FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[世界卓球2017ドイツ] ミックスダブルス-吉村真晴/石川佳純組が48年ぶり金メダル~フルセット奇跡の大逆転 はてなブックマーク - [世界卓球2017ドイツ] ミックスダブルス-吉村真晴/石川佳純組が48年ぶり金メダル~フルセット奇跡の大逆転

96958A9E9381969AE2E19AE7838DE2E1E2E4E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXMZO1728375004062017000001-PB1-6
ドイツで開かれている卓球の世界選手権はミックスダブルスの決勝が行われ、日本の吉村真晴選手と石川佳純選手のペアが台湾のペアにゲームカウント4対3で逆転勝ちし、金メダルを獲得しました。卓球の世界選手権で、日本選手が金メダルを獲得したのは38年ぶりです。
ドイツで開かれている卓球の世界選手権は大会6日目の3日、ミックスダブルスの決勝が行われ、前回銀メダルを獲得した日本の吉村選手と石川選手のペアは台湾の陳建安選手と鄭怡静選手のペアと対戦しました。
吉村選手と石川選手は序盤、ペースをつかめずに先に3ゲームを奪われて追い込まれましたが、第5ゲームから3ゲームを連取して、ゲームカウント4対3で逆転勝ちし、金メダルを獲得しました。
卓球のミックスダブルスはオリンピックでは実施されていませんが、世界選手権では日本選手として48年ぶりの金メダルとなり、すべての種目を含めても1979年に男子シングルスの小野誠治選手が獲得して以来、38年ぶりの快挙となりました。
吉村選手は「前回決勝で敗れてから2年間悔しい思いをしてきたので、今回は絶対に金メダルを取ろうと思って臨んだ。最高の気持ちです」と笑顔で話していました。また、石川選手は「苦しい試合展開だったが、なんとか諦めずに最後までできてよかった」と涙を流しながら話していました。[2016.06.03]
via http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170603/k10011005871000.html

96958A9E9381969AE2E19AE7838DE2E1E2E4E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXMZO1728373004062017000001-PB1-6

6bd5364b

・決勝ハイライト




・混合ダブルスで吉村&石川組が38年ぶり優勝…卓球日本勢の躍進が止まらない!
 https://matome.naver.jp/odai/2149652948790234701
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[リオオリンピック] 卓球女子団体、日本が銅メダル-福原愛、勝利に涙 はてなブックマーク - [リオオリンピック] 卓球女子団体、日本が銅メダル-福原愛、勝利に涙

sub-buzz-2384-1471386884-2

proxy
リオデジャネイロ・オリンピック12日目の8月16日(現地時間)に行われた卓球女子団体の3位決定戦で、日本はシンガポールを3勝1敗で破り銅メダルを獲得した。2012年ロンドン五輪の銀メダルに続き、2大会連続のメダルとなった。
第1試合、日本は福原愛(27)が登場するも、フルゲームの末に初戦を落とした。第2試合ではエース石川佳純(23)がロンドン五輪女子シングルス3位決定戦で敗れたフェン・ティアンウェイとの対決を3-0で勝利し、タイに持ち込んだ。
第3試合のダブルスは福原、伊藤美誠(15)ペアが登場。3-1でユ・モンユ、ジョウ・イーハン組に勝利。後半、シンガポールペアにはミスが続いた。
続く第4試合は伊藤が、フェン・ティアンウェイと対戦。格上の実力者を相手に、伊藤は果敢にアタック。3-0で圧倒し、ゲームセット。日本は3勝1敗で銅メダルを決めた。
メダル獲得を決めた瞬間、伊藤は笑顔で拳を突き上げて喜びを表現。準決勝でドイツに敗れた際、「唇を噛んででも、泣くわけにいかなかった」と語っていた福原は試合後、涙ぐみながら「本当によかったです。足を引っ張ってばかりで。みんなに感謝しています」と語った。

■試合後のコメント
・福原愛「本当によかったです。足を引っ張ってばかりで。みんなに感謝しています。銅メダルをお見せすることができたので、ホッとしています。一昨日(卓球女子団体の準決勝)も負けてしまって、何度も何度も思い出しては後悔してという昨日と今日だった。絶対に死ぬ気で勝ちにいきました。いい試合もあったけれど、苦しい試合もそれと同じぐらいあったので、本当に苦しいオリンピックでした」

・石川佳純「うれしいです。最高です。今日の試合は一昨日負けてすごく悔しかったので、みんなで本当に一丸となって戦いましたし、本当に3人で勝ち取った勝利です。4年前とはやっぱり違う自分を見せたいという気持ちでしたし、今日は自分の力を出せれば、絶対に勝てると思っていましたし、(第2試合で)0-1で回ってきても絶対自分が1-1に戻すんだという気持ちで頑張りました。シングルスは本当に残念でしたけど、団体でもメダルが欲しかったので、こういうふうに銅メダルを獲得できて、本当に本当に嬉しいです」

・伊藤美誠「絶対にメダルを取るという目標を立てていたので、チームに組めて光栄ですし、この3人でメダルを取れて嬉しいです。自分が4番で回ってきたときに、しっかり決めるっていう思いで望んだので、力が発揮できて良かったかなと思います。すごく嬉しかった。みんなで掴んだメダルということで、シングルスよりも、もっともっと嬉しいメダルだったと思います」
via http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/16/table-tennis-womens-team-bronz_n_11548088.html


・ハイライト
 http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=29882.html
http://www.gorin.jp/video/5085268553001.html

・銅メダルを獲ったのに切ない涙があふれるのは、その瞬間にはなかった笑顔を、これから愛が作らなくてはならないから。
 http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/53191491.html

・まるで三姉妹!卓球女子の愛あるチームワークに感動が止まらない。
 http://spotlight-media.jp/article/314892496889217424

slide_499630_6949906_compressed-vert

・こぼした涙の意味=主将福原、銀より重い銅

sub-buzz-6453-1471412411-1
 こぼれる大粒の涙が銅メダルの重さを物語っていた。それは、前回ロンドン五輪の銀よりも確かに重い。この4年間、福原は代表チームを献身的に支えてきた。「最年長で主将。絶対に泣かないと頑張ったけど、我慢できなかった」。苦悩と葛藤が続いた日々だった。
 ロンドン五輪には平野早矢香がいた。特筆すべき才能を持たなかった先輩のひたむきに努力する背中を、福原と石川は見て強くなっていった。そんな頼れる存在が去り、任された主将。性格的に得意な役回りではない。
 元日本女子代表監督の近藤欽司さんは、「周りに気を使い過ぎるくらい気配りをする。期待を受けて(自分を)コントロールできない時もあった」と福原に一種の危うさを見ていた。その観察眼の通り、昨秋のアジア選手権で過労と心労がたたり、福原は体調を崩した。
 ある日、練習パートナーに「周りを考える暇があったら自分のことを考えなさい」と諭された。ハッと我に返り、肩の力が抜けた。
 リオの戦いはシングルスで初めて4強入り。団体は苦戦し、準決勝のドイツ戦で石川は2勝し、自身と伊藤は1勝もできなかった。「ものすごく悔いが残って、苦しくて。みんなにしこりが残っては駄目」
 3位決定戦に向けた翌日の練習で「銅にも大きな価値がある。もう一度まとまって頑張ろう」と声を掛けた。伊藤は「落ち込む姿を見せず、盛り上げてくれた」と意図をくみ取った。
 4歳で全国大会にデビュー。幼少時から脚光を浴び続け、泣くだけでニュースになった子どもは常にラケットを振り続け、強い中国から学び、選手としても人としても成長を遂げ27歳になった。今後について聞かれると、「終わったばかり。この銅メダルの余韻に浸りたい」。心地よい達成感の中で、やっと自分だけの思いにふけることができる。
via http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081700662&g=spo

・「自主キャプテン」福原愛の止まらぬ涙。卓球女子、歓喜の銅メダル
 https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/other/2016/08/17/___split/

・【福原愛】かつての“泣き虫愛ちゃん”、リオで後輩を支える姿が昔の写真に見えた
 https://www.buzzfeed.com/keigoisashi/congratulations-bronze-medal?utm_term=.uuOK1RRkB#.jkKBoNN96

sub-buzz-6430-1471402061-2
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |