FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[高校野球] 済美が延長13回に劇的サヨナラ勝利 矢野が史上2人目のサヨナラ満塁弾 はてなブックマーク - [高校野球] 済美が延長13回に劇的サヨナラ勝利 矢野が史上2人目のサヨナラ満塁弾

dc2f1b040b9f5e4abd9e5dfec4e1a004

origin_1

e3774c3f
■星稜は9回に同点、13回に勝ち越すも…
 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第8日、第3試合は済美(愛媛)がタイブレーク方式の延長13回の末、星稜(石川)に13-11で劇的サヨナラ勝利を飾った。
 8回裏まで試合の主導権を握ったのは星稜だった。星稜は初回、1死から2番・河井が左翼へのヒットで出塁すると、続く1年・内山が四球を選び、1死一、二塁。ここで4番・南保、5番・竹谷のクリーンナップコンビが連続タイムリーで3点を先制した。なおも2死二塁から7番・鯰田、8番・山瀬にも連続タイムリーが飛び出し、初回に打者一巡5点の猛攻を見せた。
 3回には先頭の南保が左翼への三塁打を放った後、続く竹谷の打席で済美の先発・山口直が暴投し、1点を追加。5回には2死二塁から鯰田が、相手遊撃の失策を誘う間に二塁走者が生還した。
 だが、7-1と星稜が6点をリードする8回裏にドラマは生まれた。済美が、星稜の4番手・竹谷に襲い掛かった。先頭・政吉が死球、続く矢野が投手強襲の内野安打で出塁し、無死一、二塁とすると2番・中井雄が左前にタイムリーを運び、まずは1点を返す。なおも1死一、二塁で4番・池内が左前にタイムリーを放つと、続く伊藤が中前打で1死満塁。ここで山口直が押し出し死球を呼び、3点差とした。
 ここで星稜は竹谷に代わり寺西を投入。だが、勢いづいた済美打線は止まらない。2死満塁から武田が二塁へ内野安打の間に2者が生還。最後は2死一、三塁から、この回2度目の打席に立った政吉が、左翼席へ逆転3ランをたたき込み、9-7と2点勝ち越しに成功した。
 済美が勝利目前の9回表。今度は星稜が意地を見せる。1死から内山、南保が右翼へ連続ヒットで一、二塁。続く竹谷がセンターへタイムリーを弾き返し、1点差に詰め寄る。さらに2死一、二塁から鯰田が左翼へ放った浅めのフライを左翼手が取れず。星稜は土壇場で同点に追いついた。
 試合は今大会4度目の延長戦に突入。10回と11回は両軍ともに無得点。済美は12回表に星稜を3者凡退に抑えると、その裏、先頭の芦屋が中越え二塁打。続く池内が四球で歩いた後、伊藤が送って、1死二、三塁の絶好機を迎える。ここで山口直が四球で1死満塁としたが、星稜6人目の寺沢に2者連続三振に斬られ、勝負は今回大会2度目のタイブレークに持ち込まれた。
 延長13回、星稜は無死一、二塁から東海林が一塁ゴロで1死二、三塁と走者を進めると、続く河井のボテボテの三ゴロで三塁走者が果敢に本塁を目指し、セーフをもぎとった。なおも1死一、三塁で今度は佐々井が見事スクイズを決め、星稜は2点勝ち越しに成功する。
 だが、済美も諦めない。無死一、二塁から政吉が三塁線へセーフティバントを決めて無死満塁。ここで矢野が右翼ポールを直撃する満塁弾アーチ。大会史上2人目の快挙でチームは劇的なサヨナラ勝利に導いた。[2018.08.12]
via https://full-count.jp/2018/08/12/post178143/




・テキスト速報(済美-星稜) | 高校野球(甲子園):https://vk.sportsbull.jp/koshien/text_sokuhou/2018081263.html

・ハイライト
https://vk.sportsbull.jp/koshien/digest/20180812_3d.html

・逆転サヨナラ満塁弾で済美勝利も‥タイブレーク制度に様々な声
 https://matome.naver.jp/odai/2153406050056157501
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[第99回全国高校野球選手権] 広陵・中村奨成、32年前の清原超え1大会6本塁打 はてなブックマーク - [第99回全国高校野球選手権] 広陵・中村奨成、32年前の清原超え1大会6本塁打

246684
<全国高校野球選手権:広陵12-9天理>◇22日◇準決勝
 今大会NO・1捕手として注目される広陵(広島)のドラフト1位候補、中村奨成(しょうせい=3年)が、85年に清原和博(PL学園)が記録した1大会最多の5本塁打を抜いた。
 準決勝の天理(奈良)戦の1回表の第1打席、1死二塁で初球を叩きバックスクリーンへ2ランを放った。

‚Z–ì‹…€ŒˆŸE“V—|L—Ë^’†

第3打席の5回表、先頭打者で中越えソロ本塁打を放ち、この日2本目。1大会6本塁打となり、ついに大会新記録をマークした。

‚Z–ì‹…€ŒˆŸE“V—|L—Ë^’†



試合前は新記録について「あまり考えてない」と話していたが、無欲で快挙を達成した。
 中村は1回戦の中京大中京(愛知)戦の第3打席で右越えソロ、第5打席に右越え2ラン。2回戦の秀岳館(熊本)戦の第5打席に左越え3ラン。3回戦の聖光学園(福島)戦の第5打席で左越え2ランを放っていた。4試合連続本塁打が期待された準々決勝の仙台育英(宮城)戦は本塁打こそ出なかったが、準々決勝までの4試合で18打数12安打10打点と当たりにあたっていた。なお、3試合連続本塁打は中村含めてこれまで8人いる。
[2017.08.22]

 ◆中村奨成(なかむら・しょうせい)1999年(平11)6月6日生まれ、広島県出身。大野東小1年から野球を始め、3年から捕手になる。中学は「大野シニア」に所属し、3年に県8強入り。広陵では1年春の県大会で背番号20ながらレギュラーを任され、1年夏から背番号2。50メートル6秒0。遠投120メートル。181センチ、78キロ。右投げ右打ち。
 via https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1875016.html

・広陵・中村、自己採点は「80点」 大会新6本塁打でも
 広陵の中村が軽々と記録を超えていった。史上最多タイの1大会5本塁打に並んだだけでなく、大会新の6本目のアーチを描いた。まずは試合開始直後の一回1死二塁。初球。134キロを振り抜く。「うぉー」という球場中の歓声に乗って、打球を一直線にバックスクリーンまで届けた。
 そして2発目は五回。先頭で左中間席に放った。1点を追う展開で、バットでチームを鼓舞した。中村は「両方とも速くて甘い球を狙っていた。それを逃したくなくてフルスイングした結果。打ち合いを予想していたけど打ち勝ててよかった」と喜んだ。
 1大会5本は清原和博(PL学園)が1985年に樹立した。「どうせやるなら超えたい」と話していた中村が有言実行した。
 もっとも更新したのは、本塁打の記録だけにとどまらない。この日は4安打7打点で1大会の個人最多打点を17、塁打数を38にまで伸ばし、新記録を打ち立てた。ただ中村の自己採点は「80点」。三回に遊飛に倒れたのが許せないのだという。恐ろしい打者が、今年も甲子園で生まれた。
via http://digital.asahi.com/articles/ASK8Q2RSGK8QUTQP006.html

large01

・広陵 中村奨成 清原を超える甲子園6本のホームラン


・あの清原を超えた!…『広陵・中村奨成』の打撃が凄すぎる
 https://matome.naver.jp/odai/2150338849772453901

・中村の2本目は、外の直球だった。天理・碓井はなぜ首を振ったのか。
 http://number.bunshun.jp/articles/-/828724

・広陵・中村奨成の本質は守備にある。配球からまめさまで、肩以外も凄い。
 http://number.bunshun.jp/articles/-/828728

・中村奨成が最後に空を見上げた理由。広陵の全員野球を象徴する一場面。
  http://number.bunshun.jp/articles/-/828730
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[高校野球] 今夏限りで休部のPL学園終戦 6-7で涙 はてなブックマーク - [高校野球] 今夏限りで休部のPL学園終戦 6-7で涙

WS002

CnZFsZzVUAAkAe6

<高校野球大阪大会:東大阪大柏原7-6PL学園>◇15日◇2回戦◇花園中央公園野球場
 今夏限りでの休部が決まっている名門PL学園が今夏初戦。6-7で敗れ涙をのんだ。前日14日、練習中に河野友哉内野手(3年)が大腿(だいたい)を骨折。外野手の正垣は亜脱臼で出場可能な11人から戦線離脱。実質9人で戦うことになった。内野スタンドは超満員、OB桑田真澄氏のものまね芸人、桑田ます似も登場した。観衆は通常の3倍にあたる2800人が観戦。報道陣は220人。[2016.07.15]

■PL学園野球部の歴史
 硬式野球部は1956年(昭31)創部。62年春に甲子園初出場を果たした。70年夏は東海大相模、72年夏は桜美林に敗れ準優勝に終わったが、春夏通じ12度目の出場となった78年夏、中京との準決勝を延長12回サヨナラ、高知商との決勝を9回サヨナラ、いずれも土壇場での大逆転劇で制して初優勝し「逆転のPL」の異名をとった。80年代に入ると桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」を軸に人気、実力共に不動の地位を築いた。その後も甲子園で好成績を収め続け、98年夏には松坂大輔擁する横浜との延長17回の死闘など、印象に残る数多くの試合でファンを魅了し、プロ野球選手も多数輩出した。近年は09年夏を最後に甲子園出場はなく、不祥事が相次いだことや学園の方針もあり15年度から新入部員の募集を停止。昨秋の大阪大会は2年生12人で臨み、初戦で敗退していた。甲子園は春20度出場し3度優勝(通算48勝17敗)、夏は17度出場し4度優勝(通算48勝13敗)。現役プロ野球選手のOBにドジャース前田健太投手、阪神福留孝介外野手、楽天松井稼頭央外野手、同今江敏晃内野手、ロッテ・サブロー外野手、広島小窪哲也内野手、阪神緒方凌介外野手、巨人吉川大幾内野手

via http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1678535.html

・PL学園、最後の夏終わる 「永遠の学園」初戦敗退
 http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/15/pl-defeated_n_11008408.html

・PL学園初戦敗退で野球部休部 OB選手で振り返る栄光の歴史
 https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/plgakuen?utm_term=.kb7g1LLja#.hxxz5QQl3

・PL学園中学校・高等学校 :Wikipedia
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1998年に甲子園春夏連覇の立役者となった松坂大輔のスゴサ はてなブックマーク - 1998年に甲子園春夏連覇の立役者となった松坂大輔のスゴサ

E69DBEE59D82[1]

■1998年夏の甲子園の準々決勝〜決勝

・1998年夏の甲子園
数々の伝説を残してきた「平成の怪物」だが、中でも有名なのは1998年夏の甲子園だ。松坂投手を擁する横浜高校は、前年の新チーム結成から無敗と向かうところ敵なし。春のセンバツも優勝し、他校から完全マークされて夏を迎えた。
とはいえ、その強さは止められない。順調に地方予選を突破し、甲子園に駒を進めると、大会が始まっても、柳ヶ浦高校、鹿児島実業、星稜高校を撃破。優勝という糸にたぐり寄せられているかのように勝ち上がっていった。

・PL学園との死闘
そして迎えたPL学園との準々決勝である。延長に突入してもなお、決着がつかず、突き放しては追いつかれる……という一進一退が続く死闘となった。17回までもつれ、再試合になるだろう。誰もがそう思い始めていた。
しかし、横浜高校は17回に三度勝ち越し。最後までマウンドに立ち続けて完封した松坂投手の球数は、なんと「250球」にも達していた。勝者が涙し、敗者が笑顔になる……そんな死闘を物語るような光景も印象的な試合であった。

・松坂投手が投げることで試合が動く
また、劇的な勝利はそれだけではない。翌日の準決勝・明徳義塾戦でも横浜高校は、窮地に立たされた。PL学園戦で延長まで投げ抜いたことで、松坂投手はレフトで先発。8回まで6点ものリードを許す展開となってしまう。
しかし、横浜高校は8回裏から怒濤の反撃。まず4点を返すと、9回表のマウンドには満を持して松坂投手が登場した。そして三者凡退でピシャリと抑え、9回裏の攻撃で一気に逆転。2イニングで6点差をひっくり返してみせたのだ。

・ドラマのような優勝
もうこれ以上のドラマはない。そう、誰もが思うところだが……決勝の京都成章戦では、ご存知ノーヒットノーランの大偉業。松坂投手は自ら優勝に華を添えた。ちなみに横浜高校は国体を含め、公式戦で44連勝。無敗で1年を締めくくっている。
 via http://rocketnews24.com/2015/02/13/544683/

■プロデビュー戦


■イチローとの初対戦



関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 04:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[高校野球] 石川:星稜 奇跡の大逆転!9回裏に8点差ひっくり返し2年連続甲子園出場! はてなブックマーク - [高校野球] 石川:星稜 奇跡の大逆転!9回裏に8点差ひっくり返し2年連続甲子園出場!

◆第96回全国高校野球選手権石川大会決勝 星稜9―8小松大谷 (7月27日 石川県立野球場)
 石川県大会では、星稜が9回に8点差をひっくり返し、9―8で小松大谷に逆転サヨナラ勝ちし、2年連続17度目の優勝を果たした。
 5回にようやく初安打が出るなど沈黙と続けていた星稜打線だが、0―8で迎えた9回表、プロ注目の星稜のエース・岩下が三者連続三振を取り流れを変えた。
 その裏、疲れの見えた小松大谷のエース・山下を攻め、今村、村上のタイムリーで2点を返したところで小松大谷は投手交代。だが、攻撃の手を緩めず岩下の場外弾などで8―8とし、最後は2死一、三塁で佐竹が左越えへサヨナラタイムリーを放って試合を決めた。
via http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/27/kiji/K20140727008640180.html

large[1]

54a58a98[1] WS001

・9回裏 星稜の攻撃 ハイライト : ダイジェスト版


・ノーカット版


・甲子園予選、星稜が9回裏になんと8点差を大逆転!その全打席を振り返る
 http://spotlight-media.jp/article/42628572019981836
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT