FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

「第7回AKB48選抜総選挙」 高橋みなみ-スピーチ全文 はてなブックマーク - 「第7回AKB48選抜総選挙」 高橋みなみ-スピーチ全文

2015_takamina_Poster[1]
まず、みなさん本当に、ありがとうございました。
私がAKBに入ってから、今年で10年が経ちます。
7回目の総選挙、最後の総選挙でした。
1期生としてメンバーとして入ってきて、たくさんのメンバーの卒業を見送ってきました。
いろんな葛藤や、いろんな思いがありました。
そして、私は、入って1年ぐらいの時にあることに気づきました。
「私はこのグループでは、1番にはなれない」ということです。
同期には前田敦子がいました。次の期には大島優子がいました。
みんなすごくて、カリスマ性があって、絶対的人気があって。
私は歌手になりたくて芸能界を目指しました。
たくさんオーディションに落ちました。
そして受かったのがAKB48でした。
歌手になりたいけど、アイドルになりました。
カワイイとか、アイドルとか全然分からなくて。どうすれば人気がでるのかも分からなくて。
でも、このグループがすごく好きになったから、すごく頑張りたいなって思って。
気付いたらキャプテンになって、総監督になっていました。
そして、総選挙があって。
「私なんかが、1位になりたいなんて言っちゃいけないな」って思いました。
グループが好きだからこそ、グループの先を見ました。
「この人がセンターになったほうがいいな」
「この人が次1位になったらいいんじゃないか」
自分のことなんてどうでもよかったんですけど…。
でも、きっとここにいるメンバーみんなが思っていることを、私も一緒に思っています。
「1位になりたいって、言ってみたいな」ってことです。
私は最後の総選挙で初めて「1位になりたい」と言いました。
確かに、目標としていた順位には届かなかったし、ここまで呼ばれなかったから、1位になろうって思ったけど。
でもね、今、本当に清々しいです。1位になりたいって言って、ファンのみなさんと一緒に、ひとつの目標に向かって頑張ってこれたことがとても嬉しいです。とても幸せです。
ここに立ったら何を言おうかとすごく考えていました。
何を言うのが正解なのか。最後の総選挙で私は、みんなに何を残せるのだろうと。
なので、ここからは、是非メンバーに聞いてもらいたいなと思います。
私は、メンバーに残したい言葉があります。
多分みんな、いろんな活動をしていて、「悔しいなぁ」とか「頑張っても、100頑張っても1ぐらいしか評価されないなぁ」って、たくさん矛盾を感じていると思います。
でもね、人生というのはね、きっと「矛盾と闘うもの」なんだと思います。
色々思うことがあると思う。
でも、頑張らなきゃいけない時っていうのがあるし。
頑張らなきゃいけないときっていうのは、一瞬ではないということを、みんなに覚えておいてほしいなと思います。
272人、今回立候補しました。
呼ばれたのは80人でした。
呼ばれなかったメンバーは、では、頑張っていなかったのか。
違います。
みんな頑張っています。
劇場公演に立ち続け、学業を両立して頑張って、自分のやらなきゃいけないことと一緒に頑張っているんです。
でも、ここに立てるのは80人なんです。
だからきっと、AKBグループにいればいるほど、頑張り方がわからなくなると思います。
どう頑張ったら選抜に入れるのか。
どう頑張ったらテレビに出れるのか。
どう頑張ったら人気がでるのか。
みんな悩むと思うんです。
でもね、未来は今なんです。今を頑張らないと、未来はないということ。
頑張り続けることが、難しいことだって、すごくわかってます。
でも、頑張らないと始まらないんだってことをみんなには忘れないで欲しいんです。
私は毎年、「努力は必ず報われると、私、高橋みなみは、人生をもって証明します」と言ってきました。
「努力は必ず報われるとは限らない」。そんなのわかってます。でもね、私は思います。頑張っている人が報われて欲しい。
だから、みんな目標があると思うし夢があると思うんだけど、その頑張りがいつ報われるとかいつ評価されるのかとかわからないんだよ。
わからない道を歩き続けなきゃいけないの。
きついけどさ、誰も見ていないとか思わないで欲しいんです。
絶対ね、ファンの人は見ててくれる。
これだけは、私はAKB人生で一番言い切れることです。
だから、あきらめないでね。
松村がまさか私の名言を言ってくれるとは思わなかったんですけど。
そうね。ネタにされるよね。
キレイ事だもんね。
でもね。今年も、卒業してからも、言わせてもらいます。
最後なので。まあよく、「アコースティック・バージョン」とか麻里子様にいじられたりしたんだけど。
これが、高橋みなみ・総選挙ラストバージョンです。
みなさん、一緒に言ってくれますか?
いきます。せーの!
「努力は必ず報われる」と、私、高橋みなみは、これからも人生をもって証明します。
ありがとうございました。 [2015.06.06]
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歴代リプトン復活総選挙で1位に輝いた「リプトン ライチティー」が14年ぶりに復活 はてなブックマーク - 歴代リプトン復活総選挙で1位に輝いた「リプトン ライチティー」が14年ぶりに復活

セイロン茶葉の高い香りと口いっぱいに広がるみずみずしいライチの味わいを同時に楽しめる「リプトン ライチティー」をご存じだろうか。発売されたのは、今から14年前の2000年夏。その懐かしの味が11月11日(火)より期間限定で復活する。
「リプトン ライチティー」は、今年の初夏に実施した「歴代リプトン復活総選挙」で第1位に輝いた人気商品。この総選挙は、過去に発売された約100種類の中よりノミネートされた14種類のうち、飲んでみたいフレーバーに投票してもらい、1位に輝いたものを復活発売するというキャンペーン。約2カ月(5月19日~7月11日)で総投票数は10万票を超え、「リプトン ライチティー」は2位に7000票を超える大差をつけて堂々1位に。
味わいはもちろん、パッケージも発売当時のものを再現しているから、14年前の思い出とともになつかしい味わいを楽しめるのがウレシイ。投票者からは、「高校生の時によく飲んでいた青春の味」など、販売当時を懐かしむコメントも寄せられている。
世界の茶の専門家・リプトンが厳選したセイロン茶葉を100%使用した香り高い紅茶とライチ果汁の絶妙なコンビネーションを、この機会にぜひ味わってみて。販売は1月中旬で終了となる。
 via http://straightpress.jp/20141107/67755

◇歴代リプトン復活総選挙 : http://lp500.liptonchilled.com/flavor_voting/
歴代リプトン復活総選挙  Lipton1

歴代リプトン復活総選挙  Lipton2

歴代リプトン復活総選挙  Lipton3-vert
関連記事
[タグ] Lipton 紅茶 総選挙
ブログパーツ アクセスランキング

| 生活 | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハローキティは猫じゃない!サンリオが明かした事実に世界中が激震 はてなブックマーク - ハローキティは猫じゃない!サンリオが明かした事実に世界中が激震

hello-kitty-daily-20080820040144113_640w
 キティちゃんの愛称で知られる今年で生誕40周年の大人気キャラクター、ハローキティが猫じゃなかったという事実が世界中を騒がせている。これはクリスティン・R・ヤノ氏が、Los Angeles Timesに語ったことに端を発している。
 ヤノ氏は、カリフォルニア州ロサンゼルスにある全米日系人博物館で、10月11日より開催される世界最大規模のキティちゃんの展覧会「ハロー!ハローキティのスーパーキュートな世界への体験」の学芸員を務めている。ヤノ氏が同メディアに明かしたところによると、その展示会でキティちゃんを猫と表現しようとしていたヤノ氏は、サンリオから「ハローキティは猫ではありません。彼女はカトゥーンキャラクターです。彼女は小さな女のコです。彼女はお友達です。でも猫ではありません。彼女は四つんばいにはなりませんし、彼女は2本足の生活で歩いたり座ったりします。彼女にはペットもいます」との連絡を受け取ったという。
 サンリオに問い合わせたところ、キティちゃんは猫をモチーフにしているものの、猫ではなく擬人化されたキャラクターであるとのこと。サンリオの公式サイトでも「明るくて、優しい女のコ」と表現されているキティちゃんは、洋服を着て人間と同じ生活を送っているという。
 この事実に世界中の人々が衝撃を受けたようで、28日現在、ツイッターでは「Hello Kitty」が世界中のトレンドワードに入り、Washington PostやE! Onlineなど数々の海外メディアも同情報について取り扱っている。そして、キティちゃんと同じく世界中で人気のキャラクター・スヌーピーの公式ツイッターでも「僕らは確認する。間違いなくスヌーピーは犬であると」とつぶやかれており、この事実がどれだけ世界中をびっくりさせたかを物語っている。
via http://www.cinematoday.jp/page/N0065854

・キティちゃん、猫ではない!=女の子?各国次々報道-米紙
 米紙ロサンゼルス・タイムズが26日、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」について「猫ではない」と報じ、各国で次々転載されている。サンリオの公式サイトでは「身長はりんご5個分。体重はりんご3個分。明るくて、優しい女の子」というのがキティちゃん。しかし、ツイッターでは世界中のファンから「ひげがあるのに女の子なのか」と反論が相次いでいる。
 1974年に誕生したキティちゃんは今年40歳。同紙によると、これを記念しロサンゼルスにある全米日系人博物館で10月、回顧展が開かれる。キティちゃん研究で知られる米ハワイ大の人類学者クリスティン・ヤノ教授が準備中の解説文で「キティちゃんは猫」と記述したところ、サンリオから「キティちゃんは女の子」と訂正された。
 猫ではなく女の子である根拠としては、キティちゃんが「常に2本の足で立ち、座っている」点が挙げられた。四足歩行する動物として描かれたことはない。キティちゃんには「ペットとして猫を飼っている」という「事実」も存在する。
 さらに「キティちゃんは英国在住」という設定に、28日になって英メディアが反応。「キティちゃんは人間で、ロンドン郊外で暮らし、小学校3年生」(英紙デーリー・メール)、「サンリオは頑固だ。ロンドン郊外のどこに住んでいるのか誰も口を割らない」(英BBC放送)と次々報じられた。
 カナダのCBC放送も「猫のように見えるし、名前も『キティ(子猫)』だが違う。人間なのだ」と伝え、シンガポール紙ストレーツ・タイムズも「キティちゃんで世界的な現象を生んだ日本企業が、ネット上に混乱を生んでいる」と報道した。騒ぎを受け、スヌーピーが登場する米漫画「ピーナッツ」の公式アカウントはツイッターで「スヌーピーは犬だ」と再確認している。 [2014/08/30]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014083000110&m=rss


◇フコク生命がご当地キティ62総選挙を実施
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

・第1回 フコク生命オリジナルご当地キティ62総選挙 : https://aka-events.smktg.jp/public/application/add/162
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |