FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

史上初の米朝首脳会談、トランプ大統領と金正恩氏:文書に署名 「北朝鮮との関係は大きく変わる」 はてなブックマーク - 史上初の米朝首脳会談、トランプ大統領と金正恩氏:文書に署名 「北朝鮮との関係は大きく変わる」

AFP_15U7Z7

0180612at60_p
ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の会談が12日午後1時半(日本時間同2時半)ごろ、シンガポールで合意文書に署名した。朝から会談していた両首脳は互いに感謝し合い、トランプ氏は北朝鮮との関係や朝鮮半島の情勢は大きく変わると述べた。
両首脳は一対一の会談、拡大会談、ワーキングランチを経て、署名式に臨んだ。トランプ大統領は、「素晴らしい時間を過ごした。この文書に署名できるのは光栄だ」と述べた。金委員長は、「歴史的な会談で、これまでのことを過去のものにすると合意した。歴史的な文書に署名する。世界は大きな変化を目にすることになる」と述べ、会談実現をトランプ氏に感謝した。
両首脳は握手の後、合意文書に署名し、交換し合った。報道陣に非核化について質問されると、トランプ氏は、「そのプロセスをすぐに始める」と付け足し、文書について「包括的」なものだと説明した。
トランプ氏はさらに「今日の成果を誇りに思う。我々の北朝鮮や朝鮮半島との関係は、過去とかなり違うものになる。私たちは、誰が予想したよりもはるかに良く協力し合えた。今後、何度も会う。あなたと作業できて光栄だった」、「素晴らしい日だった。お互いやお互いの国のことを、たくさん知ることができた」と述べた。さらに金委員長については、「とても才能豊かな人で、自分の国をとても愛している」と称えた。
トランプ氏は記者の質問に答え、金委員長を「もちろん」ホワイトハウスに招くつもりだと強調した。
両首脳は最後にもう一度握手して、会場を後にした。[2018.06.12]
via http://www.bbc.com/japanese/44447585





◇米朝首脳の会談発言全文
【単独会談】
 ◇トランプ氏
 とても良い気分だ。われわれは素晴らしい議論をし、大きな成功を収めるだろう。光栄なことだ。われわれが素晴らしい関係を築くであろうことに疑いはない。
 ◇金正恩氏
 ここまでの道のりはなかなか容易ではなかった。われわれの足を引っ張るような過去があり、誤った偏見と慣行が時にはわれわれの目と耳をふさいだりしていたが、われわれは全てを乗り越え、この場に来た。

【拡大会合】
 ◇トランプ氏
 共に問題を解決しよう。われわれが解決する。協力することを楽しみにしている。
 ◇金正恩氏
 われわれの足を執拗(しつよう)に引っ張ってきた過去をわれわれが果敢に乗り越え、飛び越え、対外的な視線や疑惑を全て抑え込み、われわれがこの場に集まり顔を合わせたことは、素晴らしい平和の前奏曲だと考える。先ほども話したが、これまでは他の人々がやってみることができず、もちろんその過程で困難があったが、素晴らしい出発を果たしたこの日を機会に、共に巨大な事業を始める決心はついている。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061200419&g=use

DfdMFnyXUAYG68z

◇完全非核化、体制保証で合意=拉致問題を提起-友好演出も具体策先送り・米朝会談
 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島のホテルで初会談を行った。両首脳は、朝鮮半島の完全な非核化への取り組みと北朝鮮の体制保証などを明記した共同声明に署名。トランプ氏は記者会見で、正恩氏に対して日本人拉致問題を提起したと明らかにした。
 共同声明によると、米朝両国は新たな関係の構築を確認。永続的で安定した朝鮮半島の平和体制構築へ共に努力する。一方、北朝鮮の核問題で「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の文言はなく、具体策については両国の高官らによる継続協議となった。焦点の一つだった朝鮮戦争の終結も言及されなかった。
 トランプ氏は署名式で声明について「とても重要で、包括的だ」と説明。その上で「非核化のプロセスは極めて早く始まる」と明言した。正恩氏も、歴史的会談後、新時代が始まり、世界は大きな変化を目撃するだろうと語った。
 トランプ氏はその後の記者会見で、「朝鮮戦争が間もなく終結するという希望を持っている」と表明。北朝鮮の非核化については、実現に長い時間がかかると指摘し、経済制裁も当面継続すると語った。正恩氏がミサイルエンジン試験場の破壊を約束したことも明らかにした。
 米韓合同軍事演習については、対話中の実施は「不適切だ」と述べ、当面は行わない考えを示した。また、適切な時期に平壌を訪問し、正恩氏をホワイトハウスに招くと語った。
 首脳会談は午前9時(日本時間同10時)すぎにスタート。通訳だけの1対1の膝詰めで約40分間会談した後、拡大会合、ワーキングランチで協議を続けた。トランプ、正恩両氏は報道陣の前で散歩をするなど会談成功に向けて友好を演出した。
 トランプ氏は首脳会談の冒頭、「われわれは素晴らしい議論をし、大きな成功を収めるだろう。光栄なことだ。われわれが素晴らしい関係を築くであろうことに疑いはない」と述べた。正恩氏は「ここまでの道のりはなかなか容易ではなかった。われわれは全てを乗り越え、この場に来た」と応じた。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061200731&g=use

・米朝合意文書、4つの重要項目が明らかに
DfeMSrgXkAAusN5
第1項目で米朝は「両国国民の平和と繁栄の希求に基づいた新たな米朝関係構築に向けた取り組み」を約束。
第2項目では、米朝が「朝鮮半島に長く続く安定した平和な体制を作り上げるため、力を合わせる」と約束している。
第3項目で、北朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化」に取り組むことを約束している。この表現は北朝鮮が常に用いているものだ。米国が主張していた完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)という言葉は文書に盛り込まれていない。
最後に第4項目で米朝は、「朝鮮戦争中の戦争捕虜や戦時行方不明者の遺体を回収することに取り組み、すでに身元が判明しているものについては即時返還する」と表明している。
via https://jp.sputniknews.com/politics/201806124982335/




・米朝首脳会談:非核化の成否、3つのシナリオ
 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/3-108.php
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 政治 | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |