FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[将棋] 羽生善治が竜王位を奪回し、史上初・前人未到の「永世七冠」を獲得 はてなブックマーク - [将棋] 羽生善治が竜王位を奪回し、史上初・前人未到の「永世七冠」を獲得

âiê¢ÇVä•Å^âHê∂ä˚êπÇ™âiê¢ÇVä•Ç…
将棋の羽生善治棋聖が竜王戦の七番勝負を制して通算7期目となる竜王のタイトルを獲得し、永世竜王の資格を得ました。これで現在7つある将棋の永世称号の資格をすべて獲得し、前人未到の「永世七冠」達成を果たしました。
将棋の永世称号は、同じタイトルを一定の回数、獲得した棋士に与えられ、羽生善治棋聖は現在7つある永世称号のうちすでに6つのタイトルで資格を得ていて、残る永世竜王も獲得条件となる通算7期まであと1期に迫っていました。
その永世竜王をかけて渡辺明二冠に挑む竜王戦の七番勝負は、ここまで羽生さんが3勝1敗とリードし、4日から鹿児島県指宿市で第5局が行われました。
渡辺さんは将棋界最高峰の竜王のタイトルを11期獲得してただ1人、永世竜王の資格を得ていて、羽生さんはこれまでにも2度、永世七冠をかけて渡辺さんとの竜王戦に挑みましたが、いずれも敗れていました。
対局は5日午前9時に再開され、羽生さんは優勢に駒を進めて渡辺さんの守りを崩し、午後4時23分、87手までで渡辺さんが投了しました。
羽生さんは竜王のタイトルを奪還するとともに永世竜王の資格を獲得し、7つの永世称号をすべて獲得するという前人未到の永世七冠達成を果たしました。
さらに、通算獲得タイトル数を99期として、同じく前人未到の大記録となる100期の大台に王手をかけました。

■永世七冠達成「まだ実感がない」
羽生さんは対局のあと「シリーズが終わってほっとしています。攻めていかないと逆に主導権を握られてしまうと思って、思いきっていきました」と対局を振り返りました。
そして、前人未到の永世七冠達成については、「まだ終わったばかりで、実感がないです」と話していました。

■ずっと1人で時代を作ってきた証し
将棋の「永世称号」は、同じタイトルを一定の回数、獲得した棋士に与えられます。これはタイトル戦における「殿堂入り」のようなもので、例えば最も歴史の長い名人戦では、通算5期、獲得した棋士に「永世名人」の称号が与えられ、引退後などに木村義雄十四世名人や大山康晴十五世名人などと呼ばれることになります。
かつて永世名人が世襲制となっていた時代がありましたが、今はすべて実力制となっていて、永世称号が与えられる条件は、「通算5期」のほか、「連続5期」や「通算10期」などとタイトルによって異なります。
これまでに実力制で永世称号を1つでも獲得した棋士はわずか10人で、タイトルを一定の回数、獲得してやっと得ることができる永世称号は、いわば「歴史に名を残す名棋士」の証しと言えます。
羽生さんと同世代で自身も永世棋聖の資格を持つ日本将棋連盟会長の佐藤康光九段は羽生さんの偉業について、「永世称号は、1つでも得られれば、一時代を作ったという証しとなりますが、羽生さんの『永世七冠』の場合は、初タイトルを取ってから30年近くにわたって、ずっと1人で時代を作ってきたという証しだと感じます。今後現れるかどうかもわからないくらいの大変な記録です」と話しています。
また、羽生さんの強さについては、「羽生さんくらいの年齢になると豊富な経験をもとに勝負しようとする棋士も多いのですが、羽生さんからは、常に新しい手法を取り入れて若手とも張り合おうという気持ちを強く感じます。もともと基本的な技術がほかの棋士より一つ抜けていた印象はありますが、何よりも、その力を持続させるための努力を怠らなかったことが今の羽生さんを作っていると思います」と理由を分析していました。[2017.12.05]
via http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171205/k10011247171000.html
https://www.shogi.or.jp/news/2017/12/post_1622.html

・羽生善治が竜王戦で勝利、史上初「永世七冠」に。“天才”が歩んだ足跡をたどる
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/05/yoshiharu-habu-legend_a_23297098/

・遂に偉業達成!羽生善治の史上初「永世七冠」に祝福の声
 https://matome.naver.jp/odai/2151243350647710601

・苦闘の果ての永世7冠=屈辱の1冠後退直後-羽生棋聖
Print
 羽生善治棋聖の永世7冠はどのような軌跡を経て達成されたのか。「不世出の天才棋士」の苦闘の歩みを追う。
 初の永世称号は1995年の永世棋王で、条件は連続5期。同年にもう一つ獲得した永世棋聖の条件は通算5期で、連覇の必要はないが、勢いに乗る羽生はこれも5連覇で達成した。
 前人未到の7冠独占を成し遂げた翌96年には名誉王座(連続5期もしくは通算10期)、翌97年には永世王位(同)を共に5連覇で獲得した。しかしその絶頂の裏側でライバルらが猛追を開始。7冠独占は計167日で終了し、2004年には王座の1冠にまで追い詰められた。
 ところが、翌年に4冠に復帰するなど再び強さを取り戻し、07年に永世王将(通算10期)、翌08年には永世名人(通算5期)も獲得し、史上初の永世6冠となった。
 最後に残ったのは、皮肉にも89年に初めて手に入れたタイトルである竜王の永世称号(連続5期もしくは通算7期)だったが、永世6冠後の2度にわたる挑戦はいずれも渡辺明竜王に退けられた。
 昨年から今年にかけては20代の若手棋士らに次々とタイトルを奪われ、10月に13年ぶりの1冠後退の屈辱を喫した。その直後に成し遂げられた竜王通算7期目の偉業で、羽生の粘り腰の強さが改めて証明された。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120500867&g=soc

2be4ddef
・竜王(7期) 永世竜王
・名人(9期) 十九世名人
・王位(18期) 永世王位
・王座(24期) 名誉王座
・棋王(13期) 永世棋王
・王将(12期) 永世王将
・棋聖(16期) 永世棋聖
・七大タイトル(合計99期) 永世七冠

◆永世7冠「大きな地点」羽生竜王会見、偉業振り返る
WS001
 将棋界史上初の永世7冠を達成し、国民栄誉賞の授与が検討されている羽生善治竜王(47)が13日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、「30年以上にわたって棋士の生活を続けていく中で、一つの大きな地点にたどり着くことができたのは感慨深い」と偉業達成を振り返った。故大山康晴十五世名人の持つ最多勝記録1433勝まであと42勝に迫り、「大変な記録だが、追い抜いていけるように頑張りたい」と笑顔を見せた。
 ともに国民栄誉賞授与が検討されている囲碁の井山裕太7冠(28)について、「井山さんは全冠制覇をして、新しい記録を塗り替え続けている。隣の世界だが非常に素晴らしい棋士だと思っている」と井山7冠をたたえた。
 対局の際の緊張感は「何十年たっても感じることはある」というが、「プレッシャーが掛かるような環境で対局できることは棋士にとって充実して幸せなこと」とプラス思考に転じている。「最近は、今日は負けてしまったが次は明日から、という気持ちにはなれる」と負けを引きずらないことも強さを維持する秘訣(ひけつ)だ。
 勝ち筋が見えると手が震えると言われることを問われると、「勝ち筋がはっきり見えて我に返った時と、時間に追われていて何を指せばいいか分からない時に迷う時と、二つのケースがある」と明らかにした。
 将棋界は今年、20代棋士にタイトルを二つ奪われ、若手の台頭が著しい。「20代の棋士は非常に研究熱心。自分が知らなかった作戦、戦術を編み出して苦慮している面もある。新しい感性を持った棋士の一手を自分なりに勉強して吸収していかないといけない」と気を引き締めた。
 羽生は、今月5日の第30期竜王戦七番勝負で渡辺明棋王(33)を破り、永世称号の制度がある7タイトル戦で唯一獲得していなかった永世竜王資格(連続5期または通算7期)を得た。47歳2カ月でのタイトル獲得は、将棋界4位の年長記録。保有タイトルは棋聖と合わせて2冠。1996年に7冠制覇を成し遂げた後も順調にタイトルを積み重ね、通算タイトル獲得数は、名人9期、王将12期など計99期と、大台まであと1期と迫っている。
via https://mainichi.jp/articles/20171213/k00/00e/040/282000c

・羽生善治竜王「棋士の存在価値が問われている」 永世七冠が考える、人類とコンピュータの理想の関係(全文)
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/12/yoshiharu-habu_a_23305638/

◆羽生善治氏「永世7冠」どうスゴい? 次はタイトル100期と最年長記録に期待
 将棋の羽生善治棋聖(47)が12月5日の「竜王戦」でタイトルを奪取し、史上初の「永世7冠」を達成。大きな話題となりました。今回の竜王奪取で通算獲得タイトル期数は99期となり、前人未到の「100期」も目前に迫っています。この偉業に、政府は囲碁の井山裕太7冠(28)とともに国民栄誉賞を授与することを検討していると伝えられています。
 元「週刊将棋」編集長の古作登氏(大阪商業大学アミューズメント産業研究所主任研究員)は「永世七冠は表現できないぐらいの大記録」と指摘。さらに「来春行われる名人戦も挑戦権争いを演じており、100期目は名人奪取というものを狙っているだろう。また今後は最年長タイトル獲得記録(56歳)の更新も期待される」と話しています。

20171217-00000004-wordleaf-11e34c4504f2f7296b5b476fdca46f8a2

■「野球の三冠王を5年連続取る」ぐらいの偉業?
 羽生棋聖は第30期竜王戦で渡辺明竜王に挑戦、4勝1敗でタイトルを奪取しました。今回の獲得で竜王通算7期目となり、永世竜王の資格を得ました。永世称号とは(別表参照)規定の回数以上のタイトルを獲得した棋士に与えられる称号のこと。羽生さんはこれまで永世称号が定められている7タイトル戦のうち、竜王を除く6タイトルで永世称号を得ており、今回の竜王奪取で七冠すべての永世資格を保持したことになります。

 羽生竜王・棋聖以外の永世称号資格者は、現役では渡辺前竜王の2つ(永世竜王、永世棋王)が最高。過去では大山康晴十五世名人(故人)と、中原誠十六世名人が5つ保持していますが、7冠達成は初めての快挙です。「たとえば野球の三冠王を5年連続取るといった、ありえないことが起きたというぐらいの記録。今後現れるとも思えないぐらいだ。囲碁界では井山裕太七冠(28)がそのペースにあるかもしれないが、羽生さんは30年近くタイトルを持ち続けており、尋常ではない」(古作氏)。将棋界では通算タイトル獲得が10期を超えている棋士は過去に8人しかおらず、通算99期も大山十五世名人の通算80期を大きく上回る記録です。それでも竜王戦後の記者会見で羽生さんは「将棋はまだまだ分からないことが多い」と語り、さらに高みを目指す姿勢を見せました。
 羽生棋聖は今回の竜王戦の直前に王位戦、王座戦で若手の挑戦を受け、いずれもタイトルを奪われてしまい、竜王戦も獲得は容易ではないという見方も出ていました。しかし、竜王戦では最近流行している戦法の採用や意欲的な作戦を披露するなど積極的な差し回しが光り、渡辺竜王を圧倒しました。古作氏は「羽生さん自身がおっしゃっていたように、今回が永世竜王獲得の最後のチャンスという意識は本音だったと思う。ほかの棋戦で気を抜いたわけではないだろうが、竜王挑戦のチャンスが高まった時点から、今年最大の目標は竜王獲得だったのではないか。王手をかけた第5局でも新構想を見せたが、もつれる前に一気に決めるという意欲を感じた」とみています。
 将棋界では最近、コンピューター将棋などの影響もあり、「雁木(がんぎ)」戦法という相当オールドスタイルな戦型が見直されており、羽生棋聖がこれを採用しました。新構想とは「角換わり腰掛銀」という戦型で、従来「無理では?」と思われた局面で攻めに出たことが見事に成功し、勝負を決したのです。

■羽生さんは47歳だが「将棋は柔軟でまだ若い」
 羽生竜王・棋聖に死角はないのでしょうか?
 実は2016年には名人を失ったほか、自身初の公式戦6連敗を喫するなどここ数年、過去の絶対的王者の姿が揺らぐ面も見られます。
 古作氏は「中原十六世名人が40代半ばを過ぎて頭の中の将棋盤が暗くなった、とおっしゃったように、45歳ぐらいがプロ棋士にとって大きな分岐点の年齢だろう」とみます。羽生さんは現在47歳。「将棋の内容としてはいまだに最新戦型を指しこなし、先入観にとらわれず、柔軟に戦っており、まだまだ若い。だがやはり体力を維持することが大きな課題でしょう。タイトル戦を続けてこなすことは激務。また将棋界の顔として対局以外の公務も多く、コンディションを整えることも大変ではないか」といい、羽生さんが年齢の壁とどう戦うか注目しています。
 将棋界では大山康晴十五世名人が56歳で王将を獲得したのが最年長記録。「羽生さんは記録をかなり意識している。100冠は当然視野に入るとして、最年長タイトルも狙っているでしょう。また今年鮮烈にデビューした藤井聡太四段など強い若手の存在も刺激になっているはず。将来藤井さんとタイトル戦であいまみえるということもモチベーションになるのではないか」と話しています。
via https://thepage.jp/detail/20171217-00000004-wordleaf
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |