FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産に~勧告を覆し、8資産の一括登録決定 はてなブックマーク - 「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産に~勧告を覆し、8資産の一括登録決定

WS003

WS005
 ポーランドのクラクフで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は9日、福岡県の「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録することを決めた。構成8資産のうち、ユネスコの諮問機関が4資産を「除外」するよう勧告したが、世界遺産委は逆転で一括登録を認めた。
 今回の登録で国内の文化遺産は17件、自然遺産と合わせた世界遺産は21件になる。九州からは2015年の「明治日本の産業革命遺産」(九州・山口地域など8県)以来となる。
 構成資産は、本土から約60キロの玄界灘に浮かび、宗像大社沖津宮(おきつみや)がある沖ノ島と、いずれも島に付随する小屋島(こやじま)、御門柱(みかどばしら)、天狗岩(てんぐいわ)(以上宗像市)の4資産のほか、

WS001
※沖ノ島、手前の岩礁は(左から)小屋島、御門柱、天狗岩

本土から約11キロ沖の大島にある中津宮(なかつみや)と沖津宮遥拝(ようはい)所

WS002
 ※宗像大社沖津宮遥拝所

▽本土にある宗像大社辺津宮(へつみや)(同)

WS004
 ※宗像大社沖津宮

▽信仰を支えた宗像族の墓とされる新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群(福津市)の計8資産。

0170709at78_p
 ※新原・奴山古墳群

沖津宮と中津宮、辺津宮には「日本書紀」にも登場する海の3女神をまつる。「顕著な普遍的価値がある」「航海の安全を祈願する信仰が古代から現代まで断絶なく続いていることを示し、価値が高い」「航海に関する分野は今の世界遺産一覧表には少ない分野」と評価された。
 諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)は5月、後者の4資産を「国家的なものにとどまり、世界的な価値は認められない」として除外勧告したが、国や地元は世界遺産委の委員国に8資産の一括登録を熱心に説得。この日の審議では各国から「すべての要素が互いに機能し、価値がある」など一括登録を支持する発言が相次いだ。
 周囲約4キロの沖ノ島は4~9世紀、朝鮮半島や中国大陸への航海の安全などを願う国家的祭祀(さいし)が行われた。銅鏡や黄金の指輪、朝鮮半島の馬具、シルクロード由来のガラス製品など8万点にのぼる奉献品(国宝)が出土し、「海の正倉院」とも称される。
 沖ノ島への入島は原則禁じられ、女人禁制▽島で見聞したことを漏らしてはならない▽島にあるものを何一つ持ち帰ってはいけないなど、多くの宗教的なタブーもある。今後、文化遺産の保護と観光の両立、船舶の接近や無断上陸への対策などが課題となる。
 「沖ノ島」は「古代祭祀の変遷を示す考古遺跡がほぼ手つかずの状態で残されている」などとして2009年、国内候補の一覧表「暫定リスト」に記載され、15年の文化審議会で国内推薦候補に決定した。[2017.07.09]

※〈世界遺産〉 1972年の世界遺産条約に基づき、各国政府の推薦の中から、諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)や国際自然保護連合(IUCN)の調査・勧告を経て、21カ国でつくる世界遺産委員会が年1回、「顕著な普遍的価値」や「真正性」、保全措置などの観点から登録の可否を決める。世界遺産の総数は、文化遺産814件、自然遺産203件、両方の価値を備えた複合遺産35件の計1052件(昨年7月現在)。
via http://www.asahi.com/articles/ASK745WNJK74UCLV00R.html

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070900350&g=soc
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170709/k10011051201000.html
https://mainichi.jp/articles/20170710/k00/00m/040/014000c

・世界文化遺産国内候補の沖ノ島ってどんな島?
 https://matome.naver.jp/odai/2143813038000794801

・宗像・沖ノ島と関連遺産群:Wikipedia

【写真特集】「海の正倉院」とも呼ばれる フォトギャラリー 福岡・沖ノ島
【写真特集】『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群

・沖ノ島、一般の上陸全面禁止へ 現地大祭を中止
 宗像大社(福岡県宗像市)は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産への登録が決まった沖ノ島を保護するため、毎年5月に島で開催してきた現地大祭を来年から中止する方針を固めた。原則入島禁止で、年に1度だけ一般の上陸が認められる機会だったが、遺産登録に合わせて運用を厳しくする。
 宗像大社によると、大祭は日露戦争の日本海海戦が1905年に沖ノ島近海であり、日本が勝利したのを記念。戦前は本土の宗像大社で式典をしたが、58年からは大社の沖津宮(おきつみや)がある沖ノ島で海戦のあった5月27日に開催し、両国の戦没者を慰霊してきた。
 沖ノ島に一般男性の参拝が認められているのはこの日だけで、毎年、全国から公募で選ばれた200~250人が参拝していた。
 ユネスコの世界遺産委員会は登録決定に際し、資産の保存活用協議会の設立とともに、沖ノ島への違法な上陸への規制を求めている。また、審議の中で政府代表が「原則として神職以外は入れない」と答弁した。「入島禁止は国際公約」と話す関係者もいる。
 今回の方針について、宗像大社の葦津敬之(たかゆき)宮司は「世界遺産の目的は保存・保護。将来にわたって沖ノ島の価値を守っていかなければならない。島には原生林も多い。一般の入島を禁止し、沖ノ島本来の姿に戻したい」と話している。氏子や信者が清掃や奉仕活動などで上陸することは今後も認めるという。神職は10日交代で島に常駐している。
 宗像大社によると、プレジャーボートなどで島に上陸を試みるケースが年間10件ほどあるが、島への接近を禁じる法律はないため、宗像市は条例を作って規制することを検討している。
 宗像市の谷井博美市長は「世界遺産の趣旨を考えると、200人もの大勢での参拝は難しいのではないか。大社の方針はやむを得ないと思う」と語った。[2017.07.15]
via http://digital.asahi.com/articles/ASK7G4VY2K7GTIPE01M.html?rm=327

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 世界 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |