FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[動画] 王貞治さんの野球人生を描いた台湾制作の短編動画 はてなブックマーク - [動画] 王貞治さんの野球人生を描いた台湾制作の短編動画


via http://rocketnews24.com/2015/12/25/683722/
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[MLB] イチロー 王さん超える日米通算1968得点! はてなブックマーク - [MLB] イチロー 王さん超える日米通算1968得点!

WS001
 マーリンズのイチローは25日(日本時間26日)、マイアミで行われたナショナルズ戦に「7番・左翼」で5試合連続で先発出場し、8回に得点を記録。日米通算1968得点(日本658、メジャー1310)となり、ソフトバンクの王会長が持つ日本プロ野球記録を更新した。
 2回の第1打席はニゴロ併殺、4回は左安打で出塁もホームは踏めず、6回には二ゴロのイチローだったが、4―0で迎えた8回、スタントンがソロ本塁打を放ち5―0となり、なおも2死一塁で右前打を放ち出塁。続くエチャバリアが2号3ランを放ちホームを踏んだ。この日は4打数2安打1得点で、打率は・286となった。
 試合も8―0の快勝で今季最長の4連勝で、ナ・リーグ東地区でナショナルズと並び3位に浮上した。腰の張りを訴えていた正左翼手のイエリチがDL入りしたため、先発出場が続くが、今季イチローが先発した試合は9試合で6勝目。明らかにチームの原動力となっている。
 大リーグ記録はアスレチックスなどで活躍し、米国野球殿堂入りしているリッキー・ヘンダーソンの2295得点。
 試合後、イチローは通訳を通じ「王さんがプレーをしていた時は1シーズン130試合だったのだから公平ではないと思う(メジャーは162試合)。それで、868本塁打を打っているんだから…。王さんの記録は自分より偉大だと思う」と敬意を表していた。
via http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/04/26/kiji/K20150426010240590.html

・『世界の王』に無言の敬意!イチロー日米通算1967得点で日本記録達成!
 http://matome.naver.jp/odai/2142997886421899601

◆イチロー、王に並ぶ1967得点=日米通算で最多タイ 節目の得点、イチローらしく=王さんとタイ、内野安打から
0150425at22_p[1]
 節目の得点記録を、イチローらしく決めた。1点を追う五回2死から遊撃内野安打で出塁し、次打者の安打で二進。9番で投手のレートスが中前打を放ち、二塁から俊足を飛ばして本塁を駆け抜け同点とした。
 オリックスにいた日本で658点、米大リーグ3球団で1309点とし、日米通算1967点。巨人で22年間、本塁打王として鳴らした王貞治さん(現ソフトバンク球団会長)の持つ日本プロ野球最多記録に並んだ。868本塁打を量産し、四球も多かった王さんに対して、イチローは日米通算230本塁打。打者としてのタイプは全く違う。日本より試合数の多い大リーグ15年目で、けがなく試合に出続けたからこそ、到達できた数字だ。
ナショナルズ戦の5回、日米通算1967得点となる本塁を踏むマーリンズのイチロー=24日、フロリダ州マイアミ
 ワールド・ベースボール・クラシックでは監督と選手の関係だった2人のバットマンが、一つの記録で交わった試合。イチローの得点で勢いづいたチームは、競り合いを制して3連勝とした。左翼でレギュラーのイエリチが腰の張りで故障者リスト入りし、41歳の先発機会はますます増えそう。イチローは報道陣に対応しなかったが、レドモンド監督は「チームにとって大きな存在。楽しんでプレーしている」と頼もしそうに話した。[2015.04.25]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015042500121&m=rss

◆本塁打王に並んだイチロー=安打製造機が最多得点
 米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手が24日のナショナルズ戦で日米通算1967得点とし、王貞治さん(現ソフトバンク球団会長)の持つ日本プロ野球記録に並んだ。バットマンとして対照的な両雄が、ホームインの回数で肩を並べた。

0150425at46_p[1]

 巨人一筋に22年間、2831試合で王さんがつくった記録に、イチローは日米通算24年目の3172試合で到達した。積極的に打って出るスタイルで安打数を追求し、日米通算4132安打。大リーグ1年目の2001年から8年連続で年間100得点以上をマークし、主に1番打者としてチャンスメーカーに徹して生還し続けた。
 通算868本塁打で知られる王さんは、勝負を避けられることも多かった。四球も2390と日本球界1位で、得点記録に結びついている。イチローに並ばれて「どんな記録も破られ、更新されるべきもの。(メジャーには)まだ上の記録があるのだから、これからも積み上げていってほしいね」とエールを送った。
 イチローはタイ記録達成に言葉を残さなかった。通算出場試合で日米最多となった昨季は「僕は僕の感覚しか分からない。人がどういう感覚になっていくかは面白いけど」と話したこともある。大リーグの最多得点記録は、リッキー・ヘンダーソンの2295得点。大リーグに限れば1309点のイチローにとっては、関心の低い記録なのかもしれない。[2015.04.25]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015042500204&m=rss
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |