FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[リオオリンピック] 水谷隼、意地の銅!日本卓球界初の個人メダル はてなブックマーク - [リオオリンピック] 水谷隼、意地の銅!日本卓球界初の個人メダル

WS002

WS001
 リオデジャネイロ五輪卓球男子シングルス3位決定戦が行われ、世界ランキング6位の水谷隼(27=ビーコン・ラボ)は同9位のウラジーミル・サムソノフ(40=ベラルーシ)を4―1で下し、卓球日本男子初のメダルを獲得した。男女通じても日本初となる個人メダルとなった。
 世界1位の馬龍(27=中国)とハイレベルな強打の応酬を披露し、“絶対王者”から2ゲームを奪う健闘を見せた準決勝から9時間半。「絶対に勝ってメダルを持ち帰りたい」と強い決意で臨んだ3位決定戦で、水谷が実力を出し切って日本卓球界で初めてシングルスで表彰台に立った。
 第1ゲームは立ち上がりから3―0とリードを奪うと、積極的な攻撃であっさり11―4で先取。第2ゲームは逆にサムソノフに主導権を握られる展開となったが、48回の長いラリーを制すなど7―9から4連続ポイントを奪って11―9で連取した。第3ゲームはミスが出て6―11で落としたが、第4ゲームは一進一退の攻防から最後はロビングがエッジボールとなるラッキーなポイントで14―12で奪取。第5ゲームは序盤からリードを奪うと11―8で押し切って勝利を手にした。[2016.08.11]
via http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/12/kiji/K20160812013150860.html

http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/11/jun-mizutani-teble-tennis_n_11463520.html

・水谷、銅獲得!日本卓球の歴史変えた「今日負けたら死にたくなると思った」
 卓球男子シングルス3位決定戦は、世界ランキング6位の水谷隼(27=ビーコン・ラボ)が同9位のウラジーミル・サムソノフ(40=ベラルーシ)に4―1で勝利。卓球で日本男子、シングルスで初のメダル獲得を決めた瞬間、水谷は床に倒れ込んで力強くガッツポーズし、喜びを爆発させた。
 6大会連続出場の40歳の大ベテランを相手に2ゲームを連取した水谷は、第3ゲームを落としたものの、第4ゲームはジュースの末、最後はロビングがエッジボールとなるラッキーなポイントで14―12で奪取。これで勢いに乗ると第5ゲームも11―8で連取して振り切った。
 3度目の五輪で初のメダル。日本男子、シングルスでも初の表彰台となり、日本卓球界にとって歴史的なメダルを手にした。「僕が卓球を始めた時からの夢だったので、それが叶えられて本当にうれしい」と喜びを口にした水谷。接戦となった第4ゲームについて「途中リードしてたけど、相手のあきらめない気持ちが伝わってきて、僕も絶対あきらめなかったので最後エッジでボールが入ってうれしい」と振り返った。
 「今日負けたら一生後悔すると思うし、死にたくなると思うので絶対に負けたくないという気持ちで頑張りました。今までたくさんの方がオリンピックに出場して誰も個人でのメダルを獲得していなかったので、その人たちの分まで一生懸命頑張りました」と喜びを語った水谷。団体戦へ向けて「今日はたくさんの方に支えられて自分の夢が叶った。今度は団体でみなさんの夢を叶えたい」と団体戦での2個目のメダル獲りを誓った。
via http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/12/kiji/K20160812013151140.html

・水谷、こじ開けた扉 秘めた闘志と苦しみ…重圧ようやく解放
・・・
 迎えた3位決定戦。水谷はベラルーシの選手を追い込むと、最後は渾身のスマッシュで仕留めた。「たくさんの方々に支えられて夢がかなった」。日本卓球界の期待を長年背負ってきた重圧からようやく解放された。
 水谷がラケットを握ったのは5歳。両親が立ち上げた静岡県磐田市の「豊田町卓球スポーツ少年団」で練習を重ねた。指導した植松賢治さん(73)は「ボールへの反応や身体のバランス…。天性の素質を備えていた」と振り返る。
 小学2年ですでに地元の実業団の練習に参加するなど実力は突出。「卓球エリート」の名をほしいままにしていた。日本卓球協会のすすめで、青森山田中に転校し、2年時にドイツに留学する。プロリーグで研鑽(けんさん)を積み、世界の強豪らにもまれる中で「世界で勝ちたい」との意識を強くした。
 ただ、異国の地での日々はつらいものだった。ホームシックで毎日のように実家へ国際電話。「ずっと沈黙のまま10分。あっちが『じゃあね』と言うまで切れなかった」。母の万記子さん(54)が振り返る。
 足に痛みが出てもなかなか言い出せず、結局、右すねを疲労骨折。日本に戻ると、骨密度の年齢は80歳と測定された。ピザとコーラばかりの食生活が影響していた。
 だが、タフな生活が、次第に水谷をたくましくした。史上最年少の17歳で全日本選手権優勝。ダブルスでペアを組んだこともある岸川聖也さん(29)は「ドイツ留学時は同じマンションで暮らしたが、闘志を内に秘めるタイプで練習に没頭していた。苦しさがメダルにつながった」と語る。
 正義感が強く、横行するラケットのラバーの反発力が増す「補助剤」を塗る不正行為を告発。ロンドン五輪後は、厳格化を求め、国際大会出場をボイコットしたこともあった。
 卓球界を背負い、卓球のことを考え続けてきた水谷だが、父の信雄さん(56)は、少年時代、技術の吸収は早いが熱意が見えずよく叱ったという。
 信雄さんは3位決定戦を会場で見守った。「自信を持ってプレーしていた。最後まで気持ちをしっかり持っていた」。この日ばかりは手放しでほめた。
via http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/160812/spo16081216180104-n1.html

・水谷シングルス初のメダル獲得…人知れず努力した卓球人生
http://matome.naver.jp/odai/2147096200746350901







・ハイライト
http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=29209.html

http://www.gorin.jp/video/5080411750001.html



◇水谷金星も及ばず 卓球男子団体は中国に敗れ銀メダル

slide_498784_6952738_compressed[1]
リオデジャネイロ・オリンピックが13日目を迎えた8月17日、卓球男子団体の決勝で、日本は中国に負けて銀メダルとなった。卓球男子団体で日本が五輪の決勝に進出したのも、メダルを獲得するのも初めて。団体はシングルス2試合、ダブルス1試合、シングルス2試合の順に行い、先に3勝した方が勝者となる。
シングルスの第1試合で丹羽孝希が、中国のエース馬龍に0―3で敗れた。続くシングルス第2試合では、今大会シングルス銅メダルの水谷隼が、許昕に3―2で競り勝った。最終第5ゲームで水谷は、マッチポイントを握られてから驚異的な集中力で得点を重ねて大逆転した。
第3試合のダブルスは、丹羽が吉村真晴と組み、中国の張継科・許昕組と対戦したが、1-3で負けた。
第4試合では吉村と真龍が対戦したが、0-3でストレート負けした。

■試合後のコメント
・水谷隼
「(第2試合で許昕選手に勝ったことについて)本当に勝ててうれしいです。彼には過去0勝15敗ぐらいで、数多くの大きな舞台で負けて続けてきて、オリンピックという最高の舞台でリベンジできて、今までの負けてきた分の借りを返せて、すっきりしています。今回、シングルスと団体戦の両方で(メダルを)取ることができて、団体戦は銀メダルで素晴らしい結果だったと思います。今回は優勝することはできなかったんですが、この悔しさをバネに東京オリンピックでは優勝したいです」

・丹羽孝希
「史上初の銀メダルは、すごくうれしいんですけど、今の試合も何度かチャンスがあったけどそこを生かすことができなくて、そこはすごく悔しいです。これでオリンピックは終わってしまったんですけど、まだこれからも大きい大会はありますし、それに向けてもっと強くなって、中国に勝てるように頑張っていきたいです」

・吉村真晴
「やっぱり自分が小さい頃から夢にしていた舞台で、実際に戦うことができたことには満足しています。男子初の団体メダルを取れたことが、卓球界として一番の収穫だったと思います」
via http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/17/pingpong-final_n_11576352.html
http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/table-tennis/news/1696677.html

・ハイライト
http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=29995.html
http://www.gorin.jp/video/5087903752001.html

・卓球男子団体が銀メダル!みんな一緒に「ガッツポーズ」で祝福していた
http://matome.naver.jp/odai/2147147696850643201

・メイドインジャパンの上で掴んだメダル あの卓球台に込められた思い~東日本大震災、復興への思い。
https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/table-tennis?utm_term=.ungb7nngB#.cqejDBBo5
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |