FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[訃報] 桂歌丸さん81歳=落語家、笑点で人気 はてなブックマーク - [訃報] 桂歌丸さん81歳=落語家、笑点で人気

WS005
 人気演芸番組「笑点」で長く親しまれた落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、死去した。81歳。
 1951年、15歳で五代目古今亭今輔に入門し前座名今児(いまじ)を名乗った。2年半ほど落語界から遠ざかったが、61年兄弟子の桂米丸門下に移り米坊として出直し。64年歌丸と改名し、68年に真打ち昇進した。
 66年に始まった日曜夕方放送の「笑点」では、一時降板したが、当初からのレギュラーメンバー。三遊亭小円遊さん(80年死去)や三遊亭楽太郎(現六代目円楽)さんとの掛け合いが、茶の間の人気を呼んだ。2006年には五代目円楽さん(09年死去)に代わって5代目の司会者を16年まで務め、高視聴率番組の安定した人気をけん引した。
 生家は横浜の妓楼(ぎろう)。地元愛は有名で、74年からは地元にある三吉演芸場で独演会を開いてきた。芸や噺(はなし)の継承にも力を入れ、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「怪談乳房榎(ちぶさえのき)」といった三遊亭円朝の長編の続き物を数多く手がけた。
 04年に落語芸術協会会長、10年からは横浜にぎわい座館長も務め、後継の育成や落語界発展に尽くした。
 芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭賞など受賞多数。07年旭日小綬章。16年文部科学大臣表彰。
 著書に「座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生」など。
 近年は誤えん性肺炎などで体調を崩し、入退院を繰り返していたが、今年4月の国立演芸場では隔日でトリをつとめ、長講の「小間物屋政談」を熱演していた。[2018.07.02]
via https://mainichi.jp/articles/20180702/k00/00e/040/274000c

 テレビ番組「笑点」で長く活躍した落語家で、古典落語の名手として知られる落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため横浜市内の病院で死去した。81歳だった。横浜市出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻冨士子(ふじこ)さん。後日、お別れの会を開く 生家は横浜の遊郭。小学生の頃からラジオで落語に親しみ、1951年、中学3年生で五代目古今亭今輔に入門、古今亭今児を名乗った。後に兄弟子の四代目桂米丸門下に移って桂米坊を名乗り、64年に桂歌丸に再改名。68年に真打ちに昇進した。
 66年に始まった日本テレビ系の演芸番組「笑点」に放送開始時から出演。大喜利コーナーでの故三遊亭小円遊さんとの掛け合いが受けて人気者になり、半世紀にわたる長寿番組で出演メンバーが入れ替わる中、不動のレギュラーだった。2006年5月からは、勇退した故五代目三遊亭円楽さんに代わって司会を務めていたが、放送開始50年を迎えた16年5月に引退した。
 高座では、生真面目な性格を映した折り目正しい芸風。新作派の師匠の下、若い頃は自身も新作落語に取り組んだが、30代後半以降は古典物に力を入れた。「おすわどん」「いが栗」など、埋もれていた話の復興にも尽力。90年代からは「怪談牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「怪談乳房榎」など、明治時代の名人、三遊亭円朝作の怪談話や人情話に力を注ぎ、高く評価された。
 2004年落語芸術協会会長に就任。07年旭日小綬章。近年は持病の腰痛に加え、肺気腫などで入退院を繰り返したが、高座への意欲が衰えることはなかった。 
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018070200842&g=obt

・「笑点」だけじゃない。落語家・桂歌丸が遺した偉大すぎる業績
「笑点」で知られる人気落語家の桂歌丸さんが7月2日、死去した。
「笑点」の開始時からのレギュラーとして人気を誇ったことから、テレビの業績がクローズアップされがちだが、落語家としても偉大な業績がある。
特に有名なのが、近代落語の開祖として名高い伝説の落語家、三遊亭圓朝が手がけた長い噺を多く手がけたことだ。圓朝は明治期に活躍し、日本語の言文一致体にも大きな影響を与えた伝説の落語家である。
海外文学もや童話も落語に取り入れ、グリム童話を翻案した「死神」は今でも幅広く演じられる「古典落語」になっている。
歌丸さんは、圓朝の傑作怪談噺「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」を全編通しで演じたことで知られる。長さにしてCD5枚、計約260分にも及ぶ。横浜にぎわい座で月に1度ずつ5カ月連続で演じた。それを会場側が録音したのがCDになった。
「真景累ケ淵」はあまりに長すぎるため、一部分を抜き出して高座にかけられることはよくある。しかし、全編を通しで演じ切ったのは「たぶん私のが圓朝師匠以来じゃないでしょうか」(2006年、朝日新聞のインタビューより)。
インタビューによると、大名人として知られる三遊亭圓生や、先代林家正蔵の録音をもとにしながら、圓朝全集を書き写しながら覚えたのだという。大作に挑んだ覚悟をこう語っている。
「落語家になったからには何かは残さなくちゃさびしい。よく言うんですが、落語を残すのも、落語のお客さんを残すのも、落語家の責任だと思うんですよ」
落語家・桂歌丸の実績を「笑点」ばかり語られるのはもったいない。古典落語に果敢に挑み、大きな責任を果たしたその姿もしっかりと記憶しておきたい。
 via https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/02/utamaru02_a_23472551/

・三遊亭円楽「ジジイ!早すぎるんだよ!」 歌丸さんへ思い叫び、こらえきれず涙…
 落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名:椎名巌=しいな・いわお)さんが2日、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で亡くなったことを受け、8日放送の日本テレビ系『笑点』(毎週日曜 後5:30)では、当初の内容を変更して「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」を放送。歌丸さんへの感謝をテーマにした大喜利で、三遊亭円楽は最後のネタを披露した直後、こらえきれず大粒の涙を流した。
 この日は前半で、歌丸さんの回答者時代と司会者時代の名シーンVTRを放送。司会の春風亭昇太が「歌丸師匠の思い出をたっぷり語りながら偲んでいこうと思うのですが、そこはやはり『笑点』ですから、しんみりではなく明るく思い出を語って、師匠をお送りしたいと思います」と切り出し、全メンバーが歌丸さんの思い出を語り合った。
 後半は大喜利のコーナーで、テーマは「ありがとう歌丸師匠」。歌丸さんが喜びそうなことに座布団1枚という特別ルールで、各メンバーが笑いを交えながら歌丸さんへの思いを伝えていった。
 最後に円楽が指名されると、「最後に一言いわせてください。ジジイ!早すぎるんだよ!」と大声で叫び、会場からは万感の拍手。最後に観客と視聴者に頭を下げるシーンで、円楽は流れてくる涙をハンカチで抑えながら、歌丸さんへの感謝の意を示した。
via https://www.oricon.co.jp/news/2115155/full/

b6dc60bd99be91413806da7f8bb6c4ebe952c941625a003b64a4b77f094b2a8da5137b70f16d2e16e2383021ed11e1ceeda889983ec4c91cb501b5969fdbdab0
[2016年5月22日撮影]

・歌丸さん追悼大喜利 死亡ネタから円楽涙の叫びに号泣『笑点』
  https://matome.naver.jp/odai/2153103161067004601


関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桂歌丸、『笑点』司会を引退、放送終了直後に号泣「正直言ってさみしい」 はてなブックマーク - 桂歌丸、『笑点』司会を引退、放送終了直後に号泣「正直言ってさみしい」

Untitled
 落語家の桂歌丸(79)が22日、日本テレビ系『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』生放送後の記者会見に出席。番組中はつとめて明るく振る舞い「涙は似合わないから、笑って…」と呼びかけていた歌丸だったが、放送を終えて観客へとあいさつする際に号泣していたことを明かした。
 1966年5月15日の初回放送から丸50年間、同番組に出演してきた歌丸は「この50年、面白いこと、悲しいこと、悔しいこと…いろんなことがありました。(放送が終わった後)そんな思いが、ごっちゃになって出てきて、涙腺が狂っちゃいました。やっぱり、別れっていうものを考えるとツラいものですね」としみじみ。
 きょうの生放送をもって大喜利司会を勇退し、今後も終身名誉司会者として番組にたずさわっていくことになっているが、「自分で言っておいて、だらしがないんですけど、お客様にごあいさつした時に堰(せき)が切れてしまいました。50年歩んできた『笑点』とお別れすることは正直いってさみしいことですけど、次を譲らなかったら番組が続かないと思いますので…」と笑顔を見せた。
 同番組への思いを聞かれると、「噺家にとって、大きな大きな番組。私たちが世にでるきっかけを作ってくれて、顔と名前を売ってくれた。なので、私は恩人だと思っています」と感謝。後任の司会を担当する春風亭昇太(56)に対しては「100%お任せです。明るさと若さで番組を引っ張ってほしい」と温かいエールを送っていた。
 会見にはそのほか、林家木久扇(78)、三遊亭好楽(69)、三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(6代目)(66)、林家たい平(51)、山田隆夫(59)も出席した。昇太司会第1弾は29日に生放送され、その場で新メンバーもお披露目となる。
■『笑点』司会者と担当時期
初代:立川談志 1966年5月~69年11月
2代目:前田武彦 1969年11月~70年12月
3代目:三波伸介 1970年12月~82年12月
4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月~2006年5月
5代目:桂歌丸 2006年5月~2016年5月
6代目:春風亭昇太 2016年5月~

via http://www.oricon.co.jp/news/2072078/full/

・歌丸師匠、お疲れ様でした! 笑点の司会を引退、後任も発表
 http://grapee.jp/179701

・『笑点』卒業の桂歌丸が語った戦争への危機感…落語を禁止され、国策落語をつくらされた落語界の暗い過去
 http://lite-ra.com/2016/05/post-2267.html

◇【芸歴65年】桂歌丸師匠の名言集 すべての言葉が胸に染みわたる【13選】
■人生について
・修業は一生涯に及びます。ですから、辛抱もまた一生涯ということです。

・人を泣かせることと人を怒らせること、これはすごく簡単ですよ。人を笑わせること、これはいっちばん難しいや。

・どうしたら話がうまくなるのか。逆説的ですが、人の話を聞くことです。
人の話を理解しようと努めれば、自分にない人の性質や発言の真意を想像するでしょう。ひいては聞き上手が話し上手になるんです。

・その道が広くなるか狭くなるか。平らな道かデコボコ道か。それは自分の歩き方次第。
ことによると、途中で土砂崩れにあうかもしれません。でも、わたしにはこの道しかないんです。

・ニ十歳を過ぎた人間にモノを教えることは何もない。ニ十歳を過ぎた人間は大人だ。ニ十歳を過ぎたら自分で気づくよりほかない。

・褒める人間は敵と思え。教えてくれる人、注意してくれる人は味方と思え。

・若い時に苦労をしろ。何年か先に振り替えった時、その苦労を笑い話にできるように努力するんだ。

・ある種、いい加減にやることは必要。いい加減は「良い加減」ですからね。

■落語について
・ブームっていうのは必ず落ちる時がきますからね。ブームの時に責任を持たなきゃいけないのは、我々噺家です。
上がっていくときは簡単ですが、落ちかけた時いかに長く水平に保ち続けられるか。落語を残すのも噺家の責任、落語のお客様を残すのも噺家の責任なんです。

・薄情な人間には薄情な落語しかできない。人情味のある人だから、人情味のある芸ができる。まさに「芸は人なり」なんです。

・とにかく陽気な噺でお客さんを笑わせるのが一番だと。そういう素直な気持ちになると、不思議と受けるんですね。

・いろんな人に言われます。70を過ぎてまで、どうして苦労して新しい噺を覚えるのかって。
そりゃあ覚えも悪くなっていくし、挑戦し続けるのはしんどい。でも、最期に目をつむった時に楽な気持ちでありたいんです。「ああ、あの噺もできたのに」なんて後悔しても遅いでしょ。

・私たち落語家は、噺でお客さんに楽しんでもらう商売です。
肝心なのは、お客さんの頭の中に情景を浮かばせること。欲を言えば、その情景に色をつけて届けたい。


■2016年5月22日放送の笑点をもって、同番組の5代目司会を卒業した歌丸師匠。これからについて聞かれると、笑顔でこうコメントしました。
・まだまだ覚えたい話もあるし、落語を引退する気はない。
80歳になったらもっと勉強を始めようと思う。笑点のメンバーが上納金をくれるみたいだしね(笑)

via http://grapee.jp/183451
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 04:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桂米朝さん死去、89歳=人間国宝、上方落語復興に尽力 はてなブックマーク - 桂米朝さん死去、89歳=人間国宝、上方落語復興に尽力

WS001
 上方落語の第一人者で人間国宝の桂米朝(かつら・べいちょう、本名中川清=なかがわ・きよし)さんが19日午後7時41分、肺炎のため死去した。89歳だった。兵庫県出身。葬儀は25日午前11時から大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館で。喪主は長男の落語家、五代目桂米團治(かつら・よねだんじ)さん。
 旧満州(中国東北部)で生まれ、姫路市で育った。演芸場に通う父親の影響で子供の頃から落語に興味を持ち、大東文化学院(現大東文化大)進学後、寄席研究家の正岡容(いるる)さんに師事した。
 故郷で終戦を迎え、1947年に四代目米團治に入門し、三代目米朝を名乗った。上方落語界は当時、後継者が10人余りまで減って惨たんたる状況だったが、稽古を重ねて「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」「天狗(てんぐ)さばき」「算段の平兵衛」など、数多くのうずもれた古典落語を再演出・復活させた。
 豊富な学識とたゆまぬ研究に裏打ちされた構成力、柔らかい語り口が特徴。多くの後継者を育成する一方、ホール落語を開拓し各地のファン層拡大を図った。
 落語研究家の一面も持ち「米朝落語全集」「上方落語ノート」「落語と私」など、数多くの著書を残した。映画やテレビドラマへの出演、司会やディスクジョッキーなど、本業以外の分野でも活躍した。
 87年4月に紫綬褒章。96年5月に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
 落語家として初めて2009年に文化勲章受章。脳梗塞で入院した後だったが、同年11月の親授式に出席し、「芸能界始まって以来の珍事かもしれません」と元気に語っていた。 [2015.03.20]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2015031901088&m=rss&utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds

◆上方落語界の「巨星」逝く=古典から「米朝オリジナル」
 上方落語界の「巨星」が落ちた。漫才や喜劇の人気に押され、風前のともしびだった戦後の上方落語を復興させたのが、後年「四天王」と呼ばれた故笑福亭松鶴(六代目)、桂春団治、故桂文枝(五代目)と桂米朝さんだった。
 中でも、学生時代に落語の研究家を志したという米朝さんは「知性派」「学者肌」と評された。入門後は多くの師匠の下に通って、古典を覚え、文章に書き留めた。そこから時代背景や登場人物の性格などを徹底分析、現代に合わない部分はそぎ落とし、今風のくすぐりを加えて演じて見せた。復活した話は「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」など20以上。見事に米朝オリジナルと言ってもいいネタとなった。
 大阪では演芸場は漫才や喜劇が中心。そこでホールでの落語会に活路を見いだしたのも米朝さんだった。正統派の柔らかな語り口としっかりした話の構成で、東京など各地の落語会でも多くのファンが聞き入った。
五代目桂米團治の襲名発表会見で笑顔を見せる桂米朝さん(左から2人目)=2007年7月、大阪市北区
 米朝一門は孫弟子まで含めると60人を数え、上方落語界の一大勢力になった。ホールでの一門会は人気で若手を鍛える場にもなった。爆笑型の故枝雀、激情型のざこば、タレントに転身した月亭可朝など、端正な米朝さんの芸風とは正反対の異能の落語家が育ったのは、芸に対する厳しさとともに懐の広さがあったからとも言われる。
 米朝さんは体力の衰えから、2002年春を最後に大ホールでの独演会を取りやめた。その後も、小ホールでの独演会や大ホールでの一門会では、高座に姿を見せ続けたが、近年は体調を崩すことが多く、表舞台から遠ざかっていた。[2015.03.20]
via http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015031901102&m=rss&utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds

・桂米朝(三代目) : Wikipedia

・「落語が好きやったさかい」桂米朝のここが凄い
 http://matome.naver.jp/odai/2142678291849512901



関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |