FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[動画] 6つの衝撃映像で振り返る3.11の本当の恐怖 ― 津波の恐ろしさを後世に はてなブックマーク - [動画] 6つの衝撃映像で振り返る3.11の本当の恐怖 ― 津波の恐ろしさを後世に

■イオン前で地震発生~津波襲来(宮城県多賀城市)

 宮城県多賀城市のイオン前。仙台港から100mほど内陸に入ったところにある。大地震発生後に屋外に避難した人々が、遠くに津波が襲来しているのを見て、「上がって!」と叫ぶとともに、車が流されている光景を見て悲鳴を上げる。
 このような市街地は、周囲に高い建物がない地域に比べると避難できる商業施設などがあるため、恵まれているかもしれない。市街地で津波に襲われそうになったら、とにかく高い建物に上ることだ。

■仙台港近くのオフィスで地震に遭遇(宮城県仙台市宮城野区)

 この映像は津波ではなく、地震発生時のものだ。仙台市宮城野区の仙台港近くにあるオフィスで撮影された。東北地方太平洋沖地震では、仙台市宮城野区で震度6強を記録したが、撮影者は「大地震だ!」と叫びながらも撮影の手を止めず、結果的に貴重な映像となった。頑丈そうなビル内とはいえ、勇気を振り絞っての撮影だったに違いない。その後、屋外に出て、外の状況も撮影されている。撮影者は、津波が襲来した際には同ビルの階上に避難したものと思われる。

■仙台空港の滑走路に津波が襲来(宮城県名取市)

 海上保安庁音仙台空港基地の保安官による、津波襲来直後の無線での報告。仙台空港の滑走路まで津波が押し寄せた光景を撮影している。多くの自家用車や小型飛行機が流されていく。
 撮影者と思われる保安官が、「ここも危ないですが逃げようがありません。今2階にいますけれど、どうなるかわかりません」と伝える。その後に保安官らは、2階にいても身の危険を感じ、屋上へと避難して全員無事だったという。

■高台から津波の襲来を眺める人々(宮城県気仙沼市本吉町前浜地区)

 映像の開始時点で、すでに津波が襲来している。津波が軽々と堤防を超える様子を見て、撮影者の男性は「あぁ、もうダメだ」「ここまで来ないか?」などとつぶやく。その後、撮影者も危険を感じて、より高台へと避難を始めた。
 気仙沼市の死者数は1,000人以上と、大震災で3番目に多かった。震災後、国は同市に高さ9.8mの防潮堤を約1kmにわたって築くという案を示した。しかし地元住民からは、白砂青松で知られる海水浴場が消えてしまうと反発の声が上った。巨大防潮堤の建設によって赤土が流出し、陸と海が分断され、カキの養殖などの漁業にも悪影響が出るという。大震災を契機に、各地で防潮堤建設ラッシュが始まり、「日本中の海岸が壁で覆われる」といった声も上っているが、必ずしも住民たちがそれを望まないケースもあるようだ。

■石巻ガス本社屋上から津波を撮影(宮城県石巻市明神町)

 宮城県石巻市明神町の石巻ガス本社の屋上から撮影された映像。石巻港に押し寄せた津波によって、車が次々と流されていく。「これでは終わりだな」「ここもヤバイよ」「友だちが心配だー」といった声が上がる。その後、撮影者を含む人々は、建物の屋根の上へと避難した。周囲を見渡した光景を見ると、撮影者のビルより高い建物はほとんどないようだ。多くの人々が、高台に避難できずに命を落としたと推測される。
 石巻市では、東日本大震災で最大となる3,200人以上の命が失われた。この映像から得られる教訓は、海沿いの土地で暮らすか働いている場合は、津波襲来に備えて避難する場所を特定しておくべきということだ。

■消防団員が避難を呼びかけながら撮影(岩手県陸前高田市)

 消防団員が撮影した映像。周囲の人々に「逃げろ、逃げろ!」と呼びかけながら、自らも車に乗り込んで避難する。恐らくスマホで撮影を始め、運転中もハンドルを握りながら撮り続けたのだろう。時には画面が横になったり逆さになったりするが、撮影が続けられた結果、後世に伝えるべき貴重な映像資料が残った。
「(津波が)堤防を超えて来たから逃げろ」と拡声器を使って繰り返すが、道行く人々の多くは、後ろを振り向きながら普通の速度で歩き、緊迫感があまり感じられない。震災時には、約2kmにわたり高さ5.5mの防潮堤があったが、津波で全壊し、市役所などがある市街地は壊滅した。もしかすると、消防団員が切羽詰まった声で呼びかけても、急ぐそぶりを見せなかった人々の中には、防潮堤の存在を信頼しきっていて、津波を堤防が超えることなどありえないと疑っていた人もいたのだろうか。
 陸前高田市では、宮城県石巻市に次ぐ1,500人以上の死者が出た。今年1月には、高さ12m、全長2kmにわたる新しい防潮堤が完成した。だが、防潮堤が高くなったからといって、それに全幅の信頼を置いてはならないだろう。東日本大震災では、高さ12mを超える津波に襲われた地域も多かったのだ。

via http://tocana.jp/2017/03/post_12573_entry.html

◆東日本大震災公開動画検索システム
WS002
 http://311movie.irides.tohoku.ac.jp/SearchPage;jsessionid=1B869D823096381B34A0AF5CD88E6C2A?0


◇震災から6年…まだまだ続く行方不明の捜索と復興の現状
 https://matome.naver.jp/odai/2148917695866245301

・【3.11】「復興したとはまだ言えない」 東日本大震災から6年、気仙沼の街はいま
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/11/kesennuma-city-311_n_15291180.html

・【東日本大震災特集】まだ語られていない課題、知られていない話がある
 https://www.buzzfeed.com/ryoyamaguchi/311-2017?utm_term=.ww0yqeeDL#.yig2kOOeG

・あの日、津波で亡くなった娘へ 父が贈るあたたかく、少しふしぎな手紙
 https://www.buzzfeed.com/satoruishido/3-11-suzuki-san?utm_term=.txqdGRR3w#.ibjAnggQw

・冷酷すぎる! 安倍首相の3.11会見打ち切りで露わになった政権の東日本大震災“被災地”切り捨ての姿勢
 http://lite-ra.com/2017/03/post-2984.html

◇栄村大震災とは? 3.11翌日の震度6強 「忘れられた被災地」の現状は
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/11/sakaemura-daishinsai_n_15306046.html
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 事件 | 03:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |