FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[リオオリンピック] タカマツ・ペア(高橋礼華、松友美佐紀組)が大逆転で金!日本バド界初の快挙=バドミントン女子ダブルス はてなブックマーク - [リオオリンピック] タカマツ・ペア(高橋礼華、松友美佐紀組)が大逆転で金!日本バド界初の快挙=バドミントン女子ダブルス

WS001

slide_499680_6953378_compressed

slide_499680_6953350_compressed
リオデジャネイロ・オリンピック第14日の8月18日、バドミントン女子ダブルス決勝が行われ、世界ランキング1位の高橋礼華(あやか)(26)、松友美佐紀(24)の「タカ・マツ」ペア=日本ユニシス=が、世界6位のクリスティーナ・ペーダーセン、カミラ・リュダユール組(デンマーク)と対戦し、2-1逆転勝ちし、日本勢初の金メダルを獲得した。
・第1ゲームは接戦の末、デンマーク・ペアが21-18で取る。
・第2ゲームはタカマツ・ペアが終始優位な展開、21-9で取る。ゲームカウント1対1となり、勝負は最終の第3ゲームへ。
・第3ゲームも接戦となり、終盤はタカマツ・ペアが16-19と3点リードされるが、そこから5連続ポイントと土壇場で逆転し、21-19で勝利。タカマツが2ゲームを取って優勝を決めた。
デンマークのペアは長身からの角度がある強打を武器に、2015年の世界選手権で準優勝した。今大会の準決勝では世界2位の中国ペアをストレートで破った勢いもある。これまでの対戦成績は高橋、松友組の7勝4敗で、5連勝中と優位に立っていた。
タカマツ・ペアの金メダルは、日本勢初の五輪メダルとなった前回ロンドン大会の藤井瑞希、垣岩令佳組の銀に続く。

■試合の直後の2人のコメント
・松友:きょうは私が全然良くなかったんですけど、最後ファイナルで、自分がやってきできたことっていうのは最後諦めずに出そうと思って、それが出せて逆転できたと思うので、本当に良かったです。

・高橋:最後、競った場面で追いつけたときに、絶対もう、こういう時には自分たちの方が強いと思ってプレーできたので、本当に良かったです。

■ペア結成10年目、あうんの呼吸
高橋は奈良県橿原市、松友は徳島市出身。2人がペアを組んで10年目となる。
聖ウルスラ学院英智高(仙台市)で1学年違いの2人がコンビを組んだのは07年。当時の主戦場はともにシングルスで、同校バドミントン部の田所光男総監督(65)は「そんなにいい結果は期待していなかった」と打ち明ける。ただ、田所総監督は「強気で攻める高橋、冷静にパートナーを支えられる松友は相性がいい」と感じていた。試合で高橋の調子が出ないときは松友がさりげなく靴ひもを結び直して間を置き、リズムを取り戻したこともある。ペア結成10年目。醸成されたあうんの呼吸は大舞台でも健在だった。
「タカマツ」は08年の高校総体では女子ダブルスで優勝。しかし、ロンドン五輪は当時、国内で3、4番であり代表の座をつかめず、挫折を味わった。悔しさをバネにし、14年に日本人で初めて世界ランキング1位となった。
via http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/17/badminton-japan-final_n_11560804.html

slide_499680_6953480_compressed

slide_499680_6953482_compressed
 世界ランク1位の高橋礼華(26)松友美佐紀(24=ともに日本ユニシス)組が決勝で同6位のリターユヒル、ペデルセン組(デンマーク)を18-21、21-9、21-19のフルゲームで破り、日本バドミントン界初の金メダルを獲得した。ロンドン五輪の女子ダブルスで銀メダルを獲得した藤井、垣岩組に続いて2大会連続のメダルとなった。
 勝利の瞬間、高橋は仰向けに倒れ込み、松友はしゃがみ込んで歓喜。その目からは涙も溢れていた。松友は「1ゲーム目は自分が良くなかった。最後、ファイナルでは今までやってきたことを諦めずに出すことができ、逆転できた」と声を弾ませた。高橋は涙声で「最後に追いついたときに、こういうときは自分たちの方が強いと思っていました」と胸を張った。
 第1ゲームは同点の場面が11度。一進一退の激しい攻防になった。デンマークの長身コンビは角度のある強打を武器に、日本ペアを苦しめる。高橋、松友も持ち前の連携で粘り強く引き下がったが、18-20から強烈なスマッシュで決められ先行を許した。
 第2ゲームでは日本ペアが緩急をうまく使い、主導権を握る。序盤を11-5と先行すると終始リードを保ったまま、21-9でフルゲームへ持ち込んだ。
 第3ゲームは最初のポイントが我慢比べの長いラリーになった。ここをデンマークに取られたが、高橋、松友の集中力は途切れなかった。11-10とリードしてコートチェンジまで持ち込むと、そこからも互いに譲らぬ競り合いに。16-16からデンマークの3連続ポイントで突き放されかけたが、逆に5連続ポイントで逆転。驚異の粘りで試合を決めた。
via http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/badminton/news/1696871.html

・ハイライト
http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=30073.html
http://www.gorin.jp/video/5088877166001.html

・同じ目標目指した10年、深めた絆=金に挑む高橋松友ペア

AFP_F80IC
「同じ目標を見つめていたからここまで来られた」。バドミントン女子ダブルスで日本初の金メダルに挑む高橋礼華選手(26)と松友美佐紀選手(24)。単なる先輩後輩を超え、盟友として、そして実の姉妹のように深めてきた絆、10年かけて磨き上げた連携で頂点を目指す。
 初めて出会ったのは高橋選手が小学4年、松友選手が3年の時に宇都宮市で開かれた全国大会。試合後、帰り道の土産物店で偶然一緒になり、会話を交わした。再会はその約1年後、それぞれが通っていた奈良と徳島の地元クラブが交流大会を企画し、決勝で対戦した2人は意気投合。連絡先を交換し、文通を始めた。
 進学した仙台市の聖ウルスラ学院英智高で先輩後輩となり、高橋選手が2年、松友選手が1年の時に初めてペアを組んだ。「同級生の仲良しは負けてもかばい合う。性格が正反対で学年差のある方が強くなる」という田所光男総監督(65)の提案に、高橋選手は何も言わずパートナーの返事を待った。松友選手は「後輩の自分が決められるよう気遣ってくれた」と振り返る。
 初めて組んだ時から、やりやすさを感じた2人。高橋選手が3年の時のインターハイがさらに絆を深めた。直前に右足首を捻挫しながら、主将の責任感から強行出場を望む高橋選手に、松友選手は「団体戦は先輩がいなくても優勝します」と言い切った。言葉通り団体戦を勝ち切って挑んだダブルス個人戦。先輩をカバーし、後輩を信頼して、つかんだ優勝に、2人は抱き合って喜んだ。
 卒業後も同じ実業団に進み、当たり前のようにペアを組んだ。10年も変わらないペアは世界でもまれ。高橋選手の母智子さん(49)は「妹がいる礼華と、末っ子の美佐紀。べったりではないが、互いが信頼し補い合う、実の姉妹のようだからうまくいっている」と話す。
 ロンドン五輪に出られなかった悔しさも、世界ランク1位の重圧で自分たちのプレーを見失った時も、2人で話し合い乗り越えてきた。大会前「ダブルスは1人が世界一、もう1人が日本一と目標が違うと強くなれない。同じ目標を目指し、同じ気持ちで戦っていると組んだ時から感じている」と語った高橋選手。ともに目指してきた金メダルはすぐそこにある。
via http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081800643&g=spo


・大逆転劇の金…『タカマツ』ペアの勇姿に深夜の日本が歓喜
http://matome.naver.jp/odai/2147152610102799001
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 03:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |