FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

[訃報] 演出家の蜷川幸雄さん 死去=80歳~現代劇からシェークスピアまで多岐に はてなブックマーク - [訃報] 演出家の蜷川幸雄さん 死去=80歳~現代劇からシェークスピアまで多岐に

uploaded[1]
 日本を代表する演出家の蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)さんが亡くなったことが12日、分かった。80歳。埼玉県川口市出身。
 開成高校卒業後、1955年に劇団青俳に入団し、68年に劇団現代人劇場を創立。69年「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビュー。72年に演劇集団「櫻社」を結成。74年に同劇団を解散後、「ロミオとジュリエット」で商業演劇に進出した。
 井上ひさし氏、清水邦夫(79)唐十郎(76)野田秀樹(60)らの現代劇から、シェークスピアやギリシャ悲劇など海外の古典・近代劇に至るまで多岐にわたる作品を演出した。83年「王女メディア」のギリシャ・ローマ公演を皮切りに、海外公演も多数。海外からも高く評価され「世界のニナガワ」と呼ばれた。
 98年、彩の国さいたま芸術劇場の「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の芸術監督に就任。シェークスピア全戯曲37作品の上演に挑んだ。2006年には、同劇場で55歳以上の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」を創設した。
 代表作は「身毒丸」「ムサシ」「海辺のカフカ」「NINAGAWA・マクベス」「ハムレット」など数知れず。
 01年に紫綬褒章、04年秋に文化功労者、10年秋に文化勲章を受章。妻は元女優で現在はキルト作家の真山知子さん(75)。長女は写真家として活動している蜷川実花さん(43)。
 蜷川さんは昨年12月中旬に体調を崩し、軽度の肺炎と診断されて入院。1月から蜷川さんの半生をモチーフにした舞台「蜷の綿」(2月、彩の国さいたま芸術劇場)の稽古に入る予定だったが、体力の回復が十分ではなく、延期。
 蜷川さんは「50歳離れた藤田貴大さんが時間をかけて、ぼくのことを戯曲に書き上げてくれました。恥ずかしい気持ちはあるのですが、とても面白いので、演出しようと決意していただけに、悔しい気持ちでいっぱいです。早く回復して劇場に戻ります」と復帰に意欲を示していたが、叶わなかった。
 via http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/12/kiji/K20160512012573460.html

古典作品から現代劇まで幅広い舞台の演出を手がけた日本を代表する演出家で、文化勲章受章者の蜷川幸雄さんが、12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため亡くなりました。80歳でした。
蜷川幸雄さんは昭和10年、埼玉県川口市で生まれました。
昭和44年に「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビューすると、大学紛争のなか小劇場を舞台に斬新な演出で体制を批判し、演劇界に新風を吹き込みました。
その後、昭和49年に日生劇場でシェークスピアの「ロミオとジュリエット」を演出し、商業演劇に活動の場を移して人気演出家となりました。大胆な解釈のシェークスピアやギリシャ悲劇など海外の古典作品から日本の現代作家の作品、さらには歌舞伎まで幅広いジャンルの作品を手がけ、時代を鋭く映し出すとともに躍動感あふれる演出で人気を集めました。特に、「マクベス」や「リア王」など数多く手がけてきたシェークスピアでは、舞台を日本に移して日本の美意識で彩るなど、その演出は本場ロンドンをはじめ海外でも高い評価を受け、「世界のニナガワ」と評されました。また代表作の1つ「近松心中物語」では、近松門左衛門の古典を現代劇にすることを目指し、浄瑠璃の代わりに演歌を流すなど斬新な演出で注目を集めました。
また、蜷川さんは厳しい稽古で若い俳優の才能を開花させることでも知られたほか、中高年のみの劇団を創設するなど、多彩な人材を育成して演劇文化の発展に力を尽くしてきました。こうした功績が評価され、平成16年には文化功労者に選ばれ、平成22年には文化勲章を受章しています。
蜷川さんは70歳を超えてからも、東京・渋谷の劇場、シアターコクーンや埼玉県芸術文化振興財団の芸術監督を務め、毎年10作前後を演出するという驚異的なペースで仕事をしてきました。平成21年には軽い脳梗塞を起こしたのに加え、糖尿病や重い肺気腫を患うなどしましたが、車いすで酸素のチューブをつけながら演出を続けていました。しかし、去年の年末に自身の半生を題材とした舞台の稽古中に体調を崩して入院し、ことし2月の公演を延期していました。
蜷川さんは12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため、80歳で亡くなりました。
通夜は今月15日に、告別式は今月16日に、いずれも東京の青山葬儀所で執り行われる予定となっています。
via http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160512/k10010518401000.html

蜷川幸雄Wikipedia


・蜷川幸雄さんの訃報…愛のムチを受けた俳優たちの逸話が凄い
 http://matome.naver.jp/odai/2146305941423176901

・藤原竜也、蜷川幸雄さん死去にコメント【僕を産んでくれたのは蜷川さんです】
 http://grapee.jp/177306
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |