FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

北朝鮮が「初の水爆実験」実施を発表、水爆使用に疑問符も はてなブックマーク - 北朝鮮が「初の水爆実験」実施を発表、水爆使用に疑問符も

北朝鮮は、6日午前に同国初となる水爆実験を成功裏に実施したと発表。北朝鮮が核実験を実施するのは今回で4度目。北朝鮮国内にある核実験場付近では同日、大きな揺れが観測されていた。

Print

国営の朝鮮中央通信(KCNA)によれば、小型化された水爆実験は金正恩第1書記の命令により、日本時間の午前10時半に実施された。北朝鮮は米国の敵視政策から自国を防衛するため、今後も核開発プログラムの強化を続けるとの方針を表明。米国が「攻撃的な姿勢」を維持する限り、北朝鮮は核開発プログラムを放棄しないと主張した。
北朝鮮はまた、責任のある核保有国として行動するとしたうえで、主権が侵害されない限りにおいては、核兵器を使用することはないと強調。さらに、核技術を他者に移転しないと表明した。
今回の発表を受けて、中国を含めた各国が北朝鮮を強く非難。中国外務省報道官は6日、北朝鮮から核実験について事前の通告はなかったと明らかにしたうえで、北朝鮮に対して厳重に抗議するとの姿勢を示した。
韓国政府は国連制裁の可能性も含め、あらゆる措置を講じると強く非難し、北朝鮮は核実験の代償を払うことになるとの認識を示した。
韓国大統領府の安全保障担当幹部は、「韓国政府は、北朝鮮がわが国や国際社会の度重なる警告を無視し、4度目の核実験を実施したことを強く非難する。これは明らかな国連決議違反だ」と述べた。
安倍晋三首相も同日、北朝鮮による核実験実施について「我が国の安全に対する重大な脅威だ。断じて容認できず強く非難する」と首相官邸で記者団に語った。その上で、国連安全保障理事会の決議に明確に違反しているとし、「国際的な核不拡散の取り組みに対する重大な挑戦」と指摘。日本政府として今後、米国、韓国、中国、ロシアと連携しながら「断固たる対応を取る」方針も示した。

<水爆使用に疑問符も>
北朝鮮が初の水爆実験を行ったとの発表は驚きをもって迎えられたが、韓国の国防省次官は6日、北朝鮮の核実験について、水爆を使用したとは考え難い、との認識を示した。同省のキム・ミンソク報道官も記者団に対し、「詳細に分析した後に判明するだろうが、われわれは4回目の核実験で(デバイスに)少量の水素が加えられた可能性があると理解している」と述べた。
一方、米ホワイトハウスは5日遅く、北朝鮮が発表した水爆実験の成功について、事実関係を確認できないが、引き続き状況を見守ると表明。
ホワイトハウスのプライス国家安全保障会議(NSC)報道官は「現時点でそうした主張は確認できないが、いかなる国連安保理決議違反も非難する。北朝鮮に対してあらためて国際義務とコミットメントの履行を求める」との声明を発表した。
同報道官は「地域の同盟国の保護・防衛」を継続するとして「北朝鮮のいかなる挑発行為にも適切に対応する」と述べた。

<国連安保理は会合開催へ>
複数の外交関係者が匿名で語ったところによると、国連安保理は北朝鮮の核実験をめぐり、6日に会合の開催を予定している。会合は6日1600GMT(日本時間7日午前1時)に開催され、非公開となる見通し。会合の開催は米国と日本が共同で要請したという。
4度目の核実験を実施したとの北朝鮮の発表を受け、安保理がどのような措置を取るのかは現時点では明らかでない。北朝鮮は2006年に初の核実験を行って以降、安保理の制裁下にある。
北京訪問中のハモンド英外相は6日、英国と中国は北朝鮮による小型化された水爆実験に強く反対するとともに、6カ国協議の再開を支持すると表明。さらに、英中両国は北朝鮮半島の安定化と北朝鮮への制裁強化という点で見解が一致していると語った。[2016.01.06]
 via http://jp.reuters.com/article/north-korea-nuclear-success-idJPKBN0UK0AM20160106?feedType=RSS&feedName=worldNews

NHK NEWSweb
jiji.com
BBC

・北朝鮮の「水爆実験」 意味するところは?
 http://www.bbc.com/japanese/video-35249199

・北朝鮮の「水爆実験」、専門家は懐疑的な見方
 http://www.cnn.co.jp/world/35075886.html?ref=rss

◇安保理、北朝鮮非難の声明を発表 「水爆実験」受け
北朝鮮が6日に初の水爆実験を成功させたと発表したことを受け、国連安全保障理事会は同日、非公開会合を開いて北朝鮮を非難する声明を発表した。
この日の会合では北朝鮮による再度の核実験阻止に向けた方策や、今回の核実験実施に対する制裁について協議した。
過去の制裁には武器やぜいたく品の禁輸や海外資産の凍結、渡航禁止などが盛り込まれたが、いずれも北朝鮮による核開発の継続を食い止めることはできなかった。国際社会がどんな対応を打ち出すにしても、その状況を変えられるかどうかは不明だ。
中国やロシアを含む安保理の15カ国は6日の会合後、北朝鮮の核実験を「明白な決議違反」として非難する声明を発表。「安保理理事国は、北朝鮮が新たな核実験を実施すればさらに重大な措置を講じると表明していた」「その表明に従い、今回の違反の重大性に鑑みて、新たな国連安保理決議において直ちにそうした措置に着手する」と表明した。
今回の核実験に対しては中国も非難の声を上げ、事前に北朝鮮からの通告がなかったことを明らかにした。シリアやウクライナ情勢を巡り各国間の対立が続く中、中国やロシアを含む世界の主要国が一致した見解を出すのはまれな事態といえる。[2016.01.07]
via http://www.cnn.co.jp/world/35075880.html?ref=rss

◇タイムライン:北朝鮮の核問題
 http://www.cnn.co.jp/world/35076087.html?ref=rss
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 政治 | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |