは、1980年8月。「ピップエレキバン」のテレビCMが全国放送されたのがきっかけだった。

■どんなCMだった?
プラットフォームの駅看板を背に立つのは、樹木さんとピップエレキバンの製造会社の横矢勲会長(故人)。
「とうとうここまでやってきましたね」と会長と握手した樹木さんが「何か来ないうちにおっしゃったらどう?」と促し、会長が「ピップ...」と何か言い始めた途端、列車が大きな音をたてて通過。声がかき消されてしまう。
過ぎ去った後、「聞こえた?」と聞く会長に「ううん、なんにも」と樹木さんがとぼける。



■午前中1本しかない急行列車を狙った
町広報誌「広報ぴっぷ」の2016年8月号の特集によると、以前から個性的なCMを流していたピップエレキバンと同じ冠名の比布駅を、旅行中の大学生が見つけ、ぜひここでCMを、と79年に署名活動を展開したのがきっかけとされる。
CMは80年6月に撮影。午前中唯一の急行列車が駅を通り過ぎるのを狙って撮影したという。もしうまく撮影できなかった場合、次は夕方まで待たないといけない、緊張感あふれるものだったという。
このCMが大当たりし、全国から観光客が押し寄せた。入場券が1日1000枚も売れる日もあったという。
84年、駅が無人化になった後も駅の事務所が喫茶店となり、CMの舞台を見に、多くの観光客が訪れたという。

2015年には駅舎の老朽化による建て替えで、旧駅舎を取り壊すことに。その際、樹木さんは報道機関へのコメントとして撮影当時を振り返り、「列車通過のシーンで私の顔が真剣だったのが今も笑えます」「古い比布駅さまお疲れ様でした」と述べていたという。
新しい駅舎は、2016年9月4日に再オープンした。

sinnekisya

その際も、樹木さんは次のような自筆のお祝いメッセージとイラストをしたため、駅関係者に送っていた。

kiki
比布グランドオープンめでたいわぁ~
あの頃 ぴっぷなんて地名があるのにビックリ!駅もあり神社もあり、おかげで面白いCMになったかなあ。
(おばあさんのイラストとともに)わたしは、こんなになったけど駅はこ~んなになったようで 嬉しいような淋しーーいような
マ、いいか
平成28年9月4日
当時ピップエレキバンCMガール
樹木希林


■樹木さんとの縁、いまも
ピップエレキバンCMで比布町の知名度を全国区にした、樹木さんとの縁はこれまでも続いてきた。町は旧駅舎取り壊しで改めて駅舎が注目された2015年、あのCMを再現したシーンを含む町紹介の動画を作った。



北海道新聞によると、村中一徳町長が2018年春、町の応援大使に就任してもらえないか樹木さんに頼んだ際、樹木さんは電話で体調不良を理由に固辞したものの「比布の発展を祈っています」と答えたという。
同年8月、町の応援大使に就任したのは、ピップエレキバンの製造元「ピップ」の松浦由治社長。町広報のブログによると、CMがきっかけで、町と同社は「比布deエレキバン杯」というパークゴルフ大会や車椅子の寄贈などで交流を深めてきたという。
樹木さんの訃報に際し、村中町長はTwitterでメッセージを発信した。


・内田裕也が妻・樹木希林さんへ追悼コメント発表「啓子 今までありがとう。見事な女性でした」     
DnSfXnLU8AYq2Av
 15日に死去した女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)の夫でミュージシャンの内田裕也(78)が20日、所属事務所を通じてコメントを発表した。
 「最期は穏やかで綺麗な顔でした。啓子 今までありがとう。人を助け 人のために祈り 人に尽くしてきたので 天国に召されると思う。おつかれ様。安らかに眠ってください。見事な女性でした」
 樹木さんとは1973年10月に結婚したが、同居したのは最初の約1年半だけ。その後は別居状態を続けながら、つかず離れずの独特な夫婦関係を築いてきた。
 関係者によると、樹木さんの容体が急変した14日深夜、親族が別居中の裕也に電話で連絡し、声が聞こえるようにスピーカーをオンの状態に。裕也は、次第に意識が薄れていく樹木さんに名前を呼ぶなど言葉を掛けた。樹木さんはそれから程なくして、息を引き取ったという。最期をみとることはできず、16日に樹木さんの自宅を訪れ、無言の対面を果たした。
 17日に都内の斎場で営まれた密葬に参列。黒スーツに黒いハット、メガネ姿で斎場を訪れた。関係者によると、長女で女優の内田也哉子(42)ら親族と会話する場面もあったが、終始うなだれた様子だったという。荼毘(だび)に付された際は遺骨を拾い、妻を見送った。その後、車いす乗り、無言で帰宅。同行した女性スタッフは「(裕也は)ショックを受けていて、気持ちを整理して後ほどコメントします」と話していた。
via http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180920-OHT1T50110.html
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 07:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[訃報] 高畑勲氏が死去:82歳=宮崎駿氏盟友のジブリ映画監督 昨夏頃に体調崩し入退院繰り返す はてなブックマーク - [訃報] 高畑勲氏が死去:82歳=宮崎駿氏盟友のジブリ映画監督 昨夏頃に体調崩し入退院繰り返す

20180406-00000503-sanspo-000-1-view
 宮崎駿監督(77)と並ぶ日本アニメーション界の巨匠で、ジブリ映画「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などを監督した高畑勲氏が5日、東京都内の病院で死去した。82歳だった。
 関係者によると、高畑監督は昨年の夏頃に体調を崩し、その後入退院を繰り返していた。心臓が悪かったという情報もある。
 昨年11月に高畑監督に会った別の関係者によると、以前よりも痩せていて、歩く時は体を支えられていたという。この関係者は「子供のような好奇心でキラキラした表情が印象的な人だが、元気がなく、全く違った人みたいだった」と話した。通夜、葬儀は近日中に営まれる。
 高畑監督は東大卒業後の1959年に入社した東映動画(現・東映アニメーション)で宮崎監督と出会い、アニメ制作会社をともに移籍しながら、70年代にはテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」などを生み出した。85年に宮崎監督らとスタジオジブリを設立。「火垂るの墓」「ホーホケキョ となりの山田くん」などヒット作を次々と送り出した。人気は世界に広がり、2015年にはフランス芸術文化勲章のオフィシエを受章している。
 徹底した取材によるリアルで自然な世界観に加え、「想像力が羽ばたく余地が生まれてこそアニメ」がモットー。こだわりが強く遅筆で、宮崎監督が「ナマケモノの子孫」と呼んだことも。「柳川堀割物語」は製作費を大幅にオーバーして話題になった。
 愛称は「パクさん」。食パンが好きで、東映時代にパクパク食べていたことから、宮崎監督やジブリの鈴木敏夫プロデューサー(69)が親しみを込めて呼んだ。
 アニメ作りの情熱や姿勢は宮崎監督を始め、後進のアニメ関係者にも大きな影響を与えた。

geo18040605050006-p2
・高畑 勲(たかはた・いさお)
1935(昭和10)年10月29日生まれ。三重県出身。東大文学部卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)に入社。68年、映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」で長編監督デビュー。「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」などの演出を手掛けたほか、「じゃりン子チエ」などの監督を務める。84年、「風の谷のナウシカ」のプロデューサーを担当。85年、スタジオジブリの設立に参加。98年、紫綬褒章受章。

via http://www.sanspo.com/geino/news/20180406/geo18040605050006-n1.html

・高畑勲監督 訃報 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI
 http://www.ghibli.jp/info/012850/

・高畑勲:Wikipedia

DaDB0k6VMAA3V-5

15596

◆亡くなった「高畑勲監督」ドラえもんの救世主だった
 4月5日、アニメーション監督の高畑勲さんが肺がんで亡くなった。82歳だった。
 高畑さんは東大仏文科在学中、フランスの長編アニメ『やぶにらみの暴君』に感銘を受け、アニメーションの世界に関心を持った。大学卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)に入社し、1968年、『太陽の王子 ホルスの大冒険』で監督デビュー。
 1971年、宮崎駿監督らとAプロダクションに移り、『ルパン三世』を手がけた。以後、『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』などに関わる。
 1985年、宮崎監督らとスタジオジブリを設立し、『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』など数多くの名作を作り上げてきた。2013年の『かぐや姫の物語』では、アカデミー賞アニメ部門にノミネートされている。
 そんな高畑さんを悼むのは、シンエイ動画名誉会長の楠部三吉郎さんだ。
「高畑さんは僕の恩人ですから。今、すごく悲しいです」
 楠部さんが高畑さんを「恩人」と評するには理由がある。楠部さんは1976年、Aプロダクションから独立してシンエイ動画を起業する。しかし、仕事がまったくなかった。そのときひらめいたのが、『ドラえもん』のアニメ化だ。
 もともと、アニメ『ドラえもん』は1973年に放送されているが、視聴率7%で半年で打ち切られている。だが、ドラえもんの魅力にとりつかれた楠部さんは、原作者・藤本弘(藤子・F・不二雄)に再アニメ化を持ちかける。
 しかし、打ち切りの悲哀を味わった藤本はなかなか了承しない。楠部さんがこう話す。
「藤本先生に直接お会いして、どうか『ドラえもん』をボクにあずけてください、と言ったんです。でも、藤本先生はこっちの気が遠くなるくらい黙ってから、“どうやって『ドラえもん』を見せるのか教えてもらえませんか。原稿用紙3、4枚でいいから、あなたの気持ちを書いてきてください”と言うのです」
 楠部さんは企画書を考えるが、なかなか形に出来ない。そのとき頼ったのが、高畑さんだった。楠部さんは高畑さんに『ドラえもん』全巻を渡し、読んでもらった。
「高畑さんは『こんなすごい作品が日本にあったの? 子供の願望をこんな形で叶えるキャラクターを出現させるなんて、これは画期的だよ!』と驚き、企画書の作成を受けてくれたのです」
 企画書の現物は残っていないが、楠部さんの著作『「ドラえもん」への感謝状』にはこう書かれている。
《『ドラえもん』は、子どもたちの夢想空想を、大人の知恵で少しだけふくらませてあげる。笑いの中で子どもたちの夢をふくらませてあげる。でも、現実世界はそんないいことばかりじゃない。だからのび太はできそこないで、最後はいつも失敗してしまう。子どもたちの夢想空想を笑いの中へ解放してくれる、解放戦士こそ、『ドラえもん』なのだ》
 藤本は、一読すると、楠部さんの目を見据え、「あなたにあずけます」とひと言だけ語ったという。こうしてドラえもんはアニメ化され、大人気となった。
 楠部さんが言う。
「高畑勲という人間がいなかったら、いまのアニメ『ドラえもん』は生まれていなかったかもしれません。高畑さんは、ドラえもんの恩人の一人です」
via https://smart-flash.jp/showbiz/37885


◇「火垂るの墓」ポスターに隠された意味
亡くなった高畑勲監督のアニメ映画「火垂(ほた)るの墓」(1988年)がテレビ放映されたのを機に、公開当時のポスターにネット上で関心が集まっている。
戦火で親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が、草むらの中に分け入り、束の間の蛍の乱舞を楽しんで...。

■B29爆撃機のような影と焼夷弾のような光の玉
当時のポスターを見ると、こんな微笑ましい光景のようにも思える。
ところが、ツイッター上では、ポスターをよく見ると、背後に黒い影があるのが分かると、ここ数日大きな話題になっている。
その指摘によると、黒い影は、神戸大空襲にも参加した米軍のB29のような爆撃機の形をしていた。さらに、蛍の乱舞のように見えた光の玉は、その一部が米軍の落としていった焼夷弾らしいというのだ。実際、光の玉は、丸い形や流線型の形もあって、色も少し違っていた。
指摘したツイートは、13万件ほども「いいね」が押されており、大きな反響を呼んだ。ツイッター上では、「知らんかった」「うわほんとだ 上にいる」「そういうことだったなんて...」などと驚きの声が次々に上がっている。
それで、映画のタイトルに火が垂れるという表現をかけているのか、といった声も出た。ネット掲示板では、英語版のポスターの写真も投稿され、それを見ると爆撃機の姿が分かるとの指摘もあった。

DarVCwxUQAAKz5K.jpg_orig
(日本版ポスター)

DarVCwxV4AEbmR4.jpg_orig
(英語版ポスター)

■「当時を知る人が少なく、確証が得られない」 火垂るの墓は、主人公の兄妹が、親を亡くして防空壕で暮らし始めるが、栄養失調で妹が亡くなり、残された兄は街中をさまよって...というストーリーだ。原作が作家の故・野坂昭如さんの短編小説で、テレビドラマなどにもなっている。
悲しいストーリーだが、ポスターだけは、つかの間の美しい光景を描いたものと思われていたようだ。しかし、爆撃機や焼夷弾なども描かれているらしいと知って、ポスターへの見方も変わったといった声がネット上で出ている。話題は海外にも拡散し、台湾のネットメディアなどでも取り上げられた。
このポスターは公開当時作られたものの一つと見られるが、アニメを制作したスタジオジブリは4月16日、ポスターについて、「当時を知る人が少なくなっており、確証を得られるものがありませんので、お答えは控えさせて下さい」とJ-CASTニュースの取材に答えた。
映画を手がけた新潮社は16日、「文庫版は弊社から出ていますが、弊社の方では分かりかねます」と出版部が取材に答えた。
via https://www.j-cast.com/2018/04/17326287.html?p=all

◇高畑勲さん「お別れ会」 宮崎駿監督は声を詰まらせながら、亡き盟友を偲んだ(追悼文全文)
dims (1)
4月5日に肺がんで亡くなったアニメーション監督の高畑勲さんを偲ぶ「お別れの会」が、5月15日に東京・三鷹の森ジブリ美術館で開かれた。
冒頭、宮崎監督が"開会の辞"として挨拶。宮崎監督は高畑さんと出会った東映動画時代を振り返りつつ、「パクさんは95歳まで生きると思い込んでいた」と、声を詰まらせながら盟友を偲んだ。
その全文を紹介する。
dims
パクさんというあだ名の言われはですね、まあ定かでない部分もあるんですが、大体もの凄く朝は苦手な男でして、東映動画に勤め始めた時もギリギリに駆け込むというのが毎日でございまして。買ってきたパンをタイムカードを押してからパクパクと食べて、水道の蛇口からそのまま水を飲んでいたと。それで、パクパク、パクになったという噂です。
追悼文という形ではありませんが、書いてきたものを読ませていただきます。
パクさんは95歳まで生きると思い込んでいた。
そのパクさんが亡くなってしまった。自分にもあんまり時間がないんだなあと思う。
9年前、私たちの主治医から電話が入った。「友達なら高畑監督のタバコをやめさせなさい」。真剣な怖い声だった。
主治医の迫力に恐れをなして、僕と鈴木さんはパクさんとテーブルを挟んで向かい合った。姿勢を正して話すなんて、初めてのことだった。
「パクさんタバコを止めてください」と僕。「仕事をするためにやめてください」。これは鈴木さん。
弁解やら反論が怒涛のように吹き出てくると思っていたのに、「ありがとうございます。やめます」。パクさんはキッパリ言って頭を下げた。そして本当に、パクさんはタバコをやめてしまった。
僕はわざとパクさんのそばへタバコを吸いに行った。「いい匂いだと思うよ。でも、ぜんぜん吹いたくならない」とパクさん。彼の方が役者が上だったのであった。やっぱり95歳まで生きる人だなあと、僕は本当に思いました。
1963年、パクさんが27歳、僕が22歳の時、僕らは初めて出会いました。初めて言葉を交わした日のことを今でもよく覚えています。黄昏時のバス停で、僕は練馬行きのバスを待っていた。雨上がりの水たまりの残る通りを、ひとりの青年が近づいてきた。
「瀬川拓男さんのところへ行くそうですね」
穏やかで賢そうな青年の顔が目の前に遭った。それが高畑勲こと、パクさんに出会った瞬間だった。
55年前のことなのに、なんとはっきり覚えているのだろう。あの時のパクさんの顔を今もありありと思い出す。
瀬川拓男氏は人形劇団「太郎座」の主催者で、職場での講演を依頼する役目を僕は負わされていたのだった。
次にパクさんに出会ったのは東映動画労働組合の役員に推し出されてしまったときだった。パクさんは副委員長、僕は書記長にされてしまった。緊張で吐き気に苦しむような日々が始まった。
それでも組合事務所のプレハブ小屋に泊まり込んで、僕はパクさんと夢中に語りあかした。ありとあらゆることを。中でも作品について。僕らは仕事に満足していなかった。もっと遠くへ、もっと深く、誇りを持てる仕事をしたかった。何を作ればいいのか。
すみません、どうやって...。
パクさんの教養は圧倒的だった。僕は得難い人に出会えたのだと嬉しかった。その頃、僕は大塚康生さんの班にいる新人だった。大塚さんに出会えたのはパクさんと出会えたのと同じくらい幸運だった。アニメーションの動かす面白さを教えてくれたのは大塚さんだった。ある日大塚さんが見慣れない書類を僕に見せてくれた。こっそりです。
ちょっと、すみません...。
それは、大塚康生が長編映画の作画監督をするについては、演出は高畑勲で無くてはならないという会社への申入書だった。当時、東映動画では「監督」と呼ばず「演出」と呼んでいました。
パクさんと大塚さんが組む。光が差し込んできたような高揚感に湧き上がっていました。
そしてその日がきた。長編漫画第10作目(「太陽の王子 ホルスの冒険」)が大塚・高畑コンビに決定されたのだった。ある晩、大塚さんの家に呼ばれた。会社近くの借家の一室にパクさんも来ていた。
ちゃぶ台に大塚さんはきちんと座っていた。パクさんは組合事務所と同じように、すぐ畳に寝転んだ。なんと僕も寝転んでいた。
(大塚さんの)奥さんがお茶を運んでくれたとき、僕はあわてて起きたが、パクさんはそのまま「どうも」と会釈した。
女性のスタッフにパクさんの人気が今ひとつなのは、この無作法のせいだったが、本人によると、股関節がずれていてだるいのだそうだった。
大塚さんは語った。「こんな長編映画の機会はなかなか来ないだろう。困難は多いだろうし、制作期間が延びて、問題になることが予想されるが、覚悟して思い切ってやろう」。
それは「意思統一」というより、「反乱」の宣言みたいな秘密の談合だった。もとより僕に異存はなかった。
なにしろ僕は原画にもなっていない、新米と言えるアニメーターに過ぎなかったのだ。
大塚さんとパクさんは、事の重大さがもっとよくわかっていたのだと思う。勢い良く突入したが長編10作目の制作は難航した。スタッフは新しい方向に不器用だった。仕事は遅れに遅れ、会社全体を巻き込む事件になっていった。
パクさんの粘りは超人的だった。会社の偉い人に泣きつかれ、脅されながらも、大塚さんもよく踏ん張っていた。
僕は、夏のエアコンの止まった休日に出て、大きな紙を相手に背景原図を書いたりした。会社と組合との協定で休日出勤は許されていなくても、構っていられなかった。タイムカードを押さなければいい。僕はこの作品で仕事を覚えたんだ。
初号を見終えた時、僕は動けなかった。感動ではなく驚愕に叩きのめされていた。会社の圧力で、迷いの森のシーンは削られる削られないの騒ぎになっていたのを知っていた。パクさんは粘り強く会社側と交渉して、ついにカット数からカット毎との作画枚数まで約束し、必要制作日数まで約束せざるを得なくなっていた。
当然のごとく約束ははみ出し、その度にパクさんは始末書を書いた。一体パクさんは何枚の始末書を書いたのだろう。僕も手一杯の仕事を抱えて、パクさんの苦闘に寄り添う暇はなかった。大塚さんも、会社側の脅しや泣き落としに耐えて、目の前のカットの山を崩すのが精一杯だった。
初号で僕は初めて、迷いの森ヒルダのシーンを見た。作画は大先輩の森康二さんだった。なんという圧倒的な表現だったろう。なんという強い絵。なんという...優しさだったろう...。これをパクさんは表現したかったのだと初めてわかった。
パクさんは仕事を成し遂げていた。森康二さんも、かつてない仕事を成し遂げていた。大塚さんと僕はそれを支えたのだった。
「太陽の王子」公開から30年以上たった西暦2000年に、パクさんの発案で「太陽の王子」関係者の集まりが行われた。
当時の会社の責任者、重役たち、会社と現場の板挟みに苦しんだ中間管理職の人々、制作進行、作画スタッフ、背景・トレース・彩色の女性たち、技術家、撮影、録音、編集の各スタッフがたくさん集まってくれた。もういまはないゼロックスの職場の懐かしい人々の顔もまじっていた。偉い人たちが「あの頃が一番おもしろかったなあ」と言ってくれた。「太陽の王子」の興行は振るわなかったが、もう誰もそんなことを気にしていなかった。
パクさん。僕らは精一杯、あの時を生きたんだ。膝を折らなかったパクさんの姿勢は、僕らのものだったんだ。
ありがとう、パクさん。55年前に...あの雨上がりのバス停で声をかけてくれたパクさんのことを忘れない。

via https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/14/isao-takahata-farewell_a_23434642/

・高畑勲監督の『お別れ会』が行われ、盟友・宮崎駿さんが別れを惜しんだ
 https://matome.naver.jp/odai/2152636467010229301
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 映画 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[アニメ] 映画『君の名は。』分かりやすい時系列表 はてなブックマーク - [アニメ] 映画『君の名は。』分かりやすい時系列表

DSnlZ7aVMAAgho_



DSnteZoVwAAYDLN.jpg_orig


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| アニメ | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT