FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

「奇跡のリンゴ」は腐敗しない。自然栽培が第3の農業革命と言われる理由とは はてなブックマーク - 「奇跡のリンゴ」は腐敗しない。自然栽培が第3の農業革命と言われる理由とは

b73d9487b800c2af3043b0e668f6aaa0[1]

病気になりやすく、栽培が難しいリンゴを無農薬、無肥料で実らせ「奇跡のリンゴ」として脚光を浴びた木村秋則さん。その木村さんがリンゴだけでなく、野菜やイネでも実践してきたのが「自然栽培」。今や世界中から「第3の農業革命」として注目されています。

■自然栽培とは
自然栽培は、有機肥料と有機農薬を使用する有機栽培と異なります。無農薬・無肥料で栽培をする方法で、自然のありのままの姿で自然の力を活かす方法です。
家で保存する野菜や果物。しばらく置いておくと腐敗してきませんか?それは一般栽培か有機栽培だからです。特に化学農薬を使用する一般栽培の野菜や果物は、腐敗しやすいのです。反対に自然栽培の場合は、腐敗せずドライフルーツのように枯れるのです。

・リンゴの腐敗実験
cached[1]
※腐敗実験開始2か月後、一番左が木村氏「奇跡のリンゴ」、一般栽培である右側2つはカビが生えています。

・・・
なぜこのような結果になるのでしょうか?自然栽培と一般栽培では寄りつく菌が違うと考えられています。無農薬・無肥料だと発酵させる菌が寄りつきやすい。農薬・肥料を使うと腐敗させる菌が寄りつきやすい。

自然栽培は目が農薬で手が肥料の替わりです。
「自然栽培」=「一般栽培」ー「肥料・農薬・除草剤」+「手と目」

■農薬の恐怖
木村秋則さんが無農薬栽培をしようと思った大きな”きっかけ”は奥さんが農薬アレルギーで、家も出られず、体中がかぶれ、とても健康とは言えない状況で我慢し続けていたのを見かねたからです。
当然、農薬の使用量は国によって制限されていますが、それでも農薬は体に良いものではありません。表面を洗ったとしても作物が吸収しています。近年、日本人の免疫力が低下し、ガンやアレルギー体質の人が増えている一因が農薬ではないかと木村さんは言っています。
最近まで、日本は単位面積あたりの農薬使用量1位。2010年にようやく2位になったが、米国より17倍、農薬使用量が多い。
実は日本は農薬大国なのです。使用量が国の定めた基準以下といえども、諸外国の10倍以上の農薬を散布している実態があります。食物を通じて、間接的に口にするのですから、日本産だから安心とはとても言い切れません。

■オーガニックは優しくない
オーガニックは有機栽培のことですが、オーガニックで使用する有機肥料は作物に吸収され、その大半以上は亜酸化窒素として大気中に放出されます。これはオゾン層を破壊します。
また、このガスは二酸化炭素の310倍の温室効果をもっているため、オゾン層に穴を空けた上に、温暖化に拍車をかけます。オゾン層の破壊はご存知のように紫外線による皮膚の病気や目の病気を引き起こし、温暖化による環境被害を引き起こします。
また、有機肥料となる堆肥は完全な堆肥になるまで4,5年かかります。なので未熟な堆肥を使ってしまうことがあり、この場合、害虫を呼び寄せ、仕方なく農薬を使わなければならなくなります。
さらに有機肥料の中には硝酸態窒素となる成分が含まれています、これは大量に摂取すると酸欠を起こす成分として知られています。過去にベビーフードで赤ちゃんが酸素欠乏症でなくなる事故がありました。発がん性物質、糖尿病を誘発する可能性も指摘されています。
オーガニックは地球にも人にも優しいとは言えません。

■自然栽培のポイント:①土
木村さんの畑の土壌は一般栽培の2倍を超える微生物(バクテリア、菌)がいます。一握りの土に60億ものの微生物がいるそうです。その活動によって栄養分を供給してくれるのです。
この微生物が生育している状態の土に黒土があります。黒土とその下の層にある赤土がバランス良くあると良いのです。除草剤や農薬を使うと、微生物が減り、この土の状態が悪くなり、黒土ではなくなります。
木村さんの著書「百姓が地球を救う」にはこんな実例が紹介されています。一般栽培を10年以上続け、土が変わり、玉ねぎすら生育しない畑の農家から相談を受け、土を自然の状態に戻すことを行いました。
まず、麦を植えます。麦の根は1メートルほど伸びるので、土の中のこれまで投入した悪影響を及ぼす肥料・農薬・除草剤を吸い上げます。一方、同時に大豆を植えます。大豆には根粒菌という菌を集める働きがあり、大豆の根にくっつきます。これが土の中に窒素成分を与えます。これを繰り返すこと3年、土は良い状態になり、立派な野菜が育つようになりました。
また、肥料を過度に与えないため、しっかりと根を張り、雨風で倒れにくい、強い生育をするのです。有機栽培だと養分が過度にあり、根を張る必要がなく、同じようにはならない場合がほとんどです。
さらに、冷害に合わないように土の温度に合わせて、種を植える深さを変えることで、収穫の質が変わるということも分かってきています。
木村さんの自然栽培の本質は土にあります。

■自然栽培のポイント:②雑草
土と切っても切り離せないのが雑草の存在。この雑草に、生育に必要な微生物が寄りつき、微生物が必要な養分を土に与えます。
また、最適温度にする役割もあり、真夏のリンゴ農園で38度に外気温がなったときに、自然栽培では土の温度は25度でしたが、試しに雑草を刈ってみると33度と8℃も上昇したのです。雑草は猛暑からも守ります。
さらに、先述の「百姓が地球を救う」では、米栽培でカメムシの被害を雑草が救ったエピソードが紹介されています。カメムシはイネの穂が成熟する前に、実を吸ってしまうのですが、雑草があるとカメムシはイネには寄りつかず、害がありませんでした。イネの実がある程度硬くなってから雑草を抜くことで、立派な米を収穫できました。
雑草の性質を知り、上手く利用するのです。

cached[1]
※自然栽培のリンゴ園には雑草が生い茂る

■自然栽培のポイント:③観察
毛虫を農薬で退治するのではなく、葉にできた卵を見つけて、地面に落とす。それは地中の虫の餌となり勝手に自然が処理してくれる。これだけで毛虫50,60匹退治したのと同じ効果です。目をつかって観察し、取り除くのです。
もう一つ目を使う驚きのポイントは葉脈、葉についている手相のような細い脈管が葉の表と裏にあるのですが、葉っぱの先を上に向けたときが枝の設計図、下に向けたときは根の設計図になるとのこと。葉脈の通りに枝を剪定すると、必ず、リンゴやミカンの実が実るそうです。
これは木村さん独自の観察眼による経験で確かな科学的根拠はありませんが、その好奇心と観察眼がなしえる全くオリジナルの育て方です。
栽培者の観察眼がポイントになります。

■第3の農業革命
木村秋則さんが提唱する自然栽培。目が農薬、手が肥料というのは、よく観察して、手間を惜しまず、自然と共生しながら、ときに適切に手を加えるということです。ポイントは①土、②雑草、③観察です。
戦後、日本は作物を大量に実らせる量を選択し、農薬、肥料をバンバン使う手法を行ってきました。その量が満たされると、売りやすい均一に形の揃った見た目重視の野菜や果実を提供することが当たり前になってきました。
世界の農業も同じ流れです。農業革命の初めは、「緑の革命」で化学肥料、農薬、農地整地、品種改良で収穫量のアップと安定供給を成し遂げました。第2の革命はバイオテクノロジーによる「遺伝子組み換え」です。これらは安全性が保障されておらず、また、種付けができないなど商業的な面で利用されたりと、完全な農業の姿とは言えません。
時代は変革期にきています。木村さんの自然栽培は第3の農業革命といわれ、21世紀の農業の形です。Natural Farming AK method(自然栽培AK)としてFAO(国連食糧農業機関)で認定されています。
最初に手間はかかるけど、土さえ自然に戻せば、地球環境に優しく、体にも優しく、且つ、生産コストの低い、素晴らしい農業になります。日本では、耕作放棄地が多いですが、農薬や肥料が薄れているので、逆に自然栽培に向いていると木村さんはいっています。TPPが始まり、これからの農業のあり方が問われていますが、農業の仕組み自体をも変える可能性を秘めた自然栽培にこれからも注目です。
 via http://spotlight-media.jp/article/214663481823359728


・"奇跡のリンゴ"の木村秋則、「敢えて歯をいれない」その理由に考えさせられる
 http://spotlight-media.jp/article/209695076881783631
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| 人物 | 05:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”ローマ法王に米を食べさせた男”高野誠鮮さんとは... はてなブックマーク - ”ローマ法王に米を食べさせた男”高野誠鮮さんとは...

image
7月19日からTBS系列で放映される日曜劇場『ナポレオンの村』の原案となった作品です。

かつてフランス皇帝ナポレオンは「余の辞書に不可能の文字はない」と豪語しましたが、本書の著者・石川県羽咋市の職員・高野誠鮮さんは、「可能性の無視は、最大の悪策」がモットーです。
平均年収たった87万円、夢も希望も若者もなく、さびれるばかりの限界集落を救うために次々に大胆な行動を起こして、わずか5年で過疎の農村を生き返らせました。そんな高野さんの超人的な活躍ぶりに、お隣の富山県出身の落語家・立川志の輔さんは、リスペクトをこめてこう称えました。
――スーパー公務員!

img_f048ef267b527e9a2478c8f0a5aec5d9317100

2002年のこと。ある出来事で上司の反感を買った高野さんは、異動で農林水産課に飛ばされます。腐ったそうです。そして傷心の思いで棚田が並ぶ山間部の神子原という村まで足を運んだときに、「農業は金にならない」「若者が減って村が消える」と嘆く老人たちを見て、愕然としました。
なんとかしなければ……高野さんは大きな衝動に突き動かされます。もちろん役所では限界集落対策をしてきたのですが成果はなかった。そこで高野さんは決意します。
――限界集落脱却の予算は60万円。自分を崖っぷちに追い込んで、知恵を絞り尽くそう!
それまでの役所の常識や仕事のやり方を一切無視し、村へ若者を呼び、農民の収入をあげるための行動へと次々に打って出るのです。

・会議はしない……上司にはすべて事後報告……実行が伴わない、会議するのが目的のような会議は一切開かない。また、稟議書を回すと時間がかかるし、それまでなんの成果ももたらさなかった人たちに仕事の伺いを立てる必要は、まったくない!
村人が認めない人は移住させない……過疎の村では移住希望者を誰でも歓迎しますが、高野さんは頭を下げません。村人の面接をクリアした村人好みの人でないと住まわせないのです。なぜなら村の掃除や祭に参加しない自己チューな人は、村の秩序を乱すから。

・酒の飲める女子大生を呼ぶ……閉鎖的な村に移住者を呼ぶためのデモンストレーションです。連夜の酒盛りで女子大生と仲良く話すうちに、若者が村にいると楽しいなと村人も明るさを取り戻し、新規移住者への受け入れ態勢も整ってきました。

・人工衛星で田んぼをチェック。なんと無料で……神子原の特産物は米と決めた高野さんは、「他のJAに売り込むから、人工衛星のテストをしたい」と商社に直談判、まずは神子原の田んぼを調べてと無料で測定してもらいます。お金がないから知恵を絞りに絞るのです!

・1のものを100にするブランド化の秘策……神子原の棚田で獲れるおいしい米をブランド化させるためには、超がつく有名人に食べてもらうのが一番。ならば日本の象徴・天皇陛下に食べていただこうとするも失敗。では、米の国と書くアメリカ(米国)大統領に食べてもらおうか? いや待て。神子原を英語で書くと、「the highlands where the son of God dwells.」になる。「サン・オブ・ゴッド」とは神の子、神の子といえばイエス・キリストだ。ならばカトリックの頂点、ローマ法王に召し上がっていただくしかしかない! この強引さ、しびれます(笑)。そしてなんとローマ法王への献上に成功、神子原米はブランド品になり、注文が殺到!

・農家が値段をつける直営店をつくる……いくら良い大根をつくっても、よそでたくさん獲れたら値段が下がり農家の儲けも減ってしまう。そこでJAのシステムに反旗を翻し、農民が値段をつけるシステムの直営店をオープン。農家の年収を増やし、やり甲斐を生むことができました!

img_204a7084f89e8cb5168dfee823ac13c8511999

他にもエルメスの書道家に、神子原米と米袋に書いてもらったり、“奇跡のリンゴ”の木村秋則さんを巻き込んで、羽咋発で自然栽培を広めたり、サッチャーやゴルバチョフ、レーガンに羽咋のPRをお願いしたり、市に残る古文書を強引に解釈して羽咋をUFOの市にしたり、本物のロケットをNASAから格安で買って日本初の宇宙博物館をつくったり……
その行動力は目を見張るばかり。もちろん失敗もある。けれど成功するまでやめないから、結果、失敗はないのです。ここまでが2012年刊行のベストセラー『ローマ法王に米を食べさせた男』の話。
――しかし高野さんに新たな試練が。ここからが今回の新書版に書き加えられました!

なんと高野さん、定年まであと2年と迫った2014年に辞令を受けます。こんなに地域活性化に貢献したのに、「文化財室に異動だ。定年までの2年間で国宝を作ってくれ。君ならできるだろう」と、とんでもない無茶振りをされるのです。
しかし最悪な状況ほどスイッチが入るのが高野さんです。さっそく目をつけたのが妙成寺でした。それまでの寺の由縁書に蓋をして、学者を巻き込んで寺の歴史を謎とく一方で、新聞社には無料で記事を書いてもらう方法を編み出し、妙成寺発のニュースをヘビーローテーションで発信。国宝ブームを盛り上げていきます。
同時に仏教で大切なのは不殺生なので、虫を殺すための農薬をつかわないでできた自然栽培の食材こそ寺にふさわしいと、道の駅ならぬ「寺の駅」を開店。
さらに自然栽培こそ日本を救う唯一の道と確信して、「少子化の今こそ世界中から学生を集めましょう!」と、某大学の理事長を口説き、世界初の自然栽培学科の開設にこぎ着けます。
このように高野さんは、置かれた場所で大樹を育て、果実をたわわに実らせる人です。超強引なやり方もするけれど、私心がなく、利他の心で行動するから周りも動いていく。・・・
via http://honz.jp/articles/-/41521


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 図書 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |