FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

日本の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)6位、若者の死因「自殺1位」はG7で日本のみ はてなブックマーク - 日本の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)6位、若者の死因「自殺1位」はG7で日本のみ

◇日本の自殺率6位、若年層ほど深刻 政府が17年版白書
 政府は30日の閣議で、2017年版の自殺対策白書を決定した。人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺死亡率を諸外国と比較し、日本は6番目に高かった。若年層の自殺と事故の死亡率を先進7カ国で比べると、自殺が事故を上回ったのは日本だけだった。白書は「若い世代の自殺は深刻な状況にある」としている。
 警察庁の統計によると、16年の自殺者数は前年比2128人減の2万1897人で、7年連続で減少し、22年ぶりに2万2千人を下回った。内訳は男性が1万5121人、女性が6776人。

WS001

 日本の自殺死亡率は低下しているものの、国際的には高い水準にある。世界保健機関(WHO)の統計に基づき、13年以降で比較可能なデータがある国・地域を対象に厚生労働省が算出した統計によると、日本の自殺死亡率(14年)は19.5人。30.8人のリトアニア(15年)や28.5人の韓国(13年)などに続きワースト6位となった。特に女性(11.7人)はワースト3位だった。

PK2017053002100165_size0

 白書では特に若者の自殺が深刻だとして、若年層の自殺と事故の死亡率を先進7カ国で比較した。
 日本の15~34歳の自殺死亡率(14年)は17.8人となり、事故による死亡率(6.9人)の約2.6倍に上った。英国は事故(12.1人)が自殺(6.6人)の2倍近くになったほか、米国やフランス、ドイツ、イタリア、カナダの6カ国はいずれも事故が自殺を上回った。
via http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H2W_Q7A530C1CR0000/

◇G7各国 若者の死因、「自殺1位」は日本のみ
 厚生労働省がG7各国の若者の死因について分析した結果、1位が「自殺」だったのは日本だけでした。
 30日、閣議決定された2017年版の「自殺対策白書」で、おととしの若者の死因を分析した結果、15歳から39歳までの5歳ごとの全ての年齢区分で死因の1位は「自殺」でした。このうち、30代前半は1992年以降の24年連続です。
 また、G7各国について比較可能な最新の統計で若者の死因を比較すると、外国は「事故」が1位で、日本だけは「自殺」が1位でした。日本では若者の自殺者数が高止まりしていて、厚労省は今年見直される自殺対策の指針に若者への対策を盛り込む方針です。
via http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3066211.html

・日本の自殺率ワースト6位‥若年層の自殺が深刻化している
 https://matome.naver.jp/odai/2149614599664174101

・自殺対策白書(本体)=厚生労働省 : http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/17/index.html

関連記事
スポンサーサイト



[タグ] 社会 自殺 統計
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の人口、65歳以上が4分の1超に - 2015年国勢調査速報 はてなブックマーク - 日本の人口、65歳以上が4分の1超に - 2015年国勢調査速報

総務省は6月29日、平成27年(2015年)国勢調査「抽出速報集計結果」を公表した。
この結果によると、日本の人口は1億2,711万人。平成22年(2010年/前回調査)から94万7,000人減少(0.7%減)しており、年平均では18万9,000人減少(0.15%減)だった。大正9年(1920年)の調査開始以来、初めての減少となる。
人口が最も多いのは東京都(1,351万人)。東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の人口は3,613万人で、全国の1/4以上(28.4%)を占める。5年間で51万人増加した。人口増加率は沖縄県が最高。次いで東京都、愛知県など8都県で人口増加している。ほか39道府県では人口減少しており、大阪府は増加から減少に転じた。
年齢でみると、15歳未満人口は1,586万4,000人(総人口の12.7%)、15~64歳人口は7,591万8,000人(同60.6%)、65歳以上人口は3,342万2,000人(同26.7%)。65歳以上人口の割合は調査開始以来最高となった。総人口に占める65歳以上人口の割合を諸外国と比べると、日本(26.7%)はイタリア(22.4%)及びドイツ(21.2%)よりも高く、世界で最も高い水準となった。

sub-buzz-28014-1466360832-1

c36e1a5e

都道府県でみると、65歳以上人口の割合が最も高いのは秋田県(33.5%)。次いで高知県(32.9%)、島根県(32.6%)。一方、最も低いのは、沖縄県(19.7%)。次いで東京都(22.9%)、愛知県(23.8%)だった。

■15歳以上の労働力率は59.8% - 男性は低下、女性は上昇
また、総人口を男女別にみると、男性が6,182万9,000人(総人口の48.6%)、女性が6,528万1,000人(同51.4%)となっており、女性の方が345万2,000人多い。
15歳以上人口の労働力率は59.8%で、平成22年と比べると1.4ポイント低下。 男女別にみると男性が70.8%、女性が49.8%で、平成22年と比べると男性が3.0ポイント低下しているのに対し、女性は0.2ポイント上昇している。女性の25~29歳の労働力率が80.9%となり、比較可能な昭和25年(1950年)以降初めて8割を超えた。
15歳以上就業者について、産業大分類別の割合をみると、「卸売業、小売業」が16.5%と最も高く、次いで「製造業」が15.7%、「医療、福祉」が12.2%だった。平成22年と比べると、「医療、福祉」が2.0ポイント上昇となり、引き続き上昇している。
via http://news.mynavi.jp/news/2016/06/30/104/

・平成27年国勢調査、調査の結果:総務省
 http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka.htm

・総務省平成26年版 情報通信白書:我が国の労働力人口における課題
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141210.html


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さまざまな政府統計データを見まくることができる無料アプリ「アプリDe統計」 はてなブックマーク - さまざまな政府統計データを見まくることができる無料アプリ「アプリDe統計」

s02[1]
総務省統計局は国勢調査を始めとする国の重要な統計調査の企画・実施を行い、調査により集まったさまざまな統計データを公開しています。そんな統計局による統計データを「より多くの人々が活用できるように」と開発されたアプリが「アプリDe統計」です。
via http://gigazine.net/news/20140525-app-de-toukei/

・総務省|「アプリDe統計」の提供開始
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei01_02000031.html

・アプリDe統計 - Google Play の Android アプリインストール
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.stat.statapi001

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| ネット | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「家事に最も協力的」な男性はノルウェー人!!日本は男女差が顕著で「最も協力的でない」!! はてなブックマーク - 「家事に最も協力的」な男性はノルウェー人!!日本は男女差が顕著で「最も協力的でない」!!

d0167431_23511450[1]
経済協力開発機構(OECD)が8日の国際女性デーを前に発表した調査によると、世界で「最も家事に協力的」な男性はノルウェー人で、「最も協力的でない」のは日本人との結果が得られました。
OECDは加盟34カ国の大方を対象に、成人の男女それぞれが、家事や買い物、雑用などの「無償労働」に費やす時間に関する統計を比較。「キャリアを持つ女性が増えており、男女間の差は徐々に縮まりつつある」とする一方、依然として大きな差があり、一部の国では男性の家事協力がなお難しいことが明らかになったとしています。
調査では、トルコの女性が家事に費やす時間が最も多く、1日当たり377分。一方、同国の男性は同116分でした。
日本は、男性が1日当たり62分なのに対し、女性は300分近くを家事に費やしています。
ノルウェーの男性は180分と男性の中でトップでしたが、同国の女性は210分を家事に充てています。
OECDの調査は、約2万人を対象にした2005年以降の各国の時間の使い方に関する調査から入手したデータに基づいています。
ノルウェーほどとは言いませんが、男女共働きが増えていることもあり、日本はもうちょっと男性が家事をするべきかもしれませんね。
via http://commonpost.info/?p=88710



関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |