FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

梶田隆章氏にノーベル賞物理学賞=ニュートリノの質量確認 はてなブックマーク - 梶田隆章氏にノーベル賞物理学賞=ニュートリノの質量確認

s0020048575[1]
 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、素粒子「ニュートリノ」に質量があることを初めて確認した梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)と、カナダ・クイーンズ大のアーサー・マクドナルド名誉教授(72)の2人に授与すると発表した。
 日本人のノーベル賞は5日に医学生理学賞の受賞が決まった大村智・北里大特別栄誉教授(80)に続き24人目。物理学賞は、青色発光ダイオード(LED)の開発で赤崎勇名城大教授(86)ら3人が受賞した昨年に続き、2年連続となった。
 梶田氏は東京大で記者会見し、「非常に光栄で、まだ頭が真っ白な状態。すぐ役立つものでない純粋科学にスポットを当てていただき、非常にうれしい」と述べた。
 物質を構成する素粒子の一つニュートリノは、1930年代に存在が予言され、50年代に原子炉を使った実験で初めて検出された。だが、その後の実験でも質量が確認できず、質量はゼロと考えられてきた。
 梶田氏は98年、岐阜県飛騨市の素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」で、宇宙線が地球の大気と衝突してできた大気ニュートリノの観測から、ニュートリノがごくわずかな質量を持つ証拠となる「ニュートリノ振動」という現象を初めて捉えた。
 カナダの研究チームを率いたマクドナルド氏は01年、太陽から飛来するニュートリノを観測し、同様にニュートリノ振動を確認した。
 スーパーカミオカンデの前身の「カミオカンデ」では87年、小柴昌俊東大特別栄誉教授(89)が超新星爆発で飛来したニュートリノを検出し、02年のノーベル物理学賞を受賞している。
 梶田氏と戸塚洋二・元高エネルギー加速器研究機構長(故人)は小柴氏の下で研究に従事。小柴氏の研究を受け継ぎ、ニュートリノの解明を進めた。
 授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。賞金800万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)は、梶田氏とマクドナルド氏で半分ずつ分ける。
[2015.10.06]
 via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2015100600818&m=rss

◆ノーベル賞:日本人歴代受賞者
基本 CMYK

・とらえた「幽霊粒子」 半世紀の謎を解明、宇宙形成に迫る
 http://www.sankei.com/life/news/151006/lif1510060067-n1.html

・ノーベル物理学賞に梶田さん‥質量の存在が確認された「ニュートリノ」とは?
 http://matome.naver.jp/odai/2144412989624124801


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |