FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性=地球から40光年先 はてなブックマーク - NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性=地球から40光年先

96958A9E93819595E0E09AE3858DE0E0E2E0E0E2E3E59793E3E2E2E2-DSXMZO1324250022022017EA1002-PB1-3
※恒星(左)と7つの惑星の想像図
 米航空宇宙局(NASA)は地球によく似た太陽系外惑星7つを39光年先の宇宙で発見した。大きさは地球とほぼ同じで、一部には海が存在する可能性がある。生命に不可欠な水が液体の状態で存在すれば、地球外生命への期待が高まりそうだ。ベルギーのリエージュ大学などとの共同研究で、論文は英科学誌ネイチャー(電子版)に23日掲載される。
 みずがめ座の方角に39光年離れた恒星「トラピスト1」の周りに、大きさが地球の0.76~1.13倍の惑星7つが見つかった。1つの恒星系で7つも見つかるのは珍しい。このうち6つは地球に似た質量で、岩石でできているとみられる。赤外線をとらえるNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測した。
 少なくとも3つの惑星は地表に水が液体のまま存在する可能性があるという。惑星は恒星からの距離が程よく「ハビタブル(生命が住むのに適した)ゾーン」にある。水が蒸発するほど暑すぎたり、凍るほど寒すぎたりすることはない。
 トラピスト1は太陽より暗くて冷たい恒星だが、惑星はいずれも地球と太陽の距離より数十分の1の近さで周回する。惑星はちょうどよい温度を保てるという。
 ネイチャー誌は論文の内容を報じたニュース記事で、発見された惑星を「地球の7つの妹」と名付けた。トラピスト1は若い星で、太陽が数十億年後に燃え尽きても10兆年は寿命が残されているため「生命の進化に十分な時間がある」と推測する。
 NASAは2015年7月、地球から1400光年離れたところに液体の水が存在する可能性がある惑星「ケプラー452b」を発見し「地球のいとこ」と呼んだ。これに比べると今回の惑星は近いが、39光年は光の速さで移動しても39年かかる。将来、惑星を探査したり人間が移住したりするには技術革新が要る。[2017.02.23]
■太陽系外惑星 
太陽系の外にある恒星の周りを回る惑星。1990年代以降、3000を超える系外惑星が特殊な観測技術によって確認されている。木星よりはるかに大きいガス惑星など様々なタイプがあるが、注目されているのは岩石や金属でできた地球型惑星だ。恒星のエネルギーの大きさと周回距離の関係から、温暖で液体の水が存在して生命を育むことができる惑星は、地球外生命が存在する有力な候補地とみられている。

via http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG22H1W_S7A220C1EA1000/

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010886861000.html
http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/22/trappist_n_14945460.html







関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルベルト・アインシュタインの一生を図解したインフォグラフィック はてなブックマーク - アルベルト・アインシュタインの一生を図解したインフォグラフィック

6dad3c113176a287893ec39c4a278f59[1]

208087be


◆アインシュタインが残した5つのあまり知られていない業績
 E=mc2。一般相対性理論。光電効果。ブラウン運動。自身が成し遂げた20世紀物理学の革命によって、アインシュタインは世界で最も有名な科学者となった。彼の代名詞でもある一般相対性理論は未だに科学的発見を支え続けている。だが、アインシュタインは一発屋ではなかった。生涯を通して大なり小なり、様々な着想を得ているのだ。そんな彼の少しマイナーな業績に触れてみよう。

・1. ラジオメーター
 1870年代、イギリスの化学者ウィリアム・クルックスがラジオメーターという面白いものを開発した。その発明はガラス製のバルブに風車のような金属片が入れられたものである。これを日光に当てると、不思議なことに回り出すのだ。
 興味をそそられたアインシュタインは、その仕組みの解明に没頭するようになる。その入れ込みようは、自分の姪に研究課題としてこれを選ぶよう説得したほどであった。やがてその謎が解け始めた。風車の暖かい側に分子が当たると、その羽の部分でより速く跳ね返るため、わずかに圧力が増すのだ。この圧力の微妙な差がラジオメーターを動かす原因だ。ただし、その最大速度については、別の効果による説明がなされる。

・2. アインシュタインの冷蔵庫
 アインシュタインは理論家としての顔が一番有名だが、黒板に式を書く姿だけが彼の全てではない。応用にも大きな関心を寄せており、アイデアを実現する実験を好んで行っていた。
 アインシュタインが考案した冷蔵庫もそうした1つで、これにはモーターも冷却液も使われていない。代わりに、低い圧力下ではより低い温度で水が沸騰することを利用していた。アインシュタインとシラードのアイデアは、アンモニアの蒸気の中でブタンで満たしたフラスコをバーナーで炙ることであった。アンモニア蒸気は圧力が低いため、ブタンの沸点が下がる。そしてブタンが沸騰すると、それが周囲からエネルギーを吸収し、隣接する区画が冷却されるのだ。
 スイスの特許庁に務めた日々は、アインシュタインに相対性理論を思い描く時間を提供しただけでなく、特許出願手続についても精通させるにいたった。そして、彼の新発明は1930年に無事特許が認可されている。

・3. 重力レンズ
 アインシュタインの才能の1つは、アイデアを知ったときにそれが優れたものかどうか見抜くことができたことだ。アマチュア科学者のルディ・マンドルが1936年、アイデアを携えて彼の許を訪れたとき、アインシュタインはすぐに注目した。周囲の人間は高名な科学者の邪魔をしないようマンドルをたしなめていたようだが、アインシュタインはその日の午後を丸々彼と過ごすことになる。
 マンドルの考えでは、宇宙の物体が十分に大きければその周囲の光が曲がり、重力による一種のレンズが作り出されるはずだった。実はアインシュタイン自身も以前にこの考えを思いついたことがあったが忘れていた。すぐに計算を行ない、そのプロセスを証明した。だが、それほど重要だとも思わなかったようで、マンディにせがまれるまで学会に発表することはなかった。”無駄な方法”はやがて数人の科学者によって洗練され、重力レンズは現代の宇宙論において、特に太陽系外の惑星を発見する際には不可欠となっている。

・4. ボース=アインシュタイン凝縮
 アインシュタインが無名の科学者のアイデアに耳を傾けたのは、その時だけではない。インドの物理学者サティエンドラ・ボースが光子の統計を計算する手法に関して手紙を送ってきた時もそうであった。ボースの考えは、同じ種類の粒子の集団の中では、全粒子は本質的に個々の見分けがつかないことを示唆していた。
 アインシュタインはすぐさま粒子を絶対零度まで冷やせば、同じ最低エネルギー状態へ落ち、見分けがつかなくなるとことに気がつく。すなわち、粒子の集合はあたかも大きな1つの粒子として振る舞い、完全に新しい状態の物質が形成されることを意味していた。このボース=アインシュタイン凝縮と呼ばれる物質の塊には粘度がない。
 この存在を証明するには70年の歳月がかかったが、その証明に成功した科学者は2001年のノーベル賞の栄誉に浴している。

・5. 大統一理論
 おそらくアインシュタインの最も有名な失敗は、重力、電磁相互作用、弱い相互作用、強い相互作用を統合できなかったことだろう。晩年の彼は大統一理論の完成を目指したが、志半ばにしてこの世を去った。
 アインシュタインは自分が正しいことに確信を持っていたのだろうが、同時に間違うことを恐れなかった。そうした柔軟性があればこそ、くじけることなく、同じ問題に毎日、何年にも渡って取り組むことができたのだろう。彼が天才的な洞察力を持っていたのは疑いないが、もう1つ大切な要素はその集中力と決意の強さだったはずだ。
via http://karapaia.livedoor.biz/archives/52186657.html
http://www.livescience.com/50053-albert-einstein-less-famous-work.html


◆ 重力波だけではなかった!アインシュタインが予言した“終末”が恐すぎる 「第四次世界大戦後、人類はバケモノに…」
■重力波って何?
 天才物理学者であるアルベルト・アインシュタイン(1879~1955年)が、100年前に存在を予言した「重力波」。これまで観測が難しいとされてきたが、なんとアメリカの重力波検出器「LIGO」によって初めて「重力波」の検出に成功したのだ。これは「ノーベル賞級の成果」という。
「世紀の大発見」と世界的に報じられたが、サイエンスに縁遠い人々にとっては、その重要性がさっぱり分からない。「重力波」って、宇宙戦艦ヤマトの「波動砲」みたいなものなのだろうか…? なんて思う人も多いだろう。
「重力波」とは、質量を持つ物体が動いた時に、周囲の時間や空間が歪み、波のように伝わる現象である。我々人間や身の回りの物すべてには、「質量」があるため、手を回しても発生するのだが、その「重力波」は小さすぎて観測するのは非常に難しい。
 今回、直接観測されたのは、「地球から13億光年離れたふたつのブラックホールが合体した時に放出された重力波」であった。このブラックホールはそれぞれ、太陽の質量の36倍と29倍のもの。それが衝突・合体し、さらに巨大な62倍のブラックホールができた。しかし、これでも地球に伝わった「重力波」による時空の歪みは、地球から太陽の距離(約1億5000万 km)の間が、原子1個分変化する程度だったという。つまりは、メッチャデカイ規模の現象が観測されても、メッチャクチャ小さな反応しかないということだ。
 この反応を発見するために、世界中の研究機関が巨額の資金を投じて必死になっていたのだから、今回の成果は学術的には狂喜乱舞するものに違いない。
 ハッキリ言って今すぐ我々の生活に役立つことではない。だが「重力波」の観測成功で「時間や空間の伸び縮み」が実証された。これからの天文学の発展にもつながるだろう。

 アインシュタインが1916年に発表した時空・空間に関する理論、「一般相対性理論」でこれまで予言した以下の項目はすべて直接検証された。
・重力レンズ効果
・重力による赤方偏移
・水星の近日点移動
・時間の遅れ

 ただ、「重力波」は直接検証されなかったため、「アインシュタイン最後の宿題」ともいわれていたのである。しかし、やっと「重力波」の存在が証明された。アインシュタインの予言は、発表から奇しくも100年後に成就したのである。
 しかし、この「重力波」以外に、アインシュタインが人類に残した恐るべき終末予言をご存知であろうか?

■アインシュタインの恐るべき終末予言
 アインシュタインの恐るべき終末予言は、イスラエルの聖都エルサレムにある「写本館」にひっそりと収められているという。この「写本館」には、「死海文書」などの古代の預言や聖書の古い写しなどを収められている。そして、ユダヤ出身の偉人たちの原稿なども収められているのだ。ここに、ユダヤ人である「アインシュタインの恐るべき予言」が展示されているそうだ。アインシュタインは、ユダヤが生んだ20世紀最高の科学者だ。だからこそ、彼の言葉は人類にとって重要な意味を持つと言える。

アインシュタインの恐るべき予言はこうだ。

「第三次世界大戦がどのように戦うのか私にはわからない。だが、第四次世界大戦では、人類が石とこん棒で戦うであろう」

 この文章をそのまま読めば、「第三次世界大戦で世界が荒廃したため、石とこん棒ぐらいしか武器がないのかな……?」と感じるだろう。
 だが、天才アインシュタインは、一般相対性理論のアインシュタイン方程式のように、時間と空間と宇宙の謎をたった一行の数式で証明したのである。この予言はもっと深読みする必要がある。
 アインシュタインは、「第三次世界大戦」と「第四次世界対戦」が起こることを前提に書いている。つまり、人類はこれから「世界大戦」に必ず見舞われるのだ。
 「第三次世界大戦」においては、何らかの最先端の武器を使って激しい戦闘が行われる。それは、文明を滅ぼし地球を荒廃されるほどの激しい戦いとなるのであろう。
 しかしその後、人類は不思議なことに戦後復興に力を入れず、石とこん棒という原始的な方法で「第四次世界大戦」に突入してしまうというのは……。
「第三次世界大戦」によってほとんどの人類は死に絶える。かろうじて生き残った人類も撒き散らされた放射能や毒物に侵されて化物のような姿になるのである。おそらく人類は、すさまじい戦争のため精神も肉体も蝕まれ、文明を立て直す以前の問題になっているのだろう。
 人類は延々と、髪を振り乱し、目を血走らせて、こん棒と石で殺し合いを続ける。人類は最後、発狂した化物になり、互いに殺し合って滅亡するという最悪のシナリオが読み取れる……。
「神はサイコロを振らない」
 アインシュタインは、この言葉通り、全ての物事には規則性があり、法則通りに動くと信じていた。100年前に「重力波」を予言していた天才アインシュタインは、すでに人類が恐ろしい法則に則って滅亡する未来を読み解いていたのであろう。
 via http://tocana.jp/2016/02/post_8979_entry.html

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 人物 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2050年までに、”デジタルの不死”を獲得した超人類「ホモ・オプティマス」が登場する!? はてなブックマーク - 2050年までに、”デジタルの不死”を獲得した超人類「ホモ・オプティマス」が登場する!?

 現在40歳以下ならば、生きている間に”デジタルの不死”を手に入れられる可能性が十分にあるそうだ。
 デジタルの不死とは思考や経験をオンラインにアップロードして、未来に残すという概念のことだ。ある未来学者は、テクノロジーの進歩によって人類がコンピューターと一体化すれば、やがて”ホモ・オプティマス”という全く新しい種が登場すると予測する。そして彼によれば、それは2050年前には起きるという。
 こうした予測は、イギリスの若者向け科学技術の祭典”ザ・ビッグ・バン・フェア2016”に登場したイアン・ピアソン博士による講演の最中になされたものだ。
 ピアソン博士は今後35年以内に、人類はオンラインで”生きる”ようになると主張している。またテクノロジーによって人類の身体能力や認知能力を進化させようという思想、いわゆるトランスヒューマニズムも2050年までには常識になっているという。
 「最適化されたゲノムや外部のテクノロジーと接続され強化された身体によって、人類は誰もがより美しく、より知的で、より感情的に洗練され、より肉体的に優れ、より社会的につながりあい、総じてより健康で幸せとなるでしょう」
 ピアソン博士によれば、人間の脳とコンピューターの完全な接続が可能になれば、心を生身より優れたアンドロイドの身体に乗り換えさせることができるという。こうなれば、人間は複数の存在とアイデンティティを有し、あるいは生物学的な死を迎えた後も生き続けることが可能になる。

88d592a4[1]

バイオテクノロジーとナノテクノロジーの発達により、機能が大幅に強化されながらも小型化された脳が開発される可能性もある。この場合、それに合わせてまるで妖精のように体も小型化されるかもしない。これは例えば、大勢の人々を輸送しなければならない宇宙旅行などで、大きなメリットがあるとピアソン博士は説明する。
 テクノロジーが進歩し、人類が徐々にアンドロイド化するプロセスとは、ホモ・サピエンスが新人類ホモ・オプティマスに取って代わられるプロセスであるという。
 つまり今後の人類の進化はテクノロジーに応じて起きるということだ。人類はこれまで自然によって強いられていた変化から自由となり、自身が成し遂げるブレークスルーによって、思い通りの変化を遂げられるようになる。唯一の限界は想像力の限界だけだ。
 こうしたテクノロジーが2050年までに登場するとの予測は前述の通りだが、十分安くなり普及するのは2070年までかかるそうだ。また今世紀の終わりまでには、人間と機械のハイブリッド、アンドロイドの身体で生きる人間がいく種類かの人間が混在し、さらには”スマートクリーチャー”まで登場するという。
 スマートクリーチャーとは、アニメーションや漫画の中のキャラクターとしてはお馴染みの話す動物だ。ペットはおろか野生動物にもテクノロジーの進化が施され、実際に生きるファービーのような全く新しい種を作り出す可能性があるのだ。
 太古より、人類は死を超越しようと様々なアイデアを練り上げてきた。ここで取り上げたトランスヒューマニズムの他にも、例えば1962年には人体冷凍術が考案された。これは現在の医学では治すことのできない病を患った人を冷凍し、冷凍からの蘇生および病気の治療が可能となった未来に蘇生させようというアイデアだ。
 突飛にも聞こえる量子不死は、量子力学的なエヴェレットの多世界解釈に立脚したもので、1987年に提唱された。この解釈によれば、世界は量子レベルでの分岐に差し掛かると、確率に応じて複数の世界へと別れていく。すなわち、ほとんどの平行世界において人は死ぬが、ごく一部には死なない世界が存在すると解釈することができる。
 またキャサリン・フリーズが提唱する量子復活とは、無限に続く時間においてはあらゆることが起こりうるため、人もまた復活することがあるという理論だ。
 via http://karapaia.livedoor.biz/archives/52211079.html
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3423063/Is-technology-causing-evolve-new-SPECIES-Expert-believes-super-humans-called-Homo-optimus-talk-machines-digitally-immortal-2050.html
■ピアソン博士によれば、例えばこんなことが可能に
・皮膚を”電子の皮膚”に交換、あるいは皮膚細胞に極小のインプラントを埋め込むことによって、人とテクノロジーと直接的に接続
・電子制御の”サポートタイツ”はウェアラブルな厚さ1cmほどのポリマーゲル筋肉を利用し、足を強化
・化粧崩れは過去のものに。皮膚の膜に施されたスマートメイクアップで完璧な容姿を実現
・ナノテクノロジーが体内を常をモニターし、異常を修復。歯すら自動的に生え変わるかも
・リアルファービーの誕生。ペットや野生動物にも応用され、ペットとの会話などが可能になる可能性も

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[動画] 人類のセックスを進化させてきた歴史的な6つの発明 はてなブックマーク - [動画] 人類のセックスを進化させてきた歴史的な6つの発明


道具を操る生き物である人類は、セックスライフを充実させるためにもさまざまな道具や技術を生みだしてきました。・・・
これまでに明らかになっている中で、最も古いオモチャの存在が確認されているのは、紀元前2万6000年ごろに作られたディルドとのこと。
男性器を模したディルドですが、2005年にはドイツの古い洞窟の中から古い時代に使われていたとみられるものが発見されました。その素材はなんと石だったそうです。
時代は一気に現代へ近づき、西暦1839年には写真が実用化。
この頃フランスで発明されたダゲレオタイプと呼ばれる撮影手法は、それまで扱いが難しかった写真撮影を一気に実用的なものにしたもの。日本語では「銀盤写真」という名称のほうが一般的かもしれません。人々はこのカメラを使ってポルノ写真のようなものも撮影していたとのこと。
1869年には、バイブレータが近代化を遂げます。
この年、蒸気の力で動く「蒸気機関式バイブレータ」が初めて特許を取得。その機械は「The Manipulator」と呼ばれていました。
見た目はこんな機械だったそうです。当時は医療目的にも用いられていたとのこと。
1920年代には、コンドームが飛躍的な進化を遂げます。
ゴム素材となるラテックスの製造法の開発が進み、薄くて伸縮性のあるラテックスゴムが作られるようになりました。その特性を活かし、ラテックスコンドームが使われるようになります。
そして、時代は進んで1992年、このころ普及が進んだテキストメッセージもセックスの道具の1つとして活用されることになります。気軽にテキストが送れるようになったことで、セクシュアルな内容のメッセージを送りあうことが一般化。「セックス」とメッセージを送ることを意味する「テキスティング」を組み合わせたセクスティングなる言葉が2004年ごろに造りだされるほど広く浸透したと言えそうです。
そして1998年には、アメリカでバイアグラが発売されました。
男性の勃起不全を治療する薬として「夢の薬」とも呼ばれたバイアグラは、衝撃とともに世に受け入れられました。本来は治療薬であるバイアグラですが、当然のように「悪用」するケースもみられ、副作用によって死亡者が出たこともニュースになりました。
道具の使用に始まり、科学、医学の力を取り込んで進化したセックスのテクノロジーですが、人類は今後どのように進化させていくことになるのでしょうか。
 via http://gigazine.net/news/20150427-6-invention-adult-toys/


関連記事
[タグ] 人類 科学 動画
ブログパーツ アクセスランキング

| 人類 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記者はもういらない? ロボット・ジャーナリストの台頭 はてなブックマーク - 記者はもういらない? ロボット・ジャーナリストの台頭

05920_01
企業業績にまつわる報道など、スピードが命の分野では長年にわたり定型化されたスタイルの記事が使われていて、テンプレートに事実や数字をはめ込むことで速報を打ってきた。
だが近年、こうした速報記事で、ロボットが自動生成した原稿が使われ始めている。「ロボット・ジャーナリスト」は米ロサンゼルス・タイムズ紙やAP通信のような大手メディアでも採用されており、将来的には長文の記事にも応用されるかもしれない。
ロサンゼルス・タイムズ紙で地震速報に使われているのは、「クウェークボット」という社内ソフト。米地質調査所(USGS)から提供されたデータを分析し、アルゴリズムに従って自動的に記事を生成する。震動が記録されてからわずか3分で記事を作成、同紙のウェブサイトに掲載する。
近年、金融やスポーツなどデータが豊富な記事や、ニュース速報など、しっかりとした事実を集め、迅速に伝える必要がある分野で、こうしたロボット・ジャーナリストの出番が増えてきた。
その代表格として注目を集めているのがシカゴに拠点を置くナラティブ・サイエンス社だ。ノースウェスタン大学で開発された技術を商用化するため、2010年に設立された。同社は「Quill」というソフトウエアを使い膨大なデータから文書を生成。報告書作成の手間を軽減したい金融系企業やテレビ局などに文書を提供している。
ロボットが活躍するのは、投資信託の運用成績報告書など、投資家や規制当局に提出する長大な文書を作成する場面だ。
同社の最高経営責任者(CEO)スチュアート・フランケル氏によれば、こうした作業は従来、数人がかりで何週間も取り組む必要があったが、今では独自アルゴリズムの活用により、わずか数秒で10~15ページの報告書を作成できるようになった。
ロボットが自動生成する文章では生硬すぎると思われるかもしれない。だが、同社のアルゴリズムは年々精巧になってきており、硬軟を使い分けてニュアンスに富んだ文章を生み出せるようになった。
スポーツ記事では負けたチームのファンを気遣って共感をにじませた文体を生み出す一方、規制当局に提出する報告書などの場合はできるだけ堅い表現を使うことができる。「自然言語生成」と呼ばれる分野の成果を応用した技術だ。長年の研究から、データを処理するだけでなく、文脈も考慮できるようになった。
こうした言語生成ソフトウエアの洗練を踏まえ、ナラティブ・サイエンス社の主任研究員クリス・ハモンド氏は、5年以内にロボットがピュリツァー賞を受賞するはずだと大胆な見通しを示す。
商用ニュースだけでなく物語性を含んだ長文の読み物についても、今後はロボット・ジャーナリズムの進出が続くとの考えだ。
もちろん、メディア業界で活躍するロボットはあくまで補助的な役割にとどまっており、人間の記者に取って代わる程ではないとの見方もある。
だが、人工知能が洗練の度合いを増していくに従い、人間だけにできることの領域はどんどん狭まってきていると指摘するのはイスラエルの歴史家、ユバル・ハラリ氏だ。
ハラリ氏はCNNの取材に対し、米検索大手グーグルが開発を進める自動運転車の精度の良さを引き合いに出した。そして、運転手だけでなく医者や教師のような人間的な仕事についても、将来的には人工知能の方が優秀になるのではないかと予測。
「意識を持たないアルゴリズムには手が届かない領域で人間がいつまでも独自の能力を発揮していけるとの考えは、希望的観測に過ぎない」と指摘する。
via http://www.cnn.co.jp/tech/35061988.html?ref=rss


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT