FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

澤穂希、電撃引退…数々の伝説残し37歳で はてなブックマーク - 澤穂希、電撃引退…数々の伝説残し37歳で

img_77df975087f5f14243917d90c649d7c0278272[1]

sawa-500x332[1]
 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の主将として2011年女子W杯ドイツ大会初優勝に貢献し、得点王と最優秀選手にも輝いたMF澤穂希(37)=INAC神戸=が16日、今季限りで現役を引退することを発表した。マネジメント会社が明らかにした。17日午後に東京都内で記者会見を開く。女子サッカー界を長年にわたって引っ張ってきた第一人者がピッチに別れを告げる。
 “レジェンド”が大きな決断を下した。長年にわたり、女子サッカー界をけん引し続けてきた澤が、今季限りで現役を引退することを発表した。
 INAC神戸のチームメートにはこの日午前、神戸市内で行われた練習の最後に組んだ円陣で本人の口から伝えられた。「今シーズンをもって現役を引退します」。今の思い、そして残された試合への決意。全員が驚いた様子で言葉を発することなく、神妙な面持ちで澤の言葉を聞いていたという。
 所属クラブにその意思を伝えたのは、12月に入ってからだった。8月にJ1仙台のスタッフである辻上裕章氏(39)との結婚を発表した際には「現役を続けるのであれば、目標を高く持ってやりたい。結婚後も現役を続ける選手が増えてほしい」とサッカーへの情熱を語っていた。ところが、来年2月のリオデジャネイロ五輪予選(大阪)を2カ月後に控えたタイミングでの引退決断。まっすぐな表情で決意を語った姿に、文弘宣会長は思わず感極まったという。
 女子サッカー界の中心選手で、ヤングなでしこたちの憧れの存在だった。15歳で代表デビューし、205試合出場、83得点はともに史上最多。初優勝した11年女子W杯ドイツ大会では、米国との決勝の延長後半に劇的な同点ゴールを決め、MVPに選出された。5ゴールで得点王にも輝き、12年国際サッカー連盟(FIFA)の女子最優秀選手にアジア勢で初めて選ばれた。今年のW杯カナダ大会では史上最多6度目のW杯出場を果たした。
 最後となったW杯を前に「今後の子供たちがいい環境でサッカーをやれるよう、先頭を切って結果を残したい」と話したように、引退後も女子サッカーの普及に力を注ぐ考えを持っている。
 決して言葉数は多くないが、背中で仲間を引っ張り、だれよりも熱いサッカーへの情熱を秘めている。20年東京五輪や日本が招致を目指す23年女子W杯に向け、次のステージでの活躍が期待される。
 via http://www.daily.co.jp/soccer/2015/12/17/0008653071.shtml

・澤選手、誉れ高き20年…ファン「幸せくれた」
 今季限りでの現役引退を16日に表明したサッカー日本女子代表の澤穂希選手(37)(INAC神戸)。20年以上にわたって女子サッカー界を引っ張り、日本女子代表「なでしこジャパン」の人気、実力を高めてきた。代表の仲間や関係者らは引退を惜しむとともに、功績をたたえた。
 INAC神戸によると、澤選手は12月に入って現役を退く意向をチームに報告。この日の練習後、本人がチームメートに引退を明かした。文弘宣会長(65)は「背中を見ているだけで若手が成長する選手。今後、彼女のような選手は出てこないだろう」とたたえた。
 突然の引退に、日本女子代表の佐々木則夫監督(57)は「ここぞという時に点を取り、勝利に導いてくれた。出会った中でも特別な選手。引退は残念だが、次の人生でも輝いてほしい」とエール。代表で一緒にプレーした丸山桂里奈選手(32)(大阪高槻)は「一緒にプレーした時間は宝物。『長い間、お疲れさまでした』とメールで伝えると、『現役を全うしてね』という言葉をもらった」と語った。
 澤選手は、日本代表として通算83得点。男子の釜本邦茂さん(71)の75得点を抜き、男女を通じて歴代最多得点を挙げた。釜本さんは「二十数年間、引っ張ってきた証し。彼女が頑張ったことで、なでしこというチーム(の価値)が高まった」とねぎらった。親交の深いレスリング女子の吉田沙保里選手(33)(ALSOK)は「突然でびっくり。澤さんを見て、女子レスリングを引っ張っていけたらと思っていた」と明かし、4連覇を目指す来年のリオデジャネイロ五輪へ「澤さんの分まで頑張る」と誓った。
 澤選手の母・満壽子まいこさんは事前に聞かされていなかったので驚いたといい、「様々なタイトルを獲得できたことは、彼女と同様に私もうれしく思っている」と誇らしげに語った。
 澤選手の活躍は、チームの拠点・神戸を元気づけてきた。チーム公認の応援会の玉井芳郎会長(62)は「リオ五輪でのプレーを楽しみにしていたが、若手の成長に安心して引退を決めたのでは。ファンにたくさんの幸せを与えてくれた」と感謝。INAC神戸の選手が利用する商店街「大安亭市場」(神戸市中央区)の桑山鉄男・協同組合理事長(72)は「若手を指導し、日本の女子サッカーをさらに強くしてほしい」と期待した。
 via http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20151217-OYO1T50000.html

CWY9k-sUkAAimUa[1]

・引退発表の澤「トップレベルで戦うことが難しくなった」…指導者への道も示唆
 今季限りの現役引退を発表したINAC神戸のMF澤穂希が17日、都内で引退記者会見を行った。
 15歳から日本を背負って戦い続け今年37歳で現役引退を決めた澤。「人生最大の決断だった」と明かすが、「悔いのないやりきったサッカー人生でした」と、充実したキャリアだったとコメント。引退理由については、言葉を詰まらせながらも「心と体が一致してトップレベルで戦うことがだんだん難しくなったと感じたから」と説明した。
 将来については「体と心を休ませてから、サッカーはもちろん、澤穂希にしかできない仕事をしていきたい」と明かすと、「子供が好きなので、普及活動や子どもたちに夢を与える仕事がしたい」とコメント。「現役中は指導者はないと思っていたけど、もしかしたら引退後に指導者をやりたいという気持ちになるかもしれない。その時の気持ちを大事にしたい」と指導者への道を進む可能性も明かした。
 INAC神戸は、19日に行われる皇后杯で準々決勝でASエルフェン埼玉と対戦する。同大会で最大3試合出場できるチャンスがある澤は、「サッカー選手・澤穂希として最後、生き様を見せたいと思います」と優勝へ意気込みを語った。
 via http://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20151217/380703.html

・電撃引退を表明した「澤穂希」の経歴が改めて凄すぎる件
 http://matome.naver.jp/odai/2145027526332598001

1a458b88f70a053df9d1276d68b335a7[1] 
 (※赤または青色は、日本人女子サッカー選手として初受賞)

・澤穂希が神頼みをした1試合。なでしこジャパン“以前”の分岐点
 http://www.footballchannel.jp/2015/12/19/post127693/

◇2011年ドイツW杯決勝、米国との対戦で決めた劇的同点弾


◇澤穂希が自らの決勝ゴールで有終の美飾る…神戸、2年ぶり5度目の皇后杯制覇
20151227-01533509-gekisaka-000-3-view[1]

WS001
 女子サッカーの頂点を決するトーナメント、『第37回皇后杯 全日本女子サッカー選手権大会』の決勝戦が27日に神奈川・等々力陸上競技場で行われ、アルビレックス新潟レディースとINAC神戸レオネッサが対戦した。
 2年前の決勝と同カードとなった今大会の決勝戦。初優勝を目指す新潟はその2年前を含めた過去2回の決勝戦でいずれも神戸に敗れており、リベンジに燃える。対する神戸は、澤穂希にとってこの試合が現役ラストゲーム。日本女子サッカー界をけん引してきた澤の引退に華を添えるべく、2年ぶり5度目の大会制覇を狙う。23日の準決勝にフル出場した澤は決勝の舞台でも先発に名を連ねた。
 最初のチャンスは神戸。6分、ピッチ中央でボールを持った澤がDFラインの裏に浮き球のスルーパスを送ると、抜け出した中島依美がシュートまで持ち込んだが、ここはDFのブロックに阻まれてしまった。対する新潟は24分、右サイドの左山桃子が右足で上げたクロスにエリア内の小島美玖がヘディングで合わせたが、シュートはGKの正面に飛んだ。
 44分には神戸に決定機が訪れる。右サイドから攻め上がると、川澄奈穂美が左足で低い弾道のクロスを供給し、ゴール前に走り込んだ中島が右足ハーフボレーで狙う。しかしGK福村香奈絵が好セーブで阻むと、こぼれ球に反応した中島が押し込む前にDFが身体を張ってクリアした。試合はスコアレスのまま前半を折り返す。
 後半に入り49分、神戸は左CKを得るとニアサイドに走り込んだ澤がヘディングシュートを放ったが、ここは枠を捉えることができなかった。
 なかなかシュートチャンスが作れず拮抗した時間が続くと、両チームともに選手交代で打開を図る。神戸は69分、高瀬愛実に代えて増矢理花を投入。新潟は70分に山崎円美を下げて渡辺彩香をピッチへ送り出した。
 すると78分に試合が動く。右CKを得た神戸はキッカーの川澄が蹴ったクロスに中央の澤がヘディングで合わせ、シュートをゴール右隅に決めた。
 試合は澤のゴールが決勝点となり1-0で終了。神戸が2年ぶり5度目の皇后杯制覇を成し遂げた。[2015.12.27]
via http://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20151227/383380.html

CXNpKgPUAAAioFo[1]

・78’澤穂希のゴール





64340821-s[1]

・澤穂希の軌跡(1)阪口夢穂とだからこそできた、「驚きのダブルボランチ」
 http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2016/01/07/post_1042/

・澤穂希の軌跡(2)宮間あやの想い「すべてはホマを輝かせるため」
 http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2016/01/09/post_1043/

・澤穂希の軌跡(3)「もっと攻めて」最後に叶った大野忍の願い
 http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2016/01/10/post_1046/
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |